影無茶のスポーツ24/7

ルール知らなくても面白く読んでいただけることを目指します

北京オリンピック

北京オリンピックの見方 私的印象に残ったシーン・後編

北京オリンピックが終わってまだ間がないし、パラリンピックは始まってもいないというのに、それが何だか遠い昔のように思ってしまう。 私的印象に残ったシーン前編を投稿したのが21日。 その後ロシアがウクライナに侵攻し西側諸国はほとんど何も出来ない…

北京オリンピックの見方 聖火太陽に帰る 私的印象に残ったシーン・前編

北京オリンピックが終わった。 多くの問題が起きてしまった今回のオリンピック。 スポーツ本来の姿が失われつつあるのではと思うような出来事もあった。 大会通じて私はどこかにずっと重苦しさを感じていた。 それでもスポーツの良さを確かに感じることが出…

北京オリンピックの見方 女子カーリングロコ・ソラーレ準決勝進出 絶望から歓喜へ

先に女子フィギュアスケートシングルについて少し。 坂本花織選手の演技は素晴らしかった。 持てる力をほぼ出し切った演技は平昌から4年間のたゆまぬ努力が感じられた。 そのご褒美が銅メダルという快挙につながったと思う。 樋口新葉選手も3Aを完成の域…

北京オリンピックの見方 カミラ・ワリエラのドーピング問題を考える

今大会は何故こんなに重苦しいのだろう・・・と大会序盤に書いた。 今までのオリンピックとは明らかに異なる空気。 さらに、ここにきてとんでもない問題が表面化した。 女子フィギュアスケートの絶対的金メダル候補 ❝絶望❞ カミラ・ワリエラのドーピング問題…

北京オリンピックの見方 スノーボード女子ビッグエア 日本3人娘のチャレンジにメダル争いを超えた感動を覚えた

スノーボード女子ビッグエア。 村瀬心椛、岩淵麗楽、鬼塚雅の日本3人娘。 彼女たちのチャレンジはあまりにも清々しかった。 月並な言葉だが心が洗われた。 もちろん一番いい色のメダルを狙うため、それぞれが超高難度なトリックを狙っていったのは間違いな…

北京オリンピックの見方 女子スピードスケート小平奈緒選手の1000Mが見逃せなくなった

先日行われたスピードスケート女子500M。 今大会5種目に挑戦している高木美帆選手がオリンピック初参加にもかかわらず自己ベストのタイムを叩きだした。 4組目で滑った高木のタイムを誰も抜くことが出来ない。 実に最終組ひとつ前の14組でエリン・ジ…

北京オリンピックの見方 アルペン競技がほとんど注目されないのが寂しい

これは私だけの感想かもしれないのだが・・・。 最近オリンピックでアルペン競技がほとんどニュースになっていないように思う。 アルペン競技とは滑降、回転、大回転、スーパー大回転のことだ。 元々日本選手はやや弱い種目だったとは思う。 それでも過去に…

北京オリンピックの見方 祝金!平野歩夢 スノーボードハーフパイプはヴィジュアル的には最高だ

15歳の中学生が銀メダルに輝いたソチ五輪男子スノーボードハーフパイプ。 4年後の平昌でもほぼ手中にした金メダルが最終走者ショーン・ホワイトの劇的な滑走でスルリと手のひらから落ちて再び銀メダル。 あれから4年。 平野歩夢は押しも押されぬ第一人者…

北京オリンピックの見方 心に焼き付けた羽生結弦最後のフリー演技「天と地と」

羽生結弦のオリンピックが終わった。 SPの失敗によりオリンピック3連覇を事実上断たれたが、クワドアクセルへのあくなき挑戦を試みてきた羽生結弦。 平昌でオリンピック2連覇を果たしてからはメダル争いとは別次元で4Aを跳ぶことに全身全霊を傾けてき…

北京オリンピックの見方 何故今大会はこんなに重苦しいのか 高梨沙羅失格、羽生結弦失敗 竹内智香の判定 高木菜那の接触

北京オリンピックが開幕してまだ5日しか経っていない。 本来ならこれから益々気分が盛り上がっていくところだが、私個人的には早くも見るのに疲れてしまった。 じゃあ、見なきゃいいだろって声が聞こえてきそうだが。 年取ったのかなあ・・・。 4年に1度…

北京オリンピックの見方② 高梨沙羅選手に対する批判には反吐が出る

4年前、平昌オリンピックで高梨選手は銅メダルを獲得した。 実は日本選手が平昌で獲得したメダルで、私は高梨選手の銅メダルが一番嬉しかった。 その時の嬉しい気持ちを4年前しっかりブログに投稿している。 ソチ五輪で圧倒的な金メダル候補だった高梨。 …

北京オリンピックの見方① 羽生結弦3連覇の可能性を考える

北京オリンピックが始まった。 何かと問題の多い大会だが、ここでは政治的なことは触れない。 オミクロンについては誰がいつ感染するかわからない。 競技日程など、運に左右されるケースが出てくる可能性があるが、神のみぞ知るってところだろうか。 それが…