影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

ストーリーで考える馬券戦略・ヴィクトリアマイル

今週はヴィクトリアマイルです。

秋にはエリザベス女王杯がありますが、古馬の春の大目標として2006年に創設されたGⅠ。

マイルの重要性が高くなっている最近の傾向もあり、他に牝馬限定マイルGⅠは桜花賞しかないので、レース創設当初より意義は高くなっていると思われます。

(ジュベナイルフィリーズを忘れていました。)

過去の勝馬を見るといわゆる超ド級かこのレースで念願のGⅠ初制覇という両極端な傾向が見られます。

前者で言うとウォッカブエナビスタアパパネダンスインザムード

後者はコイウタ、エイジアンウィンズ、ホエールキャプチャヴィルシーナストレイトガール

前者は歴史に残る名牝、後者にしても誰もが認める実力馬です。

ヴィルシーナストレイトガールは結局このレースを連覇していることからも半端な馬では勝てません。

そういう観点で考えると今年の場合、前者のパターンに相当するのはまずはミッキークイーン

昨年が2着。

リピーターが活躍するレースでもあるので連軸と言って差し支えありません。

次にレッツゴードンキ

最近はスプリント路線という趣きでしたが何と言っても桜花賞馬。

適性が無いはずがありません。

現段階で2番人気ですね・・・。

ミッキークインーンは人気を信用して良いと思いますが、ドンキはあまり人気するようだと敬遠したくなります。

せめて5番人気位まで下がれば面白いですけども。

3頭目クイーンズリング

前走は何と15着。

しかし牝馬は前走成績はあてになりません。

逆にその方が人気も下がってありがたいかもしれません。

後者のパターンからピックアップすると、まずは何と言ってもルージュバック

桜花賞を1番人気で裏切りましたが、少女が集う桜花賞にルージュとバックは似合いません。

しかし経験豊富な淑女が集うヴィクトリアマイルならルージュもバックも違和感はありません。

マイルは2戦して桜花賞9着、ヴィクトリアマイル5着。

中距離馬のイメージもありますが、乗りなれた戸崎騎手。

レース特性からもここは念願のGⅠ初勝利のチャンスだと考えます。

買いです。

ついでスマートレイアー

7歳というハンデは有りますが、実力は誰もが認めるところ。

GⅡ、GⅢで3勝2着3回。

前走も牡馬に混じって京都記念2着。

過去のヴィクトリアマイルで初GⅠだった馬と比べて何の遜色も有りません。

鞍上は復活の武豊

切れません。

ヴィクトリアマイルと言えば二桁人気馬がよく馬券圏内に突っ込んで大波乱になります。

波乱の夢を見て万馬券の使者を探ってみます。

過去の波乱演出馬を見ると意外にも前走重賞で勝っているのにこのレースで人気が無いケースが目立ちます。

ブラボーデイジー福島牝馬ステークス1着なのに11番人気で結果2着。

ニシノブルームーン中山牝馬ステークス1着なのに11番人気で結果3着。

ケイアイエレガント京都牝馬ステークス1着なのに12番人気で結果2着。

状態がいいのに何故か人気が無い。

こういった馬を馬柱から探してみます。

前走重賞2着まで広げてみますね。

阪神牝馬ステークス2着アドマイヤリード7番人気。

福島牝馬ステークス1着ウキヨノカゼが8番人気。

福島牝馬ステークス2着フロンテアクイーン13番人気

(人気はいずれも現段階)

アドマイヤリードはルメール騎乗。

ウキヨノカゼは先週アエロリットでマイルカップを制した乗っている菊澤厩舎。

フロンテアクイーンは北村宏司騎手が乗ったここ3戦1、1、0、1。

いずれも不当に人気が低いという感じがいたします。

では印をつけていきます。

ルージュバック 悲願の初GⅠ、東京コースも強い

ミッキークイーン 間違いなくこのメンバーでは実力一番。

クイーンズリング  デムーロが乗り続けて前走度外視。

△フロンテアクイーン 

スマートレイアー

ウキヨノカゼ

レッツゴードンキは人気を嫌って現段階でははずしておきます。

あと、雨が心配ですね。

こればっかりは仕方がありません。

皆様に幸運を!

私にも・・・。