影無茶のスポーツ24/7

スポーツ好き熟年おやじのブログ

フィギュアスケート GPシリーズフランス大会も中止 GPシリーズの冠は外すべきだ 

ここにきてフィギュアスケート界が大変だ。

GPシリーズがカナダ大会に続きフランス大会も中止。

ロシア、中国、日本は確実に行うだろうし、開幕戦のアメリカも行われそうだが、各選手1試合限りのエントリーだった今年、4戦しか行われない状況で、これをGPシリーズと銘打つのは無理があるだろう。

中国は北京開催のファイナルを意地でもやりたいだろうが、もはやその価値はない。

今年はGPシリーズの冠を外すべきだ。

 

とは言う物の、今年はオリンピック1年前の大切なシーズン。

有力選手は今年の世界選手権で上位に入り、ワールドスタンディングを上げ審判に強烈な印象を残す算段だっただろう。

今年のプログラムは五輪を念頭に置いた物にして、どの位置に自分が居るか確認しながら本番用のプログラムを作り上げる。

俗に言えば、プレプログラムを披露する重要なシーズンなのだ。

ところが試合をまともに出来る状況でない。

このままだと試合に出られる選手と出られない選手が出てきて不平等が発生する。

ロシア勢はロシアカップで熾烈な戦いを演じたところだが、たとえば宮原や紀平などはまともに大会にも出られていない状況。

この差は大きい。

現時点で4大陸の中止が既に決まっている。

開催地のオーストラリアが国境閉鎖の措置を来年まで継続するからだ。

欧州選手権はどうなるのだろう。

欧州選手権が開催されれば、益々不公平感が募る。

開催地はクロアチアザグレブ

外務省の海外安全ホームぺージに記載のクロアチア最新状況によると、感染は拡大傾向で、10月12日以降マスク着用義務の範囲も拡大されているとのこと。

危険レベルは4段階中上から2番目のレベル3だ。

4大陸より早く1月25日から開催予定だがどうなるのだろう。

ISUの判断が注目される。

正に五里霧中の今シーズン。

北京五輪に極めて大きな影響が及ぶことは避けられない。

今季の世界選手権は本来オリンピックの出場枠を決める大会だ。

先ごろ日本スケ連は世界選手権の派遣選手選考基準を発表したが、事実上全日本の一発勝負となるだろう。

いやはや大変なことになってしまった。

昨年の今ごろ誰がこんな状況を予想しただろう。

スケートアメリカは今週末から始まる・・・。

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

ダンス!ダンス!ダンス!ざんす パート12  振付稼業air:manが振り付けた楽曲PV+1

仕事以外全部趣味

思い出したように突然アップする「ダンス!ダンス!ダンス!ざんす」。

当初毎月1本、影無茶セレクトのダンス映像をYouTubeから貼り付けていたが、1年ブランクの後復活させて、今は不定期(笑)

コロナ禍による憂鬱な気分も、音楽とスポーツと笑いは我々にパワーを与えてくれる。

今回は振付稼業air:manが振り付けた楽曲を3本貼らせていただく。

最初は同じ人が振り付けたことを知らなかったが、後で知って驚いた。

やはり好みというのはあるのだろう。

 

まずは、サカナクション「忘れられないの」

サカナクションを一度聞くと中毒になってしまう人は多いだろう。

この曲はソフトバンクのCMに使用。

初めて聞いた瞬間、フルで聞きたいと思った。

聞けると知った時は飛び上がって喜んだ。

ワンカットでも話題になったPVをどうぞ。


サカナクション / 忘れられないの

 

2曲目はジェニーハイの「ジェニーハイラプソディ」

言葉は悪いがキワモノ揃いのメンバーで構成されるバンド。

好き嫌いがはっきりわかれるだろうが、紙一重の天才集団。

私は全員好きだ(笑)


ジェニーハイ『ジェニーハイラプソディー』

 

実はYUKIの「JOY」も振付稼業air:manが手掛けたようで、このPV大好きなんだが、残念ながらYouTubeでは見られない。

フルでアップして欲しいなあ~。

振付稼業air:manはサカナクションのPVを多く振り付けている。

その内の1曲「ネイティブダンサー」と、くるりの「バラの花」をミックスして、なんと!yuiが歌うという、私にとっては夢のような曲が相鉄とJRの相互直通運転記念ムービーのバックで流れていたのだ。

私は関西在住なので相鉄をよく知らないのだが、二階堂「音」ふみと染谷「信長」将太を出演させるという何とも贅沢なムービーだ。

これが実に良く出来ているんだなあ。

曲良し、歌良し、映像良し!


