影無茶のスポーツ24/7

スポーツ好き熟年おやじのブログ

木村沙織の挑戦

木村沙織がトルコのワクフバンク・テュルクテレコムで頑張っている。

出場機会には恵まれていないようだが、その心意気は素晴らしい。

日本ではサオリンとして愛されており、そのまま国内リーグに所属していても活躍は約束されている。

しかし彼女は自分の成長の為にあえて海外に居を求めた。

これは想像だがオリンピックの最終予選などを通じて自分の力がまだまだ世界に比べて足りていないという事を感じ取ったからだろう。

目立たないが(あまり報道されないので)佐野、横山、橋本、松浦、井野なども海外リーグに移籍している。

栗原や狩野もこの前まで海外リーグで頑張っていた。

Jリーグでは海外移籍は多くの量をさいて報道されるので注目もされるが、バレーボールでは日本国内の人気に比べやや寂しさを感じる。

野球の場合大リーグが選手にとって最終目標となっているのに比べ、

サッカー、バレーボールは代表としてレベルアップしたい思いが強いだろう。

リオまで3年ある。

トルコやアゼルバイジャンという強いリーグで揉まれようとする彼女たちにエールを送る。

出来れば週一でも良いのでスポルトなど地上波でダイジェストを放送して欲しい。