影無茶のスポーツ24/7

ルール知らなくても面白く読んでいただけることを目指します

オリンピック

卓球世界選手権女子団体 日本チームが最も金メダルに近づいた日

世界卓球女子団体戦が終わった。 正に激闘。 初戦を張本選手で落としたがエース早田選手が過去4年間日本選手に負けたことが無い東京五輪金メダリスト陳夢に勝利。 続く平野選手も世界ランク2位の王芸迪に大接戦の末3対0で勝って53年ぶりの金メダルに王…

全日本ブレイキン選手権 パリ五輪競技採用採用決定で大注目

昨日(18日)NHKでブレイキンの全日本選手権が放送されていた。 元々ダンス系は好きなのとパリ五輪に採用されたので全く俄かだが見てみた。 ブレイキンにはソロとチーム戦があるが五輪ではソロのみらしい。 出場選手は16名と決まっているようだ。 五…

女子バスケット日本代表 パリ五輪世界最終予選の結果眺めて改めて死の組だったと痛感

ここ数年飛躍的に注目度が高くなったバスケットボール。 もちろん以前から人気はあった。 私の記憶が確かならば学校のクラブ活動においても入部者は昔から一二を争っていた。 しかしここ4~5年の盛り上がり方はバスケ人気を不動の物にしつつある印象だ。 …

大阪国際女子マラソン 前田穂南選手19年ぶり日本最高記録達成でパリ五輪へ大きく前進

大阪国際女子マラソンが開催された。 このレースで前田穂南選手が偉業を成し遂げた。 最初に1月27日時点で2時間20分を切った日本人選手と記録を記する。 野口みずき 2時間19分12秒 ベルリン 2005年 新谷仁美 2時間19分24秒 ヒューストン…

フィギュアスケート全日本:宇野昌磨と坂本花織の優勝 山本草太と山下真瑚、三原舞依の復活

フィギュアスケート全日本が終わった。 優勝はドウデュース・・・違う違う。 男子が宇野昌磨選手、女子は坂本花織選手。 どちらも大本命選手の優勝で幕を閉じた。 この両名。 宇野選手はこの10年で優勝6回2位4回のパーフェクト。 坂本選手もシニアにな…

GPファイナル 女子は坂本花織選手悲願のGP初制覇 男子はイリア・マリニン選手が異次元の強さ

GPファイナル男女シングルの結果が出た。 男子はイリア・マリニン選手が異次元のプログラムで優勝。 宇野昌磨選手が2位、鍵山優真選手が3位という結果。 女子は坂本花織選手がGPファイナル初制覇。 2位にルナ・ヘンドリックス選手。 3位が吉田陽菜選…

パリ五輪マラソン代表選考会 MGCが行われ代表2名が内定 大迫選手はまたも3位

パリ五輪マラソン代表選考レースのグランドチャンピオンシップ(MGC)が行われた。 残念ながら仕事でレースは見られなかったが、男子は川口優輝選手が大逃げでボストンの再現を図って盛り上がったようだ。 あいにくの天候は選手の走りに大きく影響を及ぼした…

フィギュアスケート 紀平梨花の復活を願わずにはいられない

今年もフィギュアスケートシーズンが始まった。 現在ISU承認のチャレンジャーシリーズが行われている。 10月にはいよいよGPシリーズも始まる。 今季もロシアがウクライナ侵略に対する制裁として国際大会への参加が認められていない。 現在女子シング…

フィギュアスケートシーズン始まる 坂本花織、鍵山優真海外初戦を優勝で飾る GPシリーズエントリーも少し

先日フィギュアスケートの坂本花織選手がオータムクラシックで今季海外初戦で優勝したとの記事を見た。 そうか、9月と言えばもうISU承認のチャレンジャーシリーズが始まっているのだ。 なんだかんだでシーズンオフが短いフィギュアスケート。 体調管理が…

映画鑑賞記録(サブスク)「ミュンヘン」 最後まで引っ張る力量はさすがスピルバーグ

仕事以外全部趣味 1972年ミュンヘンオリンピック開催中に起きた「黒い9月」によるテロ。 1964年の東京オリンピックで感動し、メキシコ五輪でさらにスポーツへの関心を高めた中、その次のミュンヘン五輪で起きた痛ましい事件。 パレスチナ武装組織黒…

