影無茶のスポーツ24/7

ルール知らなくても面白く読んでいただけることを目指します

井上尚弥 WBAからムロジョン・アマダリエフ対戦指令で9月防衛戦が混沌

先月5月6日にルイス・ネリを戦慄ノックアウトで下したモンスター井上尚弥。 試合後、観戦に来ていたIBF、WBO1位サム・グッドマンをリング状に上げ、高らかに次戦グローブを交えることを宣言。 グッドマンもこれを受け、9月の戦いは決定的と思われ…

バレーボール 祝・女子代表パリ五輪出場決定! セルビア戦を勝利で祝う

バレーボールネーションズリーグ女子予選第3週。 先日勝てばオリンピック出場が決まるカナダ戦で痛恨の逆転負け。 今日のセルビア戦に勝っても最終決定にはならないと聞かされていたが、試合のない昨日、他国の試合結果により五輪出場が決まるというハプニ…

サッカーW杯2次予選 森保ジャパン完璧な戦いで首位通過

サムライブルーサッカー日本代表が2次予選を勝ち抜いた。 アウェイの北朝鮮戦が没収試合となり3対0の勝利扱いになったが、それを抜きにしても圧倒的な強さだった。 アジアカップでベスト8に終わったことによる停滞を吹き飛ばす内容だったと思う。 ご存知…

先週の巨人(6月4日~9日) オリックスに3連敗   だから打撃はあてにならない

交流戦も2週目。 以前と違い各球団3試合ずつの合計18試合しか行われなくなった。 しかし、交流戦をきっかけに勢力図が一変することもあるのが交流戦の面白いところであり怖いところでもある。 先週首位に立った巨人がどんな戦いを見せるか楽しみな先週だ…

JRA思い出のレース 1984年安田記念 競馬大改革の波に乗って輝いたハッピープログレス 

競馬を見だして、かれこれ50年以上。 ブログで幾度か書いているが競馬を知るきっかけはタニノムーティエだ。 もちろん馬券を買える年齢ではなかったが、日曜日のテレビ中継を欠かさず見ていた。 馬券を買いだしたのは社会人になってからで最初は名前で買う…

ネーションズリーグ 今再びバレーボールが熱い! 女子パリ五輪出場権獲得条件は

過去、私の拙ブログでバレーボールを取り上げることはほとんどなかった。 しかしパリ五輪が近づく今、久々の盛り上がりを見せており書かずにおれなくなった。 男子は既に五輪出場権を獲得しており人気も実力も増すばかり。 女子も現在行われているネーション…

プロ野球 先週の巨人(5月28日~6月2日) 交流戦始まる 好スタートで首位に立つ

今年も交流戦が始まった。 大混戦のセリーグ。 今年は交流戦の成績が例年以上に重みをもつ。 巨人の相手は首位を好調に走るソフトバンクと今季不振とは言え過去幾度も日本シリーズで激闘を繰り広げた西武。 この2チームを相手の6連戦。 投手陣の頑張りによ…

映画鑑賞記録 「ザ・クーリエ」 酷い脚本だがオルガ・キュリレンコなので許す

仕事以外全部趣味 サブスクで鑑賞。 かつて特殊部隊に所属していたオルガ・キュリレンコ演ずる闇の配達人。 頼まれた配達物を持っていった先で事件に巻き込まれる。 そこは裏社会の大物が犯した殺人事件を目撃した証人を誘い込み葬ろうとした連中がいた。 何…

私的音楽コレクション 湖池屋CMで復活「ワシントン広場の夜はふけて」

仕事以外全部趣味 前回までディスコサウンドコレクションとして曲を紹介させていただいてたが、今回からジャンルを問わず私が好きな曲を当時の思い出と共に紹介する内容に変更させていただこうと思う。 題して「私的音楽コレクション」 何のひねりもないがス…

大相撲 令和6年夏場所 大の里 尊富士の記録を破る初土俵から7場所で幕内優勝

大相撲夏場所が終わった。 先場所旋風を巻き起こした尊富士が全休。 尊富士以外にも休場力士が相次ぐ異常事態。 役力士が5人休場したこともあり4人いる大関同士の取組は豊昇龍と琴櫻の1番だけ。 当然横綱と大関の取組はなく役力士同士が顔を合わせる機会…