100 YEARS TRAIN|相鉄都心直通記念ムービー

 

お時間の許す限り聞いていただければ嬉しい限りだ。

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

先週の巨人(ジャイアンツ)10月12日~18日 ここにきて負け方の悪い試合が目立つ

ここにきてジャイアンツのペースが落ちてきた。

先週は1点差負けが3試合。

これまで1点差試合は15勝7敗と他の5球団に比べて図抜けていたのに先週だけで3敗を喫してしまった。

1点差ではないが今日の負け方は特にいただけない。

当然だが、全ての試合に勝つことは不可能だ。

しかし負けてはいけない試合は存在する。

さしずめ今日の試合は負けてはいけない試合だった。

一度逆転しても再逆転して勝たなければならない試合だった・・・と思う。

うみの苦しみ?それとも調整の副作用?

 

では先週の記録。

先週の結果

スコア

10月12日  対ドラゴンズ  2対3 ●

10月13日  対カープ    3対4 ●

10月14日  対カープ    6対1 〇

10月15日  対カープ    5対5 △

10月16日  対ベイスターズ 1対2 ●

10月17日  対ベイスターズ 雨天中止

10月18日  対ベイスターズ 6対10●

主な打者の成績

吉川尚   26打数7安打 打点2 .269 .282

坂本    23打数6安打 打点3 .261 .276

丸     23打数7安打 打点4 .304 .287

岡本    23打数8安打 打点2 .348 .286

中島    13打数2安打 打点0 .154 .291

大城    18打数6安打 打点4 .333 .286

ウィーラー 15打数3安打 打点2 .200 .259

松原    24打数5安打 打点0 .208 .265

田中    13打数6安打 打点3 .462 .375

若林     7打数1安打 打点1 .143 .273

※赤字は今季通算打率 

週間チーム打率 209打数54安打 .258 .260

投手成績

10月12日  桜井     5回1/3 自責点3 4.91

10月13日  菅野     6回    自責点3 2.02

10月14日  高橋     5回    自責点1 2.35

10月15日  サンチェス  5回1/3 自責点5 3.34

10月16日  今村     6回    自責点0 3.45

10月17日  雨天中止

10月18日  畠      6回    自責点2 3.14

※赤字は先発投手の今季防御率

週間先発防御率     33回2/3  自責点14 3.74

週間ブルペン防御率  18回1/3  自責点9  4.42

週間投手陣防御率    52回     自責点23 3.98

感想

 ついに菅野の開幕連勝記録が途絶えた。

ここ数試合は明らかに調子落ちの傾向だったので致し方ない。

神がかり的な部分もあって負けない神話が出来つつあったが、これで当たり前なのだ。

我々は比較的最近に田中マー君の奇跡の無敗連勝記録を見ており、これがあまりにも衝撃的だったために、ひとつ負けただけでひどく落胆してしまうが13勝1敗というのも物凄い成績だ。

