影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

レッドブルレーシング、トロロッソ・ホンダを応援し続ける記事 来季への希望

F1の「ホンダを応援し続ける記事」今年はこれで最終とさせていただきます。

2016年から3年連続で3強の牙城が崩れないF1サーカス。

(3強と言ってもコンストラクターではメルセデスが5連覇中ですが)

2015年まで現3強の一角に食い込んでいたウィリアムズとマクラーレンの停滞。

来季ドライバーの大幅な異動と若手の参戦。

フェルナンド・アロンソのF1引退(離脱?)

フォースインディアの破産。

ことしも様々ありました。

2015年に復帰したホンダは、今年トロロッソ・ホンダとして参戦。

最終的にコンストラクター9位に終わりましたが、昨年までの酷評を挽回する信頼性を得ることが出来ました。

来季からレッドブルにPUを提供。

念願の2チームへのエンジン供給。

真価を問われる年になります。

全チーム、来季の体制が決まり来年3月17日オーストラリアでの開幕戦に向かって開発が続けられている状況です。

レッドブルレーシングトロロッソ・ホンダ来季ドライバー

ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダを離れました。

シーズン当初からうわさが絶えませんでしたが結果としてシートを失いました。

複数年契約を結んでいるとハートレーが話していたので契約解除になります。

無念でしょうが全21戦で4Pではやむを得ないと個人的には思います。

対照的にピエール・ガスリーは随所に好パフォーマンスを見せて29Pを獲得。

レッドブルダニエル・リカルドの電撃移籍により来季その後釜のシートを得ました。

ガスリーは血気盛んな22歳。

それ以上に激しい21歳マックス・フェルスタッペンと上手くやっていけるのか?

私はホンダPUよりもこの二人の関係を心配しています。

上手くいけばマクラーレン・ホンダ時代のセナ・プロ初年度のように、問題が起こればセナ・プロ2年目のように、いずれにしても諸刃の刃となってしまいそうな予感。

レッドブル陣営が上手くコントロールしていただくことを願うしかありません。

トロロッソから抜けた二人の穴は、一度レッドブルから解雇されたダニール・クビアトと、F1デビューを果たすアレクサンダー・アルボン。

クビアトは解雇される前、レッドブル時代にダニエル・リカルドより獲得ポイントを上回ったこともあり(リカルド92P、クビアト95P)実力は十分持っています。

但し、荒っぽさが目立ち2017年シーズン途中で解雇されました。

その後シートを得たのが、ガスリー!

クビアトにしたら来季名誉挽回のチャンスです。

クビアトの例を見ると、ハートレーも他のカテゴリーに行ったとしてもチャレンジし続けて結果を出せば、F1復帰も十分可能なので頑張って欲しいです。

アルボンについては未知数な部分もありますが、彼もまたレッドブルジュニアレーシングからはずれた過去がありました。

セカンドチャンスが与えられる環境はありがたく、それぞれのドライバーは成長の証を見せなければなりません。

2019年各チーム搭載エンジン

ホンダはレッドブルにPUを供給することで2チーム供給となりますが、ここで全チームの搭載エンジンを以下に記します。(今季コンストラクターズポイント順)

※レーシング・ポイントはフォース・インディアを買収。

エンジンが良くてもシャシーの性能と合わなければ成績に反映しないのは上記のリストを見ても明らかです。

レッドブルはホンダが作るPUに合わせて車体を作ると語っています。

陣営があれだけ批判したルノーPUでも、フェルスタッペンの優れたドライビングがあったからこそかもしれませんが、最後5戦連続表彰台の事実。

レッドブルシャシー性能がホンダPUを最大に活かすことに期待したいです。

ホンダエンジンとして2008年以来の表彰台、2006年以来の優勝。

それが来季実現することを祈って今年のF1記事を終えたいと思います。

恒例のバルセロナでのプレシーズンテストは来年2月17日からです。      

「ファンタスティック・ビースト 黒い魔法使いの誕生」観てきました 長い付き合いになるのを覚悟して観ないといけない

仕事以外全部趣味

「ファンタスティック・ビースト黒い魔法使いの誕生」を観てきました。

3Dは好みでないので、2D吹き替え版、音響はTHX

前作「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」はほんのプロローグに過ぎなかったことがわかりました。

