影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

サッカー日本代表ハリルホジッチ監督更迭騒動に関する率直な思い

ハリルホジッチ更迭について多くの意見が飛び交っています。

意外なのは今回の更迭に異議を唱える人が多いこと。

その理由としては、時期的なもの、ハリルホジッチへの擁護意見、協会不信。

これらが代表的な考えだと思われます。

私はこの段階でまさか監督更迭が行われるとは微塵も思っていなかったので、

驚きを持って一連の報道を見ていました。

では、ハリル体制で臨むW杯に期待していたかと言えば、正直に言えば期待する方が難しいやんって状態だと思っていました。

しかしそれでも監督を変えることはしないだろうと思っていたので、関心がない訳ではありませんでしたが、前のめりになるほどW杯に興味を持っていた訳でもありませんでした。

そういう意味で、協会のとった行動は、とにかく動いたということで評価に値すると思っています。

結果が吉と出るか凶と出るかなんてわかりません。

動くことが大切です。

ハリルホジッチも今は怒っていますが、最後は振り上げた拳をどこで降ろすかをしっかり考えているでしょう。

プロ監督なんですから。

どう考えてもチーム状態は悪かったですから。

マリ戦とかウクライナ戦とか、選手戦ってませんでしたから。

もちろんコミュニケーションが取れていないとか、選手の不満が看過できないほど膨れてしまったとか、そんな情けない理由で・・・という気持ちはありますが、それも含めて、協会も選手も大きな責任を背負うことになることは百も承知でしょう。

W杯本線で結果が出なかった時、ハリル体制のままだったとしたら責任は監督一人が取ればいい訳です。(協会は置いといて)

ところが、今回西野ジャパンでW杯に臨むことになったことで、結果が付いてこなければ、監督どころか選手、協会全体で責任を負わなければなりません。

当然、その覚悟はお持ちでしょう。

お持ちの上で動かれたはずです。

2カ月前のこの時期の交代について危惧する声は多いですが、元々ハリルホジッチの戦術は試合ごとにフォーメーションさえも変えてしまうカメレオン戦法。

全然問題ない・・・と言えば言いすぎでしょうが、影響は小さいと思います。

逆にハリルホジッチが2カ月前に急きょ監督になった方が、代表に決まった選手で2試合ほどテストマッチを経て本戦で変幻自在に戦法を変えて戦えるので、形になったかもしれません。

本当は手倉森昇格がベストだと思っていました。

リオ五輪当時のU23のチームを率いた時のサッカーは見ごたえある面白い物でした。

オリンピックは残念でしたが魅力あるサッカーを見せてくれました。

代表チームを離れるとの報道もあり本当なら残念です。

こうなったら何とかの馬鹿力ではありませんが、逆境での団結力で本戦を戦ってくれることに期待したいです。

ハリルホジッチで臨むより個人的には注目度が格段にアップしました。

そう感じる人は多いのではないでしょうか。

理由はどうであれ注目度が高くなるのは良いことです。

泣いても笑っても(月並みな言葉がこの場面でよく似合う)あと2か月。

はたしてどのような結果が待っているのか。

神のみぞ知る・・・。