影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

平昌オリンピック雑感 その7 祝!羽生結弦オリンピック連覇

羽生結弦はやっぱり羽生結弦でした。

66年ぶりの男子シングルオリンピック連覇。

彼はインタビューで、平昌で金メダルを取るために多くの物を捨ててきた・・・と語っていました。

おそらくどの選手よりも金メダルにかける思いが強かったのでしょう。

絶対的王者と言われながら、これでもかと彼を襲う数々のアクシデント。

2014年-2015年シーズン。

ソチオリンピックの次年度シーズンで、羽生がハン・イエンと衝突し重傷を負ったあのシーズン。

誰もがその後の出場は無理と思ったのに出場し続け、全日本で圧倒的な強さを見せた時に彼が語った「壁の先には壁しかない・・・」。

正にその通りに羽生の前に壁は形を変えて出現し続けました。

そして迎えたオリンピックシーズンで、よりによって最大にして最難関の壁が立ちはだ

かるとは。

右足首故障・・・。

あのシーンを見た瞬間、平昌のメダルはおろか出場さえも難しい・・・と思った人は多かったでしょう。

私もその一人。

スケーターにとって足の故障は最も怖い。

過去に足のケガが元で多くのスケーターがパフォーマンスを落としたり、引退に追い込まれたりしました。

まさかこの大切なシーズンでそんなことが起こるとは、神は羽生にどれだけ試練を与え

れば気が済むのかと思ってしまいました。

それが羽生の心により一層火を燃やすことになったのでしょう。

絶対王者が他の誰よりも金への執着を強く持った。

こうなれば他の選手は羽生に叶うはずがありません。

あとは、とにかく、足と体力、その両方が最後まで持ってくれるかどうかでしたが、ぎりぎり逃げ切ることが出来ました。

フリーの構成を見ると4回転は種類を絞って本数も4本。

怪我をしていなかったら4種類5本の構成もありえたでしょう。

しかし足の具合や体力と相談して確実に金を取るための構成にしてきました。

トリプルアクセルという絶対的な武器は健在で、ここからの連続ジャンプの高得点は確実に取れる。

元々高い得点が確実な演技構成点との合計で十分に勝負できる。

そういう作戦だったのでしょう。

ただ、それもミスがなく、最後まで滑り切ることは絶対の条件でした。

それをやってのけました。

冒頭のふたつの4回転ジャンプ。

何と二つともGOE3点!

このジャンプに羽生の気持ちが現れましたねえ。

しかしフリー最後の3回転ルッツを見る限り、もう限界だったと思います。

ステップでもレベルを落としています。

調子だけで言うとまだまだ万全ではないことがわかります。

絶対に金メダルを取ってやるという強い気持ちだけが羽生を動かしていたのでしょう。

 

昨日も書きましたが羽生からは炎が見えていました。

4年前のソチとは全く違う思いで金メダルを受け取ることが出来たでしょう。

真4回転時代の扉を開けた若手選手の追い上げからも逃げ切って、絶対王者の称号を守り抜きました。

本当におめでとうございます。

それと、よくぞここまで、SPとフリーの2本を滑り切るまでに足を回復させたドクター。

もちろん本人の努力もありますが、ドクターの治療が的確でなかったら、オリンピック出場も叶わなかったと思います。

このドクターにも賛辞を贈りたいです。

総合的な感想はいずれまた。

 

 

平昌オリンピック雑感 その6 過去最大の壁を越えるか羽生結弦

男子シングルのSPが終わりました。

仕事の関係で中継は見ることが出来ず、ヤフーニュースで結果を見ました。

正直、羽生選手の足の状態がわからないので、練習で跳べていても期待より不安の方が大きかったです。

しかし・・・

いやあ、すごいですね。

驚きを通り越して信じられない気持ちが強かったです。

凄いとしか言いようがない。

記事を確認した時、私は思わず「すごい」と言葉を発していました。

2位にフェルナンデス。

さすがに仕上げてきたなと思い、宇野の3位を確認した時に、あれっ・・・チェンは?と思って順位表を眺めました。

見つけられなかったので、ああ~チェンはまだ滑っていないんだと思い込んでしまったんですが、どうもSPは終了している感じ。

もう一度ゆっくり見ると17位82点という信じられない場所にチェンの名が。

羽生の得点も驚きましたが、それと同じくらいにチェンの得点にも驚きました。

 

家に帰ってニュースとユーチューブで演技を見ました。

羽生のSPはとても美しく気品のあるプログラム。

イーグルから4回転、すぐにイーグル。

世界最高のトリプルアクセル

美しいスピンに鬼気迫るステップ。

ショパンの美しいバラードですが、羽生を見ると青い炎が見えました。

このまま足がフリーまでもってくれることを願っています。

 

