影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

夏の甲子園100回記念大会 雑感⑤ 熱戦が続いたベスト8だが、気になる点もあって・・・

夏の甲子園100回記念大会も52校が姿を消してベスト4が決まりました。 一番面白いと言われる準々決勝。 それはおそらく、ベスト8を突破して準決勝に駒を進めることの難しさが試合展開に表れるからでしょう。 出場校の目標はそれぞれ異なると思いますが…

ボクシング村田諒太 これ以上リング外の騒動に巻込まれてはいけない

村田諒太選手の周りが最近騒がしいです。 元々注目を浴びる運命にある選手ですが、試合以外で注目を浴びてしまう現状。 「そろそろ潔く辞めましょう。古き悪しき時代の人たち」の発言以降表沙汰になった、日本ボクシング連盟山根会長との確執。 山根会長の反…

仕事以外全部趣味 公共トイレでウォシュレット使って便座をふかないまま個室を出る人

今日は「仕事以外全部趣味」ですが、趣味というのもちょっと変・・・。 ですが、それはお許しいただき・・・おつきあいいただければ幸いです。 昔「気くばりのすすめ」という本が出版されました。 気くばり➝相手を思いやって気をつけること。 この本が出版さ…

夏の甲子園100回記念大会 雑感④ タイブレークがとんでもないドラマを生んだ

夏の甲子園も勝ち抜き組が出てくる日程に突入しました。 56校全校の地域別結果は、 北海道東北 2勝6敗 関東 8勝4敗 中部北信越 3勝2敗 東海 3勝2敗 近畿 5勝3敗 中国 2勝3敗 四国 2勝2敗 九州 3勝6敗 最近になく地域別にまんべんなく勝利…

パンパシ水泳 池江璃花子をはじめ、日本勢のメンタルコントロールはディスイズちょうどいい~

パンパシフィック水泳、通称パンパシが行われました。 ここには日本以外にアメリカ、オーストラリア、カナダなど20近くの国と地域から選手が出場しています。 リオ五輪競泳のメダル獲得数で言うと、総メダル数104個の内63個をパンパシ参加国が獲得し…

夏の甲子園100回記念大会 雑感③ 打高投低は見るには面白いが投手に負担がかかりすぎる

甲子園も今日が6日目、前評判の高い高校が勝ち抜くケースが多いですが、そうでなかった結果もあり、例年通り悲喜こもごもです。 ここまでの結果を見ると、地域性の偏りがなく各地区ほぼ均等に勝ち上がってますね。 5日目で全ての地域の学校が登場しました…

トロロッソ・ホンダを応援し続ける記事 ダニエル・リカルドのレッドブル離脱で来季ドライバーラインアップが混沌

レッドブル残留が確実と言われていたダニエル・リカルドが電撃のルノー移籍。 その波紋は大きく、来季数チームのドライバーラインアップが混沌としてきました。 まずはリカルド離脱の考えられる原因。 ①ルノーが提示した好条件。 ②レッドブルではマックス・…

夏の甲子園100回記念大会 雑感② いよいよ開幕 組合せを見ての感想

5日から第100回記念大会が始まる甲子園。 先日組合せ抽選会が行われベスト8までの山が決まりました。 baseball.yahoo.co.jp 10年ごとの記念大会で出場校は56(史上最多)。 1回戦から出場が48校。 2回戦から出場が8校。 決勝戦まで1試合少な…

仕事以外全部趣味 約40年ぶりの八神純子コンサートに行ってきました

先日八神純子さんのコンサートを見に行きました。 若いころ結構ファンでコンサートも何回か行きました。 可愛くて、音楽性も高く、声が良く伸びて、好みのサウンド。 ちょうど、ザ・ベストテン全盛期で、かなり出演していたのでファンも多いでしょう。 途中…

夏の甲子園100回記念大会雑感① 56代表校決定 

私が高校野球を真剣に見だしたのが50年前の50回記念大会。 優勝は大阪の興国高校で、確か初出場初優勝だったはずです。 沖縄の興南高校が旋風を起こしベスト4に進出しましたが優勝した興国に敗れました。 あの市川崑監督が「青春」というタイトルで記録…

