影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

レッドブル、アルファタウリホンダを応援し続ける記事 バルセロナテスト1回目終わる

第1回目のバルセロナテストが終わった。

命運を左右する大事な大事なテストの1回目3日間。

今年から1日短縮されたので2回行われるテストで合計2日間の短縮。

これって結構各チームにとって影響大きいと思うが、決まった事なので仕方ない。

そんな中メルセデスが革新的なステアリングを導入し物議を醸している。

違法だの問題ないだの賑やかだが、こうした物が飛び出してくるのもプレシーズンテストの面白いところだ。

実戦で機能するか不透明だが、王者のプライドを見せてもらった。

我らがレッドブルとアルファタウリも極めて有意義なテストを行えたようだ。

タイム的にはメルセデスやレーシングポイント、ルノーが上回っているが、そもそも履いているタイヤの選択もテスト目的によって異なっているし、レッドブル陣営がタイムは気にしないと明言しているのでそこは気にしなくて良いだろう。

1回目テストの最大の目的は多くの周回を重ねてデータを収集する事だ。

レッドブルが3日間で468周、アルファタウリ382周。(F1‐Gate.comによる)

まずは十分に合格だろう。

両チームのドライバーもコメントを読むと実にポジティブ。

さらに陣営は1回目テストで使用した車は完成形ではないと語る。

今週から始まる2回目のテスト。

当然他のチームもより完成形の、特にフェラーリは大きく変わってくると思うが、レッドブル、アルファタウリがここまでは極めて順調なのは間違いないだろう。

今週のテストではエンジンモードをフルパワーにしてアグレッシブに攻めるだろうし、3月15日の開幕戦ではさらにアップグレードされた2020年型マシンがお目見えすることになる。

昨年はマックス・フェルスタッペンが開幕戦でいきなり11年ぶりにホンダを表彰台に導いてくれた。

あれから1年。

今年はより高い目標に向かって、いよいよワクワクどきどきが止まらない。

 

kagemucya.hatenablog.com

 

レッドブル・アルファタウリホンダを応援し続ける記事 バルセロナテスト直前!

さあ、いよいよ2020年のF1サーカスが始まる。

まもなく恒例のバルセロナテスト。

今シーズンを占うのにとてつもなく重要なイベントだ。

振返って欲しい。

悪夢のマクラーレン・ホンダ時代。

袂を分かつこととなった2017年。

マクラーレンホンダはこのバルセロナテストでまともに走ることが出来なかった。

結果、最悪と言って良いシーズンを過ごすこととなり、ホンダはF1から撤退する可能性も取りざたされたのである。

しかしトロロッソが手を差し伸べてくれてF1に留まることが出来たのが2018年。

その時のバルセロナテストでは多くの周回を重ねることが出来、十分にデータを収集。

その年の復活につなげることが出来た。

そして翌2019年。

レッドブルにもPUを供給。

完全復活へと歩を進めたのである。

たらればは禁物だが、もしピエール・ガスリーバルセロナテストで2度のクラッシュを起こしていなければもっとポイントを獲得出来ていた可能性は高い。

今年はマックス・フェルスタッペンの史上最年少ドライバーズチャンピオンがかかる。

シェイクダウンではフェルスタッペンはマシンに好感触を得たようだ。

仕上がりは順調と思われる。

メルセデスの牙城を崩すことが出来るマシンが出来上がりつつあるのは確実なようだ。

トロロッソ改めアルファタウリ・ホンダはどのようなパフォーマンスを見せるのか。

フェラーリシャルル・ルクレールとの次世代トップドライバー争い。

興味が尽きない今シーズン。

バルセロナテストによってある程度の予想図が見えてくる。

胸のワクワクが止まらない。

バルセロナテスト1回目

2月19日~2月21日

バルセロナスト2回目

2月26日~2月28日

※今季より日程短縮

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

 

