影無茶のスポーツ24/7

スポーツ好き熟年おやじのブログ

フィギュアスケート 男女シングル世界ランキング 羽生、紀平トップ! についての私見

新型コロナの世界的大流行により今シーズン打ち切りとなったフィギュアスケート

トップ選手最大の目標である世界選手権が開催されずに終了。

言葉は適切でないが尻切れトンボで終わっってしまった。

そんな中、最新の世界ランキングが発表された。

これが2019~2020年度シーズン終了時点でのランキングということになる。

男子シングルでは羽生結弦が3786Pで1位。

女子シングルでも紀平梨花が4171Pで1位。

堂々男女揃って世界ランキング1位に輝く結果となった。

少し解説を加えると、ランキングは、発表年度シーズンと前年、前前年の3シーズンのポイントの合計で決まるが、前々年は大会ごとに付与されるポイントの70%しか加算されない。

最新のランキングは4月20日に発表されたので2020~2021年度シーズン内の位置づけとなり、即ち今シーズンは当然1試合も行われていないので、加算されるポイントは2019~2020年度シーズン(100%)+2018~2019年度シーズン(70%)の2シーズン合計となる訳だ。

ポイントは大会のランクで付与ポイントに差があり、世界選手権が最大のポイントを獲得出来、以下欧州選手権、4大陸が同等、その下にGPシリーズがあって、さらにその下にオンドレイネペラやネーベルホルンなどの国際試合が位置付けられている。

ジュニアは世界ジュニアが最高ランク、以下GPジュニアまでが加算対象となるが獲得できるポイントはシニアに比べておおざっぱにいって半分以下だ。

お気づきの方も多いだろうが、最大のポイントが獲得できる世界選手権が中止になったことで、最新ランキングは皆さんの印象とは異なる結果になっている(と思う)

以下に男女別のランキング上位を記す

〇男子 

1位 羽生結弦         3786P  4大陸優勝

2位 アレクサンドル・サマリン 3046P  欧州選手権出場

3位 ドミトリー・アリエフ   2957P  欧州選手権優勝

4位 ネイサン・チェン     2880P  4大陸不出場

5位 マッテオ・リッツォ    2859P  欧州選手権出場

6位 ジェイソン・ブラウン   2844P  4大陸出場

宇野昌磨      9位 2640P 4大陸不出場

ボーヤン・ジン  11位 2571P 4大陸出場

〇女子 

1位 紀平梨花          4171P 4大陸優勝

2位 ブレイディ・テネル     3133P 4大陸出場

3位 アンナ・シェルバコワ    2841P 欧州選手権出場

4位 アレクサンドル・トゥルソワ 2774P 欧州選手権出場

5位 坂本花織          2769P 4大陸出場

6位 アリョーナ・コストルナヤ  2760P 欧州選手権優勝

7位 宮原知子          2693P 4大陸不出場

ザギトワ      8位 2666P 欧州選手権不出場

トゥクタミシェワ 11位 2372P 欧州選手権不出場

メドベージェワ  13位 2192P 欧州選手権不出場

 男子は羽生がトップに位置付けられたが羽生本人は全く意識していないだろう。

今季は明らかにネイサン・チェンの方が上で、羽生はプログラムを変更してネイサンに挑むつもりだったが、ネイサンが4大陸をパスしたことで結局「SEIMEI」で対決することは実現しなかった。

ランキングで羽生1位になったのはネイサンが出場しなかった4大陸の獲得ポイントによるところが大きかったのだ。

羽生も当然そのことはわかっているので、ランキング1位には興味がないはずだ。

来シーズン、羽生はプログラムをどうするのだろう。

競技人生は残り僅か。

今シーズン足の調子が良かっただけに世界選手権でネイサンと戦い結果を出したかっただろう。

コロナ禍が皮肉にも羽生の現役生活を延長させたと言えると思う。

来季も足に問題が出ないことを切に願う。

 

女子は紀平梨花が2位に1000P以上差をつけて断トツ。

2シーズン続けて活躍しないとこれだけの点数にはならずこれは評価されるべきだ。

仮に世界選手権が開催されても紀平のランキング1位は99%確定だった。

但し、やはりロシアティーンズ黄金のカルテットは脅威で、前々年シーズンがジュニアの点数しか(しかも70%)加算されていないので、来シーズンはいよいよ紀平にとってオリンピックに向けてロシア勢との勝負付けの年となるだろう。

紀平のポテンシャルを考えて、十分戦えると私は思っている。

時間が経つのは早い。

9月には早くもシーズンが開幕。

オリンピック前年の大切なシーズンとなるが、ここでもコロナの影響が影を落とす。

どのように調整していくのか、各選手、コーチ、試行錯誤の戦いが続く。

 

kagemucya.hatenablog.com