フィギュアスケート 高橋大輔氏引退で間違いなくひとつの時代が終わった

フィギュアスケートアイスダンス村元哉中・高橋大輔ペアが引退を発表した。 かなだいの愛称で小松原夫妻ペアと共にアイスダンスを引っ張ってきたがついにこの日が来たかというのが率直な印象だ。 羽生結弦が競技フィギュアから退き、今回高橋大輔氏の引退に…

別府大分毎日マラソン MGC効果で好記録続出だが世界と戦うにはさらなるレベルアップが必要

伝統の別府大分毎日マラソンが行われた。 風光明媚なコースで大阪国際女子マラソンと並んで私の好きなコースだ。 ただ如何せん風の影響を受けやすい。 いつだったか忘れたが、ヒゲの鎌田選手が現役で走っていた時、先頭グループの5人(だったと思う)がある…

フィギュアスケート新時代 羽生結弦のいない男子 ロシア勢のいない女子

北京オリンピックがはるか昔のように感じる。 今年の2月に行われたのが嘘のようだ。 次回の冬季オリンピックは2026年イタリアのミラノで開催されるが、まだまだ遠い先のように感じる。 私は過去サンスポの「イザ!」「ツポーツナビ」とブログを投稿させ…

私が最も好きな羽生結弦のプログラム 

羽生結弦選手がプロへの転向を表明して5日が過ぎた。 昨日は緊急特別番組と銘打って「感動をありがとう~終わりなき挑戦~」が放映されたが視聴率は芳しくなかったようだ。 元々スポーツは大会の最中ならばお祭り騒ぎになって盛り上がるが、試合が無い時の…

映画鑑賞記録 東京2020オリンピックSIDE:B 呪われたオリンピック

仕事以外全部趣味 河瀨監督の東京オリンピック記録映画。 先日のSIDE:Aに続いてSIDE:Bを見て来た。 SIDE:Aが選手の目線で描かれていたがSIDE:Bは皆さんご存知の通り、開催までの幾多の困難を描いた記録映画になっている。 東京オリ…

北京オリンピックの見方 女子カーリングロコ・ソラーレ準決勝進出 絶望から歓喜へ

先に女子フィギュアスケートシングルについて少し。 坂本花織選手の演技は素晴らしかった。 持てる力をほぼ出し切った演技は平昌から4年間のたゆまぬ努力が感じられた。 そのご褒美が銅メダルという快挙につながったと思う。 樋口新葉選手も3Aを完成の域…

北京オリンピックの見方 カミラ・ワリエラのドーピング問題を考える

今大会は何故こんなに重苦しいのだろう・・・と大会序盤に書いた。 今までのオリンピックとは明らかに異なる空気。 さらに、ここにきてとんでもない問題が表面化した。 女子フィギュアスケートの絶対的金メダル候補 ❝絶望❞ カミラ・ワリエラのドーピング問題…

北京オリンピックの見方 スノーボード女子ビッグエア 日本3人娘のチャレンジにメダル争いを超えた感動を覚えた

スノーボード女子ビッグエア。 村瀬心椛、岩淵麗楽、鬼塚雅の日本3人娘。 彼女たちのチャレンジはあまりにも清々しかった。 月並な言葉だが心が洗われた。 もちろん一番いい色のメダルを狙うため、それぞれが超高難度なトリックを狙っていったのは間違いな…

北京オリンピックの見方 女子スピードスケート小平奈緒選手の1000Mが見逃せなくなった

先日行われたスピードスケート女子500M。 今大会5種目に挑戦している高木美帆選手がオリンピック初参加にもかかわらず自己ベストのタイムを叩きだした。 4組目で滑った高木のタイムを誰も抜くことが出来ない。 実に最終組ひとつ前の14組でエリン・ジ…

北京オリンピックの見方 アルペン競技がほとんど注目されないのが寂しい

これは私だけの感想かもしれないのだが・・・。 最近オリンピックでアルペン競技がほとんどニュースになっていないように思う。 アルペン競技とは滑降、回転、大回転、スーパー大回転のことだ。 元々日本選手はやや弱い種目だったとは思う。 それでも過去に…

