影無茶のスポーツ24/7

ルール知らなくても面白く読んでいただけることを目指します

このままでは大相撲はオワコン

最近大相撲が面白くなくなった。 その理由を述べる。 本気で横綱を目指そうとする力士がいないとしか思えないような気がしてきたからだ。 鶴竜も白鵬も引退し、横綱を目指すには千載一遇のチャンスが到来しているのだ。 しかし実際に横綱に上り詰めたのは3代…

井上尚弥が井岡一翔との対戦に言及するも実現の可能性は極めて低くリップサービスに留まるか

2022年井上尚弥が固有名詞こそ出さなかったが、あきらかに井岡一翔と分かる表現で対戦可能性を匂わす発言を行った。 実現にはかなりハードルが高そうでほとんど実現不可能と思ってしまうが、もし対戦することになればかつてない注目を浴びるのは確実だ。 か…

JRA2021年 年度代表馬投票結果を見ての感想

この記事でこの拙ブログを今年初めてご覧いただく方も多いかと思います。 今年もよろしくお願いいたします。 先日JRAの競走馬記者投票、いわゆる年度代表馬投票結果が発表された。 結果について外野がとやかく言っても仕方がないとは思うが、それでも毎年世…

時代は変わっても大晦日は紅白歌合戦を見て年を越すのが私のルーティン

ご挨拶 皆さま、寒中お見舞い申し上げます。 新しい年を迎え、出来るだけ早く今年の初登校をしなければと思っていましたが、バタバタしてしまってここまで過ぎてしまいました。 実はページのテーマを元旦に2年半ぶりに変えていました。 ところが今日まで投稿…

フィギュアスケート 北京オリンピック代表メンバーを見ての感想

今年最後の投稿となります。 今年もこの拙ブログをご覧いただきありがとうございました。 フィギュアスケートのオリンピック代表が決まった。 もっともスムーズに決まったのは間違いなく男子シングルだろう。 優勝が羽生結弦、2位に宇野昌磨、3位に鍵山優…

全日本フィギュア女子シングル 熾烈な戦いを制したのは坂本花織選手 樋口選手も悲願の代表を確実に

北京オリンピック選考会を兼ねるフィギュアスケート全日本選手権が開催されている。 オリンピックや世界選手権でも手汗握る張り詰めた戦いが見られるが、私は全日本が一番好きだ。 特に女子シングルSPは毎回有力選手の失敗がほとんど見られない最高レベル…

プロボクシング 井上尚弥アラン・ディパエンを左フックでふっ飛ばしてTKO勝利 次こそ統一戦を

モンスター井上尚弥がまたも見る者を戦慄させるKO勝利を飾った。 今回PPVなので生観戦が叶わず、YouTubeでも完全な形で見ることが出来ない。 探しに探して何とか4Rまでと最終8Rの映像を見ることが出来た。 試合後井上が語っていたが対戦相手のアラン…

ホンダ勢を応援し続ける記事 アブダビGP 神様は最後にマックス・フェルスタッペンに微笑んだ

何という結末。 最後の1周だけでマックス・フェルスタッペンのワールドチャンピオンが決まったと言って過言でない。 どう考えても神様がフェルスタッペンに微笑んだとしか思えない結果。 レースはハミルトンが圧倒的なスピードで2位以下に差をつけて盤石の…

ホンダ勢を応援し続ける記事  いよいよホンダ最後の戦いが始まる アブダビGP

いよいよF1にホンダが直接的に参戦する最後のレース、アブダビGPが始まる。 かつてホンダを応援し続ける記事を投稿し続けていたが、ホンダ撤退の報を受け失望して投稿をやめた。 しかし最後の最後に2人のドライバーが同点で臨むまさかのシチュエーション。 …

フィギュアスケートGPファイナルは中止 オリンピックへの影響は

フィギュアスケートGPファイナルが中止と決まった。 オミクロン株の急拡大を受け日本が鎖国政策を取った時点で中止は必然だった。 開催される方が奇異に感じるし、世論は許さないだろう。 私個人的にも、鎖国政策の是非はともかく中止はやむを得ないって思い…

来年は監督が例年以上に注目を浴びる中「嫌われた監督」を読みました

「嫌われた監督」を読んだ。 スポーツノンフィクションでは屈指の名著ではないだろうか。 落合博満氏の中日監督時代の8年間が書かれている。 野球ファンなら覚えているだろう。 落合監督は中日の監督を務めた8年間でリーグ優勝4回を誇った。 それ以外も全…

羽生結弦ロシア杯欠場 五輪3連覇も4A成功も狙うのが当然 ガラスの足よ持ってくれ!

