影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

MGCで東京オリンピックマラソン代表4名決定 ファイナルチャレンジに向けて設楽悠太、大迫傑はどう動く

東京オリンピックのマラソン代表を決める一発勝負のMGCが終わりました。

男女1位、2位の選手が自動的に代表決定。

そこには過去の実績も忖度も派閥も格付けも関係なし。

ラソングランドチャンピオンシップの結果が全て。

今日の報道を見ると、総じて選手の評判は良いようです。

もちろん陸上ファンなど世間の評判も同様。

何で今までこれが出来なかったのかと思いますね。

よくぞ英断してくれました。

代表3選手を選ぶのに4大会が選考レースになっていた矛盾。

主要マラソン大会のスポンサーへの配慮もあったでしょう。

当日の気象条件や、コースの特性などでタイムも変わる。

選手によって得手不得手なコースということもある。

参加外国人選手のレベルで順位も変動する。

選考にあたって重視されるのは順位なのか、タイムなのか?

そんなこんなで代表選考にあたっては毎回必ずと言っていいほど問題が発生。

選手に責任はない物の遺恨を残すことになってしまうケースが多かったですね。

それが今回は時期もほぼ同じ、ほぼ同じコースで代表決定戦行う。

その決定戦に出場する選手も基準を設定し、時間をかけて選出。

2019年9月16日というピンポイントでのピーキング能力も試される。

良いことづくめのMGCだったと思います。

今回1位、2位に入った選手4名の内3名は元々暑さに強い選手。

特に女子は1位前田穂南が2017年、2位鈴木亜由子が2018年の共に真夏に行われる北海道マラソンの優勝者。

真夏に開催される東京オリンピックでは暑さというファクターがとても大きな意味を持つことになり、暑さに強いのは大きな武器になります。

代表決定の4名は1年間の準備期間が与えられ、女子が8月2日、男子は8月9日にピークを持っていくために綿密な計画を立てることが出来ます。

 

問題は第3の男、第3の女です。

これはMGCファイナルチャレンジと銘打たれ、男女各3レースで陸連が設定したタイムを超えた記録最上位の選手が選ばれ、誰もタイムを超えなければ16日のMGC3位の選手(男子大迫・女子小原)が最後の3枠目の代表となる訳です。

これが実に悩ましい。

男子の設定タイムは2時間5分49秒、女子は2時間22分22秒。

男子は今回大逃げを打った設楽悠太だけが可能性としてチャレンジ出来るタイム。

女子は気象条件さえ整えば大阪国際か名古屋ウィメンズで十分可能なタイム。

小原は間違いなくどちらかに出てくるでしょう。

 

