影無茶のスポーツ24/7

ルール知らなくても面白く読んでいただけることを目指します

フィギュアスケート

紀平梨花 オリンピックシーズン直前にクリケットクラブに仲間入り

東京オリンピックが1年延びたので、来年北京五輪があることにピンとこない。 しかしそのことを改めて思い出させてくれるニュースが飛び込んできた。 紀平梨花選手がブライアン・オーサーの指導を受けるとのこと。 これがオリンピックシーズン突入直前の今決…

世界フィギュア男子シングル ネイサン・チェン強さ際立つ 羽生結弦まさかのフリー失敗

世界フィギュア男子シングル。 フリーの演技が行われた。 ご存知のようにネイサン・チェンがショート3位から逆転優勝。 技術点だけで加点を入れて125.89。 演技構成点を足すと222.03でトータル320.88。 ぶっちぎりである。 得点が出やす…

世界フィギュア女子シングル ロシア勢表彰台独占 日本勢北京3枠確保出来たが・・・紀平フリー失敗

世界フィギュア女子シングルが終わった。 優勝はSPトップのアンナ・シェルバコワ。 紀平が失敗したのと、冒頭クワドで転倒したのとでその後は安全運転に徹した。 紀平が高得点を得ればプレッシャーがかかったが、精神的に余裕が出来たはずだ。 その余裕が…

世界フィギュア男子ショートプログラム 羽生結弦1位発進 鍵山優真2位につける

世界フィギュア男子SPが終わった。 まずは鍵山優真に触れなければならない。 出場33選手中17番目、日本人では最初の演技者。 この世界フィギュアがシニア公式戦デビュー(GPシリーズは非公認のため)。 世界のトップが集う中でのシニアデビューとあ…

世界フィギュア女子ショートプログラム 紀平梨花2位発進で視界良好

コロナ禍の中、無観客とは言え開催にこぎつけた世界フィギュア。 関係者の努力は大変なものだろう。 北京オリンピックの出場枠が決まる大切な大会。 まだ始まったばかりだが、無事に開催を終えて欲しい。 初日女子SPが終わった。 当然のことながら各選手悲…

世界フィギュアは本当に開催出来るのか

世界フィギュア開催日の3月22日が迫ってきた。 本来ならオリンピック前年の大会ということで大きく盛り上がるところだが、現状は本当に開催されるのだろうかと心配の方が先に立つ。 ここにきて開催国スウェーデンでは変異株による感染者が急増。 ロックダ…

2020年【私的】スポーツ界振り返り フィギュアスケート 最後の最後羽生結弦の圧巻演技に感動

今年のスポーツ界をジャンル別に振返り私的思いを書かせていただく4回目。 今回はフィギュアスケート。 コロナ禍の影響をもっとも受けた競技のひとつだ。 ほとんどの主要大会が中止。 GPシリーズもナショナル大会の様相で、ファイナルは正式に中止が決定…

フィギュアスケート GPシリーズフランス大会も中止 GPシリーズの冠は外すべきだ 

ここにきてフィギュアスケート界が大変だ。 GPシリーズがカナダ大会に続きフランス大会も中止。 ロシア、中国、日本は確実に行うだろうし、開幕戦のアメリカも行われそうだが、各選手1試合限りのエントリーだった今年、4戦しか行われない状況で、これを…

フィギュアスケート GPシリーズなどについて 雑記的に思いつくまま

言い訳にしかならないが、仕事はもちろんプライベートでも優先すべき事項があってブログの更新がなかなか思うように出来ない。 「先週の巨人」だけは続けていきたいので優先順位高めにしているが、それ以外にも書きたいことはたくさんある。 しかし、ひとつ…

フィギュアスケート リンクに帰ってきた三原舞依!

