影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

先週プラス1試合のジャイアンツ(9月25日~10月3日)最終戦に明日の希望を見た(ことにした)

都合でスポナビの更新が出来ませんでした。

リアルタイムではありませんが、今期のジャイアンツの戦いが早くも終わってしまいました。

結果は11年ぶりのBクラス。

CS解禁も途絶えてしまいました。

まずは先週+1試合の数字から。

〇スコア

9月25日 対スワローズ  6対5〇

9月26日 対スワローズ  3対0〇

9月27日 対ドラゴンズ  2対1〇

9月30日 対タイガース  1対5●

10月1日 対タイガース  4対5●

10月3日 対スワローズ  10対6〇

〇主な打者の成績

陽     23打数2安打.087 

マギー   23打数7安打.304 打点3

坂本    23打数7安打.304 打点2

阿部    21打数3安打.143 打点3

村田    21打数7安打.333 打点4

長野    23打数6安打.261 打点1

亀井     8打数3安打.375 打点4

小林    13打数3安打.231 打点1

宇佐見    7打数3安打.429 打点2

石川     3打数0安打

中井     9打数6安打.667 打点2

橋本     5打数0安打

脇谷     3打数1安打.333

重信     5打数2安打.400

岡本     5打数1安打.200

吉川     4打数3安打.750

山本     1打数1安打1.000 打点4

週間チーム打率 206打数57安打.277

〇先発投手成績

9月25日  吉川   2回1/3 自責点

9月26日  菅野   6回    自責点

9月27日  マイコラス8回1/3 自責点

9月30日  畠    0回    自責点

10月1日  田口   4回    自責点

10月3日  中川   3回    自責点

週間チーム防御率  54回 自責点21 防御率3.50

チーム最終成績72勝68敗3分け 4位

という成績で全日程を終えました。

これで良いわけはありませんが、これで良かったんじゃないでしょうか。

変な言い方ですが・・・。

個人成績を見てもわかるように、先発投手陣は持てる力をほぼほぼ出し切ったと思います。

セ界一と言っても過言ではないでしょう。

結局今年のジャイアンツは極端に言えば、先発が試合を作り、その間に相手を上回る得点を取ることが出来た場合は勝てたと言うだけではないでしょうか。

投手陣が踏ん張っていても点がとれない打線。

安定しないブルペン陣。

何よりもなんだか淡々と試合が終わって負けてしまう。

1年を通じてそういう印象が強かったです。

打撃陣も点が取れないと書きましたが、それぞれのセリーグ内での数字を見ると決して悪くはありません。

打率はタイガースと並んで3位、安打数、本塁打も3位で出塁率長打率も3位です。

セ界一の投手陣と決して悪くない打撃陣。

何でこう~なるの?って思ってしまいますが、実は犠打が5位と圧倒的に少なくベイスターズと2球団だけが二けたの数字。

さらに併殺打は1位!。

ホールドの少ない中継ぎ陣とチグハグな攻撃。

こういったところが見えてきます。

今回4位となったことで、一からチーム作りをしやすくなりました。

来年またまた若手の芽をつぶすような補強をして優勝するよりも、若手を育てながらCS圏内に入るほうが個人的には嬉しいです。

終戦のスタメンには未来が見えました。

これを一消化試合だからこそのメンバーと捉えずに、来季の方針を示したのだと思いたい。

首脳陣の問題もベテラン選手の去就もこれから話題になるでしょう。

来年に賭けるのか。

引き際と考えるのか。

それはもう個々の思いが大切です。

納得のいく結論を出していただければと思います。

まずはドラフト会議。

ファーストの後継者を指名してください。

結果は神のみぞ知る。

逃げない姿勢を見せてくれればまずは満足です。

選手には1年間お疲れ様と言いたいです。

来年が良い年でありますように。