影無茶のスポーツ24/7

スポーツ好き熟年おやじのブログ

先週の巨人(ジャイアンツ)9月21日~27日 マジックナンバー順調に減少 後ろからは何にも来ない

13連戦10勝1敗1分1雨。

9連戦  6勝3敗

合計22戦で16勝4敗1分で貯金を12増やす。

9月15日にマジック38が点灯してから順調に減らして今日現在で24。

もう止められない。

後ろからは何にも来ない!

先週の結果

スコア

9月21日  対カープ   10対3 〇

9月22日  対カープ    5対4 〇

9月23日  対カープ    7対3 〇

9月25日  対ドラゴンズ  8対4 〇

9月26日  対ドラゴンズ  2対3 ●

9月27日  対ドラゴンズ  5対1 〇

主な打者の成績

吉川尚   25打数8安打  打点2 .320 .285

坂本    21打数9安打  打点7 .429 .277

丸     23打数5安打  打点2 .217 .281

岡本    19打数7安打  打点9 .368 .280

中島    22打数12安打 打点4 .545 .311

大城    12打数4安打  打点2 .333 .311

松原    21打数8安打  打点4 .381 .262

若林     8打数4安打  打点3 .500 .273

炭谷     5打数1安打  打点1 .200 .179

田中     4打数3安打  打点1 .750 .368

ウィーラー  9打数0安打      .000 .247

ウレーニャ  7打数1安打      .143 .143

※赤字は今季通算打率

週間チーム打率  206打数66安打 .320 .259

投手成績

9月21日  直江    4回1/3 自責点2  3.00

9月22日  菅野    8回    自責点3  1.78

9月23日  田口    8回1/3 自責点3  4.35

9月25日  サンチェス 5回2/3 自責点4  3.02

9月26日  畠     4回2/3 自責点2  4.45

9月27日  戸郷    7回    自責点0  2.70

※赤字は先発投手の今季防御率

週間先発防御率     38回  自責点14  3.32

週間ブルペン防御率  16回  自責点3   1.69

週間投手陣防御率    54回  自責点17  2.83

感想

今シーズン前までは決して選手層が厚いとはお世辞にも言えなかったジャイアンツ。

ところがシーズンが始まるや否や、首脳陣が積極的に若手を起用。

起用された選手も期待に応えて今や選手層が厚いとさえ言われるようになった。

特に投手陣は今シーズン開始前までは先発もブルペンも不安一杯だった。

ところが菅野の超安定、戸郷の成長、この二人を軸にメルセデス、サンチェスの両外国人、ここぞと言う時の今村、田口の復活など形を作ってきた。

ここまで先発投手10人を起用してきたジャイアンツ。

勝星こそまだだが、直江も大事に育てられプロ入り初勝利間近を思わせる。

戸郷はさすがに疲れが出たのか9月に入って17回2/3投げて自責点12。

8月末に1.90だった防御率が2.97まで悪化してしまった。

ところが中8日の休養を与えて登板した27日は7回99球投げてドラゴンズに点を与えなかった。

これで8勝目。

彼が真田、宮國級ではなく槇原、斎藤、桑田級である可能性も出てきた訳だ。

ブルペン陣がまたすごい充実。

まさかここまでタレントが揃うとは恥ずかしながら思っても見なかった。

嬉しい誤算とはこのようなことを言うのだろう。

持てる駒を次々と惜しみなく起用しているように見えるが、原監督は決して3連投をさせない。

ここまで一番登板数が多いのが中川だが32試合。

他球団のブルペン陣と比べても多くはない。

確かに首位独走の余裕とも言えるだろう。

しかしこれだけ充実のブルペン投手陣を作り出したベンチの功績は大きい。

とにかく先週も貯金を増やしてますます独走。

カープにも前回3連敗の借りを返してきっちり3連勝。

もう後ろを見ても2位以下ははるか後方だ。

今週は前半がカープ、後半がタイガース。

アウェイ6連戦。

完全に可能性が無くなった訳ではないが、Aクラスの可能性が限りなく小さいカープと2位を確保して来季につなげたいタイガース。

まあ3勝3敗の5分で十分ではあるけども。

果たして。

 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com