影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

見ごたえがあったフェブラリーステークス さすがの豊に菜七子も合格!

今年最初のGⅠフェブラリーステークス。(毎年ですが)

中央競馬初のダートGⅠとして創設され早や23年が経ちましたが、今のように馬の適正に応じてレースを選べるような体系が出来ていなかった頃、ダート重賞としてフェブラリーハンデが新設された時、よくやった!と声を上げたのを思い出します。

実はその時代、砂怪物と呼ばれたアスコットエイトという馬がいました。

3歳秋(当時の旧表記では4歳)からダートでは無類の強さを見せていましたが、4歳(旧5歳)になると正に無敵という感じで、雪の影響でダートに変更された中日新聞杯で2着に大差で重賞制覇。

たまたまその年に新設されたダート王決定戦フェブラリーハンデは、アスコットエイトのために出来たレースと言われましたが、結果は残念ながら2着。

その時私はテレビ桟敷で、ショックのあまりしばらく呆然としていました。

 

 スポナビ時代にもアスコットエイトについて書いています。

kagemucya.hatenablog.com

 

 フェブラリーステークスの時期がくれば必ず思い出す訳ですが、今年は藤田菜七子ジョッキーが女性初のGⅠ騎乗で大変な盛り上がり。

出走馬も魅力的な面子が揃いました。

藤田騎乗のコパノキッキングは4連勝(重賞2連勝含む)。

武騎乗で6連勝中の新鋭インティ。

過去3年の優勝場モーニン、ゴールドアリュールノンコノユメが揃って出走。

東京大賞典勝馬でレベルが高いとされる明け4歳オメガパフューム。

堅実なサンライズ勢2頭、ノヴァとソア。

レースは武が絶妙な逃げを打って直線突き放しにかかり、ゴールドアリュールの猛追及ばず、逃げ切りで7連勝のGⅠ制覇。

今季絶好のスタートを切った武騎手。

あのキタサンブラック依頼1年2カ月ぶりのGⅠ勝利となりました。

さすがの千両役者ぶりです。

藤田騎手もよく乗りました。

競馬は最後の直線で馬の脚を止めず、如何に伸びてこさせることが出来るかです。

最後の直線であれだけ伸びてこれたのは、4コーナーまで馬に負担をかけず上手く操っていた証拠。

着順は展開のアヤなので5着は(本人は不満足でしょうが)褒められて良いでしょう。

藤田騎手についてはデビュー当時から乗れる子だと思っていました。

 

藤田騎手についても書いていました。

kagemucya.hatenablog.com

 

 それにしてもインティ強かった。

どこまで強くなるんでしょう。

藤田騎手の今後も益々楽しみです。

とても印象深く、歴史的にも語り継がれる今年のフェブラリーステークスでした。

レッドブル、トロロッソホンダを応援し続ける記事 いよいよ始まるバルセロナテスト

F1のバルセロナテストがいよいよ目前に迫ってきました。

ホンダファンの多くはマクラーレン時代の悪夢を引きずっている人が多いはずで、レッドブル陣営からポジティブなコメントが発せられても、バルセロナテストが終わるまでは疑心暗鬼になっていると思います。

しかし実際のところ、陣営からネガティブな話はここまでほとんど聞こえてきません。

既に新車のシェイクダウンも行われ、コースを36周走りましたがノートラブルで、操縦したフェルスタッペンも手ごたえを感じたコメントを発しており、見通しは明るいんだろうとは思いますが、それでも不安は拭えません。

なぜかというと、ひとつにはホンダエンジンがパワーアップしているとしても、ルノー陣営も当然性能向上を図っているであろうこと。

メルセデスフェラーリ勢も含めて、他陣営との比較が現段階では出来ていないことも安心できない理由です。

それと信頼性。

昨年最後に投入したスペック3は投入時点では信頼性よりパワーアップを優先にしたものでした。

一冬越してどこまで進化しているのか。

36周ではノートラブルでしたがテストでは1日100周強走らないといけません。

8日間で800~1000周。

これだけの周回を重ねられるかは、ひとつの見どころです。

このテストでレッドブルトロロッソ・ホンダ両チームの立ち位置がほぼ見えます。

テストが終わった後に、今感じている幾ばくかの不安が消し去られているのか。

そうあって欲しい。

わくわくした気持ちで初戦オーストラリアグランプリを迎えたい!

