影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

菊花賞:ストーリーから組み立てる的中への道

前々日売りでトーホウジャッカルが断然1番人気。

大口投票があったようですが、現在でも1番人気を維持しています。

何だか波乱含みの菊花賞

明日ゲートが開きます。

今回のテーマは・・・。

既存勢力対上がり馬

菊花賞は3000mの距離を走る特殊なレース。

淀の坂を2回上り下りしなければなりません。

上がり馬と書きましたが、今まで適距離レースがなかっただけかもしれません。

そういった馬が勝ってしまうことがあるのも菊花賞です。

まずはダービーに出ていなかった馬から取り上げてみます。

上り馬と言っても神戸新聞杯は大切なレース。

ここ出走している馬を無視するわけにはいきません。

3着トーホウジャッカルが夏に未勝利脱出、以後500万1着1000万2着神戸新聞杯3着。

かつてのヒシミラクルスリーロールスを思い起こさせる、いかにも夏の昇り馬というイメージです。

しかし人気しすぎ・・・。

明日までにどこまで落ち着くのかにもよりますが、人気薄でこそ妙味ありで今の人気は残念です。

それよりも4着サトノアラジン5着ヴォルシェーブの方に食指が動きます。

サトノアラジンは当初より評判になっていました。

条件特別を連勝して神戸新聞杯4着で今の人気は不当に低いと思われます。

ヴォルシェーブも全く同じ。

人気がなさすぎです。

次に前走が1000万条件戦勝利馬。

前述のスリーロールスデルタブルースビートブラック、バンデ。

馬券圏内によく飛び込んできます。

今回も何頭かいますが、さすがにダート路線は苦しいので以外を見ると・・・。

野分特別1着ミヤジジャスパー、支笏湖特別1着ゴールドアクターの2頭となり、人気に関係なく馬券には加えるべきなのかもしれません。

ここからは既存勢力についてです。

ダービー上位馬が軒並み回って話題になったセントライト組。

イスラボニータが2着トゥザワールド以下につけた差はイスラと他の馬との力の差を感じざるをえませんでした。

そのイスラが結局天皇賞に回りました。

距離に不安を感じたのか社台の方針かわかりませんが、出てきたら人気で飛んだ可能性があったので残念です。

セントライト組では3着タガノグランパの人気が出ません。

現段階で8番人気。

これも不当人気でしょう。

まあその方が美味しいんですけどね。

既存勢力で触れておくべきはサウンズオブアーストーセンスターダム

前者はダービー11着ですが無視できません。

トーセンスターダムきさらぎ賞1着。

武ジョッキーが乗り続けているのはちょっと気になります。

あと1頭忘れていけないのはダービー馬ワンアンドオンリー

神戸新聞杯も快勝で不動の1番人気・・・かと思いきや前述のトーホウジャッカルが驚きの1番人気です。

前にも書きましたが、私はワンアンドオンリーは橋口氏にダービーを取らせるために生まれてきたと考えています。

菊花賞まで取ったら・・・やりすぎでしょう。

よくて3着。

そう思っています。

レベル的に?と言われている現3歳世代。

そう簡単におさまるとは思いません(思いたくない?)

その考えを基本に印をつけさせていただきます。

サウンズオブアース

サトノアラジン

▲ミヤビジャスパー

ワンアンドオンリー 3着候補として馬券組み立て可能

タガノグランパ

△ヴォルシェーブ

トーホウジャッカル

以上のように決定しました。

皆様に幸運を。

私にも・・・。