トロロッソ・ホンダを応援し続ける記事 ハンガリーGP ガスリーとハートレーの明暗

ハンガリーグランプリが終わりました。 ガスリーがバーレーンの4位につぐ6位フィニッシュという好成績。 ミッドフィールド勢で唯一周回遅れにならず、ガスリーはBクラスでの優勝と位置づけ喜びを爆発させました。 天候のアヤもありましたが、予選からトロ…

トロロッソ・ホンダを応援し続ける記事 ドイツGPハートレー1ポイント獲得も、波乱含みの状況は変わらず

ドイツグランプリが終わりました。 休む間もなくハンガリーGPが始まりますが、トロロッソ・ホンダにとってフラストレーションが溜まる戦いが続きます。 ハートレーがアゼルバイジャン以来久々に1ポイント獲得しましたが、ガスリーは不完全燃焼の14位。 …

1年に1度のお楽しみ 京セラドーム ジャイアンツ戦観戦!

今年も見てきました! 関西で年に一度、心おきなくジャイアンツファンであることをひけらかして、オレンジのユニフォームを身にまとい、点が入ればオレンジタオルを振り回し、ラッキーセブンには闘魂込めてに感情を爆発させる。 甲子園でのタイガース戦では…

仕事以外全部趣味 ダンス!ダンス!ダンス!ざんすパート4

およそ1カ月に1回投稿させていただく影無茶セレクトのダンス映像。 早いもので前回から1カ月経ちました。 パート4をお届けします。 まずはロッテフィッツのCM。 もう10年近く経つんですね。 日が経つのは本当に早い。 ロッテ LOTTE Fit's フィッツ …

大相撲 御嶽海初優勝も千秋楽豊山の勝利への執念に敗れ13勝2敗

5日目を終えた時点で1本投稿しました。 それがこれ。 kagemucya.hatenablog.com この段階で全勝は新大関栃ノ心と御嶽海の二人だけ。 既に2横綱は休場で、次の日に何と鶴竜も休場。 さらに栃ノ心までも6日目、玉鷲に全勝をストップされたでけでなく、怪我…

ボクシング井岡一翔 現役復帰! 今度こそ!

井岡一翔現役復帰! 突然のニュースに驚きました。 引退発表も唐突な印象でしたが、今回も突然の発表。 スポーツ選手はそんな簡単に競技生活から身を引くことなど出来るはずがないと思ってはいました。 やっぱりって印象を持つ人も多いでしょう。 いろんな声…

「仕事以外全部趣味」 万引き家族 感想 捨てたんじゃない・・捨てられたのを拾ってきただけ

パルムドール受賞「万引き家族」を見てきました。 表題に掲げた「捨てたんじゃない。捨てられたのを拾ってきただけ」というのは安藤サクラの映画内での台詞なんですけど、これがこの映画の本質を表していると思います。 見終わってすごく後に残る映画でした…

Wカップ雑感⑪ 新時代のワールドカップ

1カ月に及んだWカップが終わりました。 少なくとも私にとっては過去最高に面白い大会でした。 次のカタールでは暑さのため絶対に内容の乏しい大会になると以前書きましたが・・・何と冬場の開催に踏み切る模様。 それはそれで驚きで、欧州、日本のリーグ戦…

トロロッソ・ホンダを応援し続ける記事 エンジンメーカーとして確実にフェラーリ、メルセデスの次の位置を確保しなければならない

3週連続開催のヨーロッパシリーズ。 トロロッソ・ホンダは1ポイントも獲得出来ませんでした。 ガスリーがイギリスでペナルティのため1ポイント失ってはいますが、期待以下の成績と言って差し支えありません。 様々な声が記事として掲載され、活字だけでは…

大相撲 序盤戦を終えて 横綱白鵬まさかの休場

横綱白鵬が支度部屋で足を滑らせて骨折。 2週間の安静を要するとの診断で休場。 ニュースで理由を知った時、昔、ジャイアント馬場の半生を描いた漫画「ジャイアント台風」で、馬場が風呂場で足を滑らせ転倒し、その時の怪我が元で野球を断念した場面を思い出…

