影無茶のスポーツ24/7

スポーツ好き熟年おやじのブログ

競馬

チャンピオンズカップ:ストーリーから組み立てる的中への道

先週は投稿出来ずあっという間に時間だけが過ぎて行きました。 馬券は買いましたが、拙ブログをご覧いただいた方ならご想像いただけるかもしれませんが、大好きなハープスターから買ったのでかすりもしませんでした(涙;) それにしてもエピファネイアの強…

マイルチャンピオンシップ:ストーリーから組み立てる的中への道

春の安田記念に対して秋のマイル王を決めるマイルチャンピオンシップ。 今年も多彩なメンバーが揃いました。 それぞれの馬にドラマがあり、目移りしてしまいます。 天皇賞、ジャパンカップ、有馬記念の路線と違い、マイル適正の強い馬にとってはここマイルチ…

エリザベス女王杯:ストーリーから組み立てる的中への道

中1週あけてのGⅠ。 今週はエリザベス女王杯です。 競馬は休んでいる訳ではありませんが、この時期1週でもGⅠがないとちょっと寂しさを覚えます。 今年も海千山千のメンバーが揃ったこのレース、最近を振り返ると驚くべき傾向がありました。 リピーター対…

天皇賞・秋:ストーリーから組み立てる的中への道

秋のGⅠ第4弾天皇賞・秋。 昔は春も秋も3200mの距離で争われていましたが、秋を2000mにしたのは、現状の春天を見る限り大英断だった事がわかります。 昨年はジャスタウェイが優勝して世界に羽ばたきましたが過去に多くの名馬が勝利しています。 …

菊花賞:ストーリーから組み立てる的中への道

前々日売りでトーホウジャッカルが断然1番人気。 大口投票があったようですが、現在でも1番人気を維持しています。 何だか波乱含みの菊花賞。 明日ゲートが開きます。 今回のテーマは・・・。 既存勢力対上がり馬 菊花賞は3000mの距離を走る特殊なレ…

秋華賞:ストーリーから組み立てる的中への道

秋のGⅠ第2弾秋華賞。 いよいよ今週から3週連続、1週おいて年末有馬記念まで毎週GⅠが行われます。 スプリンターズステークスでの13番人気スノードラゴンの優勝は、今秋のGⅠは荒れるという暗示なのでしょうか。 さて秋華賞。 ハープスターがいない中、…

毎日王冠:ストーリーから組み立てる的中への道

台風の進路が気になります。 日曜日の府中はぎりぎり開催可能に思えますが、月曜日淀の京都大賞典はおそらく無理でしょう。 毎日王冠は数あるGⅡ、GⅢの中で最も好きなレースです。 忘れられない二つのレース。 オグリキャップ2度目の優勝時、ゴール前イナ…

私的、凱旋門賞の見方

いよいよあと数時間で凱旋門賞です。 日本から優駿3頭が挑戦しますがそれぞれに期待が持てる陣容です。 ジャスタウェイは世界ランク1位。 ゴールドシップはロンシャン向き。 そして何といってもハープスターは3歳牝馬の恵量。 一昨年のオルフェーブルのゴ…

スプリンターズステークス:ストーリーから組み立てる的中への道

待ちに待った秋のGⅠがいよいよ始まります。 まず最初はその名の通りスプリンターNO1決定戦スプリンターズステークスです。 年度代表馬にも輝いたロードカナロアが引退し、時代は再び群雄割拠に戻るのか、それとも絶対的後継馬が名乗り出るのか。 その結…

神戸新聞杯:ストーリーから組み立てる的中への道

先週のセントライト記念、例年になくダービー上位馬が顔をそろえた事もありますが、 イスラボニータ、トゥザワールド、タガノグランパとダービー上位馬がワン、ツー、スリーを占めました。 通常は関西のダービー上位馬は神戸新聞杯から始動します。 今年はト…

セントライト記念:ストーリーから組み立てる的中への道

サマーシリーズも終わり、今週は東西で牡馬牝馬のトライアルが行われいよいよ本格的に秋競馬到来です。 セントライト記念はダービー馬こそ出走していませんが、皐月賞馬イスラボニータが順調に夏を過ごしたようでここから始動します。 ローズステークスはオ…

セントウルステークス:ストーリーから組み立てる的中への道

いよいよ秋競馬が始まります。 といってもまだ今週まではサマーシリーズの最終戦の位置づけもありますので夏競馬の名残りも残る開催という事になりますね。 今週はセントウルステークスの方を考えてみます。 このレースはサマーシリーズ最終戦という側面とG…

新潟記念:ストーリーから組み立てる的中への道

早いもので来週から阪神開催、新潟は引き続き代替開催となりますが秋競馬間近となりました。 今週はサマー2000最終戦新潟記念です。 サマーシリーズに参戦していない馬に好走例が少ないこのレースの特性から、今日のテーマはもうこれしかありません。 出…

キーンランドカップ:ストーリーから組み立てる的中への道

近頃1週間経つのがやたら早く感じます. 年を取ったという事でしょうかね。 さて今週は伝説の(!)新潟2歳ステークスが行われますが、記事の方はキーンランドカップでいきます。 サマーシリーズスプリントも佳境に入り、ここはチャンピオン狙いの馬を狙っ…

札幌記念・ストーリーから組み立てる的中への道

夏のメーンイベント札幌記念。 近い将来GⅠに格付けされるとの噂も納得と思うほど最近はメンバーが揃います。 今年も凱旋門賞を目指すハープスター、ゴールドシップに、皐月賞馬ロゴタイプ、すっかり海外遠征が板に付いたトウケイヘイローを初めとして豪華な…

