影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

『ミッション:インポッシブル フォールアウト』 ちょっと、そこのイーサン、あんたやっぱりかっこいいねえ~

【仕事以外全部趣味】

宇宙戦争の地味なお父さんよりも、アウトローのジャック・リーチャーよりも、オブリビオンのジャック・ハーバーよりも、アメリカをはめた男バリー・シールよりも、何て立ってトム・クルーズはイーサン・ハントが最高です!

全く年を感じさせないアクション。

自ら体当たりスタントをやり切ってしまった映像は本物中の本物です。

前作と密接な関係を持った今作ですが、シリーズ最高傑作!

まさか6作目にもなって最高傑作が生まれるとは、驚き以外の何物でもありません。

前作から連続登場の女スパイ、強くて美しいイルサは今回も魅力を存分に発揮します。

風貌が全く変わったレーンは、最初誰やこいつって思ってしまいました。

息つく暇のないアクションの連続で、まんまと制作側のペースに乗せられてしまっている自分がいますが、それでもトムの頑張りにはただただ頭が下がります。

古き良きスパイ大作戦のテイストも織り交ぜながら、あっという間の2時間27分。

次回作も当然楽しみですが、トムさんあまり無理せんとってや~。

 


Mission: Impossible Fallout Theme [Extended] by Lorne Balfe

※8月29日追記

一晩寝て落ち着いて自分の書いた物を読んだら、昨日は鑑賞直後でかなり高揚して書いていたのがわかったので、ちょっと追記させていただきます。

面白いのは間違いなく面白く時間が経つのは忘れます。

ただ、冷静に考えると、益々ミッション・インポッシブルはトムのトムによるトムのための映画になってきており、それはそれでほんとすごいんですが、その辺をストーリー重視で考えられる方には物足りないかもしれません。

それと出来れば前作ローグネーションをご覧になられてからこれを見ることをお勧めします。