コロナ禍により大きく予定が変更されたフィギュアスケート。 GPシリーズは事実上ナショナル選手権となり、選手のエントリーは1試合のみ。 一度は採点基準の変更を発表したISUはそれを白紙撤回。 トゥルソワ、コストルナヤはエテリコーチの元を離れ、逆…

フィギュアスケートようやく動き出す GPシリーズ概略決まる

世界中がコロナ禍でスポーツイベントも大きな変更を余儀なくされているが、フィギュアスケートも例外ではなくここまでスケジュールが未定であった。 ところがここにきてGPシリーズの全戦開催がアナウンスされた。 今シーズンは北京五輪の前年という大切な…

フィギュアスケート ISU今季導入の新規定を保留と発表

驚きのニュースが飛び込んできた! 1カ月前に今季から適用のフィギュアスケート新規定について思いを書いた。 この変更がけっこう大きな物で、特にクワドについてはループ、フリップ、ルッツの3種のチーズが・・・いやジャンプが全て同じ基礎点になると発…

フィギュアスケート ジャンプ基礎点変更について私なりの解釈と思い

毎年のようにルール改正が行われるフィギュアスケート。 今季もけっこう大きな改正が行われた。 ジャンプの基礎点が変更になったのだ。 ご存知の方も多いと思うが、トリプルとクワドジャンプ基礎点に変更が加えられた。 最大の特徴はルッツの得点が下がり、…

ビックリ! アレクサンドル・トゥルソワがエテリコーチの元を離れプルシェンコに師事

スポーツの話題と言えば、もっぱら再開時期に集中しているが、フィギュアスケート界から驚きのニュースが飛び込んできた。 ロシア3人娘のひとり、アレクサンドル・トゥルソワがエテリコーチの元を離れエフゲニー・プルシェンコに師事するとのこと。 突然の…

フィギュアスケート 男女シングル世界ランキング 羽生、紀平トップ! についての私見

新型コロナの世界的大流行により今シーズン打ち切りとなったフィギュアスケート。 トップ選手最大の目標である世界選手権が開催されずに終了。 言葉は適切でないが尻切れトンボで終わっってしまった。 そんな中、最新の世界ランキングが発表された。 これが…

フィギュアスケート世界選手権中止が与える影響を考えた

コロナウィルスの世界的流行によりスポーツイベントの中止、延期が相次いでいる。 フィギュアスケートの世界選手権もその一つ。 けっこう直前の決定だったので驚いたが、やむを得ない判断だろう。 しかし突然最大の目標を失った選手の気持ちを考えると複雑だ…

羽生結弦プログラム変更の理由を考察する

羽生結弦がシーズン後半になって異例のプログラム変更を行った。 今季ジョニー・ウィアーとプルシェンコへの敬愛を込めて取入れたプログラム。 シーズン前、羽生自身もその思いを熱く語っていた。 それがここにきてフリーに「SEIMEI」SPに「バラード…

羽生結弦魂のショートプログラム ついでに私のブログへの思い

およそ1カ月ぶりの投稿です。 おそらくはてなにお世話になって以来最長のブランク。 まずは羽生選手のSP。 やりましたね!世界最高得点。 フィギュアスケートについてはあまり世界最高得点というのは、意味がないとまでは言いませんがあまりこだわる必要…

フィギュアスケート2019~2020シーズン 全日本選手権直前 前半戦を終えての感想

2019年スポーツ振り返り フィギュアスケート 今年を振り返る。 今回はフィギュアスケートです。 平昌で羽生結弦がオリンピック2連覇。 宇野昌磨が銀メダルで我が世の春ともいえる絶頂期だったのは、まだ去年の話。 女子は彗星のように現れたアリーナ・ザギ…

フィギュアスケート女子 GPシリーズを終えて 紀平梨花、日本からただ一人ファイナル出場

GPシリーズは毎週行われるので、あっと言う間に終わってしまいます。 残すはファイナルのみ。 予想通りというか予想以上にロシア3人娘が他を圧倒する成績でファイナルへ。 ザギトワが意地を見せてロシア勢が4人進出。 紀平梨花が2位、2位と順位を揃え…

フィギュアスケート女子シングル ロシア3人娘シニアを席巻 ファイナル進出6名は誰?

