影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

先週のジャイアンツ(9月12日~17日) CS圏内突入

先週は今季最後のベイスターズ戦。

目上の敵を直接叩いてCS圏内突入する最後のチャンス。

大事な大事な1週間でした。

まずは先週の結果。

〇スコア

9月12日 対タイガース  5対5△

9月13日 対タイガース  7対2〇

9月14日 対タイガース  2対2△

9月16日 対ベイスターズ 0対1●

9月17日 対ベイスターズ 6対1〇

〇主な打者の成績

陽     21打数7安打.333 打点3

マギー   22打数6安打.273 打点4

坂本    20打数5安打.250

阿部    20打数6安打.300

村田    22打数4安打.182 打点2

長野    19打数5安打.263 打点3

亀井    14打数4安打.286 打点1

小林    14打数5安打.357 打点2

橋本     8打数3安打.375 打点1

宇佐見    8打数2安打.250

寺内     3打数1安打.333 

脇谷     4打数1安打.250

石川     3打数0安打

中井     2打数1安打.500

週間チーム打率  191打数51安打.267

〇先発投手成績

9月12日  田口   6回  自責点

9月13日  吉川   6回  自責点

9月14日  菅野   7回  自責点

9月16日  マイコラス7回  自責点

9月17日  畠    7回  自責点

週間チーム防御率 51回 自責点11 防御率1.94

先週の成績が2勝2分1敗の勝ち点8・・・ちゃうちゃうそれサッカーやがな。

5試合やって1敗しかしなかったことを評価すべきか、相変わらず接戦に弱いことを嘆くべきか。

まあ、タイガースの2分はせめて1試合は勝って欲しかったですが、どちらも先制されたのを追いついたので贅沢は言ってられないですね。

先週の最大のミッションだったCS圏内突入も出来ましたので良しとしましょう。

今週は先発ローテをどう回すのか注目していましたが、田口(中5日)吉川(6月以来)菅野(中5日)マイコラス(中5日)畠(中7日)ときました。

火曜日のタイガース戦を中5日で登板した田口ですが少しへバリが来ているようです。

2点台前半だった防御率がじりじりと上がってきており、ちょっと心配。

菅野も中5日で出てきましたがこれは予想されていた通りでさすがの安定ぶりでしたが試合は引き分け。

マイコと畠は順番を逆にしたのはルーキー畠よりマイコで先勝したかったのと、完全にローテに入ったとはいえ入団前には右肘の手術をしているので無理をさせたくなかったとの思いがあるのかなと推測します。

ところが勝利投手になったのは吉川と畠の二人。

吉川は鳥谷にぶつけてしまった影響が残っていないか心配しましたが良い意味で予想を裏切ってくれました。

畠に至ってはタイムリーまで放つ充実ぶり。

田口、菅野、マイコで勝てなくても先週を乗り切れたことは、最初に贅沢は云々と書きましたがよくやりましたよね。

田口が少し精彩を欠いてるとはいえ、ジャイアンツ先発投手陣は厚い陣容になりました。

吉川はこれで次も使えますし、右3枚、左2枚で文句なくセ界一だと思います。

気が早いですがこの先発陣だけを見ればCSでの逆転優勝も可能性が無いわけではありません。

ただ今週は今日から10日間で9戦というハードな日程。

内海、大竹、宮國あたりを登録してどこかで投げてもらわないとちょっと苦しいです。

本当なら山口俊がここに名を連ねないといけないんですが・・・。

打線は全体的にはそこそこ安打も出ていますが坂本と阿部が共に打点ゼロ。

まあ、今週はチャンスに打ってくれるでしょう。

当然ベイスターズも再浮上を狙ってくるでしょうし、安心などしていられませんがチーム一丸でCS出場権を獲得してもらいたいです。