影無茶のスポーツ24/7

スポーツ好き熟年おやじのブログ

クロスシートの電車で窓側が空いているのに通路側に座る人

仕事以外全部趣味

私はドライブが好きで日常的に車も運転しますが、電車の方が便利な時も多いので電車にもよく乗ります。

今日はその電車の乗客の話です。

私が乗る駅は始発駅ではないので最初から座れるケースはほとんどありません。

クロスシートの車両に乗ることが多いんですが、すいていても通路側しか座れません。

座れるだけましで、2駅ほど過ぎると立ち客でいっぱいになります。

車掌さんが放送で「荷物は網棚か膝の上に乗せて少しでも多くのお客様に座っていただけるようご協力をお願いいたします」と話すことも多いです。

若い時は少しくらい立ってても平気の平左でしたが、けっこう年を食ってきたので長い区間乗る時はやっぱり座りたい・・・。

そんな中、題名のように窓側が空いてるのに通路側に座っている人を時折見かけます。

人間不思議な物で、通路側が空いていたら気兼ねなく座れますが、窓側が空いている場合に、通路側に座っている人の前を通って窓側に座るというのは、なかなか難しい。

こういう状況に遭遇した時に、普通はこう考えます。

まもなく降車するので降りやすくするために、通路側に座っている。

たとえば、ずっと二人横並びで座っていたが、横の人が降りてひとりになった。

そんな時、通路側に座っている人はほとんどの場合窓側に移動します。

しかし次の駅で降りる場合、窓側に移動して、横に誰かが座ったら次の駅で「前をすいません・・・」と言って降りなければならない。

これは意外に心理的負担がある。

そこで窓側に移動せずに通路側で一人座る。

これなら当然理解できます。

こういう場合もたまにあります。

しかし、しかし、私の経験上(見てきた中で)通路側に一人で座っている人はほとんどの場合、すぐに降りません(笑)

それどころか、明らかに横に座るなオーラを出している。

実はこのケース、二人席を一人で占拠しているケースが多いんですね。

足を前の座席の背もたれまでいっぱいに伸ばし、新聞なんかを広げて読んでいる。

年配男性に多いですなこれが。

この行為は同年代として恥ずかしい。

こういう人がいた時は強引に前を通って窓側に座りたくなります。

それを実行した場合そういう人は明らかに、この野郎オーラを出してきます。

なんなんでしょうねこれは。

実に鬱陶しい性格ですね。

いやほんと。