影無茶のスポーツ24/7

ルール知らなくても面白く読んでいただけることを目指します

野球

先週の巨人(6月4日~9日) オリックスに3連敗   だから打撃はあてにならない

交流戦も2週目。 以前と違い各球団3試合ずつの合計18試合しか行われなくなった。 しかし、交流戦をきっかけに勢力図が一変することもあるのが交流戦の面白いところであり怖いところでもある。 先週首位に立った巨人がどんな戦いを見せるか楽しみな先週だ…

プロ野球 先週の巨人(4月9日~14日)逆転!完封!逆転!サヨナラ!逆転! 阿部カラーも出てきて6連勝

先週の「先週の巨人」で(いつもながらややこしい)阿部カラー今だ出ず・・・と書いたが、ついにそれが見えてきた。 采配の妙も飛び出してチームのムードも俄然高まってきたようだ。 昨年6月10日から16日にかけての交流戦以来の6連勝。 火曜日の阪神戦…

プロ野球 先週の巨人(4月2日~8日) 落ち着きのない野球 阿部カラー今だ出ず

昨年日本一の阪神相手の開幕3連戦を2勝1敗の好スタート。 当然期待値が高まったが先週は2カード連続負け越し。 同一カード3連敗は何とか阻止出来たが、6連戦を終えての感想は先行き不安。 しかしまだまだ序盤。 勝負はもっともっと先にある。 先週の巨…

恒例 プロ野球ペナントレースセ・パ両リーグ順位予想 2024年は過去一予想が難しい

オープン戦が終わり今年もいよいよ開幕。 昨年日本一の阪神がオープン戦まさかの最下位。 セリーグ下位のヤクルト、中日がオープン戦1位、3位。 中日は3月15日以降ホームのバンテリンドームで6勝2分けと上り調子。 ヤクルトも最後の西武3連戦を3連…

プロ野球オープン戦 開幕2週間前で残り試合は本番モード

プロ野球もあと2週間で開幕。 昨日(15日)からは開幕を見据えて各球団いよいよ本番モードに突入だ。 中6日のローテがあたりまえになっている今のプロ野球。 間違いなく言えるのは開幕1週前の3月22日は各球団開幕投手が先発してくる。 既に昨日の金…

第96回センバツ高校野球 組合せ決まっての雑感と印象だけの勝手な予想

第96回センバツ高校野球大会の組合せ抽選会が行われた。 今年から地区別出場校に変更が加えられ東北と東海が1校増えた。 その分中国・四国の両地区合計と21世紀枠がそれぞれ1校減となった。 東北はずっと成績が良かったのでようやく実績に見合った校数…

センバツ高校野球 出場32校決定 96回ともなるとさすがに新鮮味は薄れる

春はセンバツから。 今年も3月18日から30日までの11日間(休養日2日)開催される。 最近は選手の健康管理の観点から休養日を設けるなど徐々に大会日数が増えて開幕が早くなってきた。 出場校数32校は変わらないが今年は地区割がおよそ20年ぶりに…

2024年高校野球センバツ大会 各地区秋季大会優勝校決まる 地区別出場枠に変更あり

来年のセンバツ高校野球出場校を決めるにあたり重要な要素となる秋季地区大会。 今日(5日)で各地区の優勝校が決まった。 北海道 優勝 北海 準優勝 東海大札幌 東北 優勝 青森山田 準優勝 八戸学院光星 関東 優勝 作新学院 準優勝 山梨学院 東京 優勝 関東…

第105回夏の甲子園 慶応が107年ぶりの優勝 仙台育英連覇に届かず 大会総括

8月6日に始まった夏の甲子園は慶応の107年ぶり優勝で幕を閉じた。 あれだけ強かった仙台育英だが慶応の勢いに飲まれた格好となった。 ニュースでも話題になっていたが慶応の応援は凄まじかった。 テレビを通じてもその凄さは異常なほどだった。 さすが…

第105回夏の甲子園 ベスト8出揃う 東北勢史上初の3校ベスト8進出

ちょっとパソコン使えず慣れないスマホから送信。 読みづらいかもしれないけどお許しを。 夏の甲子園もベスト8が出揃った。 ご存知だとは思うが以下に記すると。 ・八戸学院光星 ・花巻東 ・仙台育英 ・土浦日大 ・慶応 ・おかやま山陽 ・神村学園 ・沖縄尚…

