影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

フィギュアスケート GPシリーズ スケートアメリカ 男女シングルプレビュー

いよいよ今シーズンもGPシリーズが始まります。

採点基準が大きく変わり、選手自身もチャレンジャーシリーズでどのような評価を受けるのか確認しながらも、まだ確信を得ない状態でのGPシリーズ突入となります。

オリンピック翌年なので、選手ごとの目標も異なってくるシーズン。

世界フィギュアに向けて仕上げていくのが基本ですが、冒険も出来るシーズン。

新旧入れ替えが一気に進むのか。

ベテラン勢が最後の花を咲かすのか。

羽生結弦はどういったモチベーションで今シーズンに挑むのか。

オリンピック翌年ではありますが話題には事欠きません。

まずは2年ぶりに初戦に戻ったスケート・アメリカ。

出場選手は

男子

  • ナム・グエン(カナダ)世界ランク22位 
  • ケビン・レイノルズ(カナダ)世界ランク27位
  • ミハル・ブレジナチェコ)世界ランク28位
  • ロマン・ポンサール(フランス)世界ランク64位
  • モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)世界ランク17位
  • アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)世界ランク7位
  • マッテオ・リッツォ(イタリア)世界ランク20位
  • イージージエ(マレーシア)世界ランク51位
  • セルゲイ・ボロノフ(ロシア)世界ランク10位
  • ネイサン・チェン(アメリカ)世界ランク2位
  • ヴィンセント・ジョー(アメリカ)世界ランク13位
  • ジミー・マ(アメリカ)世界ランク96位

女子

  • ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)世界ランク21位  
  • アレーヌ・シャルトラン(カナダ)世界ランク36位
  • ロリーヌ・ルカヴァリエ(フランス)世界ランク28位
  • 本田真凛(日本)世界ランク19位
  • 宮原知子(日本)世界ランク8位
  • 坂本花織(日本)世界ランク9位
  • ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)世界ランク63位
  • ポリーナ・ツルスカヤ(ロシア)世界ランク36位
  • スター・アンドリューズ(アメリカ)世界ランク43位
  • ブレイディ・テネル(アメリカ)世界ランク14位
  • ミーガン・ウェッセンベルク(アメリカ)世界ランク155位

世界ランクはISUによるランキングで現時点の物です。

ちなみに男子1位は宇野昌磨、女子1位はカナダのケイトリン・オズモンド。

羽生結弦は現在3位で、日本女子で最も上位は樋口新葉の4位です。

出場選手を見ると一目瞭然、男子の日本選手は出ていません。

日本選手が誰も出ないというのは、最近記憶にありません。

逆に女子は宮原、坂本のオリンピックコンビに今季から拠点をアメリカに移した本田の3人が出場。

宮原、坂本はチャレンジャーシリーズのみならずジャパンオープンに参戦しての出場。

本田はチャレンジャーシリーズ1戦に参加してGPシリーズ突入。

宮原はさすがの安定感を見せていますが、坂本、本田は調整途上という感じ。

昨シーズン一気に代表まで駆け上った坂本と、とても大切なシーズンと思える本田の滑りは注目です。

メンバー的にはテネルと日本勢3人にロシアの17歳ツルスカヤの争いでしょうか。

昨シーズンの全米王者テネルは今季さらに好調のようで、オータムクラシックでメドベージェワに勝ったのは大きな自信になったはず。

優勝争いはテネルと宮原が本命で、坂本、ツルスカヤがこれに続き、本田がどこまで食らいつくかって感じでしょう。

男子はもうネイサン・チェンが圧倒的でしょう。

見どころは彼の4回転ジャンプにどのような得点が出されるのか。

今後の採点のひとつの基準となるので注目です。

 

 

 

 

 

プロレス ドン・レオ・ジョナサン死す

今朝ニュースを見て感傷に浸りました。

ドン・レオ・ジョナサン死去。

好きなレスラーの一人でした。

中坊のころ、まだ馬場と猪木が日本プロレスで一緒に戦っていたころ。

Wリーグ戦という名前で日本選手と外国選手総当たりのイベントがありました。

そこに来日したドン・レオ・ジョナサンを大阪府立体育館に見に行きました。

余談ですが同時にホセ・メンドーサあしたのジョーではありません)というメキシカンレスラーも来日しました。

当時メンドーサは2000連勝した男として紹介されていたと思います。

ところが弱いのなんの、我々仲間内では2000連勝4000連敗って呼んでました。

ただ、メンドーサと握手したあのしわしわの感触は今も残っています。

ドン・レオ・ジョナサンに話を戻します。

とにかく豪快なレスラーでした。

ジャイアントスイングは凄かった。

プロレスごっこで必ずやってました。

バックブリーカーなど力業が映えるレスラーでした。

そのストロングスタイルは、今考えるとショーとは違う本物の迫力でしたね。

ご冥福をお祈りします。

「カメラを止めるな」 正しい鑑賞の仕方 ネタバレないのでご安心を

【仕事以外全部趣味】

ようやく「カメラを止めるな」観てきました。

実はほんの少しだけこの映画の情報入ってたんです。

やっぱり何も知らないで観に行くべき映画です。

情報の量に比例して面白さ、この映画の良さが削られていくでしょう。

ですので、まだ未見でこれから見に行かれる方。(もうほとんどいないかなあ)

何も情報入れないで映画館に足を運んでください。

この映画の正しい見方は、

まず何も知らずに見る。

そして、全てを知ったうえでもう一度見る。

但し、今見終わって帰ってきたところなので、2度目の鑑賞については時間が経つにつれもういいかな・・・って思うかもしれません。

文字だけだと寂しいので予告編を貼っておきます。

この予告編は何の害もありません。

 


人気爆発で上映劇場が拡大!話題の映画「カメラを止めるな!」の“感染拡大”予告編が公開

トロロッソ・ホンダを応援し続ける記事 日本GP ピエール・ガスリー ブレンドン・ハートレー 両ドライバーQ3進出は大変ポジティブ

ついにやりました!

