影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

F1 ルノーの2021年継続参戦の発表はあったが、まだ来年の開催に対して安心はできない

F1界はセバスチャン・ベッテルフェラーリ離脱による2021年のシート争いが誠に賑やかしい。

その後の動きとしてベッテルの去就に関わらず、メルセデスバルテリ・ボッタスの放出を決定済みという報道も流れた。

ボッタスがルノーのシートに結局納まるのか?

レッドブルという声まであがっている。

まだ今シーズンは始まっていないのに・・・だ。

1戦も走ってない中でこの状況は異様に見えてしまう。

だがシートの座よりも・・・本当に来季F1は無事に存続出来ているのだろうか。

影無茶さんニュースを読んでるかい?って声が聞こえてきそうではあるが。

 

確かにFIAは予算上限を段階的に引き下げて各チームの負担を軽くすることを決定。

シャシーとエンジンの開発制限も同時に組み込まれ、コスト削減が行われる。

それにより来季の脱退が噂されていたルノーが正式に継続参戦を発表。

メルセデスもF1チームの売却を否定。

我らがレッドブル、アルファタウリも現時点では前向きだ。

しかし・・・だ。

ウィリアムズは主要スポンサー撤退で今季車体カラーリングの変更を余儀なくされる。

来季については売却も検討されている・・・らしい。

マクラーレンも大幅な減収。

レーシングポイントは会長のローレンス・ストロールの莫大な個人資産に頼るところが大で、大株主となっているアストンマーチンに来季からチーム名が変わるが、そのアストンマーチンも財政的にはピンチな状態。

自動車メーカーはどこもかしこも大変な状況なのだ。

ホンダ然り、メルセデスさえも、当然ルノーもだ。

日本では幸い第1波を最小限の影響でくい止めたが、世界はコロナ禍の真っ只中。

ワクチンはまだ開発されておらず、この冬に向けて日本でも第2波が予想されている。

世界中で経済が停滞し、このままでは失業者が空前の数になり、今はまだ個人商店や中小企業に留まる影響がいずれ大企業に移っていく。

こんな時期に車を買おうという人はいないだろう。

車が売れないイコール自動車メーカーはモータースポーツどころではなくなる。

最初に撤退を検討されるのはレース部門だろう。

今回FIAが決定したコスト削減対策は、長い目で見れば3強とミッドフィールド勢に立ちはだかる大きな壁を取っ払ってレースの面白さが増す可能性を秘めている。

しかし、その前にコロナ禍が及ぼす世界的な不況がどこまで広がっていくのか。

自動車メーカーはモータースポーツに参戦する余裕などない状況に陥るだろう。

来季の開催については、まだまだ予断を許さないというのが現状だと思うのだ。

 

kagemucya.hatenablog.com

 