問題は男子。

設楽は今回の大逃げで自身の補強ポイントが明確にわかったと思われ、レース後の彼は「何も考えたくない」と語っているようですが必ずチャレンジしてきます。

チャレンジするのは間違いなく来年の東京マラソン

ここで日本記録を狙ってくるでしょう。

大迫がファイナルチャレンジに出るか出ないかが話題になっています。

大迫はここまでマラソン4回。

2017年にボストン、福岡国際の2走。

2018年にシカゴで日本最高記録達成。

そして今回のMGCに出場して合計4レース。

どちらかというと間隔をあけて走るタイプのようです。

来年東京マラソンに出場した場合、結果として3人目の代表になっても調整がうまくいくのかという懸念があります。

こればかりは本人の気持ち次第でしょう。

難しい判断ですが、東京オリンピックに出ることだけが目標なら出場。

東京オリンピックでメダルを狙うなら出ない。

こういうことになるのかと思います。

今回の代表決定プロセスはオリンピック本番でも期待が持てる選手を発掘することに役立ちました。

来年の本番が待ち遠しいです。

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

先週の巨人 9月10日~15日 マジックナンバー再点灯 リーグ優勝へカウントダウン

8月24日にマジックナンバー20が点灯したジャイアンツ。

しかしその後まさかまさかの6連敗などもあり一度は消えたマジックナンバー

まあ、消えたと言っても余程のことがない限り優勝を逃すことはない状態。

産みの苦しみといったところだったのではないでしょうか。

今日も試合はありますが、「先週の巨人」というスタンスは崩さず投稿します。

選手は眼下の敵ベイスターズとの3連戦が何と言っても大一番。

初戦エース今永相手に勝てたことでリーグ優勝は確定的となりました。

ここでマジック再点灯。

先発投手が駒不足のジャイアンツ。

クック先発で今永相手に勝てたのは素直に驚きました。

CSで対戦可能性があるベイスターズですからこれは大きかったですね。

15日現在でマジックナンバーは5になっています。

先週の結果

スコア

9月10日  対ベイスターズ  4対2  〇 マジック再点灯

9月11日  対ベイスターズ  4対10 ●

9月12日  対ベイスターズ  8対5  〇

9月13日  対カープ     5対1  〇

9月14日  対カープ     5対6  ●

9月15日  対タイガース   6対5  〇

主な打者の成績

亀井    24打数6安打  .250

坂本    19打数7安打  .368  打点2

丸     19打数9安打  .474  打点10

岡本    23打数8安打  .348  打点8

ゲレーロ  16打数1安打  .063  打点2

阿部    11打数4安打  .364  打点1

田中    22打数5安打  .227  打点2

大城    15打数4安打  .267  打点1

小林    14打数2安打  .143  打点2

重信    10打数2安打  .200  打点1

炭谷     4打数1安打  .250

石川     2打数1安打  .500  打点1

山下     5打数1安打  .200

陽      4打数1安打  .250  打点1

週間チーム打率   200打数52安打  .260

投手成績

9月10日   クック  3回     自責点

9月11日   桜井   4回     自責点

9月12日   高橋   4回1/3  自責点

9月13日   山口   7回2/3  自責点

9月14日   澤村   3回     自責点

9月15日   菅野   4回     自責点

週間先発防御率    26回  自責点14  防御率4.85

週間ブルペン防御率 28回  自責点13  防御率4.18

週間投手陣防御率   54回  自責点27  防御率4.18

感想

6試合の内2試合でブルペンデーを実施。

先発6人で勝ち投手の権利を得る5回以上投げたのは山口のみ。

昨日は菅野がピリッとしない投球。

桜井も高橋も同様に監督の期待に応えることが出来ませんでした。

結果ブルペンの投球回数が先発より多くなってしまいました。

これはどう考えても心配な材料。

今日16日の先発は中4日で桜井。

明日1日の移動日をはさみ再び7連戦のジャイアンツ。

投手陣、特にブルペン陣の疲労蓄積は心配です。

 

今のところ最終戦は9月28日スワローズ戦。

CSファイナルステージが10月9日からなので優勝決定まではフル動員確定ですね。

その後休養と調整を経て・・・CS突入ということなんでしょう。

短期決戦となるポストシーズンで必要な先発は4人。

確定は山口、菅野の二人。

不調の菅野ですが必ず形は作ってくれるでしょう。

あとはやはり桜井。

残る一人を高橋、メルセデス、今村の内、状態の良い投手で合計4人。

そういったことも見極めていきたい今週の7連戦ですね。

もちろんまずは優勝ですが。

ではまた。

今週は臨時で優勝の報をアップしたいですね。

 

kagemucya.hatenablog.com

 

フィギュアスケート チャレンジャーシリーズ オータムクラシック 紀平梨花好スタート

ついこの前に世界選手権が終わったと思ったら早くもシーズンイン。

ほんとに月日が経つのはあっという間です。

ISUが承認するチャレンジャーシリーズが始まりました。

オータムクラシックには女子・紀平梨花、男子・羽生結弦が参戦。

同時開催のロンバルディアには女子・樋口新葉、男子・友野一希が出場します。

1日早く始まったオータムクラシック。

昨年彗星の如くシニアデビューを果たした紀平が初日のSPを首位発進。

(2位がメドベージェワ)

