影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

天皇賞秋の考え方

天皇賞秋。

好きなG1のひとつです。

何故か3200メートルの時代から春天より好きでした。

思い出すのはパッシングゴールの大逃げで、最後ヤマニンウェーブが逆転したレース。

プリティキャストといい、大逃げの印象が強いです。

さて2000メートルになってからはさらに名勝負も多く鍛え上げた優駿達のド迫力レースは馬券を離れても楽しめると考えています。

最近は比重がジャパンカップに移り、ステップ的に考える馬(オーナー)もいたりして、多少趣は変わりましたがそれでも見ごたえのあるレースにかわりはありません。

今回のポイントはエイシンヒカリは逃げきれるのか?

モーリスは2000大丈夫なのか?

ルージュバック牝馬として天皇賞制覇がなるのか?

どれも上位人気が予想される馬たちに課題があることです。

エイシンヒカリの逃げとなれば、思い出すのはあの名馬ですが、絶対に繰り返して欲しくない歴史として、無事に回ってきてくれればそれだけで満足です。

世界一に評価されたので、勝っても全然不思議ではありません。

逃げには絶好の枠。

あとは信じるか信じないかだけです。

モーリスはいろいろ言われていますが、ムーアを乗せてきてるので、勝負にきてるのはまちがいありません。

ただ、やはりマイルがベストなのはまちがいなく、あとは信じるか信じないかだけです。

ルージュバックですが、私は過去にこのレースを勝った牝馬の域には達していない判断です。

まして人気も予想されています。

人気が落ちてくれば買い目に入れても良いですが、人気なら無理には買わないでしょう。

ではその他のメンバーはというと・・・

アンビシャスは好きな馬なんですが、どうも使い方の方針がぶれていて狙いがよくわからないという印象です。

いや、実際はぶれておらず、中距離路線なのでしょうが、来年大阪坏がG1になって出てくれば単勝買います。

でもここも当然馬券対象にはしないといけませんね。

ステファノスは穴人気してますが、4歳以降勝ちきれない状況、いわゆる善戦マンですので、ここもどうでしょう。

同じ8枠に昨年の覇者ラブリーディもいます。

この8枠ひ昨年の1着2着が同居してるのは何かのサイン?

今年の3歳は最強と言われていますが、実は4歳も相当強い世代です。

いわゆるドゥラメンテ世代。

その4才から(前述除けば)リアルスティールサトノクラウンヤマカツエース

リアルスティール安田記念以来で、騎手が福永からデムーロに代わりました。

能力は相当なものでしょうが、明らかにジャパンカップ狙いと思います。

サトノクラウン

先週悲願のG1をとったサトノ勢。

騎手もノッテる福永。

堀厩舎二頭出しですが、人気薄を狙うセオリーでいけばこれは面白いと思います。

ヤマカツエースはさすがにちょっとこの面子では・・・と思います。

最も気になるのがアドマイヤデウス

そこそこ走るのに地味。

ステファノスの時に勝ちきれないと書きながらアドマイヤも同じやん・・・と言われそうですが、何故か気になるデウス君です。

まだ最終わかりませんが今の時点では、結局軸はアンビシャスですかね。

結局最も不安要素が少ないです。

ただエイシンヒカリの逃げ切りを一番見たいのは素直な気持ちです。

あとはサトノクラウンアドマイヤデウスにモーリスも3連系でははずせないですかね。