影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

先週の読売ジャイアンツ(3月30日~4月1日) 上原がチームのムードを変えた

2018プロ野球がいよいよ開幕しました。

物心ついた時からジャイアンツファンの私、昨年は予想していたとは言え、全くパッションを感じない戦い方にはうんざりしていました。

今年は違います!

待望久しい若手の成長。

澤村の復活と上原復帰で昨年不安定だったブルペン陣が見違えったこと。

打つ方ではゲレーロの加入。

昨年のウィークポイントをしっかり補強出来ました。

オープン戦の勝敗はあてになりませんが、唯一信頼出来る数字のチーム防御率セリーグトップ、12球団でも2番目の数字は今年度の躍進を約束させるものです。

そういった状況で始まったペナントレース

昨年同様(昨年はスポナビブログでしたが)毎週、ジャイアンツの1週間を振り返る記事を原則月曜日に投稿させていただきます。

 

まずは先週の結果を数字で。

〇スコア

3月30日  対タイガース  1対5 ●

3月31日  対タイガース  8対4 〇

4月 1日  対タイガース  3対2 〇

〇主な打者の成績

陽      13打数3安打 .231 打点1

吉川尚    12打数2安打 .167

坂本     10打数3安打 .300 打点1

ゲレーロ   11打数3安打 .273

マギー    12打数1安打 .083

岡本     11打数5安打 .455 打点8

長野      9打数1安打 .111 

小林      4打数4安打1.000 打点1

田中俊     2打数0安打

大城      5打数1安打 .200

週間チーム打率96打数24安打.250

〇投手成績

3月30日  菅野  7回    自責点

3月31日  田口  5回2/3 自責点

4月 1日  野上  5回2/3 自責点

この期間のリリーフ陣 8回2/3 自責点

週間チーム防御率 27回 自責点11 防御率3.67

 

ひときわ目立つのが岡本の打点8とブルペン陣の自責点ゼロ。

ライオンズから移籍の野上にも初登板で白星をプレゼント出来ました。

上原投手の加入は選手としての実力はもちろんですが、選手の士気にも好影響をあたえているのは、テレビ画面を通じてでもはっきりとわかります。

チームのムードがこれほど劇的に変わるとは想像を超えました。

小林も何と4打数4安打!打率10割!

爆笑物の大活躍です。

高橋監督のインタビュー受けごたえも昨年までとは明らかに違います。

インタビュアーと言葉のキャッチボールが出来ています。

いいですね~いいですよ~!

もちろんまだたった3試合。

いくつも超えるべき壁がそびえ立つでしょう。

上原はキャンプをまともにしていません。

必ず夏場にバテがきます。

そこを周りのブルペン陣がどうカバーするか。

岡本にしてもテレビを見ていて、ある1球にウィークポイントがはっきり見えました。

プロならそこを攻めないはずがありません。

バッティングフォームを崩されないように、その弱点を克服してこそ、本物の主力に成長するのです。

岡本なら出来ます。

そのほかにも大城、田中のドラフト組も存在感を示しました。

立岡、中井、辻、橋本などの中堅も刺激を受けないはずがありません。

まずは最高のスタートを見せたジャイアンツ。

昨年とは違います!

ではまた来週。