映像を見ましたが表情も豊かでとてもリラックスして滑っているように見えました。

冒頭3Aも完璧。

GOEも3点以上貰っています。

スピンもステップもレベル4。

文句のつけようがない順調な滑り出しでした。

昨年はSP失敗、フリーで追い上げのパターンが多かったので、まずはひとつ課題をクリアしてきたと捉えて良いでしょう。

今年のSPの曲はユン・サン・ナの「Breakfast in Baghdad」

ギターで奏でるシャバダバダのジャズ系の曲。

この曲によって流れるような演技を披露していました。

欧米にも受ける選曲ではないでしょうか。

今年はロシアティーンズ、トルソワ、シェルワコバ、コストルナヤがシニアデビュー。

さらに来期はアメリカの超新星アリサ・リウが参戦してくるでしょう。

このアリサ・リウがまたすごい!

可愛くあどけない顔でゆったり滑って4回転を完璧に跳ぶ。

3Aももちろん、後半に3回転ルッツからのコンビネーションを2本!

14歳になったばかり。

ちょっと恐ろしすぎて、北京への道は正直まったく予測不能の状態です。

とうとう今シーズンも始まってしまいましたね。

これから半年。

長いようで短い。

短いようで長い。

何が起こるか。

応援し続けましょう!

 


Youn Sun Nah & Ulf Wakenius - Breakfast In Baghdad

 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

レッドブル・トロロッソホンダを応援し続ける記事 スペック4投入完了!ペナルティ消化して次戦から次のステージへ

ジャイアンツがベイスターズのエース今永を攻略してマジック再点灯!

これで優勝間違いなし・・・ん?違う、今日はF1の話・・・。

 

でもってレッドブルトロロッソホンダを応援し続ける記事。

イタリアGPはフェラーリによるフェラーリの為のフェラーリによるレース。

これは間違いありません。

だからと言って必ずフェラーリが優勝する訳ではもちろんありません。

しかし今回シャルル・ルクレールの走りっぷりは、ティフォシを興奮のるつぼ状態にさせたことは間違いありません。

それほどまでにパッションほとばしる走り。

ハミルトンとのバトルではルクレールに対し、ブラック&ホワイトフラッグが出る程。

どうでしょう?オーストリアでフェルスタッペンとルクレールの審議となった場面より今回の方が危険だったと思えるのは私がレッドブル贔屓だからでしょうか。

コースアウトして衝突を避けたハミルトン。

彼の心に火をつけてしまいました。

今後この2人にフェルスタッペンを加えた3人のバトルは考えただけで興奮します。

これでルクレールはベルギーに続く2連勝。

誰が何と言おうと、マッティア・ビノットが否定しようと、フェラーリのナンバー1ドライバーはセバスチャン・ベッテルではなくルクレールになりました。

ベッテルの心中や如何に。

 

さて我らがホンダ勢。

いよいよ待望のスペック4を投入。

ベルギーでアレクサンダー・アルボンとダニール・クビアト

今回フェルスタッペンとピエール・ガスリー

これで4人全てがスペック4PUでレースを戦う体制が整いました。

ベルギーではアルボンがペナルティによる17番手スタートから5位。

今回はフェルスタッペンがペナルティで19番手スタート。

スタートして早々にだんご状態に巻き込まれ他車と接触

最終的に8位という結果でしたが感触はすこぶる良好だったようです。

アルボンの6位は微妙。

上位がルノーの2台なのは何だか居心地が悪いです。

しかし、そうじてスペック4の評価は高く、ペナルティーも消化し、データもたくさん取れて、残るGPコースは全て表彰台が狙える状況。

来シーズン、ドライバーズ、コンストラクターズ共にチャンピオンを狙うために残るレースで勢いをつけたい。

それが十分可能であることを感じられたのが大きな収穫です。

ではまた!

