影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

アマチュアスポーツ界の激震連鎖 今度は女子体操パワハラ問題 対象が塚原氏というのは複雑な思い

体操女子の速見コーチの暴力問題。

これが宮川選手の会見を機にとんでもない方向に舵がとられました。

マスコミは速見コーチの問題そっちのけで塚原千恵子強化本部長のパワハラ疑惑の追及に走りだしています。

先に速見コーチの問題について私見を述べます。

これは宮川選手が許容しても、協会の発表が本当ならアウトです。

選手を指導するのに暴力的な行為は全く不要です。

時代は変わりました。

選手の素質を伸ばすにはもっと他に方法がいくらでもあるはずです。

これについて協会は復帰の道を残すようですが、真摯に反省してもらいたいです。

 

塚原千恵子本部長のパワハラ問題。

これは正直わかりません。

わかりませんが、塚原サイドは嘘偽りなく、心から自身の思いを語るべきです。

その上で協会自身が対応を決定するべきです。

何かというと第三者委員会ですが、本当は自浄能力でこの問題をベストな着地に持って行って欲しいです。

私は塚原副会長も千恵子本部長も現役時の演技をライヴで見ていました。

特に塚原副会長のムーンサルト月面宙返りを初めて見た時の衝撃は忘れられません。

それまで、あんなに複雑で印象的な降り方をする選手は皆無でした。

ネーミングも秀逸。

今でもこれをベースに高度化して技を取り入れる選手は多いです。

 

日本男子の黄金時代を支えた塚原氏がこんなことになってしまうとは・・・。

複雑な思いを禁じ得ません。

千恵子選手もホープでした。

今の姿から想像できない(失礼)容姿。

今回の問題の主人公は婦人の千恵子本部長ですが、夫婦で権力の座について胡坐をかいていたと思われても仕方がない感じは受けますね。

若い時に活躍したレジェンドでも潔く後進に道を譲る時は来ます。

それを絶対的権力で守ってきた印象は感じられます。

しかし、今はまだ会見やその後のテレビ出演などで語った宮川選手側だけの話です。

他の選手達も同調しているようですが、それは仲間意識の強さもあるでしょう。

まずは一刻も早く協会側、塚原サイドが会見をひらくこと。

「全部うそ」発言。

「全部うそは意味が違う」発言。

まずは、自己弁護に走るのではなく、真摯な会見を早く聞きたいです。