プロ野球 先週の巨人(5月21日~26日) 甲子園で阪神3連戦を最高の形で勝ち越して交流戦突入

交流戦前の1週間。 アウェイ甲子園での阪神3連戦をどのような形で終えることが出来るのか。 その結果によって交流戦への入り方も変わってくる大切な戦いだ。 昨年独走で日本一に輝いた阪神。 今年も粘り強さは際立っている。 巨人も今年は昨年とは違い投手…

JRA思い出のレース 2009年オークス ブエナビスタ 爆発的な末脚で牝馬の時代を確立

競馬を見だして、かれこれ50年以上。 ブログで幾度か書いているが競馬を知るきっかけはタニノムーティエだ。 もちろん馬券を買える年齢ではなかったが、日曜日のテレビ中継を欠かさず見ていた。 馬券を買いだしたのは社会人になってからで最初は名前で買う…

大相撲夏場所前半戦を終えて 役力士5力士休場 これを異常事態と言わずして何が異常事態か

大相撲夏場所は9日目を終えたが休場力士ばかりの酷い状況になっている。 場所前のプレビューで以下の注目点を掲げた。 ・尊富士の状態 ・照ノ富士の状態 ・琴ノ若改め琴櫻は綱への足掛かりをつかめるか ・新小結大の里と再小結朝乃山 ・霧島は再び上昇気流…

プロ野球 先週の巨人(5月14日~19日)       鬼門のマツダスタジアムで3連敗 

体調を崩して5日ぶりの投稿。 月15本の投稿を目標としており、今月はそのペースを上回っていたが結局そのあたりに落着きそうだ。 無理をせず自分のペースで行くのが長続きする秘訣だろう。 さて先週の巨人。 鬼門のマツダスタジアムと言われているが、そ…

映画鑑賞記録 「メッセージ」ドゥニ・ビルヌーブの感性に浸って鑑賞するのが正解

仕事以外全部趣味 原題「Arrival」 ドゥニ・ビルヌーブ監督作品。 個人的にほぼ同時期に公開された「ブレードランナー2049」と何となく雰囲気が似通っていると思えた。 もちろん人によって感じ方は違うと思うが。 私はビルヌーブ監督の作り出す映画全体…

70~80年代ディスコサウンドコレクション⑦       クール&ザ・ギャング「ファンキー・スタッフ」

仕事以外全部趣味 人は音楽に合わせて踊ることが大好きだ。 私が若かった頃に2度ディスコブームと呼べる時代があった。 70年代後半は大阪のクレイジーホースかボトムラインによく行った。 就職してからの80年代はマハラジャに通った。 この「70~80…

プロ野球 先週の巨人(5月6日~12日) 交流戦までは団子状態が続きそう

巨人打線にテコ入れ。 やっぱり新外国人選手を模索していたんだ。 エリエ・ヘルナンデス選手29歳。 メジャーでの実績はないが触れ込みを見るとシュアなバッターという印象。 とにかく打てない巨人打線。 期待するしかないだろう。 さて先週のプロ野球セン…

フィギュアスケート宇野昌磨選手現役引退を発表 大きな流れの中でのひとつの時代が終わった印象

宇野昌磨選手が現役引退を発表した。 世界選手権後のインタビューを聞いてこの日が来るのを予想した人は多かっただろう。 引退の報を目にしてやっぱりなあと言うのが率直な印象。 宇野選手は羽生氏とは違った魅力があり、唯一無二と言って良い輝きを放ってい…

JRA思い出のレース 2001年マイルカップ         クロフネ マツクニローテの明と暗

競馬を見だして、かれこれ50年以上。 ブログで幾度か書いているが競馬を知るきっかけはタニノムーティエだ。 もちろん馬券を買える年齢ではなかったが、日曜日のテレビ中継を欠かさず見ていた。 馬券を買いだしたのは社会人になってからで最初は名前で買う…

映画鑑賞記録 新作が上映されるらしいので前作「マッドマックス 怒りのデスロード」のレビューを

仕事以外全部趣味 つい先日マッドマックスの新作が公開されることを知った。 そこで前作となる「怒りのデスロード」のレビューをアップさせていただく。 この映画は2015年公開。 もうそんな前になるのかと少々驚く。 この映画。 当初は今更マッドマック…