宇野選手も好位置にいます。

今シーズン、あれほどジャンプに苦しんでいたフェルナンデスがきっちり仕上げてきました。

フリーは各エレメンツを成功すれば最後すごく盛り上がるプログラムです。

演技構成点も羽生に匹敵する得点。

もっとも怖い選手は結局フェルナンデスでした。

 

メダル争いはこの3人にボーヤンジンのSP100点超え4人に絞られました。

チェンは団体の失敗を引きずりました。

オリンピックの重圧に押しつぶされてしまったようです。

羽生の次に滑るというのも不運でした。

フリーでは第2グループの3番目、全体で9番目。

チェンにとってこんなに早く滑るとは考えていなかったでしょう。

表彰台は遠のいてしまいましたが、開き直って北京につながる凄い演技を見せて欲しいです。

羽生は最終グループ4番目。

羽生、フェルナンデス、宇野という滑走順。

この順番は羽生に追い風だと思います。

羽生が失敗せず滑った場合、すぐ後のフェルナンデスはやりにくいです。

ぷーさんを片付けるまで微妙に心理的な間が出来るでしょう。

冷静に滑ろ・・・という方が難しい。

最終滑走は宇野。

最後は滑りにくいと言われてますが、今回は良いように思います。

他の選手の得点を見ず演技する可能性はありますが、全てを出し切り、自らがコメントしていた自分に勝つことを実践すれば結果はついてくるでしょう。

ボーヤンジンまで含めて失敗をしない選手が金メダルに輝く。

それだけは間違いありません。

フリーも仕事で見られません。

66年ぶりの男子シングルオリンピック連覇なるか。

18時間後には結果がでているんですね。

待ち遠しいような、結果を見るのが怖いような・・・。

 

 

 

井上尚弥とジェームス・マクドネルの対戦は実現するのか

報道によると、WBO世界スーパーフライ級チャンピオン井上尚弥選手が既報の通り1階級上げて、WBA世界バンタム級チャンピオンのジェームス・マクドネルに挑戦する交渉が進んでいるとのこと。

果たして実現するのでしょうか。

記事によれば交渉は最終段階に入っているとありますが、会場は東京と書かれていたので本当だろうかとの思いが先に立ってしまいます。

今英国はアメリカと並ぶボクシング王国で、対戦する場合のファイトマネーは半端ない金額が必要です。

英国以外で防衛戦開催にこぎつけることも大変だと思われ、アメリカならまだしも日本までやってくるとは思えません。

しかも相手はモンスター井上。

マクドネルもなかなか強いチャンピオンで、亀田和毅の挑戦を2度退けるなど現在6度の防衛に成功していますが、今の井上と戦って勝てる選手はいません。

ホームで戦っても勝てる可能性は低いのに、東京までタイトルを失うためにわざわざ来るとは考えにくいです。

最低でも日本ボクシング史上最高のファイトマネーが必要となるでしょう。

大橋ジムだけで果たしてこの試合を実現させることが出来るでしょうか。

大橋会長が掲げる目標。

・ラスベガス進出

・5階級制覇

・4団体統一王座

・連続防衛日本記録

井上の実力からして当然目標達成可能な物ばかりですが、強すぎるがための弊害、即ち相手が逃げる。

何としてもターゲットとする選手をリングの上にあげるためには交渉がとても大切です。

これらを実現させるためには、トップランク社やK2プロモーション、ゴールデンボーイなど大物プロモーターと共同でマッチメイクを行う必要があると思います。

まだ24歳で成長途上。

この先どこまで強くなるのか想像出来ない井上尚弥選手。

井上がパウンドフォーパウンドの称号を得るのが待ち遠しいです。

そのためにも交渉力を高めるために、やれることは全てやっていただきたいです。

 

井上尚弥        15戦15勝(13KO)

ジェームス・マクドネル 32戦29勝(13KO)2敗1分1無効試合

 

 

 

 

平昌オリンピック雑感 その5 スピードスケートショートラック

スピードスケートショートラックってかなり無理な競技だと思いませんか?

あの狭いコースに4人がオープンコースで何週も何週も滑るんですから、接触が起きない訳がありません。

特にリレーは、テレビならばまだ状況を説明してくれるのである程度は順位やあと何週滑るかわかりますが、会場で見た場合果たして理解出来るんでしょうか?

