影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

フィギュアスケート Road To 平昌  無良崇人 村上大介 田中刑事

こうして平昌への挑戦を書いていますがほんとに無事に開催できるのでしょうか。

子供の喧嘩でも最初は冗談半分に言い合いしていても、それがマジになってしまうことってありますからね。

前置きはここまでにします。

さて平昌でのフィギュアスケート代表枠はご存知のように男子3、女子2です。

女子はそれこそ大混戦で候補と考えられる選手を5人はパッと思い浮かべることが出来ます。

ところが男子は羽生、宇野はまあ常識的には間違いないとして3人目は上位2名に比べて相当の差がついていると言わざるを得ません。

しかし男子は3枠あるのは紛れもない事実なので当然3枠目を狙っての熱い戦いが繰り広げられることになります。

3枠目を取りに行って、その激戦の中で成長するのか、代表に選ばれることで半分燃え尽きるのか・・・。

それは選手の志の高さということになるのでしょう。

おさらいの意味で男子の平昌選考基準を記します。

〇一人目  全日本優勝者

〇二人目  全日本2位、3位の選手とGPファイナル出場者上位2名の中から総合的に判断。

〇三人目  二人目の選考基準に該当しながら二人目の選考から漏れた選手を含む、

      ワールドスタンディング、シーズンワールドランキング、シーズンベストスコア各上位3名

      これらを満たす選手から総合的に判断。

今の勢いで行くと羽生、宇野が一人目、二人目の基準で選ばれる可能性が極めて高いので、三人目の座を射止めるには、ISUの各ランキングの内2項目で羽生、宇野の次に位置すること、もしくは全日本3位を目指すってことになるのでしょう。

第三の男の候補といえばやはり無良、村上、田中の3人の名前が思い浮かびます。

当然のことながらこの3人もすでに今季シーズン初戦を終えており、それぞれGPシリーズに向けて修正を図っているところでしょう。

現在のワールドスタンディングは田中、無良、村上の順番ですが、これが全日本終了時にどう変化しているのでしょう。

村上大介

NHK杯を優勝したのはもう3年も前になるんですね。

大怪我から復帰して質の高いジャンプを見せて一躍脚光を浴びましたが、完全にブレイクするには至りませんでした。

昨シーズンはほとんど見かけることも名前を聞くこともありませんでしたが、どうやらオリンピックシーズンは間に合ったようです。

しかし演技はまだまだNHK杯優勝当時のオーラが戻っていないように思いました。

もちろんシーズン初戦なのでこれからですし、彼のアメリカ育ちの明るさが良い意味で演技に影響してくれば期待は持てると思います。

無良崇人

無崇もまた毎年期待されながら、ここ一番でミスを重ね、大化けすることが出来ていません。

しかし高いジャンプは圧倒的ですし、彼には華があります。

USインターナショナルでもSPはとても良い雰囲気を醸し出していました。

冒頭の4Tも跳んできましたし、後半の3Aは彼らしい高くて見栄えのするジャンプでした。

ところがフリーではジャッジペーパーを見る限り、冒頭のクワドがダブルに、後半のジャンプはもうグタグタのようですね。

確かにまだまだシーズンはこれからですが、最近の無良はなかなか2本揃えることが出来ていないように思います。

雰囲気で行けば無良が第三の男には一番近いように思うんですが、彼にはメンタル面で負けないようにしてほしいです。

田中刑事

昨年にやや頭角を現してきた田中ですが、彼もまたオンドレイネペラトロフィーでSPとフリーの出来栄えの差がひどかったです。

フリーでは転倒で後半のジャンプがザヤックルールにもひっかかるなど全く点数が伸びませんでした。

まだまだ音楽と演技の協調も不十分ですし、今後どう調整していくかということなのでしょう。

GPシリーズでは初戦のロステレコムに田中が羽生と共に出場。

無良はスケートカナダに宇野と出場。

村上は今年もNHK杯に出場してきます。

果たして3年前の再現が出来るかどうか。

第三の男の座を争う熾烈な戦いが始まりました。