影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

フィギュアスケート

フィギュアスケート NHK杯 女子は稀に見るハイレベルな大会 才能が爆発した紀平梨花 ファイナルの行方は

NHK杯の男女シングルが終わりました。 タイトルにも書きましたが、女子は稀に見るハイレベルな戦いで見応えがありました。 これを会場で見られた方は幸せです。 NHK杯男女シングル結果(上位5位) 男子 宇野昌磨 276.45 セルゲイ・ボロノフ 2…

フィギュアスケート GPシリーズ NHK杯プレビュー 紀平梨花登場 宮原、宇野ファイナル進出決めるか

GPシリーズは毎週行われるので早い早い。 早くも第4戦NHK杯です。 まずは先週のヘルシンキ大会を簡単に振り返ります。 ザギトワ貫禄の優勝、坂本フリーで頑張り3位確保 男子、羽生選手については先日記させていただいたので今日は触れません。 女子シ…

フィギュアスケート グランプリオブフィギュアスケートヘルシンキ 常に想像を超えていく羽生結弦

フィギュアスケートGPシリーズ第3戦ヘルシンキ大会。 男子シングルで羽生結弦はまたも違う次元を一人駆け抜けていきました。 昨年ロステレコム、平昌五輪、今年ヘルシンキのプログラム比較 昨シーズン(オリンピックシーズン)出場したGPシリーズ初戦ロ…

フィギュアスケート GPシリーズ グランプリオブフィギュアスケートヘルシンキプレビュー 羽生結弦 アリーナ・ザギトワ登場

男女シングル出場選手 男子(世界ランク順・10月29日現在:今季GPシリーズ獲得ポイント) 羽生結弦(日本) 3位 初戦 ミハイル・コリヤダ(ロシア) 4位 初戦 オレクシイ・ビチェンコ(イスラエル) 7位 0P ボーヤン・ジン(中国) 8位 初戦 田…

フィギュアスケート  スケートカナダ 山下真湖の滑りをみてびっくり仰天 これほどの逸材とは・・・

山下 真湖! まったくお恥ずかしい。 正直言います。 山下選手をよく知りませんでした。 もぐりと言われても仕方がありません。 もうびっくりぽん!(まだこのフレーズ使うか)でした。 15歳! 今年シニアデビュー! シンジラレナ~イ。 何というエレガン…

フィギュアスケート GPシリーズ スケートカナダ 男女シングルプレビュー

第1戦スケートアメリカの結果 まずは初戦の結果 男子 ネイサン・チェン 280.57 ミハル・ブレジナ 239.51 セルゲイ・ボロノフ 226.44 マッテオ・リッツォ 225.81 ビンセント・ジョウ 225.75 ナム・グエン 212.99 女子 …

フィギュアスケート GPシリーズ スケートアメリカ 男女シングルプレビュー

いよいよ今シーズンもGPシリーズが始まります。 採点基準が大きく変わり、選手自身もチャレンジャーシリーズでどのような評価を受けるのか確認しながらも、まだ確信を得ない状態でのGPシリーズ突入となります。 オリンピック翌年なので、選手ごとの目標…

フィギュアスケート 現役復帰 高橋大輔の挑戦

7月に1年限りの現役復帰を発表した高橋大輔選手が、先日行われた近畿選手権で4年ぶりにリンクに戻ってきました。 2月に平昌オリンピックの現地レポーターとして現場へ出向いた高橋氏。 そこで見た選手たちの戦う姿を見て刺激を受けた事は容易に想像でき…

女子フィギュアスケート紀平梨花 文句なしのシニアデビュー SPは私が浅田真央のSPで一番好きな「月の光」で挑む

ついこの間までオンシーズンだったのに、早くもシーズンイン。 なのに平昌は、はるか昔のように感じてしまうのは私だけでしょうか。 大きなルール改正があって、選手も審判も手探り状態のような気がします。 いや、審判はそうではないかもしれませんが・・・…

