影無茶のスポーツ24/7

スポーツ好き熟年おやじのブログ

フレッシュな三役、前頭筆頭、秋場所は益々充実の土俵が見られる

名古屋場所で優勝回数30回の大台に乗った横綱白鵬

いよいよ大鵬の持つ前人未到32回超えが現実となりつつあります。

豪栄道大関に昇進するなど土俵の充実が感じられた先場所。

夏巡業を乗り切って各力士がどれだけ伸びているのか。

日焼けした身体をぶつけあう大相撲秋場所が始まります。

横綱の戦いぶり、注目の新大関豪栄道稀勢の里琴奨菊等、横綱大関陣の土俵はもちろん見ものですが、

今場所は何と言ってもフレッシュな三役、前頭筆頭の各力士に注目したいです。

妙義龍まさかの網膜剥離には驚きましたが、名古屋場所には間に合うとの事で良かったです。

今場所と先場所の関脇、小結、前頭筆頭を記させていただくと。

(今場所)

関脇 妙義龍  27歳 134勝110敗26休

関脇 豪風   35歳 446勝483敗31休

小結 常幸龍  26歳  63勝72敗

小結 千代大龍 25歳 143勝107敗18休

筆頭 照ノ富士 22歳  26勝19敗

筆頭 遠藤   23歳  47勝42敗1休

(先場所)

関脇 豪栄道  28歳 315勝245敗25休 (大関昇進

関脇 栃煌山  27歳 337勝299敗9休  (2勝6敗7休:陥落)

小結 安美錦  35歳 588勝615敗12休 (3勝12敗:陥落)

小結 碧山   28歳 124勝110敗6休  (6勝9敗:陥落)

筆頭 勢    27歳  91勝89敗     (5勝10敗:降下)

筆頭 松鳳山  30歳 119勝121敗    (4勝11敗:降下)

尚、通算勝敗は幕内成績。先場所の力士の勝敗は先場所前の数字です。

(相撲レファレンス参照させていただきました)

比べてわかるように若い力士が上位に進出してきました。

妙義龍の休場は残念ですが、番付上は龍の漢字を使う幕内力士4名の内3名が集結という状況。

先場所、豪栄道大関昇進、他の三役以下上位力士は軒並み負け越し。

総入れ替えの様相の中、照ノ富士、遠藤を含めた昇り竜が如くの力士たちからは目が離せません。

大相撲にも世代交代の時期が訪れたのか、白鵬を中心とするベテラン横綱大関陣がまだまだ力の差を見せつけるのか。

大注目の秋場所です。