影無茶のスポーツ24/7

ルール知らなくても面白く読んでいただけることを目指します

東京オリンピック 感じたことをそのままに⑤   競泳女子400個人メドレー大橋悠依選手金メダル 

東京オリンピックも5日目ともなると様々な競技が始まり、テレビ中継もされる。 いったいどれを見れば良いのだ!って、私の表情はムンクの叫び状態だ。 そんな中これは外せないというのが競泳女子400個人メドレー。 大橋悠依選手。 どちらかというと年齢…

東京オリンピック 感じたことをそのままに④ オリンピックの魔物が内村航平、瀬戸大也を襲う 

本格的に競技が開始された2020東京オリンピック。 33種目339競技が17日間で行われる訳だから大変だ。 オリンピックなればこそ見ることが出来る競技も数多い。 これが世界選手権と大きく異なるところでスポーツ好きにはたまらない。 毎日多くの競…

東京オリンピック 感じたことをそのままに③ 東京に帰ってきた聖火 開会式

東京オリンピックが開幕した。 既に競技は始まっているが、開会式があって初めて開幕と言える。 今回開会式担当チームが大幅に入れ替わったり、最後バタバタと辞任したりで、今日(もう昨日)見たのは最終的に誰が演出した物なのか、さっぱりわからないのだ…

東京オリンピック 感じたことをそのままに② 侍ジャパン久保の閃光シュートで勝ち点3

今日はいよいよ開会式。 8年前、当時のIOCロゲ会長が「トーキョ」と開催決定国を読み上げたのがついこの前のように思える。 リオ五輪閉会式でのセレモニー「Rio to Tokyo」は素晴らしい出来栄えだった。 どれだけ期待を持って東京2020を待ちわびたこ…

東京オリンピック 感じたことをそのままに① なでしこジャパン、女子ソフトボール

ついに東京オリンピックが始まってしまった。 始まってしまった。 あえてそう書かせてもらう。 ここまでトラブル続きのオリンピックは空前、もしかしたら絶後かもしれない。 これほど自国国民に歓迎されないオリンピックも空前絶後だろう。 個人的には中止す…

プロ野球 先週の巨人 7月13~14日 前半戦終了 85試合43勝32敗10分け 

例年通りならあり得ないシーズン途中の長期休み。 先週は前半戦最後となるヤクルト戦2試合のみ。 月曜日に阪神が劇的すぎる逆転サヨナラを演じ巨人もヤクルト戦は連勝、最低でも1勝1敗を望んだが結果はなんと連敗。 内容はと言えば、2試合で25失点の投壊…

大相撲名古屋場所 白鵬の全勝優勝は賞賛に値するが照ノ富士除く他力士には大喝!だ

大相撲秋場所が終わった。 白鵬と照ノ富士の対戦が9年ぶり6回目の全勝対決となった千秋楽。 結果は横綱白鵬が45回目の優勝。 成績は15戦全勝! 皆さんは今場所の結果をどう捉える。 白鵬の全勝優勝を想像できた人はどれくらい居るだろう。 私は全く予…

羽生善治9段 次戦敗れれば通算勝率7割を割り込む事態に

藤井聡太聡太2冠の話題尽きぬ将棋界だが、羽生善治9段の強さに陰りが見えてきたと思う人は多いのではないだろうか。 最初に断わっておくが、私は羽生9段を心から応援しているし、何とか通算100期のタイトル保持を達成して欲しいと願っている。 しかし…

プロ野球 先週の巨人 7月6日~11日 巨人・阪神直接対決は巨人の2勝1敗で1.5差変わらず

首位に手が届く位置まで接近した巨人だが、ここからが大変。 先週は直接対決があり一気に首位浮上の可能性も有った訳だが・・・。 先週の結果 スコア 7月6日 対中日 2対3 ● 7月7日 対中日 3対1 〇 7月8日 対中日 0対1 ● 7月9日 対阪神 1対4 …

プロ野球 先週の巨人 6月29日~7月4日 信じがたい巨人の追い上げと阪神のブレーキ

交流戦明けの巨人と阪神の成績は以下の通り。 阪神 5勝9敗1分 巨人 10勝3敗 昨日の日曜日、もし巨人が勝っていたら勝率の差で首位に躍り出ていた。 交流戦終了時点で、7月4日に巨人が首位に立つ可能性があった展開なんて誰が予想出来ただろうか。 阪…