冒頭10分間ほどのシーンで、ファンタスティックビーストはダークの世界に向かいますよ・・・と鑑賞者に覚悟を求められます。

1作目のテイストを気に入った人は、違和感を感じるかもしれません。

逆にハリーポッターのダークな部分が好きな人には嬉しい展開だと思います。

と書きましたが、私はハリーポッターは2作目で大爆睡してしまい、以降はまともに観ていません。(汗)

それでもニュートが飼っている可愛い動物たちは健在なのでそれは安心してください。

なんでも当初3部作の予定が5部作になったとか。

キャスティングは1作目と全く変わっておらず、周りも芸達者を揃えているので出来栄えはすこぶる良いですが、予定では最終作は2024年・・・。

そこまで付き合う覚悟を持てるかどうか・・・は個々で決めて頂くしかありません。


映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』本予告【HD】2018年11月23日(金・祝)公開

テレビドラマ「今日から俺は!!」があと1回で終わるのはさびしい。

【仕事以外全部趣味】

これでも(どれでも?)私はテレビっ子でした。

古いテレビドラマの中には人格形成上影響を受けた(オーバー)ドラマもありました。

しかしここ20年ほどはドラマを見なくなり1クールで1~2本見るのがいいところ。

最近はドキュメンタリー系かスポーツ、ニュースばかり見ていますね。

ドラマが面白くないのが見なくなった原因ですが、それは私が年をとったからなのかもしれません。

正直、今回の下町ロケットも数話見ましたが、何か違うと思い見なくなりました。

そんな中、今クールで見続けているドラマがタイトルに書いた「今日から俺は!!」

最初は全く見る気がありませんでした。

と、いうか興味もなかった。

賀来賢人はとても上手い役者だと思っているし、清野菜名はキレキレのアクション女優でこれまた気になっている女優さんではありましたが、見る気はありませんでした。

ところが、偶然にチャンネルを合わした時に映っていた伊藤役の頭髪を見て、(なんじゃこりゃ)と思ったのと、展開が何だか新鮮でアッと言う間にはまってしまいました。

何なんでしょうね、この面白さ。

上手く説明できません(笑)

巷では古い題材なのに面白いとも言われています。

ちなみに私は原作漫画未読です。

説明不能の面白さ。

視聴率は10%前後で決して良くはないけど、どうやら期待値が低かったからか健闘とされているようです。

どんだけ期待されてなかってん・・・って突っ込みたくもなりますが、私のように見てから、はまった人がどうも多いようなんですね。

SNS系の批評では、最初キャスティングへの不満もチラホラ見られましたが、今はそれもほとんど見られません。

番組自体を好きになれば、出ている役者さんも皆好きになるパターンなのでしょう。

何なんでしょう?

賀来賢人伊藤健太郎、太賀ら主人公のはまった演技、清野菜名のアクション、橋本環奈のぶりっ子ぶり、開久高校の面々の過剰なまでの悪のメイク(笑)、けっこうワクワクする展開。

わきを固めるベテラン陣のほとんどアドリブかのような演技。

ほとんどすべてがハマったんでしょうね。

演者も楽しんで撮影に臨んでいたんではないでしょうか。

来週が最終回。

続編が見たい気持ちと、いや、面白かった印象を残して、これでもういいじゃないかとの気持ちと両方あります。

でも、やっぱりもう1回は見たいかなあ。

もう1クールなら十分面白いのが出来そうですね!

フィギュアスケート グランプリファイナル 紀平梨花トルネードにザギトワも宮原も呑み込まれてしまった

テレ朝の放送は間もなく始まりますが、すでに今朝の段階で結果がわかり、ネットの記事でも次々ニュースが更新されている状況です。

私もYouTubeで主な選手の演技を見てこれを書いています。

当初はテレ朝の放送が終わってからアップしようと思いましたが、これだけ情報が露出されているので書き終わったらアップさせていただきます。

グランプリファイナル男女シングル結果

シーズン前半のヤマ場GPシリーズファイナルが終わりました。

最初に結果を。

男子シングル

              スコア  技術点  構成点

1位 ネイサン・チェン   282.42  150.57  132.85  

2位 宇野昌磨       275.10  140.17  134.93

3位 チャン・ジュンファン 263.49  138.93  125.56

4位 ミハル・ブレジナ   255.26  125.81  130.45

5位 キーガン・メッシング 236.05  112.49  125.56

6位 セルゲイ・ボロノフ  226.44  109.32  117.12

 

