影無茶のスポーツ24/7

スポーツ好き熟年おやじのブログ

先週の巨人(ジャイアンツ)9月14日~20日 先週は投手陣打たれて33失点(自責点27)で3勝3敗

13連戦(1試合中止)を10勝1敗1分けで乗り切って首位を固めたジャイアンツ。

先週から今週にかけて今度は9連戦。

まずは数字から

先週の数字

スコア

9月15日  対タイガース   6対3 〇

9月16日  対タイガース   7対6 〇

9月17日  対タイガース   0対11 ●

9月18日  対ベイスターズ  0対6 ●

9月19日  対ベイスターズ  1対7 ●

9月20日  対ベイスターズ  5対0 〇

主な打者の成績

吉川尚    21打数5安打  打点1 .238 .281

坂本     15打数3安打  打点2 .200 .265

丸      19打数7安打  打点4 .368 .287

岡本     13打数4安打  打点4 .308 .274

中島     11打数3安打      .273 .283

パーラ    10打数1安打      .100 .275

大城     18打数5安打  打点3 .278 .309

ウィーラー  11打数0安打      .000 .259

松原     21打数4安打      .190 .242

若林      9打数2安打  打点1 .222 .241

田中     10打数4安打  打点2 .400 .267

立岡      6打数3安打  打点4 .500 .429

亀井      8打数1安打      .125 .252

週間チーム打率  191打数43安打  .225 .255

※赤字は今季通算打率

投手成績

9月15日   菅野     6回    自責点3  1.64

9月16日   田口     7回1/3 自責点4  4.50

9月17日   サンチェス  5回    自責点3  2.60

9月18日   戸郷     5回    自責点6  2.97

9月19日   今村     5回    自責点2  3.71

9月20日   畠      6回    自責点0  4.56

※赤字は先発投手の今季防御率

週間先発防御率     34回1/3   自責点18 4.72

週間ブルペン防御率  17回2/3   自責点9  4.58

週間投手陣防御率    52回      自責点27 4.67

感想

タイガース戦で菅野が(彼にしては)悪い部類の出来で近本に2本ホームランを被弾してしまった。

6回を投げてジャスト100球。

その時点でジャイアンツは負けていたが裏の攻撃で見事逆転。

勝ち投手の権利を得て降板して結果はブルペン陣が得点を許さず11連勝。

後に投げた高梨は直後無死1,2塁のピンチを迎える。

高梨は菅野の勝ちを消してはいけない・・・と緊張したと書かれていたが、ここで問題の矢野采配が出た訳だ。

梅野に出されたバスターエンドランのサイン。

この采配に対しては多くの批判が出ているが、全ては結果論。

他チームの采配をどうこう言うべきでないと思っているが、確かにこの試合のターニングポイントだったのは間違いなく、結果タイガースに引導を渡すことに繋がった。

今季は開幕のタイガース3連戦に3連勝したのが好成績に結びついたのも間違いなく、

逆にタイガースはあそこで好スタートを切っておればどうなっていたかわからないと私は思っている。

ただ、ジャイアンツがすごくいい野球をやっているのも確かで、総合力(特に守備力)でやはりジャイアンツが優位にペナントを進めていたことは推測出来る。

いずれにしても今シーズンはもうジャイアンツ優勝で決定だ。

先週は3勝3敗だが決して負け越さない。

先発も畠が突然好投して勝ちきるように、流れもジャイアンツが掴んでいる。

私は京セラドームで生畠を見てカープ強力打線相手にバッタバッタと三振を奪ったピッチングが忘れられない。

その試合は結局一発攻勢を浴びて敗戦投手になったが三振を取れるピッチングは魅力あふれるものだった。

今からでもローテに入って欲しい期待の投手だ。

今週は9連戦の残り3戦をカープと、中1日休養挟んでドラゴンズ3連戦。

カープには前回3連敗しているので今回は借りを返したい。

ドラゴンズは現状大野、ロドリゲスの登板はなさそうだし、4勝2敗でよろしく!

おっと去年の今頃ってジャイアンツの優勝決まってたんだ! 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com