影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

激闘!八重樫、ロマゴンに敗れるも心に残る名勝負

この感情はなんでしょう。

誰もが予想した通りローマン・ゴンサレスは恐ろしく強かった。

ある意味順当な結果で終わった世界フライ級タイトルマッチ。

しかし私は八重樫の戦いぶりに彼の生きざまを感じて4Rあたりから泣きそうになって見てました。

観客のアキラコールはほんと自然発生的に生まれた物で、八重樫が選択した真っ向からの打ち合いは、結果を別にして観衆の記憶に永遠に残る物でした。

八重樫はロマゴンの強さを認め、ロマゴンも八重樫に敬意を表し、互いにベストコンディションで持ち味を出し切っての名勝負。

これぞ八重樫!

これぞロマゴン!

これぞボクシング!

ローマン・ゴンサレス 40戦40勝(34KO)

八重樫東       24戦20勝(10KO)4敗