羽生選手がロシア杯の欠場を発表した。 右足関節靱帯損傷。 ググってみたところ、バレーボールやバスケットボールなど、ジャンプの着地時に足首を捻って受傷することが多いとある。 あれだけ練習も含めて何度も何度もジャンプにより物凄い衝撃を受け続けるフ…

クライマックスシリーズファイナルステージ ヤクルトリーグ優勝の貫禄 巨人2度目の終戦

2位阪神相手にファーストシリーズを勝ち上がった巨人。 その勢いに乗り、ペナントを制したヤクルトに挑んだファイナルステージ。 その壁は厚くて高かった。 やはりペナントを制するということは偉大なり・・・だ。 リーグ戦を勝率5割を割ったチームは日本…

プロ野球クライマックスシリーズ 巨人2連勝でファーストステージ突破 超下剋上なるか

ファーストステージで阪神を撃破 ペナント3位巨人が2位阪神に連勝でファーストステージ勝ち抜けだ。 何と言っても初戦で天敵高橋遥人を攻略したのが大きい。 菅野も今季一番の出来で阪神に付け入る隙を与えなかった。 2戦目は阪神守備陣お約束のエラーを…

プロ野球CSファーストステージ迫る 巨人スターティングメンバーを考える

今週末にCSファーストステージが迫ってきた。 あくまで巨人目線になるが、少し思ったところを書いてみたい。 2位と3位では明確なハンデはない。 あるのは3位の巨人はアウェイで戦うということだけだ。 野球はサッカー程のアウェイ感はないし、今期の巨…

プロ野球 先週の巨人 10月19日~24日 全日程終了 61勝62敗20分 3位でCSへ

感想 巨人がペナントレース全日程を終えた。 一時のどん底を脱し、先週は2勝1敗1分で終えたが結局5割には戻らなかった。 9月2日に15あった貯金が僅か1カ月と少しで借金生活とは誰が想像できたか。 逆噴射の原因はいろいろあるのだろうが、目に見え…

井上尚弥 12月14日に防衛戦が決定

ようやく、ほんとうにようやく井上尚弥の防衛戦が決まった。 日付けは12月14日、東京で開催されるようだ。 しかし期待された統一戦ではない。 指名試合も前回クリアしてるので言わば普通の防衛戦だ。 対戦相手はIBF6位アラン・ディパエン(タイ)。 …

仕事以外全部趣味 ダニエル・クレイグ最後のボンド 「ノー・タイム・トゥ・ダイ」観てきました

仕事以外全部趣味 ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンド最後の映画「ノー・タイム・トゥ・ダイ」を見てきた。 個人的にダニエルボンド版は最も気に入っており、最後と言うのは残念だ。 ダニエル以前のボンドはエンターテインメントに長けてはいたが、子供…

プロ野球 先週の巨人 10月12日~16日 12戦連続勝ち星なしの10連敗 CSには勝率5割で

8月29日に首位に立ち、9月1日に最大貯金15までいった巨人。 9月4日に首位転落、以降返り咲くことはなく先週ついに借金生活。 先週最低の状態と書いたが、浮上の兆しもなくまさにズンドコいやどん底。 ついに借金生活に陥ってしまった。 一体全体ど…

感無量 カーク船長宇宙へ! 

