影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

レッドブル・トロロッソホンダを応援し続ける記事 ガスリー レッドブルでのベストリザルト4位

オーストリアGPでマックス・フェルスタッペンの神ドライビングで念願の優勝。

やや不得手と言われていたシルバーストーンでも勢いを見せられるか注目のレッドブル・ホンダ。

結果は消化不良の4位、5位。

フェルスタッペンはセバスチャン・ベッテルのおかま事故により表彰台が消えました。

いい方に考えると、よくあれでレース復帰が出来て5位に滑り込んだものです。

コース外に弾き飛ばされた時点でエンジンが止まってしまう可能性もありました。

フェルスタッペンによると、けっこう車体も傷んでいたようで、完走出来て5位でポイント獲得は不幸中の幸いだったということでしょう。

ベッテルもすぐに非を認め謝罪に向かい、フェルスタッペンも受け入れたようなので、この件について第三者はもう忘れなければなりません。

ヘルムート・マルコは激怒しているようですが(笑)

まあ当然ですかね。

 

今回はピエール・ガスリーがようやくポテンシャルを発揮出来たのが嬉しいニュース。

フリー走行ではフェルスタッペン上回り、予選でも0.314秒差に迫る5位でフェラーリ勢2台の間にレッドブル2台が入り込むことに成功しました。

決勝でもフェラーリ勢と見ごたえのあるバトルを展開していましたし、ようやくこれでスタートラインに立てたのではないでしょうか。

最新のニュースでガスリーがチームオーダーを無視したという記事を見ましたが、どうもガスリーを引きずり降ろそうとする輩がいるように思えてなりません。

はっきり言って不愉快ですね。

とは言うものの、実際ガスリーには大きな期待が持たれているでしょうから、もっと継続して能力を示す必要はあります。

ガスリーにはこれをきっかけにブレイクスルーして欲しいです。

 

ここ2戦、レッドブルフェラーリ勢のバトル、とりわけフェルスタッペンとシャルル・ルクレールの攻防が熾烈で非常に面白い。

ピットストップでもあわやのシーンがあったりと、次世代を担う若手ドライバーの攻防はこれからも期待大ですね。

レッドブル勢2台とフェラーリ勢2台の抜きつ抜かれつの展開も見ごたえがあり、なんだかこんなに面白いF1は久しぶりだなあって思います。

次戦はドイツGP、ホッケンハイム

今年のF1も折り返しの11戦目となります。

かつてのコースとは全く別物ですが名物リンクであることは間違いなく、メルセデス勢にも追いついて上位3チームの熾烈な争いが見られることを期待します。

ではまた。

 

kagemucya.hatenablog.com

 

先週の巨人7月8日~10日 交流戦後10勝1敗 9連戦8勝1敗 2位に9.5差 絶好調で折り返し

すごいことになりました。

先々週に書いた「先週の巨人」(ややこしい)

私は以下のようなことを書かせていただきました。

 

明日からドラゴンズ、ベイスターズ、タイガースと9連戦。

ジャイアンツに今足りないのは大型連勝ですが、まずは連敗をしないこと。

この9連戦も5勝4敗で御の字。

6勝3敗なら満足。

7勝2敗なら大満足。

8勝1敗なら飛び上がって喜び、

9戦全勝ならお祭り騒ぎです。

結果は!

先週の結果

スコア

7月8日   対タイガース  4対3 〇

7月9日   対タイガース  1対0 〇

7月10日  対タイガース  4対1 〇

主な打者の成績

亀井     10打数4安打  .400 

坂本     13打数2安打  .154 打点2

丸       9打数2安打  .222 打点1

岡本     10打数1安打  .100

大城      9打数3安打  .333 打点2

炭谷      8打数3安打  .375 打点1

ビヤヌエバ  10打数3安打  .300

山本      7打数1安打  .143

重信      5打数2安打  .400

若林      3打数1安打  .333

週間チーム打率  97打数24安打  .247

投手成績

7月8日   菅野  6回     自責点

7月9日   桜井  7回     自責点

7月10日  今村  5回1/3  自責点

週間先発防御率     18回1/3 自責点4  防御率1.96

週間ブルペン防御率   8回2/3 自責点0  防御率0.00

週間投手陣防御率    27回    自責点4  防御率1.33

感想

結果は! 

何と9連戦を8勝1敗! 飛び上がって喜ぶレベルに到達しました!