関屋記念:ストーリーから組み立てる的中への道

次週に将来のGⅠ?札幌記念を控えているのでちょっと興味がそがれそうな関屋記念。 それでも中京記念に比べればまだ秋のGⅠマイルチャンピオンシップにつながる意義あるレースです。 サマーマイルシリーズにも組み込まれていますが、他の2000、スプリン…

小倉記念:ストーリーから組み立てる的中への道(台風接近ですが)

今週はサマ-2000第3戦小倉記念ですが・・・。 ご存じのように台風が接近中で開催出来ないと思います。 その場合月曜日に開催なのか、1週伸びるのか現時点でJRAのホームページには記載がありません。 とりあえずいつものように話を展開させて頂きま…

クイーンステークス:ストーリーから組み立てる的中への道

今週はアイビスサマーダッシュだけでなく2本立てで。 近年札幌競馬場でのクイーンステークスと札幌記念の位置づけが重要な物になってきています。 もちろんここ最終目標ではありませんが、先を見据えて馬を仕上げていく一環として涼しい夏の札幌を使う訳で…

アイビスサマーダッシュ:ストーリーから組み立てる的中への道

早くも8月。 夏真っ盛り、いよいよ名物レース、電撃の1000m戦アイビスサマーダッシュが行われます。 新潟競馬場が大改修されて日本一長い直線コースが出来上がりこの重賞が新設された時はワクワクした物です。それから早や14年。 サマーシリーズが出…

中京記念:ストーリーから組み立てる的中への道

今週はマイルになって3年目の中京記念です。 サマーシリーズマイルの初戦という位置づけですが、対象レースが僅か3戦と寂しい限りでスプリントや2000に比べて無理やり感満載という印象です。 ここはサマーマイルシリーズという観点ではなく、あくまで…

函館記念:ストーリーから組み立てる的中への道

本格的な夏競馬、今週はサマーシリーズ2000第2戦函館記念です。 昨年、一昨年は函館記念を勝った馬がそのまま次戦も勝利し、サマー2000シリーズチャンピオンとなり、天皇賞秋に出走しました。 しかし、その前6年間は函館記念優勝馬はシリーズチャ…

七夕賞:ストーリーから組み立てる的中への道

もう七夕賞の時期ですね。 その昔、七夕賞と言えば7枠か8枠を絡めて買えばたいがい的中にありつく事が出来ました。 懐かしいですね。 高本方式にはまっていた頃の懐かしい思い出です。 時は今、天が下しる・・・ではなくて、時は今、時代は大きく変わり、…

CBC賞・ストーリーから組み立てる的中への道

先週の宝塚記念、ゴールドシップには恐れ入りました。 さすが最強世代と言われる事はありますね。 ウィンにとっては宝塚が唯一のチャンスと思っていたんですが・・・。 2,3着ははまっていただけに残念でしたが、これも競馬という事ですね。 気を取り直し…

宝塚記念・ストーリーから組み立てる的中への道

先週のガルボ激走には驚きました。 冬のガルボが夏に1着。 こういうのを取らないと競馬で勝ち組には成れないと痛感しました。 私?どこに出しても恥ずかしくない馬券ベタですので(涙) さて気分はすっかり夏競馬ですが、春シーズン最後のGⅠ宝塚記念。 過…

函館スプリントステークス:ストーリーから組み立てる的中への道

次週、GⅠ宝塚記念を控えていますが、気分はほとんど夏競馬って感じです。 今週は函館スプリングステークス(以下函館SS)です。 すっかりおなじみになったサマーシリーズ。 スプリントは一足早くこの函館SSから始まります。 そこで今回のストーリーの軸…

エプソムカップ:ストーリーから組み立てる的中への道

先週の安田記念。 ジャスタウェイはさすがでした。 復活を一つのテーマに選びましたが、前走で復活した馬にばかり目が行ってました。 グランプリボスが安田記念で復活するとは・・・その形は読み切れませんでした(涙) さて、今週コディーノが死んだという…

安田記念:ストーリーから組み立てる的中への道(後篇)

どうやら週末は雨、しかも雨量も多そうで馬場状態の悪化が避けられませんね。 基本的に予想は良馬場を前提にする物で、道悪が上手いか下手かは正直走ってみないとわからない・・・って所はあります。 同じ重馬場でも範囲がありますし、たんぼのような馬場に…

安田記念:ストーリーから組み立てる的中への道(前編)

先週は橋口調教師悲願のダービー制覇というストーリーが成立しました。 ダービーポジションという格言を改めて確認したワンアンドオンリー。 ヨコテンの見事な騎乗でした。 関東馬復権の流れについても2、3着が東で、1着は関西馬でしたがジョッキーは東と…

日本ダービー:ストーリーから組み立てる的中への道

先週のオークスでは応援していたハープスターが2着とはいえ負けてしまったのはショックでした。 好きな競走馬は、過去に星の数ほどいても、ここまで肩入れしたのはキタノカチドキ以来だったかもしれません。(当時は馬券を買える年齢に達していませんでした…

ハープスターまさかの敗退も凱旋門賞挑戦を明言

府中の長い直線。 一番外からハープスターが追い込み態勢に入る。 テレビ画面には残り400mの文字がコース上に映し出される。 届くのか!届くのか! 懸命に追い込む。 残り200m! ハープスターがもがきながら先頭集団に近付く。 果たして届くのか! …