優勝を争うチームでこれだけの成績を残した価値は、ひとつやふたつ負けただけでは揺るがない。

昨年は山口俊の大活躍でペナントを制したが、菅野の調子は今一つだった。

今年こうして、生え抜きのエースが正にエースの働きで優勝に導いてくれたのは、ひときわ嬉しいと正直に思う。

マジックも一桁になっているので、今の菅野には日本シリーズに向けて調子を上げていくことが求められる。

その為にも今までのように火曜日の男にこだわる必要もなく、今後は調整を兼ねての登板ということになるのだろう。

本来なら20日のスワローズ戦は菅野だが、一つ負けたので、少し間を開ける可能性が出てきた。

沢村賞はドラゴンズの大野で仕方がないと思うが、ペナントのMVPは120%菅野で決まりだ。

先週はカープに対して実に6年ぶりのシーズン勝ち越しを決めた。

5年も負け越し続けていたというのも驚きだが、僅か1年でこれだけカープの成績が下降したのにはもっと驚かされた。

原因は複合的な物だろうが、糸が切れるということは本当に恐ろしい。

先週は高橋優貴が久々の先発で結果を残した。

今村も粘りの投球を見せてくれた。

それに対してサンチェスが背信の投球。

日本シリーズの先発について、私は5枚用意する必要があると思っている。

菅野を1戦と6戦に投げさせるためだ。

その為には1~5戦で5人先発を使う。

6、7戦は1、2戦の先発投手が中6日で出られる。

5枚の内、菅野、戸郷、サンチェスと、確定級は右ばかり。

畠も右だし、出来れば左2枚欲しい。

候補は田口、高橋、今村、怪我の具合が不明だがメルセデスまで考えたい。

今日の畠の出来次第では、左1枚ということもあり得るっちゃあり得たが、う~ん、今日の畠の評価は難しいなあ。

桜井は今日のピッチングで残念だがシリーズ登板はなくなった・・・と思う。

今週はスワローズとタイガースとの6連戦。

残るは19試合。

マジックナンバーは7!

東京ドームでの胴上げ成るか!

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com

 


中央競馬 空前の記録は果たして達成されるのか  牡馬牝馬同時無敗3冠

秋競馬は始まったばかり。

以前私はブログ(スポナビ時代含む)であれやこれやと毎週予想を投稿していた。

しかし以前ほど馬券を買わなくなったこともあり、現在は競馬に関しては時折雑感的なことのみ投稿している。

もちろん競馬への興味は全く薄れていないので、他のブロガーさんの競馬に関する投稿は楽しく読ませてもらってるし、時々買う馬券の参考にもさせてもらっている。

そんな折(どんな折・笑)今週と来週で空前の記録が生まれる可能性が出ている。

デアリングタクトの牝馬3冠にコントレイルのクラシック3冠の同時達成だ。

しかも、両馬が勝てばこれが牡馬牝馬無敗3冠同時達成となる。

ここまで、デアリングタクトが4戦4勝、コントレイルが6戦6勝。

クラシック3冠は過去7頭で無敗はシンボリルドルフディープインパクトの2頭。

牝馬3冠は5頭いるが無敗3冠はいない。

あのアーモンドアイでさえ新馬で2着がある。

長い歴史の中で牡馬牝馬合わせて12頭しかいない3冠馬

牡馬牝馬同年同時3冠達成さえ過去に1度もない。

3冠でさえ困難極まりないのに、今年は牡馬牝馬同時無敗3冠に挑む訳だ。

果たしてそんな大記録が本当に生まれるのか?

昔、まだ若かりし頃、いわゆる高本方式にはまっていたことがある。

ご存知の方も多いと思うが、ケントク買いの王様のようなものだ(笑)

高本方式の法則数あれど(笑)その中のひとつに「2分の1の神話」というのがある。

当時高本公夫氏は、同じシチュエーションは連続して起こらないという仮説を基に馬券戦略を立てるべきと説き、中森明菜のヒット曲「½の神話」を法則のネーミングとして使用した。

これはけっこう馬券戦略の役に立ち、馬券絞り込みの重要な武器になった。

この法則に照らし合わせると、両馬のファンには誠に申し訳ないが、どちらかが敗れるってことになってしまう訳だ。

どちらかは達成し、どちらかは敗れる。

なのでもし私が高本方式崇拝時代(笑)に馬券を買うとしたら、コントレイルは3冠なると仮定して、敗れるのはデアリングタクトと考え、秋華賞はデアリングタクト2着付けで1着に穴馬を持ってきて馬単勝負ってことにしただろう。

(当時は馬単も3連系馬券もなかったが・・・)

今年はコロナ禍で長く無観客での開催が続いた異常な年だった。

もしかしたらこういった例外の年には例外的なことが起こるのかもしれない。

つまり牡馬牝馬同時無敗3冠馬達成!という結果も十分あり得るのかもしれない。

考えれば同時無敗2冠も過去になかったことだ。

2度あることは3度ある!