プロ野球 先週の巨人 6月22日~27日 巨人投打の歯車がっちりの7連勝で首位に2.5差

交流戦明け初戦の阪神戦に敗れ、ゲーム差が8になった時は正直終戦と思っていた。 ところが気が付けばあれよあれよと7連勝。 阪神がもたもたしているので、あっという間に2.5差に縮まった。 よく言われるのが3ゲーム差を縮めるのは1カ月かかるという格…

プロ野球 選手の巨人 6月15日~20日 阪神直接対決2勝1敗ではだめなんだ。

交流戦明け最初の相手は首位阪神。 ゲーム差は7。 巨人は阪神との対戦を16試合残している。 自力で逆転するには阪神に12勝が必要。 今の阪神の勢いを考えると至難の業だ。 そういった状況で迎えた3連戦。 3連勝しかないでしょう。 先週の結果 スコア …

ボクシング 井上尚弥 指名挑戦者ダスマリナスを一蹴 次はドネアVSカシメロ勝者と統一戦!

ボクシングWBA・IBFバンタム級タイトルマッチ。 4団体統一を目指すモンスター井上尚弥。 統一選ではないが今回は避けて通れない試合。 IBF1位マイケル・ダスマリナスとの指名試合だ。 トップコンテンダーとの指名試合がなければチャンピオンは自…

2020東京オリンピックの正しい見方

どうやらオリンピックは開催されそうだ。 個人的にはギャンブル要素が満載なので(もちろんコロナ)反対の立場を取っている。 しかし多くの国民の声を全く聞かない政府とIOCが突っ走ってしまい、気が付けば開会式まで1カ月と少し(都知事は何をしている…

ホンダ勢を応援し続ける記事 ホンダ最終年 ポイントランキングダブルでトップに立つ

今シーズン限りでF1を撤退するホンダ。 私はこの決定に不満で、今回の復帰は何だったのかと思っている。 応援し続ける記事も(忙しいこともあるが)書く意欲が薄れているのが実情だ。 とは言う物の、話題は尽きない。 今年久しく不在だった日本人ドライバ…

プロ野球 先週の巨人 6月8日~13日 気が付いたら7ゲーム差

後がない巨人にとって交流戦で上位に食い込むことは最低条件だった。 しかし結果は7勝8敗3分と勝ち越すことも出来なかった。 首位阪神は11勝7敗のセリーグ最上位。 ほぼ巨人の優勝の目はなくなったというのが正直な感想だ。 一縷の望みはオリンピック…

プロ野球 先週の巨人 6月1日~6日 勝てた試合を勝ちきれず阪神との差が縮まらない

交流戦は第2週。 以前と異なり各球団3連戦1回だけの対戦なので今週は早くも最終週だ。 前回書いた例年と異なる傾向は先週も続き、現時点で1位が同率で中日にDeNAと失礼ながら全く予想外の順位。 我が巨人はどうかと言えば2勝2敗2分。 中身を見れ…

プロ野球 先週の巨人 5月25日~30日 交流戦 対ソフトバンク戦の連敗止まる

2年ぶりに開催される交流戦。 まだ2カードしか行われていないが、ちょっとした異変が起きている。 毎回セを圧倒するパリーグだが現在首位は中日。 ロッテ、オリックスを除くパの4球団が8~11位と下位に並んでいる。 各球団12試合残っているので、最…

ボクシングバンタム級 ノニト・ドネアWBC王座奪取で統一戦線混沌 井上尚弥との再戦は実現するのか

WBSS決勝でボクシング史に残る死闘を演じた井上尚弥とノニト・ドネア。 井上はドネアに勝利し、バンタム統一に大きく前進したがコロナパンデミックが発生。 それにより当初の計画が大きく狂ったバンタム級戦線。 昨日まで各団体のチャンピオンは以下の面…

大相撲 照ノ富士横綱に王手 朝乃山は捲土重来を期して欲しい

大相撲夏場所が終わってもう1週間になる。 最近投稿したい項目はけっこうあるのに、時間が取れないジレンマ。 時間はいくらでもつくれるんだろうが、配分が下手なんだろうな。 この拙ブログがスポーツの種類を広げ過ぎてるのと同様、仕事以外全部趣味の私は…

