影無茶のスポーツ24/7

ルール知らなくても面白く読んでいただけることを目指します

大相撲初場所 大関貴景勝優勝で春場所は綱取り場所に 関脇以下も期待の力士が揃いつつある

3場所続いた平幕優勝で迎えた大相撲初場所

横綱照ノ富士が2場所連続休場。

昨年秋場所には3人居た大関だったが、その秋場所で御嶽海が陥落。

続く九州場所で正代も陥落。

結局両力士とも大関に戻ってこれなかった。

ひとり大関を務める貴景勝初場所優勝して責任を果した。

成績は12勝3敗だが春場所優勝すれば横綱だ。

貴景勝大関在位22場所(全休1場所含む)。

大関として優勝2回、準優勝6回。

大関での勝敗は170勝91敗54休の勝率6割5分1厘(不戦敗含む)。

最近は4場所連続二桁の勝ち星を挙げており、一人横綱の現状十分横綱を狙う資格があると私は考える。

とにかく横綱の席は空いているのだ。

照ノ富士も綱を張ることが困難な状況になってきている。

貴景勝にはこのチャンスを何としても物にしてもらいたい。

私は2020年10月に六つの条件を掲げて横綱候補を絞り込んだ記事を書いた。

6項目の条件をクリアして絞り込んだ力士は以下の5力士だった。

貴景勝、朝乃山、照ノ富士、御嶽海、琴勝峰。

私が推している霧馬山は体重で引っかかった。

しかしその霧馬山も体重を増やし現在は138kgと条件をクリアしてきた。

初場所も11勝4敗。

これで6場所連続の勝越しだ。

確実に力を付けてきたと言える。

後は本人に欲があるかどうかだ。

私一押しの朝乃山も戻ってくる。

幕下、十両と取りこぼしはあったが初場所十両で優勝。

来年早々には綱取りの声がかかるようになるだろう。

これに先場所優勝の阿炎も絡んでくる。

さらには元気な両関脇。

若隆景が9場所連続、豊昇龍が7場所連続で現在勝越し継続中。

小結琴ノ若もコロナ休場さえなければ7場所連続で勝越していただろう。

これに若元春を含め、来場所は上位陣に若くて勢いのある力士が揃う。

ここ数年はエレベーター状態の力士ばかりで、悪く言えばどんぐりの背比べだったが、いよいよ今年は真に群雄割拠の様相を呈してきたと言えるだろう。

横綱になった時は既に全盛期を過ぎているのではなく、強い横綱の誕生。

それを予感させる顔ぶれがようやく整った。

春場所はすぐにやってくる。

果たして。

 

※数字は相撲レファレンスを参照させていただきました。

 

kagemucya.hatenablog.com

 

kagemucya.hatenablog.com

 

kagemucya.hatenablog.com

 

kagemucya.hatenablog.com

 

kagemucya.hatenablog.com

 

kagemucya.hatenablog.com

 

映画鑑賞記録(サブスク) 「TENET」 ネタバレ読んでからもう1回見ます

仕事以外全部趣味

TENETを見た。

クリストファー・ノーラン監督絶対頭おかしい(笑)。

どうやったらこんな映画を作れるんだ。

はっきり言って理解出来たとはとても言えない。

でも何故か無性に面白かった。

主人公の役者にそれほど魅力があるとは思えない。

何とデンゼル・ワシントンの息子らしいΣ(゚Д゚)。

パートナーの役者はいかにも裏切りそうな佇まい。

ヒロインは長身の女性エリザベス・デビッキ

私的には魅力一杯のストライク女優だ。

この映画のあらすじを丸写しするとこうなる。

↓  ↓

ウクライナ・キーフ(キーフ!)のオペラハウスにてテロ事件が発生した。

特殊部隊に偽装して突入したCIA工作員の男は、ロシア人たちに捕らえらてしまうが、やがて今回のテロと対処任務そのものがテストだったことが明かされる。

そして彼に課された使命は、時間移動が可能になった未来の世界から来た敵と闘い、第三次世界大戦の勃発を防ぐことだった。

ミッションのキーワードは「TENET」。

その言葉の使い方が、未来に大きく影響する。

そして相棒を得たその男は、かつてない時間軸を舞台とした闘いに身を投じる。

 

なんじゃそれは・・・。

SF映画?

いや違う。

007やミッションインポッシブルのような映画?