気づいてみれば2位に9.5ゲーム差。

予想もしなかった大独走。

3年連続リーグ制覇のカープがまさかまさかの11連敗。

鯉の季節に爆走したカープが一気に首位に立ちましたが、6月交流戦以降逆噴射。

ジャイアンツは大型連勝こそありませんでしたが、最大連敗も4。

2勝1敗で乗り切ることが多く、その安定感が際立っているのが特徴的です。

2位以下が団子なのもジャイアンツにとっては好都合。

潰しあいをしてくれるのでゲーム差は大きく広がらなくても対象チームが変わりながらゲーム差は縮まらないという現象が起きてきます。

今週はアウェイで6試合。

スワローズとカープと対戦します。

もちろん油断は出来ませんがチーム状態の良さは特筆もの。

タイガース3連戦で不調だった坂本、丸、岡本(3人合わせて32打数5安打)

坂本、丸は心配いりませんが、これで岡本が復活すれば鬼に金棒です。

まずは覚醒した桜井が先陣を切ります。

ではまた。

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com

村田諒太 魂の猛攻で王者返り咲き! ロブ・ブラントを2ラウンド衝撃のTKO

やってくれましたねえ~。

もう何と言って良いのか。

ちんけな言葉ですが村田諒太、魂の攻撃に感動しました。

今はちょっとそれ以外に適切な言葉が思い浮かびません。

まだ興奮冷めやらずの状態でキーボードを叩いています。

今までも書いて来ましたが、前回の試合はブラントの圧勝。

そうでなくても負けた選手がリマッチで逆転することは至難の業。

前回で勝負付けは済んでいる。

そう言われても仕方がありません。

文字通りのラストチャンス。

大切な大切な第1ラウンド。

どの試合でも第1ラウンドは大切ですが、この試合程大切な第1ラウンドはそうはありません。

前回の試合ではブラントが第1ラウンドで試合の流れを自分に引き寄せました。

今回もブラントは最初からガンガン来ることは見え見えでした。

それに村田はどう対応するのか。

今日の試合、あらかた第1ラウンドで勝負の行方が見えると思っていました。

試合開始前のセレモニーが終わり、いよいよ試合が始まりました。

やはり出てくるブラント。

前回と同じ、スピード豊かに左右のパンチを繰り出してきます。

村田も時折パンチを出しますが、ブラントが倍以上パンチを放つ状態。

ああ~これじゃあ前回と同じと思った30秒が過ぎた頃、村田が放った左ボディ。

おっ!ボディーやん!

これが反撃の狼煙でした。

それを皮切りに村田は上下にパンチを打ち分けます。

前回と違って意識してボディを狙っているのが見て取れました。

おそらくブラントはちょっと違うと思い始めたに違いありません。

相変わらずブラントも攻撃の手をゆるめませんが、村田も右の重いパンチを繰り出しながら、決して単発にならず左右のパンチを繰り出し、両者早くも激しい打ち合いとなったところで1ラウンド終了。

村田としては最高の滑り出し。

これはひょっとしてひょっとするぞと思わせるに十分な攻撃を村田は見せました。

そして第2ラウンド。

村田前に前に出てブラントとの距離を詰めます。

全く下がらず、ブラントを追い詰めながらボディーを含め力強いパンチを浴びせます。

明らかに前回とは違う展開。

1分過ぎたあたりからは村田の猛攻。

怒涛の攻撃にブラント後退し、なすすべもありません。

場内大興奮。

見ている私も大興奮。

逃げるブラント。

獲物を捕らえるが如く追いかけてブラントにパンチを浴びせ続ける村田。

ブラントついに後ろ向きに吹っ飛んでダウン。

立ち上がったブラントは大丈夫!と訴えてはいますが目は驚きに包まれています。

しかし今日の村田は凄まじい攻めだるま状態。

全く攻撃の手をゆるめません。

いったい何発のパンチを見舞ったことでしょう。

レフェリー間に入りそうで入らない。

しかしブラントに反撃の暇を与えない村田。

魂の猛攻。

何発も被弾するブラント。

最後右ストレートがブラントの左顔面にヒットした瞬間レフェリーがついに試合をストップ。

王者返り咲きが成った瞬間でした。

私も家の中で飛びあがって大声を張り上げてしまいました。

井上尚弥の試合とはまた違う、先日の井岡一翔ともまた違う。

日本人ボクサーがミドル級で王者返り咲き。

何というドラマチック。

村田諒太ラストチャンスを最高の形で活かしました。

 