北京オリンピックの見方 祝金!平野歩夢 スノーボードハーフパイプはヴィジュアル的には最高だ

15歳の中学生が銀メダルに輝いたソチ五輪男子スノーボードハーフパイプ。 4年後の平昌でもほぼ手中にした金メダルが最終走者ショーン・ホワイトの劇的な滑走でスルリと手のひらから落ちて再び銀メダル。 あれから4年。 平野歩夢は押しも押されぬ第一人者…

北京オリンピックの見方 心に焼き付けた羽生結弦最後のフリー演技「天と地と」

羽生結弦のオリンピックが終わった。 SPの失敗によりオリンピック3連覇を事実上断たれたが、クワドアクセルへのあくなき挑戦を試みてきた羽生結弦。 平昌でオリンピック2連覇を果たしてからはメダル争いとは別次元で4Aを跳ぶことに全身全霊を傾けてき…

北京オリンピックの見方 何故今大会はこんなに重苦しいのか 高梨沙羅失格、羽生結弦失敗 竹内智香の判定 高木菜那の接触

北京オリンピックが開幕してまだ5日しか経っていない。 本来ならこれから益々気分が盛り上がっていくところだが、私個人的には早くも見るのに疲れてしまった。 じゃあ、見なきゃいいだろって声が聞こえてきそうだが。 年取ったのかなあ・・・。 4年に1度…

北京オリンピックの見方② 高梨沙羅選手に対する批判には反吐が出る

4年前、平昌オリンピックで高梨選手は銅メダルを獲得した。 実は日本選手が平昌で獲得したメダルで、私は高梨選手の銅メダルが一番嬉しかった。 その時の嬉しい気持ちを4年前しっかりブログに投稿している。 ソチ五輪で圧倒的な金メダル候補だった高梨。 …

北京オリンピックの見方① 羽生結弦3連覇の可能性を考える

北京オリンピックが始まった。 何かと問題の多い大会だが、ここでは政治的なことは触れない。 オミクロンについては誰がいつ感染するかわからない。 競技日程など、運に左右されるケースが出てくる可能性があるが、神のみぞ知るってところだろうか。 それが…

フィギュアスケート4大陸選手権 三原舞依選手優勝の報を聞いて思わず嬉し泣き

オリンピックの結果も出ていない中こんな書き方をしたら怒られるが、全日本での転倒がなかったら・・・。 タラレバの話をするのは野暮と分かりつつ、4大陸の三原舞依選手の滑りを見て、何と言うか感動してしまったのだ。 フリーで最後の最後、スピンで失敗…

フィギュアスケート 北京オリンピック代表メンバーを見ての感想

今年最後の投稿となります。 今年もこの拙ブログをご覧いただきありがとうございました。 フィギュアスケートのオリンピック代表が決まった。 もっともスムーズに決まったのは間違いなく男子シングルだろう。 優勝が羽生結弦、2位に宇野昌磨、3位に鍵山優…

全日本フィギュア女子シングル 熾烈な戦いを制したのは坂本花織選手 樋口選手も悲願の代表を確実に

北京オリンピック選考会を兼ねるフィギュアスケート全日本選手権が開催されている。 オリンピックや世界選手権でも手汗握る張り詰めた戦いが見られるが、私は全日本が一番好きだ。 特に女子シングルSPは毎回有力選手の失敗がほとんど見られない最高レベル…

フィギュアスケートGPファイナルは中止 オリンピックへの影響は

フィギュアスケートGPファイナルが中止と決まった。 オミクロン株の急拡大を受け日本が鎖国政策を取った時点で中止は必然だった。 開催される方が奇異に感じるし、世論は許さないだろう。 私個人的にも、鎖国政策の是非はともかく中止はやむを得ないって思い…

羽生結弦ロシア杯欠場 五輪3連覇も4A成功も狙うのが当然 ガラスの足よ持ってくれ!

羽生選手がロシア杯の欠場を発表した。 右足関節靱帯損傷。 ググってみたところ、バレーボールやバスケットボールなど、ジャンプの着地時に足首を捻って受傷することが多いとある。 あれだけ練習も含めて何度も何度もジャンプにより物凄い衝撃を受け続けるフ…