GPシリーズも早や4戦が終わり、予想通りと言おうか、予想以上に今年シニアデビューのロシア3人娘の強さが際立っています。 アリーナ・ザギトワもエフゲニア・メドベージェワも早くも過去の人扱い。 日本勢では紀平梨花がさすがの演技を見せてくれました…

紀平梨花とアレクサンドル・トゥルソワ フィギュアスケートGPシリーズ・スケートカナダ

GPシリーズ第2銭スケートカナダ。 紀平梨花とアレクサンドル・トゥルソワが登場しました。 結果はご存知の通り、トゥルソワが自らのトータル世界最高得点を更新して優勝。 紀平梨花もシーズン序盤にもかかわらず、SPでは自己ベストに僅か2.62及ばな…

フィギュアスケートGPシリーズ開幕で本格的シーズン始まる 今シーズン紀平梨花はロシア最強軍団に勝てるのか

いよいよ今年も本格的なフィギュアスケートシーズンが始まります。 今週末からグランプリシリーズ第1戦スケートアメリカ。 日本からは女子で樋口新葉、坂本花織、山下真湖の3名、男子が島田高志郎、友野一希の2名が出場します。 注目の紀平梨花は第2戦ス…

フィギュアスケート チャレンジャーシリーズ オータムクラシック 紀平梨花好スタート

ついこの前に世界選手権が終わったと思ったら早くもシーズンイン。 ほんとに月日が経つのはあっという間です。 ISUが承認するチャレンジャーシリーズが始まりました。 オータムクラシックには女子・紀平梨花、男子・羽生結弦が参戦。 同時開催のロンバル…

フィギュアスケート2019/2020GPシリーズ男子エントリー 今年も3強?それともネイサン・チェン1強?

10月18日から始まるフィギュアスケートグランプリシリーズ。 出場選手エントリーが発表されました。 今年は2年ぶりに中国杯が復活しNHK杯が最終戦となるスケジュール。 僅か1カ月で6戦を消化するので始まったらあっという間です。 オリンピック翌…

フィギュアスケート2019/2020GPシリーズ女子エントリー ジュニア3人娘デビューのロシアに挑む日本勢

10月18日から始まるフィギュアスケートグランプリシリーズ。 早くもエントリーが発表されました。 今年は2年ぶりに中国杯が復活し、NHK杯が最終戦となるスケジュール。 僅か1カ月で全6戦を消化しますので、始まったらあっという間です。 オリンピ…

フィギュアスケート世界選手権を終えて 紀平梨花の成長が最大のトピックだが、来季以降北京五輪までの道のりを考える

女子シングル フィギュアスケート世界選手権が終わりました。 女子シングルはザギトワが苦難の末に世界チャンピオンの称号を、男子はネイサン・チェンが完璧な演技で羽生以下を寄せ付けませんでした。 国別対抗が残っていますが、世界選手権を目標にしてきた…

世界フィギュア 男子フリー 今季はネイサン・チェンのシーズンだったが北京はまだわからない

フィギュアスケート男子フリーが終わりました。 優勝はネイサン・チェン。 圧勝でした。 2位に羽生結弦。 フリーで鬼気迫る演技を見せて王者の意地を見せることは出来ました。 3位がヴィンセント・ジョウ。 ネイサンだけではありませんぜ、僕のことも忘れ…

世界フィギュア 女子シングル 紀平梨花4位、坂本花織5位、宮原知子6位 優勝はアリーナ・ザギトワ

フィギュアスケート世界選手権女子フリーが終わりました。 ザギトワの強い思いが優勝に結び付きました。 紀平は世界チャンピオンの称号を得る大きなチャンスを逃したましたね。 坂本もたった一つのミスで、手の中に合った表彰台がスルリとこぼれてしまいまし…

世界フィギュア男子SP 順調な過程を歩んだネイサン・チェンが他を圧倒 羽生も宇野も不完全燃焼 ジェイソン魅せた!

フィギュアスケート世界選手権、今日は男子ショートプログラム。 4カ月ぶりの実戦となる羽生結弦がどこまで仕上がっているか。 四大陸初優勝の勢いと不安が残る右足のどちらが優勢に出るか注目の宇野昌磨。 非公認とは言え全米選手権で驚異の342.22点…