影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

続・アンビシャスよ、どこへ行く

ハンデ戦となってから、トップハンデも1番人気も勝ったことがないラジオNIKKEI賞。

その2重苦を背負ってこのレースに出走してきたアンビシャス。

彼は今年の3歳牡馬クラシック戦線において明らかに異質のロードを歩んできました。

以前「アンビシャスよ、どこへ行く」よいう題の記事でその思いを投稿させていただきましたが、結果、一息入れてここに出走してきました。

共同通信杯リアルスティールドゥラメンテに続く3着。

プリンシパルステークスでは圧倒的人気に応えて快勝。

当然ダービーと思いきや、早々に回避を決定。

マイルカップが何とも残念な除外。

その実力からして今回の顔ぶれではトップハンデも1番人気も当然でしょうが、前述の通りこのレースではそれが仇となってしまいます。

しかしそんな心配は杞憂に終わり過去2戦2勝のルメールを鞍上に迎えたアンビシャスは格の違いを見せつけました。

直線あっという間に抜け出して後続を突き放すレースは王者の風格さえ感じられました。

ディープインパクトに、ブルードメアサイアーが今は亡きエルコンドルパサー

兄弟にさほど活躍した馬がいませんが、アンビシャスはディープの切れ味とエルコンドルパサー産駆に見られた成長力を兼ね備えているのではないでしょうか。

これで秋が楽しみになりましたが、春の時点で音無師が秋は毎日王冠からと明言していたと記憶してますので、その次ですね。

秋天かマイルチャンピオンか、音無師の判断が注目です。