祝!現役復帰を表明した高橋大輔氏の心を推察する。

アッと驚くニュースが飛び込んできました。 氷上のアーティスト高橋大輔氏が現役復帰を発表。 トリノ、バンクーバー、ソチと3度オリンピック出場。 バンクーバーでは日本人初の表彰台。 続く世界選手権では初の金メダル。 世界一と言われた表現力。 輝かし…

フィギュアスケート ブライアン・オーサー著「チーム・ブライアン300点伝説」を読みました

来シーズンからの新採点基準も決まり、各選手はコーチの助言も得ながら、曲選び、振り付け、構成などを固めていく時期に入りました。 シーズンオフといっても選手、コーチに静穏なひと時はほとんどありません。 4年後の北京に向け一度リセットして新たな一…

フィギュアスケートルール改正(現時点では案の段階ですが)を支持します

平昌オリンピックが終わってまだ3カ月?早や3カ月? 個人的には遠い昔のような印象です。 羽生のオリンピック2連覇は奇跡という言葉を安直に使いたくはありませんが、やっぱり奇跡的と言っても良い位の出来事でした。 フィギュアスケートの進化は恐ろしく…

女子フィギュアスケート メドベージェワ、オーサーコーチに師事表明!

オリンピックシーズンが終わり、しばらく平穏な日々が続くと思われたフィギュアスケート界からビッグニュースが飛び込んできました。 エフゲニア・メドベージェワ選手が恩師トゥトベリーゼ氏の元を離れ、ブライアン・オーサーに師事することを表明。 オーサ…

オリンピック開催年の世界フィギュアはリベンジの場として成り立つ

仕事の関係で3日ぶりの投稿です。 世界フィギュアで日本勢頑張りました。 代打成功率ほぼパーフェクトの友野選手。 オリンピック落選の樋口選手。 左足甲を痛めた宇野選手。 オリンピックに見事に照準を合わせて自己ベストの演技を見せてくれた宮原選手。 …

フィギュアスケート団体戦はやめて欲しい

題名を見ただけで反対と思う方も多いと思います。 団体戦で日本のメダル可能性が低いから言ってる訳ではありません。 本来個人競技の(ペアも含め)フィギュアスケート。 選手にとって団体のメダルは最大の目標には成りえません。 個人戦でメダルをとること…

ハビエル・フェルナンデスは平昌で輝けるのか?

ハビエル・フェルナンデス選手。 世界選手権2度優勝、欧州選手権6連覇。 羽生が居たから僕がいた、僕が居たから羽生がいた。 ブライアンオーサーを師とする稀代のスケーター二人。 状態が万全なら羽生に何かあった時、平昌で代わりに金メダルに最も近い男は…

欧州選手権のザキトワとメドベージェワを見て直感的な印象

欧州選手権が終わりました。 優勝はアリーナ・ザギトワ、2位にメドベージェワ、3位コストナーという結果。 復帰戦のメドベージェワの2位をどう評価するか、優勝のザキトワの勢いは平昌まで続くのか。 ユーチューブではありますが両者のSP、フリーの演技を…

羽生結弦を平昌オリンピックでどのようなスタンスで見れば良いか

スケ連の小林強化部長が報道陣に対して、羽生選手が1週間前から練習を再開したことを伝えたとの記事を見ました。 小林部長の話からすると、ちょうど本番1か月前から始動したことになり、1日刻みの、ち密なプログラムが組まれていると推測するところです。 羽…

緊急投稿:フィギュアスケート Road To 平昌 スケ連は坂本花織を選ぶ勇気があるだろうか

全日本選手権女子シングルが終わりました。 優勝は宮原知子。 大事な大事なオリンピックシーズンを故障明けで入りその不安は想像するに身体がグニャリとなりそうな程に強かったと思います。 最後は自分を信じて どの選手よりもずば抜けて気持ちの入った演技…

フィギュアスケート Road To 平昌 いよいよGPファイナル・風雲急を告げているのかいないのか

GPファイナル男女シングルの出場者をまず記します。 〇男子 ネイサン・チェン(アメリカ) 宇野昌磨(日本) ミハイル・コリヤダ(ロシア) セルゲイ・ボロノフ(ロシア) アダム・リッポン(アメリカ) ジェイソン・ブラウン(アメリカ) 〇女子 アリーナ…

フィギュアスケート Road To 平昌 GPシリーズ・樋口、三原はファイナルに行けるのか?