女子シングル

              スコア  技術点  構成点

1位 紀平梨花       233.12  125.57  107.55

2位 アリーナ・ザギトワ  226.53  118.00  108.53

3位 トゥクタミシェワ   215.32  116.31    99.01  

4位 坂本花織       211.68  116.68  101.00

5位 サモドゥロワ     204.33  109.94    94.39

6位 宮原知子       201.31    96.81  104.50

※スコアは合計、技術点、演技構成点全てSP、フリー合計です。

技術点と構成点の合計が合わないのは転倒による減点があるためです。

 

ファイナル結果感想

紀平の紀平による紀平のための大会になりました。

これだけ急激に成長曲線を見せた選手はそうはいません。

昨年のザキトワも凄かったですが、紀平の方により凄さを感じます。

選手にとって最大目標は世界選手権ですが、今季シニアデビュー。

GPシリーズファイナルという舞台。

そう簡単に持てる力を出し切れるものではありません。

しかし紀平は違いました。

まずSPで改めて世界を驚かせましたね。

フライングシットスピンがレベル2でしたがそれ以外ほぼパーフェクト。

衝撃の82.51点。

オリンピックチャンピオンザギトワが僅かの差で2位。

普通ならプレッシャーがかかって何ら不思議の無いシチュエーション。

しかし、今日の紀平に崩れる予感はしませんでした。

過去の日本選手にないメンタルを紀平は持っていることに最近気が付きました。

迎えたフリー。

最初の3Aはダウングレードでしたが、次の3Aを完璧に決めて連続ジャンプに修正。

連続の2本目が2Tだった分は後半の3Lzからの連続ジャンプを3Tにしてカバー。

16歳とは思えない冷静さと、それを実行出来る強さ。

紀平半端ないって!!!

YouTubeで見ましたが、試合後インタビュアーの「ザギトワに勝って今後はプレッシャーもかかるのでは?」との質問対して紀平は「プレッシャーを感じるより自信になる」と答えています。

16歳と思えぬ堂々たる受け答え。

可愛らしい顔から出てくる力強い言葉。

そのギャップがまた不思議な感じですが、

ほんとに頼もしい限りです。

驚くべきはファイナル前の大会ではザギトワに6~7点差を付けられていた演技構成点が、ファイナルでは1点差に迫ったこと。

あっという間に審査員の格付けもトップランクに位置付けられました。

これで全日本で表彰台に乗りさえすれば世界選手権代表は確実です。

史上最大の激戦になると思われる全日本ですが、崩れることは考えられません。

ザギトワは今季一番の出来でした。

それでもSP、フリー共に紀平に技術点で及ばず、演技構成点でも肉薄されました。

心中穏やかでいられるはずがありません。

共にパーフェクトの演技を行った場合、ザギトワは紀平に届かない。

この事実を知ってしまったザギトワのショックは相当な物でしょう。

まさか今シーズンでここまで自身をおびやかす選手が出るとは計算外だったでしょう。

宮原が心配です。

努力を積み重ねてここまで力をつけてきた宮原。

それが目の前で16歳紀平の演技を見せつけられた訳です。

SPで冒頭のルッツが回転不足。

技術点で紀平に15点以上差を付けられたショックは図り知れません。

フリーでも苦手なルッツ2本を回転不足とダウングレードの判定。

ちょっと精神的な物が尾を引かないか心配です。

結果ザギトワも宮原も紀平旋風に呑み込まれてしまいました。

坂本はまだまだ調子を上げて行ける雰囲気ですが、他の外国選手も含めてすべての選手がノーミスだった場合は優勝は紀平になる。

それがわかった大会でした。

 

