影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

井上尚弥 怪物の証明!

まだ興奮冷めてません。

あれこれ書かなくても、ご覧になられた方なら思いを共有出来ますよね。

まだ未見も方も僅か1ラウンドですから是非YouTubeでご覧ください。

百聞は一見に如かず。

見ていただければ井上尚弥のモンスターぶりがわかります。

思えばスーパーフライのタイトル挑戦時も圧倒的な強さでタイトル奪取。

7度の防衛で相手がいなくなってしまったスーパーフライ級。

舞台を黄金のバンタムに移した初戦で早くもタイトル挑戦。

相手は10年間無敗ジェイミー・マクドネル

井上の勝利は間違いないと思ってはいるものの、今までの相手とは一味違います。

最初は距離を掴むため慎重にスタートすると思っていました。

しかし井上にとって慎重だったのはたった30秒。

スピードが違います。

まずボディーが1発入りました。

マクドネルはこの瞬間に、想像よりはるかに強いと思い知ったことでしょう。

でももう遅い。

モンスター井上を怒らせてしまったのは他ならぬマクドネル本人(陣営)なのです。

計量に1時間遅刻。

謝罪がなかったということで、井上の闘志に油を注いでしまったのです。

今日も今日とて、君が代演奏の時にマクドネルはシャドーをして動き回っていました。

やはりここは手を動かすのは良いとしてもその場で立って国歌を聞くべきでしょう。

話を試合に戻します。

距離感を掴み、相手パンチを見切った井上の攻撃は鋭さを増します。

左フックがマクドネルの頭部を捉えるとぐらついて、早くも立つのがやっとの状態。

さらにボディーでたまらずダウン。

何とか立ち上がったものの、もう目はおびえていました。

間髪入れずド迫力の攻撃、ガードおかまいなし。

右、左、右、左と圧巻の猛パンチにたまらずダウン。

この攻撃が井上の真骨頂。

戦慄の1R1分52秒TKOで新チャンピオン誕生。

3階級制覇が成った瞬間です。

ラニ・テテで話題になった1R11秒KO防衛。

それに勝るとも劣らない、いや井上の方が相手関係もあってセンセーショナルです。

スーパーフライでは統一戦やるやる詐欺で他団体王者に逃げられた井上。

マクドネルは本当によく挑戦を受けてくれました。

ロッカーでは井上を称えるコメント。

試合が終われば彼はジェントルマンでした。

いよいよワールドボクシングスーパーシリーズ

他団体の王者もこの試合を見ればビビること間違いありません!

 

井上尚弥  16戦16勝(14KO)

ジェイミー・マクドネル  34戦29勝(13KO)3敗1分1無効試合

 

井上尚弥にとって最大の難敵であることは間違いないが負ける姿は想像できない

いよいよ夢のステージへの第一歩。

WBA世界バンタム級タイトルマッチ。

王者ジェイミー・マクドネル井上尚弥が挑む試合が迫ってきました。

実はこのブログの第1稿は(スポーツナビ時代ですが)井上選手について書いたものでした。 

kagemucya.hatenablog.com

プロ第2戦を迎える井上について200年に一人の選手と書いています。

 期待通り直近の試合では、ますますモンスターぶりに磨きがかかってきました。

マクドネルは超がつくかは微妙ですが一流の王者であることに疑う余地はありません。

体重超過について一部に、ネリを重ねて報道する向きもありますが、それはマクドネルに失礼です。

必ず体重を作ってくるでしょう。

私はマクドネルが本当に来日するとは思っていませんでした。

試合をするにしても英国でと考えていました。

 

kagemucya.hatenablog.com

 上記の記事にも書きましたが、よく受けてくれたものだと思います。

おそらく、ファイトマネーや日本に呼び寄せる経費など諸々、日本ボクシング史上一番お金がかかっているのは間違いないでしょう。

それでも実現出来るのは井上の能力が桁外れで今後への期待もあって、マネーが集まりやすい状況なのでしょう。

この試合に勝てばワールドボクシング・スーパーシリーズへの参戦も決定的。

モンスター井上の前途は洋々です。

その為にはこの難敵を倒さなければなりません。

マクドネルは長身でリーチも長く、井上としては何ラウンドで相手のパンチや動きを見切ることが出来るのか。

いくら井上でも安易に飛び込めば不用意な一発をもらってしまう可能性もあります。

いずれにしても井上がどうマクドネルを料理するのか。

今からワクワクしています。

 

