影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

サッカー

Wカップ雑感④ グループステージは勝ち点18の獲得合戦

Wカップグループステージも2巡目に入りました。 今日は試合内容とは直接関係ない話です。 よく解説で「勝つこと」という言葉を使わず「勝ち点を取る」という表現を耳にすることがあるかと思います。 ちょっと今回はその勝ち点について書かせていただきます…

Wカップ雑感③ 日本勝ち点3!強豪コロンビアに歴史的勝利

やってくれました! 代表が勝利した過去のどの試合よりも嬉しい勝利です! 選手たちは最後の最後まで集中していました。 開始3分でサンチェスがまさかのハンドによる一発退場。 見ていて、立ち上がりコロンビアの動きが少し硬いとは感じていました。 それに…

Wカップ雑感② メキシコは全てにおいてドイツを上回っていた

18日早朝に起きた地震。 私も関西に住んでいますが、震源地から少し離れており被害はありませんでした。 幸いなことに、身内や、連絡が取れる知り合いも無事でした。 過去にお会いした方で、今はもう連絡が取れない人もいらっしゃいますが、無事を祈るばか…

Wカップ雑感① 炎のクリスティアーノ・ロナウド

Wカップロシア大会が始まりましたが、終盤にドラマが多い見ごたえある試合の連続ですね。 今大会は確固たる主役が不在という感じで、そこそこ実力があればチャンスがあるということで、伯仲の試合が続いていると言えるのかもしれません。 特にグループステー…

これから始まる♪これから始まるWカップの大冒険♪

タイトルはカックラキン大放送のリズムで読んでください(笑) 古すぎてほとんど知らないかもしれませんが(汗) いよいよ始まりますね! ワクワクドキドキのWカップロシア大会。 開幕直前にスペイン代表監督更迭という衝撃のニュースも飛び込んできました…

サッカー日本代表 激しいブーイングは絶対必要だが最後まで応援することはもっと必要

W杯本番前の壮行試合。 代表チームの晴れ姿を目に焼き付けて大盛り上がりで選手を見送る・・・。 そういった理想とはかけ離れた結果となりました。 おとなしいと言われる日本のサポーターもさすがにブーイングの嵐。 このブーイングは、もちろん結果を出せな…

アーセン・ベンゲル日本代表監督候補の記事を見て、次は日本人監督と思っていた私は心が動いてしまった

どうせ実現は無理だと思うんですけどね。 過去協会は幾度となくベンゲルに監督就任要請をしましたが実現に至りませんでした。 ベンゲルの代表監督は夢で終わったとあきらめていましたが、今回の報道。 今までと違い22年務めたアーセナルを辞めたタイミング…

サッカー日本代表ハリルホジッチ監督更迭騒動に関する率直な思い

ハリルホジッチ更迭について多くの意見が飛び交っています。 意外なのは今回の更迭に異議を唱える人が多いこと。 その理由としては、時期的なもの、ハリルホジッチへの擁護意見、協会不信。 これらが代表的な考えだと思われます。 私はこの段階でまさか監督…

サッカー日本代表ハリルホジッチ監督電撃解任 よくぞ決断! 後任は手倉森昇格がベスト

サッカー日本代表ハリルホジッチが監督の座を失いました。 Wカップを直前に控えての正に電撃解任。 「ハリルホジッチでは勝てない」「解任すべき」との声が絶えませんでしたが、協会はついに決断を下した訳です。 代表監督を解任した方が良いという声は、誰…

日本代表6大会連続Wカップ本線出場を祝うが、いろいろ思うところもあって・・・

絶対に勝たなければならない試合。 テレビ朝日の、とんでもなくプレッシャーをかけるキャッチフレーズですが、オーストラリア戦は正にそういうシチュエーション。 サウジが負けて、追い風との報道がありましたが、それはオーストラリアにとっても同じで、さ…

自分で自分の首を絞める報道はやめよう

Wカップ最終予選が始まりました。 これから1年かけて10試合を戦う長丁場。 それなのに試合前、初戦に勝てなければ本線出場はないとの報道。 確かに初戦の重要性は誰もがわかっています。 ですが負ければ後が無いような報道。 結果はUAEに敗退。 何だよ~…

香川シンジ過去の代表戦で一番輝いたが・・・

今回のキリンカップ。 最終予選直前のマッチメイクとすれば良い国を選んだと思っていました。 それにしても何と理想的な勝利をあげた物です。 内容はもちろん問われますが勝ちに勝るものはありません。 ブルガリアが決して本調子でなかったとしても鮮やかな…

なでしこジャパン未来へ向かって新たな一歩

なでしこがオリンピック予選最終戦を勝利で終えました。。オーストラリア、中国についで3位という結果。間違いなく世界を魅了してきた「なでしこ」のパスサッカー。リオへの道を閉ざされ終焉を迎えた佐々木ジャパンですが、これまでの栄光が色あせることは…

ワールドカップ予選男子代表ドロー発進、なでしこは予選1位通過

単純に比較出来ないのはわかっていますが、時期が重なった事もあり男女代表チームを比べてしまいました。 女子は見事に予選を勝ち点9、C組トップで勝ち抜けとなりました。 スイスが10点、カメルーンは6点エクアドル相手に得点したのに日本は1点。 いろ…

アジア杯の結果は、アギーレを更迭せよとの天の声なのか

いろんな意味で注目されていたアジア杯。 結果、加茂ジャパン以来のベスト8敗退となってしまいました。 なんだか、アギーレ更迭には今しかないタイミングとなりましたね。 いや、私アギーレは良いと思っています、今でも。 勝負どころでの用兵、采配が光り…