仕事以外全部趣味 スタートレックのカーク船長が宇宙飛行を経験・・・とのニュースが飛び込んできた。 www.jiji.com このニュースを聞いて感慨深く思った人は多いだろう。 スタートレックは世界的に人気のシリーズで、今も新しい物語が作られ続けている。 そ…

Wカップアジア最終予選 日本代表絶対に負けられないオーストラリア戦に勝利で望み繋ぐ

Wカップアジア最終予選日本対オーストラリア。 3試合終えた段階で既に2敗して勝ち点僅かに3の日本代表。 この試合で負ければ本線出場の可能性が遠のくという早くも正念場。 結果は2対1で勝ち点3を獲得。 相手ディフェンスのミスが絡んだ得点であって…

プロ野球ドラフト会議 巨人は補強ポイントの選手指名に成功!

プロ野球ドラフト会議が終わった。 今年は目立った逆指名もなく、特筆されるほど話題になる選手もいない年。 逆にこういう年は面白い。 スカウトの目が果たして正しかったのかどうかが試される。 もちろん答えはまだわからない。 パッと見の印象では各球団と…

プロ野球 先週の巨人 10月5日~10日 先週の巨人を始めてから最低の状態 ドラフト成功を祈る

何と先週はついに6戦全敗。 何故にこんなひどい状態に陥ったのか。 昔2シーズン制時代に前期優勝の南海が後期に言われた死んだふり? いやいや、そんな余裕ぶっこいてる状況ではないだろう。 確かに昨年も一昨年もシーズン後半は悪かった。 しかし今年はそ…

ダンス!ダンス!ダンス!ざんす パート14  yurinasia特集

仕事以外全部趣味 はてなに移籍してからしばらくの間毎月投稿していたダンス!ダンス!ダンス!。 最近は思い出したかのように数回しかアップしていなかったが今日は久々に投稿。 投稿したくなるようなダンサーが居たからだ。 2カ月ほど前だったか「関ジャ…

プロ野球 先週の巨人 9月28日~10月3日 残り試合は常識的に優勝よりCSを照準にして戦う

ヤクルトの勢いが止まらない。 阪神も負けないがヤクルトの勢いが上回っている。 改めて月別の勝敗を見るとヤクルトは5月が5分の星だがそれ以外は全て勝越し。 負け越した月がないのだ(厳密に言えば3月は5試合2勝3敗だが) 阪神は7月8月に負け越し…

プロ野球 先週の巨人 9月21日~26日  終戦

終戦。 それでも巨人ファンかという批判もあるだろうが現実は厳しい。 テレ朝ではないが、日曜日は絶対に負けられない戦いだった。 広島3連戦を初戦落としながら2勝1敗で乗り切り、阪神3連戦は逆転優勝を狙う巨人にとって2勝1敗の最低ライン死守は必須…

プロ野球 先週の巨人 9月14日~19日      菅野で阪神戦快勝により優勝戦線踏み止まる

実際の所、先週の巨人の戦い方を見たら終戦と考えても間違いではない。 しかしここのところ、毎週毎週ほんの少しの希望を残す流れが続く。 日曜日に菅野が阪神戦で好投して勝利する。 これが実現できたので、本拠地で6試合阪神戦を残すことに活路を見出すの…

プロ野球 先週の巨人 9月7日~12日 残念としか言いようがない結果

前回、この1週間は悪くても4勝2敗で乗り切らないといけないと書いた。 ところが結果はこうだ。 先週の結果 スコア 9月7日 対DeNA 2対8● 9月8日 対DeNA 1対4● 9月9日 対DeNA 5対5△ 9月10日 対中日 1対10● 9月11日 対中日…

紀平梨花 オリンピックシーズン直前にクリケットクラブに仲間入り

東京オリンピックが1年延びたので、来年北京五輪があることにピンとこない。 しかしそのことを改めて思い出させてくれるニュースが飛び込んできた。 紀平梨花選手がブライアン・オーサーの指導を受けるとのこと。 これがオリンピックシーズン突入直前の今決…

プロ野球 先週の巨人 8月31日~9月5日   菅野で勝ったが首位陥落 阪神の執念が上回った

先々週復帰の菅野はピリッとせず敗れたのに首位に立った巨人。 先週は菅野が素晴らしい内容で勝ち投手になったのに首位を陥落してしまった。 その原因は? 先週の結果 スコア 8月31日 対ヤクルト 10対8〇 9月1日 対ヤクルト 2対0〇 9月2日 対ヤ…