運命の時が近づいてきました。

レッドブル・ホンダ1回目バルセロナテスト担当ドライバー

2月18日 マックス・フェルスタッペン

2月19日 ピエール・ガスリー

2月20日 マックス・フェルスタッペン

2月21日 ピエール・ガスリー

トロロッソ・ホンダ1回目バルセロナテスト担当ドライバー

2月18日 ダニール・クビアト

2月19日 アレクサンダー・アルボン

2月20日 ダニール・クビアト

2月21日 アレクサンダー・アルボン

 

桜田発言の追及は結局政治利用にしか見えなかった コメンテーターも安易に発言しないで欲しかった

スポーツの記事を投稿させていただいていますが、池江さんの件は書けませんでした。

書かせていただくとしても2~3週間後に発表される(であろう)症状と治療方針を聞いてからだと思っていました。

あまりにも衝撃的で、今は祈ることしか出来ません。

そんな中、桜田五輪担当大臣の発言が大問題になりました。

「ガッカリした」

「盛り上がりが若干下火になるのではないかと心配・・・」

マスコミさん、またやってくれましたね。

昨日明らかになった大臣の答弁全文を読んで、とても複雑な気持ちになりました。

炎上を狙って、反発を受けることが確実な部分だけを切り取って報道する。

繰り返されるマスコミのミスリード

桜田大臣もボキャブラリー不足なのは間違いありません。

そういう意味では大臣の資質に欠けると言われても仕方がありませんが・・・。

選択する言葉によって印象が全然違います。

大臣の発言は以下の通り。

「そう、金メダル候補ですからねえ。日本が本当に期待している選手ですからねえ。

本当にがっかりしております。やはり、早く治療に専念していただいて、頑張っていただきたい。また元気な姿を見たいですよ。そうですね。」

これをこう表現していたらどうだったでしょう。

「そう、金メダル候補ですからねえ。日本が本当に期待している選手ですからねえ。

本当に残念でなりませんやはり、早く治療に専念していただいて、頑張っていただきたい。また元気な姿を見たいですよ。そうですね。」

多少はバッシングも減っていたと思います。

細かいことは別にして、この発言で野党が水を得た魚のように大臣を責めて、任命責任で首相も責めて、大変な騒ぎになりましたが、この人たちは答弁を全部把握していたのでしょうか。

マスコミ報道だけで追及していたとしたら、バカ丸出しですし、全文聞いた上で追及していたならば、そんな議員に日本を任せられません。

ワイドショーのコメンテーターにしても同様です。

池江さんのことを考えているようで実は考えていない。

考えているふりをしているだけ。

偽善者。

今日以降、いや、今日はどうせ大臣の全発言をパネルにしてああだ、こうだと貴重な時間を費やすんでしょうね。

私は見ませんけども。

少なくとも明日以降は大臣の発言について、もう触れないでください。

野党もワイドショーも。

本当に池江さんのことを思っているならば、

池江さんが元気に戻ってくることを信じて心の中で応援しましょう。 

フィギュアスケート 四大陸で見えた宇野昌磨の意識の変化 羽生、チェンについても少し

世界選手権は3強が抜きんでている

フィギュアスケート男子シングルは現在、羽生結弦宇野昌磨、ネイサン・チェン。

この3人が突出しており他の選手が付け入る隙はありません。

今年の世界選手権についてもメダルの色はわかりませんが、余程のことがない限りこの3人で表彰台を独占するでしょう。

但し、その余程のことが起こる可能性は少しばかり残っています。

それは宇野選手と羽生選手の怪我の回復具合。

まずは羽生ですが平昌オリンピックでは抜きんでた調整力、体調に応じた対応力を示してオリンピック2連覇を果たしました。

その時の羽生のタイムスケジュールを振返るとリハビリ後の練習再開が昨年1月9日。

オリンピックの男子SPが2月16日でした。

この期間、僅か38日!

実際、調整期間としてはぎりぎり。

たったこれだけの期間で金メダル獲得なんて神技は羽生にしか出来ません。

今年、世界選手権の男子ショートプログラムは3月21日。

最近フィギュアスケートのニュースは紀平一辺倒なので羽生の動向が目立ちませんが、1月下旬にオーサーコーチがアメリカ記者に、トロントで氷上練習を再開していると答えている記事を見つけました。

怪我の程度ははっきりとわかりませんが、これなら計算上は間に合います。

少し安心しました。

次に宇野ですが状態の悪い中、試合に出て結果を出しました。

しかし最大目標は四大陸ではありません。

宇野クラスなら当然世界選手権から逆算してスケジュールを立てるので、四大陸に出たということは世界選手権も出られるということです。

これで症状が悪化して世界選手権欠場となれば、スタッフの管理能力が問われます。

ただし、羽入も宇野もベストの状態では出られそうもありません。

なので、現時点で今年については昨年平昌の失敗を糧にさらなる成長を遂げているネイサン・チェンが世界選手権金メダル最有力候補なのは間違いないでしょう。

宇野昌磨の成長

しかし宇野選手も四大陸で大きな成長を遂げました。

羽生もチェンもいない四大陸。

宇野選手は絶対的な優勝候補。

勝って当然という雰囲気ほど怖い物はありません。

その上、右足の度重なる捻挫。

シルバーコレクターという、ある意味不名誉な称号。

始まって見ると、SPで首位と8.4点差でまさかの4位。

順位はともかく得点差は大きい。

足の具合もよくなさそう・・・。

大丈夫か宇野!