それとも違う。

どんなジャンルにも属さない?

それがクリストファー・ノーランだ。

ネタバレが書かれているサイトを探して、それを読んでからもう一度見ようと思う。

それも吹替え版の方がいいかな(笑)

もう一度言おう。

クリストファー・ノーラン監督絶対頭おかしい(笑)。

 


www.youtube.com

 

フィギュアスケート世界選手権出場選手を選考基準に基づき考えたら妥当との結論に至った

今回も時間が経ってしまっているが触れない訳にいかずフィギュアスケートの世界選手権出場選手について少し述べてみたい。

いつも申し訳ないが、今回もシングルしか触れないでおく。

もちろん璃来龍ペアの頑張りは称賛しかない。

まずは代表選手を男女別に記する。

女子

坂本花織選手 全日本優勝

三原舞依選手 全日本2位  GPファイナル優勝

渡辺倫果選手 全日本12位 スケートカナダ優勝

男子

宇野昌磨選手 全日本優勝

本草太選手 全日本5位 GPファイナル2位

友野一希選手 全日本3位

次に今回の男女シングル世界選手権派遣選手選考基準を記する。

1人目 全日本選手権優勝選手

2人目 ➀全日本選手権大会2位、3位の選手

    ②ISU グランプリファイナル出場者上位2名

    ③全日本選手権大会終了時点での ISU シーズンベストスコア上位3名 

上記いずれかを満たす者から総合的に判断して1名選考する。 

3人目 ➀2人目の➀~③に該当し2人目の選考から漏れた選手

    ②全日本選手権大会終了時点での ISU ワールドスタンディング上位3名

    ③全日本選手権大会終了時点での ISU シーズンワールドランキング上位3名

    ④全日本選手権大会までに派遣した国際競技会、および強化部が指定した

     国内競技会におけるシーズンベストトータルエレメントスコア上位3名 

上記いずれかを満たす者から総合的に判断して既に選考された選手を含め3名に達するまで選考する。

となっており全日本優勝者は無条件で派遣決定だ。

羽生結弦選手のように圧倒的な実績が考慮されて全日本を欠場しても代表に選ばれる場合を除き全日本出場は絶対条件であり、さらに言えばほとんど全日本表彰台の選手が選ばれていた。