井上尚弥  15戦15勝(13KO)

ジェイミー・マクドネル  32戦29勝(13KO)2敗1分1無効試合

仕事以外全部趣味 ダンス!ダンス!ダンス!ざんすパート2

今は中学校でダンスが必修科目なんですよね。

個人的にはうらやましいです。

学生時代にクレイジーホース、就職まもなくはマハラジャ、よく踊りに行きました。

そんな私が送るダンス関連YouTube動画の2回目です。

あくまで個人的趣味なので合わない方はごめんなさい。

まずはパフュームの「ねえ」

多くの方がYouTubeに踊りを投稿されてましたが、私個人的に、一番素敵に踊っていると思ったのがこれです。


【wonder3】 Perfume ねぇ の高速ステップを 東京ドーム前で踊ってみた

 

徳島の阿波踊りがなんだか揉めていましたね。

何故そんなに揉めるのか不思議でなりません。

なくなる訳ないと思っていましたが、伝統行事なのでしっかりして欲しいです。

私が「連」の中で一番好きなえびす連から短めの動画を。


ゑびす連 阿波おどり 2014

ここの連長は有名なおば様ですが、この青法被の女性がかっこいいです。

 

マドンナ!

曲としてはマイナーだと思いますが、プロモが東京で撮影されてます。

ヤマカシ的ダンスパフォーマンスと曲調がよく合っています。


Madonna - Jump (Official Music Video)

 

次はもう何年も前にはまってしまった世界でいちばんダサいシリーズです。

当時何回聞いたことか・・・。

ご存知の方も多いと思いますが、久々に聞いてください。

チョコレートディスコで。


【Perfume】 世界でいちばんダサい チョコレイト・ディスコ

 

このシリーズは最低でも2曲聴かないと良さがわかりません(笑)

もう1曲は・・・選曲に迷いますがドリフのオープニングで。

昔はもっといろんな曲があったように記憶してるんですけど。


世界でいちばんダサいドリフのOP

 

最後は少女時代の日本デビュー曲「GEINE」です。

今となっては懐かしいですが後半9人が斜め一列になって踊る所が好きでした。


Girls' Generation 少女時代 'Genie' MV (JPN Ver.)

 

今回はここまでと致します。

ありがとうございました。

 

kagemucya.hatenablog.com

 

アメフト・日大内田監督の鈍感さはフェニックスを窮地に追い込むだけだ

5月6日に行われた関学、日大のアメリカンフットボール定期戦で起きた問題。

かつてこれほどアメリカンフットボールが注目を浴びることがあったでしょうか。

否。

それがこういった問題で話題の中心となってしまったことには複雑な思いです。

とは言うものの、あのプレーは絶対に許されるものではありません。

しっかり検証してペナルティと対策を明確にしなければなりません。

ここまで騒動が大きくなったのも、日大サイドの不誠実かつ鈍感な対応がそうさせているからにほかなりません。

私が投稿したのは8日ですが、以降真実が全く見えてこない状態が続きました。

様々な媒体からいろんな見解も出ていますが、全て憶測の域を出ません。

だって、該当責任者である日大内田監督が雲隠れしているんですから。

わかっているのは日大91番が都合3回の信じられない悪質なプレーを行った。

この事実だけです。

それが監督の指示なのか、監督の指示を拡大解釈したものなのか、本人の単独による行動なのか、ならば91番のプレーに対して首脳陣や他の日大の選手たちはこのプレーをどう考えているのか。