JRA思い出の競走馬 昭和49年デビューの同期  ロングホーク ロングファスト

以前、私的競走馬名のベスト5を投稿させていただいた。

1位に輝いた(?)のはロングワンという名前の馬。

最近はロングの冠馬を見ることは無いが、その昔ロング勢は結構な勢力を誇っていた。

ロングエースはダービー馬に輝いたし、ロンググレイスは女王杯を制した。

ロングヒエンやロングハヤブサロングシンホニーなど印象に残る馬も多い。

今日振り返るのは同期のロング冠馬2騎。

ロングホークとロングファストだ。

3歳クラシック戦線はもちろん、古馬になっても走り続けたこの2頭。

青色の胴、桃色の袖に紫2本の輪。

美しい勝負服の2頭が先頭集団でゴール版を目指す姿は印象的だった。

この2頭の成績は

〇ロングホーク  32戦13・7・6・6 

皐月賞2着、ダービー6着、菊花賞5着、天皇賞春2着、秋3着、宝塚記念2着。

スプリングS、朝日チャレンジC、阪神大賞典日経新春杯大阪杯の5重賞優勝。

ロングファスト 34戦8・4・3・19 

皐月賞4着、ダービー2着、菊花賞2着、重賞はスワンSのみだが1年の休養を挟んで7歳時に2勝を上積みして引退している。

どちらも長きにわたり活躍。

デビューは共に1974年6月30日、札幌での2歳新馬戦。

共に初戦を勝ちあがり、クラシック戦線から翌年宝塚記念までの、今でいうGⅠ戦線では同じ勝負服がコース上でよく映えた。

こうして改めて両馬の成績を見ると、どちらか1頭でもクラシックの栄冠を掴んで欲しかったとの思いが沸き起こる。

同世代に稀代の怪物カブラヤオーさえいなければ・・・。

 カブラヤオーのことは以前スポーツナビ時代に投稿したがとんでもなく強かった。

 

さて、ロングホークとロングファスト

ダービー馬ロングエースの父ハードリドンと母エスタブリッシュメントの間で生まれた子がロングホーク。

そしてロングエースの母ウィンジェストに父フォルティノをかけあわせたのがロングファストだ。

ウィンジェストはロングワンの母でもありロングエースの母でもある。

ロング一族ゆかりの血統だ。

そんな両ロング。

上記の成績を見てもお分かりいただけると思うがGⅠ惜敗の連続。

特にロングホークは古馬になっても惜しいところで栄冠を逃している。

ちょっと勝ち味に遅いタイプだったのが惜しまれる。

しかしそんなロングホークが輝いた時期があった。

きっかけは3歳暮れに参戦した阪神大賞典(当時は年末に行われていた)

この時の大逃げは凄まじかった。

それまで私はパッシングゴールが府中3200を逃げて逃げて逃げまくり、最後ヤマニンウエーブに差された天皇賞秋(当時は秋も3200)が大逃げレースとして印象深かったが、なんのなんの、ロングホークの阪神大賞典は度肝を抜かされる超大逃げ。

当時高校生だったが、見て興奮したのを今でも思い出すことが出来る。

印象的には2番手以下が向う正面を走っているのにホークはもう1週目の4コーナーを回って直線に向いていた・・・。

そんな感じなのだ。

だが残念なことに映像が残っていない。

もう一度見て確かめたいが・・・。

後になってプリティキャストが逃げ切った天皇賞秋も強烈だったが(その映像は今も見ることが出来る)、ホークはもっと2番手に差をつけて逃げていたはずだ。

その阪神大賞典を含めて6連勝で迎えたのが天皇賞春。

競争生活の中で最もチャンスだったが、そうは問屋がなんとやら。

優勝したのはあの有名な、きまぐれジョージことエリモジョージ

福永祐一ジョッキーの父で天才ジョッキーと言われた福永洋一氏が騎乗していた。

とにかくムラ駆け(笑)

44戦で10勝しているが2着は僅かに1回(しかも新馬戦)

平気で掲示板を外すこと多数。

そのエリモジョージが3200を逃げ切った時の2着がロングホークだった。

こういった競走馬を運がないとよく言われるが、ロングホークは最後まで競争生活を満喫していたのではないだろうか。

少なくとも私はそう思いたい。

数ある競走馬の中で私個人的には、上位に位置する印象深い馬だ。

 

ロングファストはホーク以上に、クラシックホースに近づいた馬だ。

驚いたのは血統的に難しいと思われた菊花賞で2着にきたこと。

ダービーにしてもやや長かったように思う。

カブラヤオーの逃げでペースを狂わす馬も多かったとは思うが、よく頑張った。

ロングファストは先述したように1年のブランクはあった物の7歳になって2勝。

引退後種牡馬になってある程度の成功をおさめている。

この両ロングが競馬場を走る姿を振り返る時、

同じ勝負服の馬同士がお互いに激励しあいながらレースに臨んでいる・・・

当時そういう印象を持ちながらレースを見ていたことを思い出すのだ。

 

※データ上の補完は「優駿達の軌跡ー競馬データベース」を参照致しました。 

※馬齢は現在の表記で示しています。

 

kagemucya.hatenablog.com

  

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

プロ野球6月19日セ・パ同時開幕決定!

