影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

札幌記念・ストーリーから組み立てる的中への道

夏のメーンイベント札幌記念

近い将来GⅠに格付けされるとの噂も納得と思うほど最近はメンバーが揃います。

今年も凱旋門賞を目指すハープスターゴールドシップに、皐月賞ロゴタイプ、すっかり海外遠征が板に付いたトウケイヘイローを初めとして豪華なメンバーが揃いました。

そのメンバーの中でもやはり注目は3歳牝馬凱旋門賞に参戦するハープスターでしょう。

今回のお題は

ハープスターはこれからも輝き続けるのか

何とも難しいテーマを選んでしまいました。

それというのも私のハープスターへの思い入れは半端なく、桜花賞ではダイヤモンドより堅いハープスターの頭と書きました。

その後も引退まで負ける事はないだろうとまで書き、オークスで敗れた時のショックは尋常ではありませんでした。

ここまで思い入れたハープスターに対するテーマでは、結論ありきじゃないのかと思われても仕方がないかと・・・。

思えば新潟2歳ステークス。

この時のハープスターのはじけ方が半端なかったのがここまで人気を集めた大きな要因でしょう。

何しろその時にちぎった相手がイスラボニータだったんですからね。

このレースによって今年の3歳牝馬は強い!と考えていた人達の自信は確信に変わったはずです。

JRAとしてもスターホースが欲しい。

レースぶりも劇的だし、ハープスターがそのままスーパーホースになってくれれば最高だと思っていたでしょう。

しかしオークスで2着に泣いてしまった。

この時点でハープスターの神話は終わってしまったのか・・・。

考え方としては二つあります。

ひとつは神話は終わってしまった。

もうひとつは神話は続く。

あたり前すぎてスイマセン。

考えてみれば今回ハープスターは3歳牝馬の恩恵で52Kgと裸同然(イヤ~ん)で出られます。

この状況は凱旋門賞と同じなんですね。

ここでつまらないレースをしてしまえば、それこそ神話は終わってしましまいます。

私は思い入れというフィルターをはずしてでも神話は続くと思っています。

しかし神話の第1章完結はあくまで凱旋門賞です。

もう無敗で行く必要はありません。

もしかするとオークスの2着はかえって彼女の為には良かったのではないでしょうか。

札幌記念では敗れても印象に残るレースをする。

本当の輝きを見せるのは凱旋門賞

そう思う事にしました。

本命はロゴタイプ

ドバイDFをそれなりに走って、札幌記念参戦。

ゴールドシップハープスターは、ここあくまで調整兼ねての出走です。

ロゴタイプは4カ月半ぶりとなりますが、このレースに限ってはGⅠ馬の中では一番可能性が高いと思います。

ロゴタイプ

ハープスター

ゴールドシップ

ルルーシュ

ホエールキャプチャ

以上のように決定しました。

皆様に幸運を。

私にも・・・。