今は彼の言葉を信じるしかないが、(あたりまえだが)より高い結果を求められるアギーレ

突然降ってわいたアギーレ監督の八百長疑惑。 巷には解任論も渦巻きちょっとした騒動になっています。 報道されている記事を読むと、確かに疑わしい香りが充満しているようにも思えます。 大仁会長はそんな噂がある事は全然知らなかったと、何ともまたお気楽…

過去の豪州戦では一番安心して見られたが、ケーヒルの得点力にはただただ驚くのみ

親善試合対オーストラリア戦。 日本代表は2-1で勝利し、アギーレ監督就任後初の連勝です。 これでアギーレジャパンは3勝2敗1分け。 初めて勝ち星が先行しました。 トルシエ以降の格監督就任後6試合を比較しても、 トルシエ1勝3敗2分け ジーコ 1勝…

アギーレ事情聴取へ・・・って普通にコミュニケーション取るだけでしょう

サッカー日本代表のハビエル・アギーレ監督(55)が、選手選考基準やチーム作りの方向性などについて、年内に行われる日本協会の技術委員会で説明を求められていることが6日、分かった。代表強化などを担う同委員会に、監督が呼ばれるのは異例。事実上の“…

挫折を味わった香川、古巣移籍で再び輝け!

香川選手の古巣ドルトムント移籍がほぼ確実になったようです。 男女の仲とサッカーの海外移籍話は終わってみないと本当の所はわかりませんが、香川にとってマンUでこのまま飼殺されるよりは古巣で新たな可能性に賭ける方がはるかに良いでしょう。 しかし、…

ワールドカップで感じた事、思った事、見えた事

サッカーワールドカップが終わりました。 ドイツが24年ぶり4度目の優勝を飾りましたが、史上初めて北中南米の大会で欧州勢が優勝するエポックな大会となりました。 1930年第1回大会以降越えられなかった大きな壁がついに破られたという事実は、今ま…

2014サッカーWカップ番外編・ユニフォームメーカー別に成績を見る

ワールドカップもいよいよ大詰め! 4強が決まり、準決勝は何とも魅力的な組合せとなりました。 日本代表は早々に敗退してしまいましたが、決勝戦はどんな組み合わせになっても大変な戦いとなりそうです。 今日は戦術とか選手個々の話は置いといて、各国代表…

日本サッカーのボールポゼッションサッカーへの思いと、浅田真央のトリプルアクセルに賭ける思い

サッカー日本代表はグループリーグ最終戦、対コロンビアになすすべもなく敗れ予選敗退が決まってしまいました。 戦前の思いが強かっただけに、この脱力感は何と言って良いのか、何も考えられないって感じです。 ドーハの悲劇、イラク戦で終了間際に同点に追…

結果を出してくれ、ザックジャパン!

世間ではいろんな声が飛び交っています。 ここまで1敗1分。 初戦のコートジボワール戦の悪夢の2分間。 あれさえなければ、ここまでの言われようはなかったでしょうが、結果が全ての世界です。 たとえ退屈なサッカーであっても勝てばほとんどの人は文句を…

まだ総論を述べたくはない。最終戦で代表の誇りを見せて欲しい

日本代表ギリシャと引き分け。 グループリーグ突破の可能性は常識的には僅かです。 しかしゼロではありませんし、たとえ突破出来なかったとしてもコロンビア戦では日本代表の誇りを見せなければなりません。 思う事はたくさんありますが、私達が出来る事は精…

8年ぶりの落胆・だがあと2試合戦える

本田のシュートは最高でした。 本田は持ってる。 1億1千万の人々は改めてその言葉を思い出した事でしょう。 ボールを受けざま、間髪いれずゴール左上に豪快なシュート。 キーパー反応出来ません。 やはりこの男、口だけではありません。 その後も少ないチ…

日本サッカー史上最大の挑戦始まる

いよいよ決戦の時が近づいてきました。 細かい戦術的なことを語る程の知識はありませんが、予選グループ勝ち抜けて欲しい。 その思いは皆と同じです。 思えば前回南アフリカの大会前。 岡田ジャパンはグループリーグ全敗で予選敗退の声が大勢を占めていまし…

本田も試金石だが、セードルフだって試金石

ACミランで上々のデビューを果たした本田圭佑。 いよいよホームでリーグ戦の先発デビューを飾ると報道されている。 こういった報道は実際に試合が始まってみないとわからないので、話半分程度に聞いておくのがちょうど良いと思うが、4-2-3-1でいく…

セードルフも本田を高評価!この男やはり持ってる

本田が移籍早々、おそらく万全ではなかっただろうコンディションの中、印象に残るデビューを果たした。 中田にせよ、松井にせよ、イチロー、野茂、出来る選手は皆、デビュー戦で印象に残るプレーをしてきた。 将来を占う意味でもデビュー戦というのはとても…

【東アジア杯】この1試合だけで個々の選手を、ましてチームを評価する事は出来ない。

参議院選挙投開票日の今日、東アジア杯が始まった。 新たに招集された選手達にとっては正に審判の日が続く事になる。 初招集7人を含む国際Aマッチ未出場が15人にも上る代表チーム。 初戦の中国戦。 一時3対1とリードしたが、中国の怒涛の攻めにペナル…

ザックジャパンにとって最悪のタイミングだったコンフェデ杯

コンフェデ杯は何を残してくれたのか。 少なくともアウェイでヨルダンに負けるまでは、コンフェデは日本代表の力を試す絶好の戦いの場と認識されていた・・・と思う。 しかしヨルダン戦で敗れ、オーストラリア戦で薄氷を踏む思いの引き分けでW杯本戦出場決…