緊急事態宣言が全国レベルで解禁となった25日。

プロ野球が6月19日開幕と正式に決定した。

当面は無観客で行われるようだが、国内プロスポーツで最初に復活が決まったということで、他競技にも模範となるような運営が求められることになる。

試合数は120試合で日本シリーズは11月21日からの予定。

23試合少なくなるとは言え、相当な過密スケジュールだ。

カレンダーを見ると開幕から11月15日までおよそ21週間。

6勤1休で絶え間なく試合を行うとして126試合可能。

雨の予備日が必要なので、ほとんどぶっ通しで試合を行わなければならない。

オールスターの中止は決まっているが、CSも難しいだろう。

先発投手は6人必要だが、そこまで揃っている球団はない。

ブルペン陣も総動員となるのは必至で、選手登録人数枠を今季は増員するだろう。

最大の問題はキャンプを終えてからコロナによる自粛期間が長く、選手はこの間練習もままならなかった訳で、身体づくりから始めなければならないこと。

正直いって今季は持てる力を出し切れない選手が多く出てくるのではないか。

記録的には低調に終わる可能性がある。

これで何の問題もなくほとんどの選手が力を発揮出来るなら、極端に言えばキャンプは見た目ほど意味は持たないってことになるのかもしれない。

心配はやはり怪我だ。

練習不足により通常考えにくいアクシデントの発生も考えられる。

開幕当初は選手たちも恐る恐るって部分は正直あるだろう。

チームとしてもコンディショニングについて例年以上に気を配らなければならない。

感染予防対策を施しながら試合をこなしていくことの難しさもある。

Withコロナのプロスポーツの有り方としてひとつの指針となるプロ野球の開幕。

全ての人に希望を与えるようになってほしい。

先週の巨人がようやく書ける。

このまま少なくとも夏場はコロナウィルスも活動が弱まって、観客を入れた状態で試合が見られることを期待したい。

 

kagemucya.hatenablog.com

 

高野連「夏の甲子園」中止決定

夏の甲子園大会の中止が正式に決まった。

今、朝日新聞代表取締役社長と高野連の会長同席発表をネットで見ていたが、
リモートで行われていたこともあってか、肝心の報道陣の質問内容が全く聞こえない。

2社が中継していたがどちらも聞こえない。

これテレビでどこか中継しているんだろうか?

テレビでは聞こえているんだろうか?

まあ、もう良い。

見るのをやめてここまでの状況で思うところを書かせていただく。

 

中止に至る原因がいくつか述べられていた。

〇練習不足による選手の怪我が心配される。

〇大会運営に携わる多くのボランティアに、感染リスクがある中で携わってもらう 
 ことは出来ない。

〇休校が長期にわたり、夏休みを短縮しなければ学業が追い付かない状況下で、
 地方大会から長く野球に関わることは出来ない。

〇コロナによる多数の使用制限がある中で、予選試合会場の確保が出来ない。

〇試合ごとに医療関係者に待機してもらっているが、コロナ禍の状況で医療関係者に
 スタンバイしてもらうことは出来ない。

〇多くの移動と長期間の滞在において、感染予防の観点で考えるとリスクが高い。

等のことを話していたが、どれもこれも、ごもっともという感じではある。

何とかしてあげられないのかと思うところもあるが、これだけ正論を重ねてこられると
仕方がないと思う人は多いだろう。

よく、他の高校競技も中止になっているんだから高校野球も中止すべき・・・
という意見に対しては私は同調することが出来ない。

それでは冬の高校サッカーの選手権大会も早々に中止ということになるではないか。

しかし、今回発表された上記のひとつひとつの理由に、私は反論する材料を見つけることが出来なかった。

気の毒としか言いようがない。

こうなれば前回私も書かせていただいたが、地方大会だけでも開催出来ないかの思い。

これについて今日の発表では地方大会含めて中止と発表されていたので驚いた。

選手権大会は地方大会1回戦からトーナメントで代表校を決定し、全国大会を行うので49代表校が揃わない可能性がある状況では地方大会から中止せざるを得ない・・・というロジックだったと思う。