先週の巨人(8月8日~13日) 阪神に3連敗 遠のく優勝

阪神が走る。 残り40試合。 サンデーモーニングで落合氏は阪神の首位についてはまだわからないと言いつつも、巨人はCS圏内も苦しい的な表現をしたのを私は聞き逃さなかった。 先週の巨人(2勝4敗 今季通算51勝51敗1分) スコア 8月8日 対阪神 …

第105回夏の甲子園大会 49代表校出揃う

題名にも書いたが夏の甲子園も今日の第3試合で九州国際大付の登場で全49校が出揃った。 勝ち上がった高校をブロック別に記すと以下のようになる。 東北・北海道 6校 関東 5校 北信越 0校 東海 2校 近畿 3校 中国・四国 4校 九州 4校 最近の傾向だ…

夏の甲子園105回記念大会 組合せ決まってべスト8を予想する

先日出場校が決まった段階で印象だけのベスト8候補を記した。 昨日3日組み合わせ抽選会が行われ3回戦までの山が決まったのでその印象と改めてベスト8の絞り込みをしてみたい。 トーナメント表は以下から確認願いたい。 baseball.yahoo.co.jp 組合せを見…

第105回全国高校野球選手権大会(夏の甲子園) 49代表校決まって印象だけで勝手な見解を記す

大会見解の前に昨今問題になっている猛暑対策について書かせていただく。 今、夏の甲子園は大きな転換期を迎えている。 猛暑は大会運営の抜本的な改革を待ったなしの状態に追い込んでいる。 今まではプロを目指す選手の将来性を犠牲にすることがないようにと…

プロ野球現役ドラフトで新天地に移籍した選手たちが今現在どういう成績か調べてみた(4月30日現在)

紆余曲折を経て昨年12月に実施されたプロ野球現役ドラフト。 出場機会の少ない中堅選手の移籍による活性化を目指すとの目的だったが、当時その開催に否定的な声も多かった・・・と記憶している。 球団ごとに温度差があるという声も聞こえてきたように思う…

恒例 2023年プロ野球ペナントレースセ・パ両リーグ順位予想 鍵はやっぱり投手力

オープン戦も終わりいよいよ今年もペナントレースが始まる。 今年はWBCで侍ジャパンが劇的な優勝。 そこには数多くのドラマがあり過去最大の盛り上がりを見せたと言っても過言でない。 そんな中でスタートするペナントレース。 最近になく注目を浴びてい…

第95回センバツ高校野球大会 全ての高校が登場し終えていよいよベスト8の座をかけた戦いが始まる

WBCの盛り上がりが凄かったのであまり目立っていないがセンバツ高校野球大会も全ての高校が登場し終えた。 その結果、現在15校が勝ち残っておりその内訳を下記に記すると。 作新学院(関東・東京)ベスト8決定 光(中国・四国) 山梨学院(関東・東京) …

WBC侍ジャパン14年ぶり悲願の世界一 

日本中が熱狂に沸いたWBCが終わった。 決勝戦は侍ジャパンが米国に勝利。 14年ぶり3回目の世界一に輝いた。 ずっと主軸の3番を張っていた大谷が最後9回のマウンドに立って胴上げ投手になる。 こんな非現実的な光景が目の前で繰り広げられ、それを目の当たり…

WBC準々決勝 侍ジャパン5連勝 チャーター便で決勝ラウンドの地マイアミへ 

打線がこれだけ打って、投手が抑える。 当然相手関係もあるが、ほとんどの選手が期待を裏切らない、場合によっては期待以上のパフォーマンスを見せてくれるとは大会前には正直思っていなかった。 チームの状態がすこぶる良いのは画面を通してもわかる。 これ…

侍ジャパン大谷翔平 片手でホームラン 詰まってもホームラン 正に異次元

WBC開幕まで3日。 強化試合もいよいよ大詰めだ。 今日(6日)の阪神戦からメジャー打撃陣が試合解禁となったが早速3人が活躍。 特に凄かったのが大谷選手。 初打席こそ三振に倒れたが2打席目、3打席目と連続3ラン。 ファンなら打って欲しいと誰もが…

