影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

セントライト記念:ストーリーから組み立てる的中への道

サマーシリーズも終わり、今週は東西で牡馬牝馬のトライアルが行われいよいよ本格的に秋競馬到来です。

セントライト記念はダービー馬こそ出走していませんが、皐月賞イスラボニータが順調に夏を過ごしたようでここから始動します。

ローズステークスオークス馬ヌーヴォデコルト、ダービー挑戦のレッドリヴェールとの対決は注目です。

今日は、セントライト記念を中心に最後少しだけローズステークスにも触れてみます。

イスラボニータ対新興勢力

今年の3歳馬は良くも悪くもハープスターが目立っており、牡馬については弱い世代というレッテルまで付く始末です。

そんな中新潟で開催されるセントライト記念がこの日曜日に迫り枠順も発表されました。

三冠最後のレース菊花賞はその特殊な距離から、距離適性を考え有力馬が天皇賞・秋に回ってしまうケースが多くなってきました。

それは逆に長距離適性を持っていても、その能力を発揮できずにここまで来た馬も存在すると言う事でもあります。

その傾向は本番の菊花賞でより鮮明に出てくる訳ですが、このセントライトでも昇り馬を見つけ出せれば的中への道が開けてくるのだと考えます。

今回の出走馬を見ますと、ざっと見た感じ春から重賞戦線に乗っていた馬と、そうでなかった馬の割合はちょうど半々って感じでしょうか。

ストーリー的には王道路線を戦ってきた馬と秋の昇り馬が馬券圏内に2対1の割合で入線する・・・そんな結末を考えました。

王道路線からは、これはもう誰が何と言おうとイスラボニータでしょう。

実際にレースを見るまでは、これほどレースセンスのいい馬だとは思っていませんでした。

距離云々が言われましたが、今までのレースを見ると菊花賞も距離は問題ないでしょう。

イスラボニータが負けるとすれば、それこそ秋の昇り馬で長距離適性を持っている馬という事になるのでしょう。

しかしここはセントライト2200m、コースはあの伝説の2歳ステークスを戦った因縁の新潟。

ここは本命の印以外につける印はありません。

イスラボニータ

○トウザワールド 夏を越しての成長を期待

▲サトノフェラーリ

★メイクアップ

ショウナンラグーン

△ダイワリベラル

△クラリティシチー

以上のように決定しました。

ローズステークスを簡潔に。

オークス馬ヌーヴォデコルトですが、順調であっても目標は先です。

アパパネメイショウマンボなどのオークス馬も馬券圏内に入れませんでした。

ヌーヴォが果たしてその域を超えた馬かどうかは正直何とも言えず、半信半疑という気持ちです。

レッドリヴェール

○サングリアル

▲ブランネージュ

★レッドオリヴィア

△ヌーヴォデコルト

△アドマイヤアロマ

皆様に幸運を。

私にも・・・