影無茶のスポーツ24/7

ルール知らなくても面白く読んでいただけることを目指します

東京オリンピック 感じたことをそのままに⑤   競泳女子400個人メドレー大橋悠依選手金メダル 

東京オリンピックも5日目ともなると様々な競技が始まり、テレビ中継もされる。

いったいどれを見れば良いのだ!って、私の表情はムンクの叫び状態だ。

そんな中これは外せないというのが競泳女子400個人メドレー

大橋悠依選手。

どちらかというと年齢を重ねて実力を発揮しだした選手でオリンピックは初出場。

世界選手権は2回出場して2位1回3位1回。

最近になって注目度急上昇の選手と言って過言ではないだろう。

そこで迎えた東京オリンピック

昨日が予選で今日の午前に決勝。

日付はまたぐがほぼほぼ半日しか休めない。

予選で上位8人に入るのは絶対条件だが、如何に省エネモードで泳げるかが大切だ。

それがどれだけ難しいかは同じ400個人メドレーの瀬戸選手の失敗でもわかる。

正直、見る方は大橋選手がどれだけ疲労を残さず予選を泳げたのかはわからない。

他の選手が予選でどのようなプランで泳いだのかも聞いてないのでわからない。

従って結論は泳いでみなければわからないのだ。

そして始まった決勝。

大橋選手はバタフライで好位置につけ、背泳ぎでトップに立ち、平泳ぎで差を広げ、クロールで逃げ切った。

とても理想的なレースが出来たのではないだろうか。

異なる4泳法を泳ぐわけだから得手不得手は当然ある。

有力ライバルはクロールが得意な場合が多いようだ。

瀬戸にしても、大橋にしても平泳ぎまでにどれだけリードを広げているかが大切だ。

最後のクロールで逃げ切れるスタミナが残っているかも問題。

見ている方はヒヤヒヤだし、逃げる大橋選手もゴールするまで他選手のことなど気にしてはいられないだろう。

ゴールして顔を上げて掲示板を見て初めて自分が何位かわかる。

金と理解した瞬間の嬉しさは爆発的なものだろう。

何しろオリンピックなのだ。

しかも東京。

日本選手団は少し出遅れ気味だったが、これで波に乗るだろう。

とこうして書いていてテレビのスケートボードストリートを見ていた。

今回から採用の新種目で日本の堀米選手が決勝に残っていた。

これが堂々の金メダル!

点数の入り方など詳しいルールはよくわからないが見事逆転の金メダル。

解説者がバリバリのボーダーって印象の話し方で笑ってしまったが、ここまでの金メダル3個を全てライブで見ることが出来た。

ライブは心臓に悪いが(笑)応援している選手やチームが勝った場合は嬉しさ爆発だ。

これだからスポーツ観戦はやめられないんだなあ。

 

kagemucya.hatenablog.com

 

東京オリンピック 感じたことをそのままに④ オリンピックの魔物が内村航平、瀬戸大也を襲う 

本格的に競技が開始された2020東京オリンピック

33種目339競技が17日間で行われる訳だから大変だ。

オリンピックなればこそ見ることが出来る競技も数多い。

これが世界選手権と大きく異なるところでスポーツ好きにはたまらない。

毎日多くの競技が開催されるので何を見るのか(見られるのか)迷う迷う。

日本開催なので時差はないが仕事の関係で見たくても見られない競技も出てくる。

その上、いやがおうにも見る前に結果が入ってくる場合が多い。

今日も仕事から帰るまでにショッキングな結果が飛び込んできた。

内村航平の鉄棒予選落ち。

さらに瀬戸大也の400個人メドレー予選落ち。

どちらもメダルの最有力候補であり予選で落ちることは想像していなかった。

家に帰ってきて柔道男子高藤の号泣金メダルの瞬間を見ることが出来たが、今日は内村選手と瀬戸選手について録画を見た上で感想を書いてみたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