モンスター井上尚弥 ルイス・ネリに引導を渡す劇的KO勝利

正直言ってこの試合が本当に実現するとは思っていなかった。 5年前のエマヌエル・ロドリゲス戦でウェイトオーバー。 ロドリゲスサイドが対戦拒否で試合不成立。 山中戦での暴挙に続くルイス・ネリのあるまじき行為。 これで井上との対戦は完全に消滅したと…

プロ野球 先週の巨人(4月29日~5月5日) 3連勝したかったが阪神は強い

先々週を4勝2敗で乗り切り、打線もようやく上向きになってホームに戻った先週。 大きな期待を持って見ていたがヤクルトにまさかの3連敗。 内、2試合が完封負けで1試合が1点差負け。 相変わらずの貧打と接戦を勝ちきれないのは結局変わらなかった。 そ…

大相撲夏場所プレビュー 新旧交代の流れは加速するのか、それとも停滞か

風薫る5月。 本来夏場所は気候的に最も好ましい条件下での開催となる場所だ。 しかし昨今の温暖化等の影響により、4月から夏日続出。 明らかに環境が変わってきた。 地球環境はこの先どうなっていくのだろう。 そんな中行われる夏場所、私が注目する点をい…

70~80年代ディスコサウンドコレクション⑥ 「スターウォーズのテーマ・ディスコバージョン」

仕事以外全部趣味 人は音楽に合わせて踊ることが大好きだ。 私が若かった頃に2度ディスコブームと呼べる時代があった。 70年代後半は大阪のクレイジーホースかボトムラインによく行った。 就職してからの80年代はマハラジャに通った。 この「70~80…

ボクシング モンスター井上尚弥VSルイス・ネリ 過去の井上の試合を振り返りながら感じることを

ある意味世紀の一戦だ。 スーパーバンタム級4団体王者井上尚弥とルイス・ネリの対戦が目前に迫ってきた。 ルイス・ネリは侮れない相手なのは間違いない。 山中慎介氏との対戦における二度に渡る愚挙で評判は地に落ちたが実力は確かだ。 しかし、今回の試合…

JRA思い出のレース 1978年天皇賞・春 第3の男グリーングラス

競馬を見だして、かれこれ50年以上。 ブログで幾度か書いているが競馬を知るきっかけはタニノムーティエだ。 もちろん馬券を買える年齢ではなかったが、日曜日のテレビ中継を欠かさず見ていた。 馬券を買いだしたのは社会人になってからで最初は名前で買う…

プロ野球 先週の巨人(4月23日~28日) 13試合連続3得点以下でこの成績ってある意味奇跡的

プロ野球も各球団25試合程度消化。 まだまだ先は長いがある程度の傾向は見えてきた。 セ・リーグは巨人と阪神の一騎打ち。 パ・リーグはソフトバンク1強。 もちろん、これから何が起こるかわからない。 怪我人も出るだろうし、補強もまだ可能だ。 現在の…

映画鑑賞記録「インディペンデンス・デイ:リサージェンス」 びっくりするほどちゃんとした続編

仕事以外全部趣味 アマゾンプライムで鑑賞。 「インディペンデンス・デイ」の続編にあたる。 1作目が上映されたのが1996年。 もうそんな前なのかと驚く。 当時半年以上前からスポットが流れ、侵略者の円盤と米軍とのド派手な空中戦があまりに凄くて、待…

プロボクシング 井岡一翔 無敗のフェルナンド・マルティネスと7月7日統一戦が決定 

世間は5月6日に迫ったモンスター井上尚弥の防衛戦で盛上りを見せている。 あのルイス・ネリが相手ということも拍車をかけている。 そんな中、本当なら井上と並ぶ評価を受けても不思議でない男の防衛戦が発表された。 その男は井岡一翔。 田中恒成に破られ…

プロ野球 先週の巨人(4月16日~21日) 6試合7点で3分3敗なら上等だ 少し大谷翔平のことも

今朝大谷翔平がゴジラ松井の持つ日本人大リーグ通算ホームラン記録を抜いたニュースが飛び込んできた。 オープン戦から左方向にはホームランが出ていたが、右の打球はフェンス手前で失速したり、角度がつかなかったりして心配していたが、今日のホームランは…