影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

オリックス金子投手がFA宣言する理由が見当たらない

日本シリーズの対戦チームが決まり、いよいよ今年のプロ野球も大詰めです。

我がジャイアンツはタイガースに敗れ早々にシーズンを終えてしまいましたが、来年に向けてのチーム作りが本格的に動き出そうとしています。

まずはドラフト会議ですが、ここにきてジャイアンツが智弁学園の岡本選手を指名するという声があがってきました。

レギュラー陣に衰えが見えてきたジャイアンツ。

補強ポイントはほとんどすべてと言ってよい状況ですが、誰を指名するかでトレードやFAが調査によりどの程度の実現性があるのかを推測できます。

ここで大きなポイントとなるのが何と言ってもバファローズ金子投手の動向です。

果たして金子投手はどのような決断を下すのか。

FAを宣言すれば数球団が獲得に声を挙げるのは必至です。

しかし私は金子投手は最終的に宣言しないと考えています。

FA宣言により移籍する理由は大きく分けて名誉(優勝)とカネ(誠意)だと思います。

中には家族の為や、元々好きだった球団というのもありますが、それはやや特殊な部類に入ります。

そこから考えると、バファローズの行動は実に素早かったです。

正式交渉ではありませんが、CS終了後早々に3年15億という数字をマスコミに出しました。

これはすごい数字で、これを上回る金額を出せるのはメジャーしかありません。

まだ国内FAを取得したところですので、原則メジャー挑戦は先の話です。

おそらく球団の先制攻撃は金子投手の心に響いたでしょう。

もう一つの名誉(優勝)ですが、昨年までなら移籍への大義名分も立ちました。

優勝を争えるチームで野球がしたい・・・このフレーズ。

しかし今年バファローズはリーグ制覇目前までいきました。

終戦、選手たちは悔し涙を流しました。

来年こそはこのチームで何としても優勝を!

そう思った選手は少なくないでしょう。

おそらく金子も、そして平野投手も。

球団がぶち上げた金額を交渉の席でも提示し、「優勝するためには君の力がぜひとも必要だ!」という熱い思いを伝える事が出来たなら、金子投手はFA宣言をせずに残留する・・・そう思っています。

ジャイアンツファンとしては何としても欲しい選手に違いありませんが・・・。

それはちょっと期待しない方が良いと思う今日この頃、やはりドラ1の指名は早大有原でいくべきでしょう。

肘の故障歴?金子投手も肘の故障歴ありますからね。

大丈夫でしょう。

打撃陣?和田恋がいるでしょう。

グリエルも・・・(ベイスターズファンの皆さんすいません)