ところが今回はそうならなかった。

全日本2位だった島田高志郎選手が選ばれなかったことと、それに対し宇野選手が間接的に選考方法に不満をもらしたことで波紋が広がった。

女子の渡辺選手も12位と普通ならば先行されるのは難しいところだ。

しかし3人目の代表に滑り込んだ。

結論から書こう。

私はこの選考は適正な結果だったと思っている。

元々全日本選手権は代表選考の一発勝負ではない。

その是非は置いといてだが。

1位選手だけがいつからだったか忘れたが無条件で内定になったと思うが、2人目以下は昔から総合的に判断するとなっている。

では何故全日本2位の島田選手は選考されなかったのか。

全日本優勝の宇野選手は無条件で決定だ。

2番目に名前が呼ばれたのが山本選手、3番目が友野選手だった。

以下に選考基準の項目ごとに有力日本選手の数字を列挙する。

■全日本優勝

1位宇野2位島田、3位友野、4位佐藤、5位山本、6位三浦

GPシリーズ上位2名

宇野選手2戦1位2回ファイナル優勝

山本選手2戦2位2回ファイナル2位。

友野選手2戦3位1回4位1回ファイナル不出場。

島田選手2戦4位1回9位1回ファイナル不出場。

佐藤選手2戦2位1回3位1回ファイナル4位。

三浦選手2戦2位2回ファイナル5位。

■今シーズンベストスコア上位3名

宇野選手 304.46➀

山本選手 274.35②

友野選手 251.83

島田選手 247.17

佐藤選手 262.21

三浦選手 273.19③

■世界ランキング上位3名

宇野1位、鍵山4位、友野12位、山本16位、佐藤20位、三浦21位、島田62位。

■今シーズン世界ランキング上位3名

宇野4位、山本8位、佐藤12位、三浦14位、友野16位、島田28位

■シーズンベスト技術点上位3名

宇野選手 166.01 GPファイナル

山本選手 155.54 GPファイナル

三浦選手 149.62 スケートアメリカ

佐藤選手 141.43 エスポーグランプリ

島田選手 129.11 ジョン・ウィルソン

友野選手 127.56 NHK杯

こうして見ると宇野選手は全日本優勝だけでなく、その他の選考基準全てにおいて断トツであり世界でも連覇を狙えるずば抜けた位置に居る。

2番目の山本選手も全日本でこそ5位とやや不本意な成績だが各項目でコンスタントに基準をクリアしており、これも文句なしだろう。

問題は3人目だ。

勝負ごとにたらればを言ってはいけないが、三浦選手がGPファイナルと全日本のどちらかでも表彰台に乗っていたら、友野選手ではなく三浦選手が選ばれていたと思う。

最近は実績ある選手がやや精彩を欠いた場合、勢いのある選手を選考することが多かったと感じるが、三浦選手はその勢いが止まってしまった印象を与えたのかもしれない。

次に佐藤選手と友野選手の比較だが、これもまた悩ましいが、結局過去2度代理ではあるが世界選手権に出場経験があり、全日本で表彰台に上ったことが最終的に大きなアドバンテージとなり友野選手が選ばれたのだろう。

島田選手については全日本2位は見事だが、各基準項目を見ていくと少し厳しいと思われ、今回選ばれなかったのはやむを得ないと感じた。

女子については坂本、三原は文句なしで、渡辺選手についてもロンバルディアスケートカナダの得点も高く、今シーズンのランキングでは、坂本、三原より上位の4位につけており世界ランキングも坂本、三原についで日本選手では3番目の20位。

全日本の3位から6位までの選手が今シーズンはジュニアを主戦として戦っていることもあって全日本で12位と崩れたがここまでの成長ぶりを買われて選ばれたと考える。

女子では何と言っても三原選手の復活が嬉しい。

今年は本当に世界チャンピオンになるチャンスなので、普段通りの演技を本番でも見せて欲しい。

紀平選手がまだ完全でないのが残念だが、今季少しでも大会に出てこれたのは収穫。

焦らず、来季は完全に不安がなくなった状態で出てきて欲しい。

今年の世界フィギュアは地元開催。

3月22日からさいたまスーパーアリーナで行われる。

新時代のフィギュアスケートの輪郭がこの大会でかなり見えてくるだろう。

 

kagemucya.hatenablog.com

 

kagemucya.hatenablog.com

 

kagemucya.hatenablog.com

 

kagemucya.hatenablog.com

 

kagemucya.hatenablog.com

 

kagemucya.hatenablog.com

 

kagemucya.hatenablog.com

 

kagemucya.hatenablog.com

 

ユニクロMARNIの値崩れが酷い

仕事以外全部趣味

唐突にユニクロネタだが(笑)。

実は私は大のユニクロ好きだ。

何しろ安い!

それなのに品質も十分。

ユニばれ何のその(笑)。

いや、あまりかぶると嬉しくないが、組み合わせでオリジナリティは出せる。

フリースが爆発的にヒットしたころとは種類も品質も雲泥の差だ。

そんなユニクロが今年の春・夏コレクションからコラボを始めたMARNI。

春・夏も着る人を選ぶデザインだったが、秋・冬はさらにぶっ飛んできた。

MARNIを普段から着てる人は受け入れられるんだろうが、そうでない人にはハードルが高すぎた。

春・夏はメンズも発売されていたが、秋・冬はレディースのみ販売。

最近のユニセックス化でメンズでも着られるものはあるが、それでも今回は敷居が高い。

ユニクロインフルエンサーたちがYouTubeで色々と情報を流してくれる。

私も何人か登録してけっこう参考にさせてもらってるが、そういったブロガーの多くは発売と同時に定価で購入して紹介してくれているわけだ。

それらを見てすぐに購入する人も多い。

もちろん皆自己責任ということはわかって買っている。

しかし今回のMARNIはあまりにも値下がりが早すぎた。

MARNIの発売は昨年12月9日だった。

それが1カ月と少ししか経っていないのに値下げに次ぐ値下げ。

例をあげよう。

ダウンコートは発売日17,900円だったが今現在5,990円。

オーバーサイズベストは9,900円が3,990円。

メンズでも使えるオーバーサイズフルジップパーカも5,990円が1,990円に。

これはもう価格崩壊だ。

定価で売られていた期間はほんの2週間ほどだった。

定価で購入した人はどんな思いでこの値下げを見ているのだろう。

MARNIが発売される前は多くのブロガーがラインアップを紹介して賞賛していたし(否定する人ももちろんいたが)今回の値下げについて批判めいたことは一言も言わない・・・というか値下げに触れるブロガーさえもごくごく少数だ。

ユニクロへの忖度?