池江選手が出場した女子400Mリレーも残念ながら決勝に進めず。

どうも日本チーム全体的に重苦しいスタートとなっている。

内村航平選手

内村航平選手も瀬戸大也選手も、内容を見た限りまさかの言葉しか出てこない。

内村選手が落下したという報道を見て、てっきり離れ業で落ちたと思い込んでいた。

ところが映像を見て驚いたが比較的簡単にこなす部分でのまさかの落下だった。

聞けば練習でも同じ場所で落下していたとのこと。

本番でも明らかに鉄棒のバーを掴む手がぎこちなく、おっかなびっくりという感じ。

内村選手としては練習での落下に至る負の感覚を覚えてしまって、引きずり込まれるように同じ轍を踏んでしまったとの印象を受けた。

わかっているけど逃れられない感覚だったのではないだろうか。

偉大な功績を残してきた内村選手でもオリンピックの魔物に吞まれてしまう。

呆然とした表情で演技を終えた内村選手。

最後の演技に当然悔いはあるだろうが、ここまでの人生には全く悔いはないだろう。

日本の美しい体操を再び世界に示した功績は大きい。

団体戦のメンバーは大きく若返っており、内村が目指してきた美しい体操は間違いなく後輩に引き継がれている。

これで第一線からは退くんだろうが、後進を育てて欲しい。

瀬戸大也選手

瀬戸選手の場合は本人も理解出来ていないのではと思う程のどんでん返し。

現在世界ランク1位で金メダル候補筆頭の瀬戸選手。

予選はあくまで翌日の決勝に向けての調整と相手関係の比較だったはずだ。

最初のバタフライから先頭に立ち、背泳ぎ、平泳ぎと2位以下に身体一つ以上の差をつけて余裕の泳法に見えた。

しかし。

最後のクロールで4人に抜かれてしまい、結果はその組の5位。

水泳は予選参加者全員のタイム順で決勝進出が決まる。

本人は決勝に向けてペース配分など、レースの組み立てを予選で再確認したかったようだが、結局瀬戸選手のタイムは全体9番目となり決勝進出を逃してしまう事になった。

最初に書いたがどうも日本チーム全体が重苦しい雰囲気に包まれているのではないか。

オリンピック開催の是非が直前まで問われ、それが選手たちのパフォーマンス低下につながっているように思えてならない。

気持ちを整える暇がないままオリンピックに突入してしまったのだ。

最後に重量挙げ三宅選手!

最後に東京の舞台立てて本当に良かった。

長い間ご苦労様でした。 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

東京オリンピック 感じたことをそのままに③ 東京に帰ってきた聖火 開会式

東京オリンピックが開幕した。

既に競技は始まっているが、開会式があって初めて開幕と言える。

今回開会式担当チームが大幅に入れ替わったり、最後バタバタと辞任したりで、今日(もう昨日)見たのは最終的に誰が演出した物なのか、さっぱりわからないのだが、総合的には上々の出来栄えだったと思う。

全体のトーンとしてはリオ閉会式の「Rio to Tokyo」を踏襲しているように感じた。

Rio to Tokyoは凄く気に入ってたので今日の演出も個人的にはストライクゾーン。

事前に撮影されていて開会式で流した映像は競技場内ではどう映されていたのだろう。

大型ビジョンで放映されていたと思うけど、どの程度臨場感を味わえたのか気になる。

やたら皆が躍る演出が多くて、外国人は日本人ってこんなに踊りが好きなのかって思ったかもしれない(笑)

パントマイムでピクトグラムを表現して全競技を紹介する演出は笑ってしまった。

これは個人的にはツボにはまった。

ベタだけど、とてもリラックスした演出。

日本もよくぞここまで肩の力が抜けた演出が出来るようになったもんだと感心した。

演者は大変だったと思うけど(笑)

海老蔵上原ひろみのピアノで歌舞伎を演じるあたりも斬新だった。

君が代はMISIA。

今や国民的歌手だ。

さすがのMISIAも最初少し緊張していたが、さすがにしっかり歌い上げた。

フィールドの多くの立方体が宙に浮き、オリンピックエンブレムが形作られ、それが地球に変化したのも良く出来ていた。

ドローンで形作ったとアナウンサーが話してたが相当緻密な計算が必要だっただろう。

雨降らないで良かったよ。

聖火リレーで長嶋さんが登場したのは驚いた。

王さんと松井さんと3人で組んで聖火をつないだ訳だが、最初長嶋さんのあまりの衰えを見てとても悲しくなってしまったが、次の走者にリレーするときの長嶋さんのアップになった表情を見て、目が穏やかに微笑んでいてしっかりと周りを見ることが出来ているのがわかって嬉しくなった。

王さんも癌を克服して元気そうだし、ON砲の揃い踏みが見られて本当に良かった。

選手入場はとにかく長かった。

205の国と地域が参加するので時間がかかるのは仕方がない。

64年の東京オリンピック古関裕而作曲のオリンピックマーチがとにかく秀逸で、私のオリンピック開会式入場行進はこれがベースになっていて、これを超える入場行進はいまだにない。