新王者  村田諒太    17戦15勝(12KO)2敗

前王者  ロブ・ブラント 27戦25勝(17KO)2敗

 

kagemucya.hatenablog.com

大相撲名古屋場所前半戦を終えて 両横綱を越える力士が未だ表れないのは異常

全勝は早くも4力士だけに

朝乃山が幕内優勝を飾った夏場所

誤審問題や新大関貴景勝の負傷休場、再出場、再休場。

栃ノ心ぎりぎりでの大関復帰。

様々な問題と希望の光(朝乃山)を見せてくれた場所でした。

そして迎えた名古屋場所

前半戦5日目を終えて全勝は両横綱と平幕友風、照強の4力士。

1敗に大関高安、先場所惜しくも負け越しとなった炎鵬、貴源治など5力士。

早くも星の潰しあいが始まっている印象です。

先場所優勝の朝乃山は2勝3敗。

今日、その因縁の相手朝乃山に敗れた大関栃ノ心は初日から5連敗。

極めて難しい局面に陥っています。

栃ノ心は新大関場所玉鷲戦で負った怪我が全てを狂わせてしまいました。

昇進前3場所成績37勝8敗からは考えられない数字です。

特に大関復帰をかけた先場所8日目から3勝10敗。

これでは・・・ちょっと難しいですね。

先場所の傷が癒えない貴景勝は今場所休場して秋場所に再起を賭けます。

新小結竜電は5日目で、阿炎は今日の6日目で横綱大関陣との対戦を終えますが、まだまだ壁は厚いようです。

残る対戦相手は関脇二人と下位力士。

何とか勝越して秋場所につなげて欲しいです。

私が最も期待している先場所優勝の朝乃山。

ここまで2勝3敗。

どちらかの横綱には勝って欲しかった。

横綱大関陣との対戦を終えた今、勝越しは最低のノルマです。

ここらあたりで停滞する力士では決してありません。

何年も続く上位陣の壁をこえられない状況

期待の力士が上位に来ると壁を超えられなかったり、怪我で出世を妨げられる。

ここ何年もそれの繰り返し。

下位で大勝ち、上位で大負けを繰り返すエレベーター力士。

怪我に泣いた力士も数知れず。

遠藤、照ノ富士、宇良、栃ノ心貴景勝・・・

高安、御嶽海にしても怪我が影を落としている印象。

時代は令和に変わり新時代のヒーロー登場は必然と思われるのに、この状況。

そんな中一気に大関に駆け上がってきた貴景勝も怪我。

しかし今場所休場の英断は必ずやプラスに働くことでしょう。

今場所が終われば長い夏巡業が始まります。

ここで力をつけ、横綱まで駆け上がる力士が今度こそ登場して欲しい。

いつまでも白鵬鶴竜が君臨し続けるというのは状態としては異常です。

新旧交代は世の常。

 大相撲はほんとならもう少し前にそれが起こっていても全然おかしくなかった。

そろそろ次を狙える力のある力士は現在の地位に胡坐をかかず、上を目指して突っ走って欲しいです。

そうでないと大相撲の未来が見えてきません。

 横綱二人に衰えが見られる現状。

いったいいつ頑張るの!(今でしょ!

 

kagemucya.hatenablog.com

 

kagemucya.hatenablog.com

 

ボクシング村田諒太 決戦の日近づく 王者ロブ・ブラントにスキあり

村田諒太再起戦。

WBA世界ミドル級タイトルマッチ、ロブ・ブラント対村田諒太のリマッチ。

いよいよ12日に迫ってきました。

前回の試合を見る限りブラント有利は否めません。

そうでなくてもリマッチの場合、初戦がどんなに不可解な試合であっても、返り討ちにあう場合がほとんどです。

さらに前回の試合は誰が見てもブラントの勝ち。

通常なら今回の試合は実現しません。

ボブ・アラムの手腕でしょうか。

もちろん両者、特にブラントが受けてくれる保証はどこにもなかったはずです。

たとえ契約書に再戦が謳われていたとしても・・・。

それをブラントは受けた。

おそらく村田には負けるはずがないと思っているのでしょう。

実際に対戦したブラント自身が確信を持った。

そういうことなのでしょう。

私も最初に書いた通りブラント圧倒的有利と思っていました。

ブラントの来日後の様子を見るまでは。

油断。

何が怖いと言ってこれほど怖い物はありません。

一度油断という魔物が住み着くと、本人が否定しても知らぬ間に浸透していきます。

挑戦者として村田に臨んだ前回はチャレンジャーそのものの姿、精神でした。

今回は最初から村田を呑んでかかっているように見えます。

なめています。

村田にチャンスが生まれてきました。

「人生を振り返った時に、あのボクシングが自分の集大成でいいのかと考えた時、あのボクシングで終えたくないと思った」

「少しハングリーさだったり、求める物が欠如していたのかなというのもあります。そのあたりの気持ちを作り直して、もう一度世界の舞台に立てるようなボクサーになりたい。」

立場だけでなく気持ちも逆転しました。

村田がこの気持ちを持ってブラントに挑めば・・・何かが起こりそうです。

そんな予感が沸々と湧いてきました。

決戦は金曜日。

 

王者   ロブ・ブラント  26戦25勝(17KO)1敗

挑戦者  村田諒太     16戦14勝(11KO)2敗

 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com