レースのたびに審議があって失格選手がコールされる。

何かアクシデントが起こるのではと期待しながら見ている人も多かったりして・・・。

年配の方ならご存知だと思いますが、私はショートトラックを見ると必ず昔一世を風靡したローラーゲームを思い出します。

ローラーゲームは2度日本でブームがあり、近い方から書くと東京ボンバーズ

佐々木ヨーコ、小泉ヒロシしかもう名前は憶えていませんが、あっ、小泉博って東宝の俳優の方ではありませんよ。

俳優の小泉博はアナウンサーから俳優に転身して怪獣映画全盛期にゴジラ映画によく出ていました。

モスラ対ゴジラ、それに続く地球最大の決戦ではザ・ピーナッツの小美人と共にゴジラキングギドラと戦っていましたし、クイズグランプリの司会を長年やっていて、顔を見ない日はありませんでした。

その小泉博ではありません。

佐々木ヨーコは当然オノヨーコではなく、オノヨーコはジョンレノンの奥様ですが、私はビートルズではポールマッカトニー派で、ちなみにジャイアンツでは王派ですが、オノヨーコとの結婚がビートルズ解散の引き金になったようで、それは複雑な気持ちではあります。

東京ボンバーズは大人気。

テレビ中継もされて私も見ていましたが、実はそれよりもっと前、ずっと前、東京ボンバーズの影も形もなかった時、アメリカのチーム同士の対戦がなぜか日本で放映されていて、ロサンゼルス・サンダーバードってベビーフェイスのチームがあって、ニューヨーク・ボンバーズやテキサス・アウトローズなどのヒールチームとの試合が確か土曜日に放映されていました。

サンダーバードはいかにも人気者の名前で、ボンバーズやアウトローズはいかにもヒールチームらしい名前なのが笑えますね。

ローラーゲームは簡単に書くと、二人のスケーターが相手チームの選手を制限時間内に抜いた人数が得点になり、相手チームは抜かさないように大きい選手がガードして得点を許さないという攻防戦です。

サンダーバードの選手はかっこよくて、頭脳プレーで相手選手を抜いていきますが、ボンバーズやアウトローズはそれを防ごうと大柄の選手が反則すれすれで、ぼっこぼこに叩きのめす訳です。

試合はだいたいいつも途中までサンダーバードは不利な状況で、選手も痛みつけられて見ている方はハラハラドキドキしているんですが、最後は神がかり的なプレーでサンダーバードが逆転勝利するというのがお決まりのパターンで、今考えると完全にショーアップされたものだったわけですが、当時小学生だった私は手に汗握って必死でサンダーバードを応援していました。

純粋だったんですね(笑)

映像は当然アメリカの放映を使っていましたが、ミッキー安川という英語ペラペラの男がサンダーバードびいきの実況をかぶせていたのを思い出します。

当時では珍しかったスタイリッシュなこのスポーツは大人気となり、日本でもサンダーバードが来日して公式戦が開催されました。

当然の事ながら私もサンダーバードが大好きで、大阪府立体育会館に見に行ってテレビで見るのと同じように、最後大逆転でサンダーバードが勝利して大興奮したのを思い出すのでありました。

(オリンピックの話はどこいったんや!)

 

プロ野球キャンプ中盤 私、物心ついた時にはジャイアンツファンでした

プロ野球キャンプインから早や半月。

月日が経つのは早いです。

スポーツナビの時からご覧いただいてる方はご存知だと思いますが、はてなで初めて読んでいただく方のために改めて書きます。

私、物心ついた時からジャイアンツファンでした。

とは言うもののジャイアンツ若手選手の成長を犠牲にしている今のチーム作りには賛同できません。

批判的ですらあります。

選手補強を全否定しているわけではありません。

当然目標は優勝であるべきなので、ウィークポイントを補強するのは当然です。

しかしそのために期待の若手が育っていないのも事実。

せめてドラフト上位で獲得した選手は試合に使って育てなきゃあ~ダメでしょう。

ファイターズに移籍した大田泰示が輝きを見せ始めたのは偶然ではありません。

ジャイアンツは大田を育てることが出来なかったのです。

せっかく片りんを見せても使い続けることが出来ない。

カープは低迷の時代を脱し、セリーグ連覇を果たしました。

その原動力となっているのはチーム生え抜きの選手達です。

ジャイアンツもこのチーム作りを見習わないといけません。

そういう意味で今年ジャイアンツが清宮を取れなかったのは残念でなりません。

阿部に衰えが見え、清宮を獲得しておれば、ファースト清宮、セカンド吉川、ショート坂本、サード岡本という魅力あふれる大型内野陣を夢見ることが出来ました。

取れなかった選手のことを嘆いても仕方ないので、少し後退はしますが、次案として岡本をファーストで使い、セカンド吉川(山本)ショート坂本、サードマギー、外野はレフトゲレーロ(重信)センター橋本(長野)、ライト石川って感じではどうでしょう。