あの曲と、テレビでは北出清五郎アナ、ラジオでは鈴木文弥アナ。

どちらも名調子でマーチと合わせて、その素晴らしさは忘れられない。

64年はまだ選手はしっかりと整列して入場行進をしていた。

今のようにリラックスして、皆がテンでバラバラな感じで入場してくるようになったのはいつからだろう。

一度、市川崑監督の東京オリンピックを見ていただければ、開会式の入場行進の素晴らしさが少しはわかってもらえるかと思うので機会があれば見て欲しい。

実は64年は閉会式がさらに素晴らしく感動物なのだが、それはまたいつか。

これらの式典を見て、観客が入っていたらどれだけ良かったかと真に思った。

コロナが憎いなあ。

それと同時に政府のコロナに対する宣言のタイミングや、その他諸々の無策が残念でならない。

今回オリンピックが無観客開催となったのは完全に政府の失策だ。

政府の失策で今回のオリンピックはもはや安全安心な大会とは言えなくなっている。

最後まで全く油断できない状況での開催であることは変わらない。

明日から本格的に競技が始まる。

感じたことをそのままに①で書いたが、今回のオリンピックは実況放送しか見ない(録画含む)のでワイドショーやニュースの見解と全く異なることを書くかもしれない。

でもそれも面白いと思う。

最後までお付き合いいただければこの上ない幸せだ。

明日は何を見ようかな。

 

kagemucya.hatenablog.com

 

東京オリンピック 感じたことをそのままに② 侍ジャパン久保の閃光シュートで勝ち点3

今日はいよいよ開会式。

8年前、当時のIOCロゲ会長が「トーキョ」と開催決定国を読み上げたのがついこの前のように思える。

リオ五輪閉会式でのセレモニー「Rio to Tokyo」は素晴らしい出来栄えだった。

どれだけ期待を持って東京2020を待ちわびたことか。

競技はもちろんだが、開会式のパフォーマンスにこれだけ期待が集まったことはかつてなかった。

しかし状況が一変。

誰がこんな開会式を予想しただろう。

コロナ禍による1年延期があったにしても、当初の運営スタッフのほとんどが退陣。

代わって着任した開会式運営スタッフの中心人物が開幕直前に次々と辞任、解任。

見事なまでのずっこけぶりだ。

いったいどうしたらこんなグダグダな状態になるのか。

開会式はどうやら挙行されるようだが、どう取り繕うのか逆に見てみたい。

テレビ観戦後、率直な感想を書こうと思っている。

その前にサッカー男子代表「SAMURAI BLUE」の登場だ。

■男子サッカー グループA 日本ー南アフリカ

対戦相手の南アフリカ選手のPCR検査判定結果次第で開催の有無が決まる状況。

試合開始2時間前の18時にようやく試合が行われることが発表される異常事態。

日本選手は当然試合をする前提で気持ちを作っていただろうが、そうであっても心理状態は微妙だったと推測する。

そういう事もあって、立ち上がりを心配したがそれは全く杞憂に終わった。

日本選手は動きがよく、パスも綺麗につながり相手陣内にどんどん攻め入る。

ボールポゼッションも日本が6割近く保持。

南アフリカがボールを持ってもすぐに日本がボールを奪い取り相手ゴール前に詰める。

そういった状況が延々と続く。

しかし南アフリカの黄色いユニフォームが分厚くゴール前に集まってきてシュートラインを消していく。

こうなるとなかなか点は取れない。

中央からの突破は難しく、サイドからゴール前にボールを蹴りこむシーンが目立つ。

惜しいシュートもあったが、オフサイド、枠外し、キーパー正面、キーパー好守などで点が取れない。

逆に前半終了間際には南アフリカのカウンターで一瞬ヒヤリとする場面も。

後半に入っても同じような展開が続く。

前半では気持ちにゆとりが見えた日本選手も明らかにイライラしてきている。

その上レフェリーの笛が明らかに南アフリカ寄りで、雰囲気が怪しくなってきた。

このピンチを助けたのが久保建英だ。

右サイドでボールを受けて一歩二歩とドリブルで中央に寄り左足からシュート一閃。

これがまた低くて力強く、久保の気合が乗り移ったかのようなシュート。

好守を続けていたキーパー、どうすることも出来ず、ボールはゴールポストに跳ね返ってネットを揺らした。

この男やはり只物ではない。

こうした力強いシュートも打てるが、柔らかいタッチでボールを浮かしてパス相手の身体の前にふわりと落としたり、左足にボールが吸い付いたようなドリブルを見せたり。

久保の才能がほとばしった試合だったと言えるだろう。

これで勝ち点3。

直前の試合でメキシコがフランスに4対1と大勝。

次戦はこのメキシコと対戦。

早くも大一番を迎える。

日本は三苫と富安がベンチに入っていなかった。

今大会選手交代枠が5名あるが、今日の先発陣と途中で入ってきた選手とは相性の問題もあるのかもしれないが、少し力の差があるように思えた。

やはり三苫、富安の存在は大きく、調整が上手くいってるのか心配だ。

 

