影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

天皇賞・春の考え方

その昔、昭和の時代は曜日に関係なく天皇誕生日に行われていた天皇賞・春

今でこそ天皇賞・秋は2000Mで行われていますが、春秋共に3200Mで行われていた当時は、やはり春天はダービーと共に最も注目されるレースでした。

しかし時は流れ、現在は3200Mという距離が異質に考えられ、天皇賞と言えば府中2000の秋!という状況です。

メンバー的にも超一流馬の回避が目立つ事が多い最近の春天

今年もGⅠ馬は2頭だけ。

レースの性質が違うので一概に比較は出来ませんが、大阪杯のメンバーの方が魅力ある構成というのはちょっとさびしいです。

そんな春天ですがどう考えて馬券を購入していくのかをちょっとまとめてみます。

簡潔にポイントだけを記させて頂くと以下の3点。

1.軽い馬場での距離適性がある馬

2.ジョッキー

3・オーナー、調教師の春天への思い入れの強さ

1、2番人気が予想されるゴールドシップキズナは1の項目で果してどうなのかという疑念があります。

但し、昨年もこの両馬が1、2番人気で共倒れとなったので2年連続で同じ轍を踏むのかなって思いもあります。

そう、2分の1の神話作戦です。

特にゴールドシップは絶好枠で鞍上ヨコテンはとても魅力です。

そのジョッキーですが、半端な騎手では春天は勝てません。

そういう意味では、勝てるジョッキーはヨコテン、エビショールメール、武、ウチパク、岩田あたりに絞られます。

あとは、もしかするとこれが一番のウェイトを占めると思っているのが、オーナー、調教師の春天への思い入れの強さです。

オーナーなら個人馬主、調教師なら年配の方。

いくら春天が時代に合わなくなったからと言っても、やはり強い思い入れを持つ調教師、オーナーはおられるでしょう。

そういった方なら仕上げにも力が入ると思います。

これらを総合的に見て現段階で私が本命にするのは。

アドマイヤデウスです。

近藤―橋田―岩田のラインにマイナス要素は見当たりません。

デウスを3連系の軸にして、前述した昨年も今年も1、2番人気の両馬の内どちらかが絡むと考えると極端な話、

デウス、キズナの2頭軸とデウス、ゴールドシップの2頭軸、それぞれ3連複から配当妙味のある目を購入するということでいいのかもしれません。

デウスがこなかったら終わりなんですけどね(笑)