影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

F1オーストラリアGP・マクラーレン・ホンダ半歩前進と思いたい

プレシーズンテストの散々な出来で様々な波紋を各方面に投げかけることになったマクラーレン・ホンダ

カーグラフィックTVのダイジェスト版だけで放映されていたウィリアムズ時代からホンダを応援し続けていますが、これほど重苦しい気持ちになった事はありません。

オーストラリアグランプリが終わりました。

順位は

優勝 セバスチャン・ベッテル   フェラーリ

2位 ルイス・ハミルトン     メルセデス

3位 バルテリ・ボッタス     メルセデス

4位 キミ・ライコネン      フェラーリ

5位 マックス・フェルスタッペン レッドブル

6位 フェリペ・マッサ      ウィリアムズ

7位 セルジオ・ペレス      フォースインディア

8位 カルロス・サインツ     トロロッソ

9位 ダニール・クビアト     トロロッソ

10位エステバン・オコン     フォースインディア

11位ニコ・ヒュルケンベルグ   ルノースポール

12位アントニオ・ジョビナッティ ザウバー

13位ストフェル・バンドーン   マクラーレンホンダ

リタイア7台でハースのみ2台リタイア。

アロンソはポイント圏内を走行していましたが54周で無念のリタイアとなりました。

次にプレシーズンテスト8日間でのチーム別周回数順位を記します。

1位 メルセデス      1096周

2位 フェラーリ       956周

3位 ウィリアムズ      800周

4位 ザウバー        788周

5位 フォースインディア   785周

6位 ハース         715周

7位 レッドブル       684周

8位 ルノースポール     597周

9位 トロロッソ       584周

10位マクラーレンホンダ   425周

周回を重ねたから、その結果が必ずしもレースに直結するとは限らないですが、もちろん直結するチームもある訳で、良い流れでシーズンに突入出来たのがフェラーリメルセデス、それにフォースインディアも2台ポイントゲットなので順調と言ってよいでしょう。

テストから良い方に流れたのがトロロッソで周回数9位から本戦では8位、9位と十分前向きになれる成績。

悪い方に流れたのはハースで2台ともリタイアしてしまいました。

で、残念ながら悪い結果がそのまま直結したのがルノーマクラーレンということになるのでしょうか。

それでもバンドーンは最後まで走り切り、アロンソもさすがの走りを見せてくれました。

多くの問題が発生したテストから僅か2週間。

2台とも完走目前まで走ることが出来たのは事実。

アロンソリタイアの原因はサスペンションのトラブルということで、少なくともパワーユニットそのものが原因ではないことで安堵している自分がいるのもつらいですが、テストでの惨状を考えると多少は前向きになれる結果なのかと思いたいです。

アロンソは当然ながら厳しい見方をしていますが、彼がプレシーズンテスト終了後に語った「シーズンは長い。逆襲する時間はある」という言葉をよりどころに、応援し続けたいと思う今日この頃、次の中国上海GPはすぐにやってきます。