 

kagemucya.hatenablog.com

先週の巨人9月3日~8日 隠れマジック10.5 明日からDeNAと直接対決

先々週消灯した優勝へのマジックナンバー

先週は下位2球団との6連戦。

実際は台風15号の影響で日曜日は中止。

(台風で被害にあわれた方には心からお見舞い申し上げます。)

何度も書きますが、優勝(CS進出)の目標が現実的でなくなったチームと対戦する上位チームは大変です。

勝たなければならない意識が硬さを生み、のびのびとプレーする下位チームにしばしば足元をすくわれます。

勢いと強さを見せて、これらを乗り越えて欲しいんですが、まだそこまでチーム力が向上していないジャイアンツ。

前回のリーグ制覇から5年が経ち優勝経験を肌で感じた選手も少ない状況。

今年苦労して手に入れるペナントを糧に来年以降はもっと強いジャイアンツを見せてくれると期待しています。

さて、ドラゴンズに3連敗、スワローズ初戦にも敗れ通算6連敗と悪い流れ。

しかしベイスターズもここにきて4連敗。

ドラゴンズがジャイアンツのみならずベイスターズにも3連勝。

正に公平、平等な結果となりました。

ドラゴンズ昇り竜に上位2チームが完全に巻き込まれた1週間となりました。

ジャイアンツは7日の1勝が大きく、ベイが8日も負けて隠れマジックは10.5。

残り16試合を10勝1分5敗で行けば残るベイスターズ6試合を1分5敗だったとしても優勝です。

明日のベイスターズ初戦に勝つか引き分ければマジック再点灯になるはずです。

先週の結果

スコア

9月3日  対ドラゴンズ  3対4 ●

9月4日  対ドラゴンズ  4対8 ●

9月5日  対ドラゴンズ  2対3 ●

9月6日  対スワローズ  2対5 ●

9月7日  対スワローズ 10対6 〇

9月8日  中止

主な打者の成績

亀井    16打数7安打  .438  打点1

坂本    22打数10安打 .455  打点2

丸     18打数4安打  .222

岡本    20打数3安打  .150

ゲレーロ  16打数6安打  .375  打点3

田中    11打数4安打  .364  打点2

阿部    11打数1安打  .091

若林    10打数2安打  .200  打点1

陽      8打数4安打  .500  打点2

小林     9打数1安打  .111

大城     5打数1安打  .200

炭谷     4打数1安打  .250

石川     7打数2安打  .286

重信     4打数3安打  .750  打点3

増田     7打数1安打  .143

週間チーム打率  180打数51安打  .283

投手成績

9月3日   メルセデス  2回2/3  自責点

9月4日   菅野     2回     自責点

9月5日   桜井     7回     自責点

9月6日   高橋     6回     自責点

9月7日   山口     5回2/3  自責点

週間先発防御率    23回1/3 自責点12 防御率4.63

週間ブルペン防御率 20回2/3 自責点13 防御率5.66

週間投手陣防御率   44回    自責点25 防御率5.11

感想

ベイスターズが失速し4連敗していなければ、危なかったジャイアンツ。

他力本願部分もありましたが首位を明け渡さないことが大切。

一度逆転されてしまったら、追い抜き返すパワーはなかったかもしれません。

6月18日以降首位をキープし続けて、いよいよその時が近づいてきました。

明日からベイスターズ3連戦。

先発投手が不足しているジャイアンツはクックがスライドと言われてます。

ベイスターズは今永で間違いありません。

ベイとしては今永で初戦を勝って勢いに乗り3連勝しか道はありません。

ジャイアンツが今永を攻略して初戦を勝てば、もう決まりと言って差支えないですが、なにしろ先発がいない。

ジャイアンツは3連敗さえ回避できれば良しとするところですが、CSを考えると、そうも言ってられません。

初戦、あまり相手に勢いをつかせるような負け方をしてはいけません。

負けるなら普通に負ける。

普通に負けるってどんなんだよ・・・って声が聞こえてきそうですが(汗)

とにもかくにも最大のヤマ場がやってきました。

今頑張らねばいつ頑張るの!

今でしょ!

最後はいつものフレーズで〆させていただきます。

ではまた。

来週ははっきりとゴールが見えていることを信じて!

 

kagemucya.hatenablog.com