F1グランプリ第17戦、聖地鈴鹿サーキットで開催の日本グランプリ

ホンダパワーユニットスペック3の本格的投入により、ガスリー、ハートレーが共に予選Q3進出を果たしました。

ガスリーはフリー走行からマシントラブルに悩まされ続けましたがそれでも予選7位。

ハートレーはガスリーを上回るベストリザルト予選6位。

決勝は残念ながらポイント獲得は成りませんでしたが、共に完走を果たしました。

まだ、エンジンとシャシーのバランスが熟成されていないようですが、スペック3の実力は証明されました。

絶好のスターティンググリッドを活かして、出来ればポイントを獲得して欲しかったのは率直な気持ちですが、ようやくホンダの夜明けが見えてきました。

ハートレーも何とか土俵際で踏ん張りました。

鈴鹿前は残留確立30%だったとすれば、鈴鹿後の今は残留確立80%って感じです。

何しろ代わりになるドライバーがいません!

個人的には土壇場の大逆転でエステバン・オコンの線を考えていましたが、どうもメルセデスドライバーとして残る確率が高いようです。

それならばここは、ハートレー2年目の成長に期待するべきでしょう。

実際鈴鹿では予選6位をゲット。

あんた、やれば出来るじゃないの~(プレバトの夏井先生の口調で)

今回の結果から考えると、残り4戦全てで両者ポイント獲得のチャンスがあります。

もらい事故がない限り、これ以上悪くなることは有りません。

 

そしていよいよ来年はレッドブル・ホンダがデビュー。

今期のチームを使用エンジン別にまとめると以下のようになります。

フェラーリ➝スクーデリアフェラーリザウバー、ハース

メルセデスメルセデスAMG、フォースインディア、ウィリアムズ

ルノーレッドブルルノースポール、マクラーレン

〇ホンダ➝トロロッソ

以上10チーム。

こうして見ると、エンジンを生かすも殺すも、マシンの性能がとても大切ということに改めて気付かされます。

メルセデスで言えば、AMGとウィリアムズが両極端。

ルノーも、フェラーリもチームによって大きな差が出ています。

元々マシンの性能には定評のあるレッドブル

来季は予算面でも今年より改善されると聞いています。

確実に性能アップされるホンダPUをレッドブルのマシンが最大限に活かす。

そういった状況がここにきてはっきり見えてきました。

まずはトロロッソ・ホンダとして残りの4戦でその思いを確信に変えて欲しいです。

フィギュアスケート 現役復帰 高橋大輔の挑戦

7月に1年限りの現役復帰を発表した高橋大輔選手が、先日行われた近畿選手権で4年ぶりにリンクに戻ってきました。

2月に平昌オリンピックの現地レポーターとして現場へ出向いた高橋氏。

そこで見た選手たちの戦う姿を見て刺激を受けた事は容易に想像できます。

織田信成氏がバラエティを中心に水を得た魚のようにテレビで活躍するのに比べ、高橋大輔氏は今一つ乗り切れないような、ちょっとレポーターには向いていないのではという印象を持ち続けていました。

現役を引退したものの、スッキリしない気持ちが心のどこかに潜んでいたのでしょう。

ソチから4年。

男子フィギュアは益々4回転の重要性が増すばかり。

平昌では真・4回転時代が到来していました。

しかし今シーズンは採点基準が大きく変わり、ジャンプの重要性を残しつつも、よりトータルパッケージとしての演技が求められるようになりました。

これは高橋選手にとっては追い風。

現役復帰を決めた一つの要因になったと思います。

しかし4年のブランクはやっぱり大きかった。

肉離れなどで調整遅れ。

全日本への一里塚近畿選手権が復活戦となりました。

超満員の尼崎スポーツの森。

何と入場券を求める抽選倍率は15倍!

みんなが高橋選手の演技を待ちわびていました。

しかし結果は・・・。

SPはさすがに貫禄の首位発進。

ところがフリーは本人曰く「復帰してからこんなボロクソな演技は初めて」

彼が持つ唯一無二の優雅な雰囲気は色あせていませんでしたが、ジャンプ、ステップ、スピンなどは散々な出来。

世界一のステップと言われた高橋選手。

そんな高橋が今回レベルを落としてしまったのはちょっと信じられない気持ちです。

ジャンプも後半は回転不足、ダウングレードの連続。

PCSはさすがの貫禄でトップの得点をもらっていますが、技術点は39.52点という信じられない低得点。

結果フリーは出場選手中4位となりトータル3位。

ブランクと復帰後の負傷の影響が大きいとは言え本人もこの結果はショックでしょう。

このまま終わる訳には行きません。

かえって高橋選手の心には火が付いたと思います。

次は11月1日から始まる西日本選手権。

そこで出場権を獲得し、今回復帰の最大目標全日本へ進みます。

個人的には1シーズン限定という縛りを設けず、復帰したからにはとことん楽しんで、やり切ったら良いと思います。

まだ身体も完全に絞り切れていないようですし、状態はどんどん良くなっていきます。

滑るたびに、ディスイズ高橋と言える演技を見せてくれるでしょう。

高橋選手の存在感は絶大です。

小塚、織田、町田、無良・・・次々現役を引退していった男子選手達。

高橋が復帰することで薄くなった選手層に一本芯が通りました。

復活した高橋選手の演技を見てスケーターを目指す子供たちも出てきます。

当然現役選手にも良い影響を与えるでしょう。 

高橋大輔にはフィギュアスケート界の伊達公子を目指して欲しい。

そう思わずにはいられません。