 

もちろん優勝するに越したことはありませんが、若手の育成をしっかりやっているところを見せてくれれば、2~3年は優勝できなくても許せてしまえます。

ここ数年で選手層が薄くなってしまった感じのジャイアンツ。

目先の事より未来を見据えて若手を育て、わくわくするようなチーム作りをして欲しいと強く願っています。

平昌オリンピック雑感 その4 髙梨選手銅メダル!

2本目のジャンプ。

おそらく多くの人が高梨選手に思いを込めながら、テレビの前で祈りに近い気持ちで応援していたんではないでしょうか。

一人前のアバクモワが102メートルと距離を伸ばし、その時点で首位に立ちました。

雪が降り、気まぐれな風が舞う悪条件の中、何が起こるかわからないジャンプ競技

残るは1本目上位3人ですが予断を許さない状況だったと思います。

次に飛ぶ1本目3位の高梨選手。

2本目を飛んだ時点で首位に立つとメダル確定です。

1本目4位のアバクモワとは6点ほどの差がありましたが、少しでも失敗するとトップに立てないこともあり得る状況の中、やりましたね~!

この極限状況のなか、今シーズン一番と言って良い納得のジャンプ。

テレマークも入り、距離は103.5メートル。

飛型も美しく飛んでいる時間も長く感じました。

美しいジャンプ。

飛び終えた後のガッツポーズや笑顔が全てを出し切ったことを物語っていました。

アバクモワの上を行き、表彰台確定のトップに立ち、他の日本選手達と喜びを分かち合ったシーンは月並みな表現ですが感動しました。

残る二人も風の条件によりゲートを下げて間が空きましたが、集中力を切らさずに大ジャンプをしてくるところはもうアッパレとしか言えません。

終わって見れば今年のWカップ総合順位そのままの金銀銅。

4年前日本選手勢の中で最も金メダルに近いと言われた高梨選手。

風の条件が悪く、まさかの4位。

呆然としてインタビューに答えていた姿を思い出します。

その屈辱を糧にこの4年間の努力は、私のような者が語る資格はありませんが、それはもう大変なことだったと想像します。

心ないバッシングもあったりしましたが、最後に結果を出してくれました。

4年間の努力に対するご褒美はとても価値ある銅メダル。

こんなにさわやかで清々しく嬉しい銅メダルはそうありません。

3位の表彰台に飛び乗った高梨選手の心からの笑顔を見た時に、全くの赤の他人の私ですが、めちゃくちゃ嬉しい気分にさせていただきました。

いやあ~スポーツってほんとにいいもんですね。

 

平昌オリンピック雑感 その3 時差なしの国で開催されているとは思えないんだけど

フィギュアスケートは午前10時、スキージャンプモーグルとかは午後10時。

スピードスケートも注目競技は午後9時からスタート。

これって選手のコンディションは無視ですね。

アメリカでの放映時間の関係とかなんとか言ってますが、普通ではないでしょう。

人間にはリズムがあります。

身体が動く時間、休む時間、これは人間が持って生まれたものです。

ましてや極寒、強風の悪条件。

より速く、より高く、より強くのモットーはどこかに置き去りです。

午後10時前後から始まると、クライマックスはもっと遅くなってしまいます。

午後6時ころから始まって午後8時頃に有力選手が登場しクライマックスを迎える。

こうでないといけません。

まもなく女子ジャンプが始まります。

今から始まるんですよ。

風の影響を受けて、男子ノーマルヒルと同じく日付が変わる可能性もあります。

見る方の立場で書かせてもらうと、夕食食べて、一杯飲んで、一番眠くなる時間。

逆にこれが夜中の1時とか2時あたりだと目がさえて集中して見ることが出来るんですけどね。(あくまで私個人的な傾向ですが)

それでも見ますよジャンプ。

今季ここまで勝てない高梨選手。

本番のここでもどちらかというと悲観的な見方が多いです。

でもジャンプは何が起こるかわかりません。

現実にソチでは高梨絶対と言われていたんです。

それが表彰台にも上れない4位。

今回はルンビ選手が絶好調で金メダル最有力と言われています。

しかしオリンピックの魔物はいつ誰に牙をむくかわかりません。

開き直って気楽な立場で臨める高梨。

さあ、応援しましょう。

今からテレビ桟敷に陣取ります。