最後少しだけ女子ソフトについて。

今日も例によって上野が先発。

39歳の誕生日を迎えたとのことだが、昨日からの連投。

昨日も書いたが上野にどれだけ負担をかけ続けるのか。

最後に弱冠二十歳の後藤投手がメキシコの後続を抑え、チームもサヨナラ勝ち。

昨日上野への依存度高すぎて若手育っていないと書いたが、後藤のような活きの良い投手が居るならもっと早くから投げさせるべきだ。

いずれにしても優勝に向かって、選手層を厚くしておかねばならない。

次は25日イタリア戦だ。

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

 

東京オリンピック 感じたことをそのままに① なでしこジャパン、女子ソフトボール

ついに東京オリンピックが始まってしまった。

始まってしまった。

あえてそう書かせてもらう。

ここまでトラブル続きのオリンピックは空前、もしかしたら絶後かもしれない。

これほど自国国民に歓迎されないオリンピックも空前絶後だろう。

個人的には中止するべきと思っていたが始まってしまったのだ。

そう、始まってしまった。

こうなれば、やってよかったと言えるオリンピックにしなければならない。

昔、ベンチがアホやから野球がでけへん・・・と言った選手がいた。

文言は正確ではないそうだが、名言である。

今回オリンピックが国民に歓迎されないのもベンチがアホだからだ。

既にニュース、ワイドショー、ドキュメンタリー番組などはオリンピックシフトになっており、メダル予想はもちろん、選手のサイドストーリー、ライバル物語、お涙頂戴・・・などを、コロナリバウンドのニュースと共に伝え始めているようだ。

ようだと書いた理由は、それらしき話題が始まると私はチャンネルを回すからだ。

以前書いたが、今回のオリンピックはそういった番組は一切見ずに、競技の実況だけ(録画含む)を見ると心に決めている。

■女子ソフトボール 日本8-1カナダ

日本のエースは今大会も上野投手だ。

彼女も38歳。

北京大会での「上野の413球」。

聞こえは良いが、酷使以外の何物でもない。

でも上野は今もエースとして健在。

北京の起用法は間違いとも言い切れないのかもしれない。

しかし偏重した起用法が結果として次代のエースの登場を遅らせてしまったと思う。

北京以降、オリンピック競技種目から外れたことでソフトを目指す子供が少なくなったことも原因のひとつかもしれない。

13年の時を経ても上野が君臨し続けている光景を見て複雑な気持ちになった。

もうひとつあ然としたのは参加国が僅か6か国だったことだ。

参加国の半分が表彰台。

ソフトボール代表選手やソフトボール選手、愛好家には申し訳ないけど、そりゃあオリンピックから外れるよなって思う。

なでしこジャパン 女子サッカー1次リーグ 日本1-1カナダ

カナダの選手って大きい。

足も長い。

スピードもある。

カナダが序盤に1点先制。

あまりに早い段階で先制点を取ると、私は何故か追いかける方が優勢と思ってしまう。

これは私の個人的感想なのだが、それはドーハの悲劇で日本が早々に先制点を取ったのに、最後の最後で追いつかれ本戦出場を逃したあの試合がトラウマになっているのかもしれない。

なでしこは確かにパスはつながる。

スピードもそこそこあり、パスは本当に面白いようにつながる。

しかし最後なかなかシュートまで持っていけない。

最後はミドルでも何でも良いのでシュートで終わるようにしなければならない。

カナダも同様に最後シュートすればよいのに、スローダウンして結局日本ディフェンス陣にゴール前で壁を作られてチャンスを逃す。

今日の日本は運にも恵まれた。

田中が結果として失敗したPKも、微妙な判定に思えた。

VARでPK判定と成った訳だが、確かにキーパーの足が田中の身体に当たって転倒したが・・・どうなん?

こういったゴール前の交錯ってよくあるような。

見る人が見たらやっぱりPKなんでしょうかね。

それとオフサイドで無効となったカナダの2点目。

これはオフサイドではなかったのでは。

PK判定以上に微妙。

この2点目が認められていたら結果は全く違っていた。

流れから見て敗色濃厚な試合で勝ち点1を取れたのはラッキー。

課題がたくさん見つかった上に勝ち点取れたんだから、次につなげないといけない。

さあ、明日は何の競技を見ようかな。

 

kagemucya.hatenablog.com