影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

先週のジャイアンツ(8月8日~13日)祝・阿部慎之助2000本安打達成!

先週は上位2球団相手に3勝3敗。

またしても借金を減らせませんでした。

まずは先週の結果。

○スコア

8月8日  対タイガース 6対1○

8月9日  対タイガース 4対5●

8月10日 対タイガース 5対2○

8月11日 対カープ   9対2○

8月12日 対カープ   0対1●

8月13日 対カープ   1対4●

○主な打者の成績

陽    21打数8安打.381

マギー  23打数10安打.435 打点6

坂本   21打数1安打.048

阿部   19打数6安打.316 打点5

村田   20打数5安打.250 打点2

長野   15打数4安打.267 打点2

小林   14打数0安打.000

亀井   16打数1安打.063 打点2

宇佐美   5打数2安打.400

橋本    7打数2安打.286

石川    4打数2安打.500

寺内    2打数1安打.500 打点2

週間チーム打率 188打数47安打.250

○先発投手成績

8月8日  マイコラス 7回 自責点0 勝利投手

8月9日  畠     5回 自責点

8月10日 内海    6回 自責点

8月11日 田口    9回 自責点2 勝利投手

8月12日 菅野    7回 自責点1 敗戦投手

8月13日 今村    4回 自責点2 敗戦投手

週間チーム防御率 52回 自責点14 防御率2.42

今週は菅野で負けた1戦が何とも残念です。

薮田投手に完封負けではいけません。

結局勝つときは完勝、接戦では落とすパターンはまだまだ払拭されていません。

接戦で勝てるようにならないとそれが癖になってしまいます。

1点差負けが11勝21敗。

最下位スワローズとどっこいどっこいの状態。

他の4球団は五分以上の勝率なのでこれはどげんかせんといけません。

まあ、ひどい時は接戦の負け以外にも無抵抗な負けが見られましたが、それが解消されてきただけでも良しとすべき・・・なのでしょうか。

先週は何と言っても阿部選手の2千本安打達成がハイライトです。

生え抜きでは柴田氏以来。

ジャイアンツの歴史の中で生え抜き選手の達成は、川上、長嶋、王、柴田の各氏。

由伸監督が1753本

原前監督が1675本

篠塚氏が 1696本

ですから捕手というポジションも併せて考えると、阿部選手が特別な存在であることを改めて認識する次第です。

私は全盛期の阿部をホームランアーチストと思って見ていました。

狙って打ったホームランもかなりの数に上ると思っています。

歴代のホームランバッターでは門田博光氏と阿部慎之介。

捕手と言うポジションでなく故障に襲われなければ40過ぎてもホームラン数を重ねる事が出来たでしょう。

多分、おそらく、間違いなく、阿部選手今シーズン限りで引退・・・という流れが出来たと思います。

あまり表に出していませんが、身体はもうボロボロのがたがたでしょう。

満身創痍の状態で試合に出ていることと思います。

来季はコーチングスタッフに名を連ね、帝王学を学んでいくことがジャイアンツの為にはベストだと思います。

幸い坂本が阿部の後、チームを引っ張る力を身につけてきました。

残る今シーズン、勝負強い阿部のバッティングを見せてもらい、何とかCS圏内に突入してもらいたいですね。

今週はスワローズ、ベイスターズとの6連戦。

ベイスターズとの4ゲーム差は大きいですが直接対決は大きなチャンスでもあります。

今のローテでいくと週の初戦にマイコラス、2カード目に田口、菅野と3人の二桁勝利陣が出てきますが、これは全て勝ちたいところ。

ブルペンに山口鉄が戻ってきました。

ドラゴンズ岩瀬が良い刺激になると思うのでブルペン陣を引っ張って欲しい。

そんな気持ちです。

ではまた来週。