羽生結弦プログラム変更の理由を考察する

羽生結弦がシーズン後半になって異例のプログラム変更を行った。

今季ジョニー・ウィアープルシェンコへの敬愛を込めて取入れたプログラム。

シーズン前、羽生自身もその思いを熱く語っていた。

それがここにきてフリーに「SEIMEI」SPに「バラード第1番」への変更。

SEIMEIは3度目、バラード第1番に至っては4度目の採用である。

本当なら最後まで「Otonal」「Origin」で戦いたかったはず。

それがここにきて何故既視感がぬぐえない楽曲に変更したのか。

どう考えてもその理由はGPシリーズでチェンに、全日本で宇野に敗れてしまったことと考えるしか説明がつかない。

この両選手に勝つことが出来るプログラムへの変更。

これが最大の理由。

逆に言うとこれ以外になにがあると言うのだ。

しかしただ勝つためだけにシーズン途中で変更したという単純な物ではないはずだ。

過去幾多の壁を乗り越えてきた羽生。

今目の前にある壁は間違いなくネイサン・チェン。

その壁を乗り越えるのは北京五輪でも良いはずだ。

しかし羽生にはもう時間がないのである。

おそらく今季羽生の足の状態は近年になく良い。

けれども本人もわかっているはずだが、いつ時限爆弾が爆発してもおかしくない。

今度大きな怪我をすれば、年齢的にももう終わり。

そういった中、オリンピック2連覇、絶対王者の称号まで得た羽生にしてみれば、今のおかれている状況は許しがたいはずだ。

羽生が最も羽生らしく演技の出来る曲目。

「SEIMEI」と「バラード第1番」

これで最後の勝負に出たのであろう。

曲目が同じでも演技構成はまた別。

この中で足が壊れない限り、今出来る最高の演技を行い、そして世界選手権で表彰台の一番上に立つ。

羽生結弦の目標はそれしかないのだ。

北京五輪はもう眼中にないだろう。

小康状態を保っているとはいえ、足はもうボロボロ。

北京までは持たないと考えているのだろう。

4大陸で試運転も完了。

フリーではミスもあったが、原因ははっきりしており心配はない。

その4大陸で鍵山優真という新たな後継者も現れた。

宇野に鍵山、そのほかにも新たな息吹が感じられる昨今。

若い選手に後を託せることもわかってきた。

勝っても負けても今季限りで競技人生はひとつの区切りをつける。

羽生結弦はそう思ってるに違いない。

世界選手権。

羽生結弦の雄姿をこの目にしっかりと刻み付けることにしよう。

羽生結弦魂のショートプログラム ついでに私のブログへの思い

およそ1カ月ぶりの投稿です。

おそらくはてなにお世話になって以来最長のブランク。

まずは羽生選手のSP。

やりましたね!世界最高得点。

フィギュアスケートについてはあまり世界最高得点というのは、意味がないとまでは言いませんがあまりこだわる必要もないのでは・・・というのが私の考え方です。

とは言う物の、採点基準が昔に比べ明確になってきた現在、ある程度は目指す部分であることも間違いありません。

羽生選手は今シーズン、しかも後半になって突然曲目を変更しました。

SPが「バラード第1番」フリーが「SEIMEI」

ご存知のように平昌五輪での金メダルのプログラムです。

「SEIMEI」を使用するのは3シーズン目になりますかね、確か。

今季は尊敬するジョニー・ウィアープルシェンコにちなんだプログラムでスタート。

羽生にとって今回のプログラム変更はかなり葛藤があったと推測します。

GPシリーズではネイサン・チェンに全日本では宇野昌磨に敗れたことは、大きな損失感に襲われたと思います。

やはり順位を争う競技である以上勝つために最善を尽くす。

今回の変更を私は支持します(えらそうですが・汗;)

良かったですね。

いきなり結果を出すのがさすがです。

今シーズンは最近になく調整がうまくいってるのでしょう。

身体の不安も今は静かにしてくれている状態。

勝負に出るのは当然です。

ネイサンに勝つための最善手、いや、自分に勝つための最善手。

それが今回のプログラム変更なんです。

今回はフリーも揃えてくるでしょう。

世界選手権が面白くなってきました。

 

さて、私のブログ。

これだけブランク作ると一から構築していかないといけませんね。

まあ、それほどアクセスがある訳ではありませんけども(笑)

正直3月いっぱいまではかなり忙しい状態。

仕事と町内の役で思うように自由時間がとれません。

今は4月から再ダッシュを考えています。

スポーツ中心は変わりありませんが、前にも書いたように得意分野のことも書いていきたいと思っています。

それと文体。

現在私の投稿は基本敬体で書いています。

実ははてなにお世話になる以前、スポナビに投稿してた時の前半(ややこしい)は常体で投稿していました。

常体で書くと上から目線なような、えらそぶった感じがして途中で変更しました。

しかし敬体では確かに柔らかくなりますが、いたずらにセンテンスが長くなる。

本当に伝えたいことが伝わりにくくなる。

歯切れが悪くなるんですね。

もちろん、文章が下手って基本的な問題はありますが・・・。

ちょっと思い切って常体に戻してみようかと考えています。

但し学校で習ったように常体なら常体、敬体なら敬体に揃えるってことにはあまりこだわらないかもしれません。

いずれにしても3月までは、まだ投稿は少ないと思いますがよろしくお願い致します。

 

今宮純さん突然の逝去

新年早々ショックなニュースが飛び込んできて我が目を疑いました。

今宮純さんが急死していた・・・。

えっ、そんなはずないでしょ。

でもフェイクニュースでは全くなさそう。

信じられませんでした。

日本におけるF1全盛時代。

フジネットワーク地上波で全戦中継時冷静に解説をしておられた今宮純氏。

川井ちゃん、森脇さんなどの解説、レポーター陣、大川、馬場、古館、三宅各アナウンサーとのかけあいが懐かしく思い出されます。

ホンダを応援する記事を書いている間も、ずっと今宮さんはホンダの現状をどう思ってるのだろうと気になって仕方がありませんでした。

autosportで掲載される記事はいつも待ちきれませんでした。

昨年も全く普通に記事を掲載されていたのに・・・。

それだけに今も信じられません。

モータージャーナリストは大きな柱を失ってしまいました。

今シーズンのレッドブル・ホンダ、マックス・フェルスタッペンを見て欲しかった。

そのことに関する記事を読みたかった。

残念です( ;∀;)

ご冥福をお祈りいたします。