フィギュアGPシリーズがついこの前に始まったばかりと思っていたら、早くも残り2戦。 そろそろファイナル出場6選手が見えてきた。 注目は何といっても樋口、三原両選手のファイナル進出が成るのか?という点でしょう。 その可能性を探ってみることにしま…

フィギュアスケート Road To 平昌 NHK杯まとめて感想

羽生選手の欠場という大ニュースが飛び込んだNHK杯。 パトリック・チャンに村上大介も欠場ということで男子シングルは盛り上がりにかけるかと心配しましたが、なんのなんの大会はいい感じで盛り上がり、フィギュアスケートのとても良い面を見せてもらった…

フィギュアスケート Road To 平昌 羽生NHK杯欠場 代表選考について私見

恐れていたことが起こってしまいました。 映像を見た時の正直な印象はこれは駄目かも・・・。 駄目というのはGPシリーズどころか平昌もという意味なんですが・・・。 右足関節(足首)外側の靱帯(じんたい)損傷。 全治は明らかにされていませんが、当然…

フィギュアスケート Road To 平昌 パトリック・チャンNHK杯欠場に見る代表選考事情

スケートカナダで4位に終わったパトリック・チャンがNHK杯を欠場するとのこと。 特に怪我をしているわけでもなく、理由は練習に専念するため。 この報道を聞いて、ああ、やっぱりGPシリーズはあくまでオリンピックや世界選手権へ調整の場と考えるのが…

フィギュアスケート Road To 平昌  中国杯まとめて感想

あっという間にGPシリーズも折り返し。 早くも2戦戦い終えた選手も出てきました。 調整の進んでいる選手、遅れている選手、それが意識した上での現状なのかは知る由もありませんが、それぞれの思惑が交錯する中での熱い戦いはまだまだ続きます。 さて中国…

フィギュアスケート Road To 平昌  中国杯SP感想

GPシリーズ早くも3戦目。 まずは中国杯男女シングルスSPの順位から。 〇男子 ポイント TES PCS 1位 ミハイル・コリヤダ 103.13 59.63 43.50 2位 ボーヤン・ジン 93.89 52.67 41.22 3位 ハビエル・フェルナンデス 9…

フィギュアスケート Road To 平昌 スケートカナダ まとめて感想

GPシリーズ第2戦はスケートカナダ。 男女シングルの結果を先に書かせていただきます。 〇男子 ポイント TES(SP+F) PCS(SP+F) 1位 宇野昌磨 301.10 163.44 137.66 2位 ジェイソン・ブラウン 261.14 126.41 …

フィギュアスケート Road To 平昌  ロステレコム杯 まとめて感想

GPシリーズが始まって本格的なオリンピックシーズン幕開けといった感じです。 まずはロステレコム杯。 結果から。 と、ここでごめんなさいを、どうしても99%男女シングルについての記載になることお許しください。 もちろんアイスダンスは大好きでペア…

フィギュアスケート Road To 平昌 ボーヤン・ジン アダム・リッポン 坂本花織 長洲未来

今週からいよいよGPシリーズが始まります。 毎週どこかで試合が行われるのであっという間に時が過ぎてしまいます。 これからは早いですよ~。 それにしてもジャパンオープン、お客さん入ってましたねえ。 日本のフィギュア人気はすごいです。 選手たちもこ…

フィギュアスケート Road To 平昌  無良崇人 村上大介 田中刑事

こうして平昌への挑戦を書いていますがほんとに無事に開催できるのでしょうか。 子供の喧嘩でも最初は冗談半分に言い合いしていても、それがマジになってしまうことってありますからね。 前置きはここまでにします。 さて平昌でのフィギュアスケート代表枠は…