WBC 侍ジャパン鈴木誠也代表辞退の影響は大きい

スポーツニュースは連日WBCの話題で持ちきりだ。 サッカーのような盛り上がりが見られるかどうかは微妙だが、選ばれた選手たちはジャパンのユニフォームを身にまとい世界一を目指して誇りを持って戦う事は間違いない。 今回は大谷選手を始めメジャー所属…

夏の甲子園2022 まとめ 青春ってすごく密

夏の甲子園が終わった。 心配されたコロナ感染による影響は最小限で済んだ。 各校の選手、監督、コーチ、学校関係者、父兄、宿舎関係者、大会運営関係者の苦労は如何ばかりかと察する。 その苦労は報われてほんとうに良かった。 優勝は仙台育英。 優勝旗はつ…

夏の甲子園2022 試合をピックアップ 近江VS高松商 プロ野球では絶対に見られないタイプの面白い試合

何かと山田君の起用法について話題になっている近江校。 センバツで明らかに異変が感じられたのに続投させたことが原因だ。 確かにプロ野球でも中6日で投げているにもかかわらず100球をひとつの降板のめどにしているのに、高校野球が連投連投で身体を酷…

夏の甲子園2022 ベスト8決定 関東勢姿消すも各地区に散らばる

夏の甲子園は早くもベスト8が決定。 昨年と違って順調に日程も消化出来ており、週間予報と照らし合わせても決勝戦まで予定通り進みそうだ。 心配された大会中のコロナ発症もなく、最後までこのまま進んで欲しい。 ベスト8の地区別内訳は東北2、東海1、近…

夏の甲子園2022 試合をピックアップ 一関学院vs京都国際

夏の甲子園大会が始まった。 当然のことながら仕事があるので全ての試合を見ることは出来ない。 たまたま見ることが出来た試合で印象深い試合をピックアップしていく。 まずは一関学院と京都国際。 初日から好試合となり一関学院が勝利した試合だ。 早速私の…

夏の甲子園大会開幕 組合せからベスト8を予想するがコロナの影響で何が起こるかわからない

いよいよ夏の全国高校野球選手権大会が始まる。 一昨年はコロナ禍により大会そのものが中止。 昨年は天候不順で日程消化が危ぶまれた。 ここ2年今まで考えられなかった問題に遭遇しているが、今年もコロナ第7波の影響を既に受けている。 各校は試合に挑む…

第104回全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)        49代表校決まっての印象だけの勝手な予想

夏の甲子園大会の出場校が決まった。 コロナ禍による影響を受け続けるスポーツ界。 高校野球も例にもれない。 一昨年は中止。 昨年は開催されたが2校の出場辞退。 今春センバツも京都国際が辞退し(代替出場の近江が準優勝)広島商は大会中に棄権することに…

センバツ高校野球 大阪桐蔭圧倒的強さで優勝 近江健闘も山田投手力尽きる

センバツ高校野球は大阪桐蔭が圧倒的な強さで優勝。 新チーム20連勝無敗で秋春連覇を成し遂げた。 完投能力のある投手を複数揃え、打線も全員がコンパクトに振りぬきスイングスピードも尋常じゃないほど速い。 打席の構えも全員がいかにも豪打打ちますって…

恒例 プロ野球ペナントレース2022年セ・リーグ パ・リーグ順位予想

月日が流れるのは早い。 ヤクルトスワローズとオリックスバファローズ、両リーグ共に前年最下位球団が出場する史上初の戦いで話題を呼んだ日本シリーズがついこの間のように感じる。 両チームの戦いはベースボールの面白さを再認識させてくれた。 あれから4…

センバツ高校野球大会 初日雨で順延 代表32校の顔ぶれと前評判から私なりの展望を

2020年以降コロナに翻弄され続けるスポーツ界。 高校野球も例にもれず大きな影響を受け続けている。 2020年は春も夏も甲子園大会は中止。 昨年は何とか開催するも、選手のコロナ感染で出場辞退の例もあった。 迎えた今年センバツ。 今年こそは無事に…