もう、なんにも見えてこない訳です。

試合から10日以上経ったのに何の進展も見られない。

そのことが結局日大フェニックス全体を追い込んでいくことになっています。

対外試合も相手チームの対戦拒否で出来なくなりました。

監督雲隠れが象徴していますが、この鈍感さは日大にとって命取りになると思って今日まで流れを見てきました。

いろんな思いが頭をよぎりますが、今日の関学の会見でかなりの部分が見えてくるのではと期待していました。

この会見を聞いてから、今回の件の思いを投稿させていただこうと思っていたんですが・・・。

出てきた見解は、該当プレーは監督の指示ではなく意図的な物でない、監督の指導に対して91番の受取り方が乖離しており、あのようなプレーをしてしまった。

それが問題の本質であり、その点で反省している・・・という内容でした。

はっきりいって選手のせいにしているだけの内容ですね。

それは、回答に首脳陣の責任について何ら記載がなかったことでも明らかです。

逃げていますね。

さらに、あのプレーが行われた経緯などを含め、再発防止策などの詳細を24日までに、追加で日大は提出するとしていますが、なぜそんなに時間がかかるのでしょう。

詳細と言っても、今日発表された日大の考え方がベースになる訳ですから、首脳陣は関与していないんですよ・・・ってことの肉付けをするに過ぎないと思います。

一番不快に思うのは内田監督が書面で連盟に8月末迄の指導自粛を申し入れたことです。

それは裏を返せば秋のシーズンは指揮を執ると言ってるのと同じじゃないですか。

甲子園ボウルにつながる秋のリーグ戦が始まったら即復帰する。

恥知らずですよ。

雲隠れして、勝手に自身の処遇を決めるなんて。

ある意味世の中で一番強い奴は、鈍感と恥知らずな奴なんじゃないでしょうか。

どこかの元官僚を思い出しますね。

 

幸い関学QBの選手は後遺症の残る心配は少ないようです。

91番の行為は許されるものでは決してありませんが、そこに至った原因を詳細に解いていくことで、ある意味91番も救われる部分があるでしょう。

今後アメリカンフットボールがスポーツとして正常に成り立っていくためにも責任の所在をはっきりして、再発防止に努めていただくことが大切です。

そのためには関東学生アメリカンフットボール連盟、日本アメリカンフットボール協会が中心となって委員会を立ち上げてこの問題の精査を行い処遇を決定するのが良いと思います。

その裁定が出るまではチーム活動は自粛が妥当でしょう。

早くこの問題に終止符を打って欲しいです。

 

kagemucya.hatenablog.com

 

トロロッソ・ホンダを応援し続ける記事 スペインGP リズムに乗れない・・・

第2戦バーレーンでのガスリーの激走が遠い昔のように思えてしまいます。

中国GP決勝での同士討ち、アゼルバイジャンでもフリー走行であわやのシーン。

決勝では直線の伸びを欠き消化不良。

迎えたスペインGP。

プレシーズンテストで昨年とは見違えるパフォーマンスを見せてくれたホンダPU。

同じ舞台で今度こそはと思ったのにこの結果。

ブレンドン・ハートレー 12位

ピエール・ガスリー   リタイア

溜まりますね・・・フラストレーション。

ハートレーフリー走行でクラッシュ、マシン後部が剥がれ落ちる大ダメージ。

ガスリーも決勝スタートしてすぐに、ロマン(バレリーナグロージャンのスピンに巻き込まれ1周も出来ずにクラッシュ、レースを終えることになりました。

これは避けられません。

チキチキマシン猛レースのマシンでも難しかったと思います。

映像はこちら


BRUTAL ACCIDENTE ENTRE GROSJEAN, HULKENBERG Y GASLY DE F1 EN EL GP DE ESPAÑA 2018

 

 まるで駆逐艦の横っ面に魚雷を叩きこむような映像。

どうすることも出来ません。

ハートレーの12位完走を物差しにすると、タラればは禁物とは言え、ガスリーが完走しておれば ひとけた順位は充分可能だった気がします。

ここにきてガスリーとハートレーの技能差がはっきりしてきました。

一部報道ではハートレーがシートを失う危機とありました。

実際はそんなにうまくドライバーが補充出来る訳もなく、可能性は低いと思いますが、頑張らないとチームオーダーの発生は否定できません。

 

それより何より、ホンダは今週開催のバルセロナテストにカナダGPから投入予定の新スペックPUのテストを行うとのこと。

この新スペックPUは大げさでなく、ホンダの命運を握っていると言って過言でないでしょう。

もちろんスペックアップはこれで終わりではありませんが、レッドブルがこの新PUの出来を確認して来期エンジンをルノーかホンダか決めようとしている節があること。

現在ミッドフィールドの争いはルノーに一歩も二歩もリードを許している状況です。

アロンソは持てる技術をフルに発揮して5戦連続完走で32ポイントを獲得。

コンストラクターズ争いでもルノー勢は安定してポイントゲットしています。

馬力アップにより直線でのスピード争いに負けないようにしなければなりません。

回生システムなども複雑に絡んできますが、信頼性と共に速さも向上しなければ先がありません。

ホンダにとって本当の正念場が近づいてきました。

 わくわくとドキドキが複雑に絡み合う今日この頃です。