Wカップ雑感⑩ ベスト4出揃う 昔の名前で出ていたセレソン

Wカップはベスト4が出揃いました。 ついにここまで来たかという思いと、あと4試合で終わってしまうのかという思い。 日本代表も姿を消して、少々祭りの後の寂しさを感じています。 とは言うものの準決勝2試合はいずれ劣らぬ好カード。 見逃すわけにはい…

横綱稀勢の里関を応援する記事 名古屋休場これでいいのだ

私の気持ちは題名の通りです。 横綱新記録の8場所連続休場。 以前(スポナビ時代)書きましたが、横綱に陥落がないのは、横綱たるもの万全な状態で出場し盤石な強さを見せるためで、中途半端な状態では出場せず問題があれば時間をかけても治す時間を与えら…

西野監督退任は将来のためには正解だが、田島会長まだ居座るの?

サッカー日本代表チームが帰国しました。 ショックを引きずっている選手、代表を去る決意をした選手、新たに4年後の成長を誓う選手。 それぞれの思いを持ちながらも、W杯の喧騒から一時的に解放されるひと時。 ほんの少しの時間しかありませんが、思いっき…

トロロッソ・ホンダを応援し続ける記事 ほんの少しのきっかけで変わる

F1グランプリ第9戦オーストリア。 トロロッソ・ホンダはピエール・ガスリー11位、ブレンドン・ハートレー56周リタイアでノーポイントに終わりました。 9戦終わってトロロッソ・ホンダはガスリー18ポイント、ハートレー1ポイントの計19ポイント…

Wカップ雑感⑨ 日本代表の挑戦ついに力尽く。 サッカーファンを呼び戻す健闘は称えられるべき

悔しい。 ただただ悔しい。 残念。 ただただ残念。 世間の評価を良い意味で裏切り続けた今大会の日本代表。 ついに力尽きました。 確かに2点リードして逆転されてしまうのは、サッカーにおいては問題があるかもしれません。 しかし私は、とても日本代表チー…

祝!現役復帰を表明した高橋大輔氏の心を推察する。

アッと驚くニュースが飛び込んできました。 氷上のアーティスト高橋大輔氏が現役復帰を発表。 トリノ、バンクーバー、ソチと3度オリンピック出場。 バンクーバーでは日本人初の表彰台。 続く世界選手権では初の金メダル。 世界一と言われた表現力。 輝かし…

Wカップ雑感⑧ スター誕生!フランス代表エムバペが凄すぎる

Wカップもいよいよ決勝トーナメントが始まりました。 ここまで見てきて間違いなく今までで一番面白い大会です。 グループステージだけでも十分堪能出来たのに、決勝トーナメントでどれだけ凄いドラマが見られるのか期待でワクワクしていたところに、初戦い…

Wカップ雑感⑦ 祝!決勝トーナメント進出 日本代表史上、最大のマリーシアは成長の証 

日本代表が大方の予想に反して決勝トーナメント進出を決めました。 選手達が西野監督の元団結し、素晴らしい戦いをしてきたことが報われて本当に良かったと思います。 選手6人入れ替えという思い切った采配。 コロンビア対セネガルの動向を見て、長谷部投入…

Wカップ雑感⑥ ドイツ代表、大会を去る

ゲルマン魂のかけらも見えませんでした。 多くの人が知るドイツは、忘れもしない1982年スペイン大会準決勝対フランス戦で見せた奇跡の逆転劇に代表される、最後まであきらめないスピリットを持つ戦士の集まりです。 ところが、今大会は最初からおかしか…

仕事以外全部趣味 映画「空飛ぶタイヤ」感想 

先日、表題の「空飛ぶタイヤ」を見てきました。 完璧に小説を読み切って、その印象がまだまだ強い段階での鑑賞。 どこに出しても恥ずかしくない、読んでから見る、パターンです。 池井戸氏の小説はテレビで多く映像化されていますが、どれもが一定以上の評価…