それとも衣服にセールは付き物と思っている?

いずれにしてもMARNIとのコラボは今後永久的に行われないことは間違いない。

+Jとのコラボが大きな話題となり飛ぶように売れたことで大型コラボが重要な戦略となっていたユニクロだが大きな転換点を迎えていると言える。

ユニクロは給与を最大40%アップさせるとニュースで話題になっている。

しかし在庫一掃セールのような今回のMARNIみたいなことも起こっている訳で、ほんとうに大丈夫なのかといらぬ心配をしてしまう今日この頃。

様々な観点から今後のユニクロに注目だ。

 

プロボクシング 井岡一翔 ドローで世界ベルト統一成らず 次戦はエストラーダか中谷潤人か再戦か?

時間が経ってしまったが触れない訳にはいかず今日は大晦日に行われた井岡一翔とジョシュア・フランコのSフライ級統一戦について。

結果は引き分けで両者ベルトの移動は無しという消化不良な結果だったが、ボクシングの面白さを見せてくれた一戦であったことは間違いない。

フランコの手数の多さと井岡の類稀なる防御力。

見た目にはフランコのアグレッシブさが優位に見えたが、それだけで判定勝ちとならないところがボクシングの難しくも面白いところだ。

判定の場合よほど大差がつく試合でない限り、見ている者にとっては結果に満足いかない場合が多いし、過去には大きな問題に発展したケースも枚挙に暇がない。

現在のボクシングはラウンドごとにどちらが優位だったか差をつけて採点することが推奨されており、事実10対10などという判定はほとんど見ることがない。

なので井岡VSフランコ戦のような両者伯仲の場合は結果に対し様々な声があがってしまう。

過去の判定への苦情はどちらかの選手が一方的に同情される(非難される)場合が多かった。

しかし今回はどちらの選手にも「勝っていた」という声が上がっており、ややフランコ勝利で井岡助かった的な方が多かったように思うが、結果的には引き分けで仕方がなかったという感じではある。

今回統一戦だったことで、引き分けにより両者防衛と煮え切らない結果となったからかいつも以上にジャッジの採点基準がクローズアップされていたように思う。

その採点基準とは、

1有効なクリーンヒット

2積極的な攻撃姿勢

3ディフェンス技術

4主導権支配

この4点で、最も重視されるのは1の有効なクリーンヒットとなる。

ジャッジによってどの部分をより重視するかが異なるので、見てて全然思った結果と違うということが起きる訳だ。

今回の試合を見ていて1は井岡だったと思う。

手数は圧倒的にフランコだが、クリーンヒットは井岡が優っていた。

しかし大きなダメージを与えることが出来ず、後半衰えたとは言えフランコの手数はずっと井岡より優っていた。

従って2の積極的な攻撃姿勢はフランコが上だったろう。

手数が多いフランコだったが井岡はそれをほとんど防御していた。

もちろん被弾も多く試合後の井岡の顔はそれを物語っていたが、ダウンするような感じは全くなかった。

なので3のディフェンス技術は井岡だ。

4は1~3で甲乙つけがたい場合どちらの選手が主導権を掴んでいたかを判断する訳で、ここらあたりはジャッジにより試合運びの好き嫌いがでてしまうように思う。

こうしてみても甲乙つけがたく、なのでドローという結果も止む無し・・・と私は思うのだ。

井岡の次の対戦相手は誰になるのか。

WBOフライ級のベルトを返上して階級を上げてきた中谷潤人が1位にランクされて指名試合となる可能性と井岡念願のWBC王者フランシスコ・エストラーダとの対戦が実現するのか。

いずれにしても好カードで激戦必至。

決定が待ち遠しい。

 

WBO王者 井岡一翔 32戦29勝(15KO)1分2敗

WBA王者 ジョシュア・フランコ 23戦18勝(8KO)3分1敗1NC

前WBOフライ級王者 中谷潤人  24戦24勝(18KO)

WBC王者 ファン・フランシスコ・エストラーダ 47戦44勝(28KO)3敗

 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

kagemucya.hatenablog.com

 

kagemucya.hatenablog.com

 

kagemucya.hatenablog.com

 

kagemucya.hatenablog.com