影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

先週のジャイアンツ(6月27日~7月2日)現実は厳しかった

交流戦後ローテーションを変えてきたのも実らずドラゴンズに負け越した先々週。

先週も2強との対戦がない組合せでしたがまずはいつものように結果から。

○スコア

6月27日 対スワローズ 4対3○

6月28日 対スワローズ 2対4●

6月30日 対ベイスターズ 1対3●

7月1日  対ベイスターズ 4対6●

7月2日  対ベイスターズ 1対9●

○主な打者の成績

陽   17打数6安打.353 打点1

坂本  16打数3安打.188 打点1 

マギー 17打数1安打.059 打点2

長野  23打数7安打.305 打点1

村田  18打数7安打.389 打点5

小林  13打数3安打.231 打点1

石川  7打数0安打 .000

辻   6打数0安打 .000

亀井  4打数0安打 .000  

阿部  1打数0安打 .000

山本  14打数2安打.143

立岡 9打数0安打.000

中井 5打数4安打.800

週間チーム打率 160打数35安打.219

○先発投手成績

6月27日 田口  6回2/3 自責点

6月28日 大竹  4回    自責点

6月30日 菅野  7回    自責点

7月1日 マイコラス6回    自責点

7月2日  山口  4回    自責点

週間チーム防御率  44回 自責点24 4.91

交流戦最終週で上昇のきっかけをつかんだと思っていたのに、リーグ再開後2勝6敗。

相手はドラゴンズ、スワローズ、ベイスターズという恵まれた順番だったんですが、またも流れは悪い方向にまっしぐらです。

特にベイスターズに3連敗は情けないを通り越してあきれてしまいました。

振り返ればテレビ東京・・・いや東京ヤクルトスワローズただ1チーム。

最下位も現実としてあり得る状況になってしまいました。

個人戦と違い団体競技の野球。

流れが良い方向に向けばチームの勢いが個の失敗を隠してしまいます。

逆の場合は負の連鎖がチーム全体に広がってしまいます。

何をやっても上手くいきません。

ここにきて由伸は若手選手を積極的に使うようになりました。

ジャイアンツ・ネクストジェネレーション。

目の前の勝利より未来のチームづくり。

気持ちを幾分スライドさせたように思います。

ここでもしかし、ジャイアンツのいびつな選手補強が垣間見えます。

最近試合に出ている若手の顔触れを見ると、山本、辻、中井、皆セカンド

昨秋ドラフトもセカンド吉川。

確かにジャイアンツはセカンドか固定しませんがどうするんでしょう。

一昨年ルーキー岡本もファーストかサードが本職ですが、そこに阿部、村田、ギャレット、マギーなどを起用するもんですから伸びようにも経験が不足がちです。

結局外野へコンバートという様相。

大田選手の二の舞にだけはさせないでいただきたい。

強く思います。

今週はカープ、タイガースといずれもアウェイで6連戦。

今後のジャイアンツを占ってくれそうです。