山中慎介の歴史を汚した男ルイス・ネリ ついにプロ初黒星

日本時間16日に行われたボクシングスーパーバンタム級世界統一戦。 WBC王者ルイス・ネリとWBAレギュラー王者ブランドン・フィゲロアとの戦い。 あのネリがついにリングマットに沈んだ。 やっとYouTubeで試合を見ることが出来たので感想を書かせてい…

プロ野球 先週の巨人 5月18日~23日 交流戦前の1週間 離脱者続出

今週から始まる交流戦。 巨人はいきなり楽天、ソフトバンクとパリーグ2位、首位と6連戦。 良い流れで突入したかったが巨人の選手をアクシデントの連鎖が。 菅野が故障、坂本が故障、野上も田中豊も緊急降板、そして今また梶谷も。 首位阪神は広島のコロナ…

プロ野球 先週の巨人 5月11日~16日 阪神3連戦負け越しは痛い

菅野が居ない、坂本も居ない。 そういう状況下で戦った先週のジャイアンツ。 1試合雨で流れたが2勝2敗1分け。 負け越してはいないが1点差の敗戦が2試合。 こういう試合を落とすことが後に効いてくる。 ホームでの阪神との直接対決。 好調に走る阪神を…

プロ野球 先週の巨人 5月2日~9日      暗雲と希望と

最近先週の巨人しかアップできていないスポーツ24/7でございます(^^;) 大変な事になってしまった。 投打の主力である菅野、坂本の離脱だ。 特に肘の違和感で試合途中で降板となった菅野は心配だ。 今季2度目の抹消。 場所が場所だけに状態を早く知りた…

プロ野球 先週の巨人 4月27日~5月1日 先発投手陣の不安が露呈される

コロナ禍により2試合が中止となり4試合だけ行われた先週の巨人。 貧打に泣いた打線が上向き好調ヤクルトを撃破。 阪神追撃ムードが高まったと思ったら菅野でまさかの敗戦。 今村も打たれてしまい終わって見れば2勝2敗。 新外国人ストークは申し分ないデ…

日本カメラ最終号を購入しました

仕事以外全部趣味 先月、老舗カメラ雑誌「日本カメラ」が事実上の廃刊になることを書いた。 やや旧聞になるが購入した日本カメラについての感想を記したい。 この2021年5月号が如何に突然の休刊だったことは内容を見ればわかる。 最終号らしさが微塵も…

プロ野球 先週の巨人 4月20日~25日  ひとつのボーンヘッドが流れを変えてしまった

世の中には流れという物が存在する。 流れに身を任せておけば晴れる日が来ることもあるだろう。 (どこかで聞いたことがあるっって声が聞こえる) しかしせっかく良い流れになったのに判断のまずさで流れに乗り損ねた場合、大きな代償を払うことになってしま…

先週の巨人 4月13日~18日 5勝1分と好調も阪神がそれを上回る6勝0敗

先週は5勝1分け! それなのに阪神が6勝! 突っ走るねえ阪神タイガース。 共に投手力は折り紙付き。 加えて阪神は打線の活発化がすごい。 守備力がどうなのか検証する必要がないほどの強さ。 思い返せば第一次原巨人最初の年。 阪神が開幕から突っ走ったが巨…

日本カメラ休刊 ひとつの歴史が終わった

仕事以外全部趣味 一昨日何気にネットニュースを見ていたら衝撃のニュースが目に飛び込んできた。 カメラ雑誌「日本カメラ」が休刊、73年の歴史に幕。 見出しを見て呆然とした。 日本カメラもなくなってしまうのか・・・。 もう写真はスマホで十分。 プロ…

ゴルフ 松山英樹マスターズ制覇の快挙 千載一遇のチャンスを掴み益々の活躍が期待できる

ここではあまりゴルフの話題を書かない。 興味がないかと言えば決してそんなことはない。 限られた時間の中で書きたい優先順位が低かっただけだが、今回の松山英樹のマスターズ制覇を書かない訳にはいかない。 何しろ日本の男子選手がメジャーを制覇したのは…