男子はネイサン・チェンが2連覇。

宇野は国際主要大会6連続銀メダルとのこと。

変な書き方ですが、宇野にはもっと緊張して欲しい。

適度な緊張はより高い成果を見せることがあります。

宇野は全然緊張しないと語っています。

ブレイクスルーを果たすには緊張してアドレナリンが出まくる状況に持っていかないとだめだと思います。

いずれにしても男子は羽生、ネイサン、宇野。

この3人が突出しており他の選手が付け入るスキはありません。

上記3人の誰かに致命的なミスが出た場合、ジェイソン・ブラウンが最高の演技をすれば一角を崩す可能性が僅かにあるだけでしょう。

北米勢もいよいよ調子をあげて世界戦集権に照準を合わせてきます。

シーズンはまだまだこれからです。

まずは各国ナショナル選手権。

ワクワクドキドキが続きます。

 

kagemucya.hatenablog.com

 

巨人(ジャイアンツ)私的プロテクトリストを作ってみた

積極的な戦力補強

着々と戦力補強を行うジャイアンツ。

今度はマリナーズ岩隈投手を獲得しました。

肩の故障の回復具合が気になりますが、厳密に調査してGOとなったのでしょうから、大丈夫なんだと思いたいです。

彼は負けない投手で勝率が極めて高く、先発で7~8勝は期待出来るでしょう。

これで補強は一段落したと思いますが、補強ポイントである左の強打外野手として丸選手の獲得が最大の収穫。

カープファンからしたら正直怒りしかないと思うので複雑ですが・・・。

残された課題はブルペン投手陣ですね。

カミネロが退団し、クローザーを誰にするのか。

スコット鉄太朗と言われた頃が懐かしい。

山口、西村が引退し、残るマシソンも膝の回復具合がわかりません。

澤村も完全復活とはいかず来季に向けて不安が残ります。

個人的には畠がもっともクローザーに向いていると思っていますが、肘と腰の状態がわからないので何とも言えません。

今季どのチームもブルペン陣が不調でしたが、ここをしっかりさせることが優勝への絶対条件です。

私的プロテクトリスト

さて、今回丸、炭谷両選手獲得により人的補償が発生することが確実な情勢です。

人的補償とはFA権を行使して他球団に移籍した選手のランクにより、移籍先球団が元の所属球団に選手1名を与えなければならない制度で、上記二人は人的補償が行使されるランクだったという訳です。

人的補償の選手は元の所属先球団が指名する仕組みですが、移籍先球団はプロテクトリストを作って、リストに含まれた選手は指名を回避できます。

リストは28名で、元の所属先球団に渡されます。

元の所属先球団はプロテクトリスト以外の選手を指名する訳です。

但し今年のドラフト指名選手と外国人選手は元々指名対象外でリストにも含みません。

リストは非公開。

指名されて初めてその選手はリストに含まれていなかったことがわかるという、ある意味残酷な制度です。

報道によれば、すでにリストは広島、西武両球団に渡されたようで、もうしばらくすると誰が指名されたかが明らかになります。

この時期になると、多くのブロガーさんがプロテクトリストの予想をアップします。

私はスポナビ時代はリスト予想をしませんでしたが、今回初めて試みてみました。

やって見ると大変難しい・・・。

リストは僅か28名なので指名をして欲しくない選手があふれかえってしまいます。

ポジション別では投手15名、捕手4名、内野手5名、外野手4名としました。

これであっという間に28名です。

シーズン中の出場選手登録が28名なのでそれに準じているのでしょうが、実際は登録抹消を繰り返して選手入替をしているので28名に絞るのは大変なことです。

完全な私的プロテクトリストとして以下に掲げてみます。

投手

菅野、山口、野上、田口、畠、澤村、今村、吉川、内海、谷岡、高田、池田、鍬原、宮國、中川(以上15名)

捕手

小林、阿部、宇佐見、大城 (以上4名)

内野手

坂本、岡本、吉川、田中、山本 (以上5名)

外野手

長野、亀井、重信、和田 (以上4名)

 

合計28名です。

阿部は捕手専念という意思表明があったので捕手で選びました。

投手で桜井、田原、外野で石川あたりはリストに含めるか悩みました。

28名に絞るのほんと難しい!

異論、ご意見多々あると思いますが、以上のようにさせていただきました。

って、これ予想して何の自己満足?って思ったのも事実ですが(汗)最後までおつきあいくださりありがとうございます。