影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

ジャイアンツ毎日が首位攻防戦・今日からカープ3連戦

突き放しかけては縮まり、また突き放しかけては縮まる今年のジャイアンツと2位チームの差。

澤村、内海の連続完封の勢いに乗りきれず、ベイスターズに3連戦負け越して再び2位との差が1ゲーム。

但し、今回は相手がタイガースではなくて、8月を15勝10敗、お盆の14日の中止以降11勝4敗と息を吹き返したカープです。

チーム防御率1位、チーム打率1位。

ジャイアンツにとっては優勝経験の豊富さのみがカープとの差程度の均衡した戦力状態と言えるでしょう。

ここまで首位を転落しそうになりながら、ぎりぎりで踏みとどまっているのはその経験の差に他なりません。

経験の差と言っても、故障者リストで主力が形成できる現状、代わりの選手が頑張る姿を涙なしには見ることが出来ません。

カープとは残り7試合。

今季最終戦マツダスタジアムでのカープ戦というドラマチックな日程。

終戦で勝った方が優勝なんて展開になれば、久しくなかったプロ野球の一番長い日、大盛り上がり大会になるでしょうが、それは避けたい(苦笑)

タイガースもまだまだ死んではおりませんし、第一、ジャイアンツはタイガース、カープベイスターズの3球団に負け越しているんですからね。

3球団に負け越したチームの優勝なんて過去に無いんじゃないでしょうか(調べていませんが)

それに比べてタイガースは今日現在全球団に勝ち越し、カープもタイガース以外には勝ち越しと安定した所を見せています。

じゃあ何が違うんだ!

ほとんどの方がおわかりのように、交流戦の成績だけなんですね、これが。

ジャイアンツにとっては眼下の敵だけでなく、毎日が首位攻防戦です。

まず今日の初戦。

勝ち運に見放されている杉内ですが月が変わってツキも変わる。

そう信じて応援するしかありません。

聞けば亀井も長野も戻ってくるとの事。

先発無理でもベンチに居るだけで違います。

いやあ、しかし、クライマックスシリーズがなければ、もっと、もっと超盛り上がっていたのにね。

そういう究極に痺れた思いを久々にペナントレースで味わってみたい気がしている今日この頃です。