そう思った人は多かったでしょう。

しかしフリーの演技はすごかった。

気持ちが入っていました。

見出しに踊る「魂の演技」

演技が終わって崩れ落ちる宇野昌磨

彼はパフォーマンスでそんなことをする選手ではありません。

全身全霊で限界を超えたところでやり切った証明があの姿だったのです。

結果はフリー世界最高点(ルール改正後)

今までとは明らかに違った宇野がそこにいました。

「1位にこだわりたいと思って滑った」

「世界選手権で優勝したい!」

前にも書きましたが、正直今まで少し物足りなさを感じていました。

こういう言葉を宇野の口から聞けたのは今までなかったです。

世界選手権まで1カ月強。

宇野昌磨四大陸選手権でブレイクスルーを果たしたと思います。

たとえ世界選手権で金を取れなかったとしても、今後に向けて大切な物を得ることが出来ました。

最終の目標は北京五輪で金メダル。

先は長いので、世界選手権が終われば治療に専念して来シーズンに備えて欲しいです。

ではまた。

 

 

 

フィギュアスケート四大陸女子シングルの感想を少しと、ロシア女子選手が長続きしない訳を考察

まずは四大陸選手権女子シングルの感想

紀平が逆転で四大陸を制し国際大会5連勝となりました。

誰も失敗せずに演技を終えた場合、今のスケーターで紀平を超えるスコアを叩き出す選手はいません。

なので四大陸の優勝はある意味当然の帰結です。

では、可能性は低いですが紀平がどこかでほころびを生じた場合はどうなるか。

その場合でも紀平を上回るのはザギトワではありません。

坂本花織です。

四大陸では後半の3連続ジャンプがシングルアクセルになってしまって約10点を失い4位でしたが、全日本で見せたように坂本の爆発力は優勝を引き寄せる力があります。

しかしそれも紀平が失敗して坂本にミスが出ない場合に限られます。

紀平は必ず世界チャンピオンになれる選手です。

4年後のことはまだまだわかりませんが今年に関しては最大のチャンスです。

テニスの大坂なおみ選手と同様、紀平も一気に頂点に駆け上ることが出来るか。

私はその可能性は極めて高いと思っています。

ロシア女子選手が長続きしない理由

オリンピック、世界選手権の次に位置付けられるのが四大陸と欧州選手権

四大陸より少し先に開催されるのが伝統の欧州選手権です。

優勝はロシアのサモドロワ、ザギトワはSPのリードを守れず2位に終わりました。

ロシアは世界選手権の代表を欧州選手権後に発表します。

これは他の主要国がナショナル選手権終了後に代表を発表するのに比べ明らかに遅い。

私はロシア女子選手のピークが押しなべて短く、最近ほとんどの選手が1~2年しかピークを持続できない大きな要因は、単に身体の成長でジャンプのタイミングが合わなくなるだけでなく、代表決定の遅さにあると思っています。

欧州選手権が終わるとおよそ2カ月弱で世界選手権。

ロシア勢は代表決定から気の休まる暇もありません。

四大陸は大会終わって本番まで僅か40日。

世界フィギュア代表選手はこの大会に100%の状態で出場する訳がありません。

あくまで本番は世界選手権です。

それに合わせたピーキングを行っていく。

その一環として実戦で戦える四大陸で最終調整を行う。

これが第一義の目標と思っています。

(もちろん代表を外れた選手はここでメダルを本気で狙いにいくでしょうけども)

逆に言えば正月明けから、多少は気を緩める期間を設けることも出来る訳です。

それもこれもナショナル選手権で代表が決定されるから。

ところがロシア勢にとってはそんな時間も余裕もありません。

ロシア勢はGPシリーズも持てる力を出し切ってくるし、ナショナル選手権も欧州選手権も代表の選考会的役割を果たしているため常に120%全力展開です。

ティーンが中心となるロシア女子フィギュア陣。

こんな若い選手たちに長くプレッシャーを与え続けるロシアの選手選考事情。

選手たちはおそらく神経をすり減らしているに違いありません。

心も身体も疲弊してしまいます。

シーズンオフになってようやく気が緩むも、次のシーズンが開幕したころには輝きを失っており、そのまま復活できずに終わってしまう。

これがロシア女子シングルの実態だと思います。

ではまた。