地方大会は各都道府県高野連なのでそれぞれが決めれば良いと思っていた。

これは、質問が聞こえない中での返答で地方大会はやっても良い的な返答を会長がしていたように思うので、あとで確認しようと思う。

いずれにしても現3年生は、春も夏も出場への扉がはじめから閉ざされていたということになり、かける言葉もない。

結局は選手個々が自分で解決して次のステージに向かうしかないのだが、大人たちはうわべだけの同情を見せるのではなく、選手が発する何らかのサインを見逃さずしっかり話を聞いてあげて欲しい。

取り急ぎ感想を投稿させていただいた。

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

フェラーリ ベッテルの後任にカルロス・サインツ リカルドはマクラーレンに移籍

先日セバスチャン・ベッテルフェラーリ離脱について投稿させていただいた。

ベッテルはどこに行くのか。

後任に誰がシートの座を射止めるのか。

上記2点が注目されたが、どうやら水面下で交渉が行われていたようで(当然か)カルロス・サインツマクラーレンからフェラーリに、ダニエル・リカルドルノーからサインツの抜けたマクラーレンへの移籍が続けて発表された。

アントニオ・ジョビナッツィでは物足りなかったということか。

注目のベッテルルノーマクラーレンのオファーを断わったとされる。(マクラーレンは元々ベッテルにはアプローチしていないとの報道もある)

結果、ベッテルの去就とリカルド移籍で空いたルノーのシートに誰が座るのかが課題として残った訳だ。

ルノーにはフェルナンド・アロンソが復帰するという話もある。

かつてルノーで成功したアロンソだがだ、来季も勝てる可能性がほとんどない今のルノーに本当に戻ってくるのか疑問だ。

同じ様な理由でベッテルルノーのシートに座る可能性もないだろう。

ベッテルメルセデスのシートを希望しているとされているが、実現すれば当然バルテリ・ボッタスとの交代となる。

そうなればハミルトンとベッテルの組合せは現王者とかつての王者。

チームとしてはナンバー2ドライバーの役割を最高の形で実現しているボッタスが居たからこそ、昨年までコンストラクターズでも3連覇していると言っても過言でなく、ベッテル獲得の必要性は感じられないが・・・。

 

これでフェラーリルクレールサインツという若きチームになった。

ルクレールがナンバー1ドライバーなのは明らかで、サインツはどこまで我を捨てることが出来るだろう。

個人的にはマクラーレンと契約を延長し腕を磨く方が良いと思ったが・・・。

契約は2年なのでフェラーリが望む結果にならない場合が心配だ。

リカルドだが、これまでの彼の言動を読んで、どうも好きになれないでいる。

ルノーに感謝しているようなコメントを発してるが、あくまで社交辞令。

レッドブルに残っていた方が良かったとは口が裂けても言えないだろう。

もちろん実力があるし、まだ老け込む年ではないけれど、ここに至るまでの筋が悪い気がしてならない。

それにしても、今季コロナ禍によりまだ1戦も開催されていないのに、早くも来季のシート変動が決まるというのは異常な状況だ。

今季再開後、ベッテルは、リカルドは、サインツは、ボッタスは果たしてどんな気持ちでレースに挑むんだろう。

特にルクレールベッテル

この2人、チームメイトという気持ちは既に無く、本気でバトルのは明らか。

これは大変だ。

それにしてもベッテル来年どうするねん。  

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com