正直、その方が盛り上がって良いと思う。

しかし、馬券を離れていつも私が願うこと、それは全馬無事でゴール版まで帰ってきて欲しい。

それが一番である。

 

※ちなみに高本公夫氏は1994年に亡くなられており、今は息子の高本達也氏が父親の意思をついで馬券本を出しているが、私はもうケントク買いはしていない。

様々なこじつけを見つけてはワーワー騒いでいた、今となっては懐かしい思い出だ。

仕事以外全部趣味  相棒シーズン19 登場人物の老化が目立った

仕事以外全部趣味

「相棒シーズン19」を見た。

相変わらずの安定感。

ここまで長寿シリーズになるとクオリティの維持が大変だと思うが、そこはテレ朝のドル箱番組

力の入れようは相当な物で、端々にそれが表れている。

反町隆史も6シーズン目に入り、寺脇康文の記録を更新する勢いだ。

冒頭から女性白バイ巡査が拳銃で撃たれる衝撃の展開で、いきなりグッと視聴者の心を掴むあたりは手慣れたものだ。

お馴染みの登場人物、巧みなストーリー(荒唐無稽に過ぎる回もあるが)、時折見せるコミカルなシチュエーション。

これだけ長く放映しているにもかかわらず、人気を保っているのは凄い事だ。

ところが今回気付いたことがある。

前シリーズから1年。

今までになく主要登場人物の老化が顕著なのだ。

水谷豊が・・・ん、なんだ?・・・タモリ的風貌に変化してきたように見える。

バンパイアの頃から出続けているので、少しずつ年を取り、見た目に当然変化してきたが、今回そのスピードが速まったように思うのだ。

片桐竜次・・・水谷豊より10歳年長。

ヤクザでも警察幹部でも迫力十分の強面だが、もしかして歯をさわられた?

義歯になると一気に老け込んでしまう。

活舌も悪くなるし、でもまあ78歳なのでやむを得ないか。

好きな役者さんだが、誰でも年を取る。

京都殺人案内での京都府警捜査一課長の遠藤太津朗さん!

銭形平次の三輪の親分と言った方がわかりやすいか(知らない人が多いか)

80歳くらいで一課長やってた(笑)

藤田まことも相当の年だった。

なので片桐刑事部長もまだ十分職に留まれる!

いつまで激務やらせるねん(笑)

反町隆史もいつの間にか46歳。

シーズン中には47歳になる。

鬼塚の時のやんちゃからは想像もできない落ち着きぶりだ。

じっくり顔を見ると急に老化が進むか踏みとどまれるかの境目という感じ。

水谷豊の信頼厚く、寺脇の記録を塗り替えると言われている反町。

あまり気を使いすぎると・・・。

いや、そんなことはないか。

伊丹役の川原和久・・・ちょっと痩せすぎでは。

痩せると自然老けて見えてしまう。

頬もこけて、体調が悪いのではと心配してしまう。

特命とのお約束のやり取りは無くてはならないので、これからも元気でいて欲しい。

今回僅か1年で風貌に衰えが見えたのは、コロナ禍で半年ほど外出がままならず、当然撮影も中止で俳優さんたちも家に籠ってしまったことで、知らぬ間に老け込んでしまったのではないだろうか。

女優さんが結婚、妊娠、子育てなどで長くブランクがあって復帰した場合、例外なく復帰後すぐは老け込んだ感じに見える。

ところが出演を重ねるうちにどんどん若くなっていくことは皆さんも感じたことがあるだろう。

それと同じで、相棒メンバーも演ずるうちに若さを取り戻していくのかもしれない。

やはり人間何かしら活動しなければ一気に老け込んでしまうのだ。

今回の相棒第1話を見てそう思った。

 

番組の最後に芦名星さん追悼のテロップが相棒に登場したシーンと共に流れた。

これがとても良く出来ていて、残念な気持ちがさらに増した。

合掌。