影無茶のスポーツ24/7

スポーツ好き熟年おやじのブログ

フェブラリーステークス:データと経験から軸馬と穴馬をピックアップ

今年最初のGⅠレース。

やはりGⅠの響きは一種興奮を覚えます。

かつてダート馬の目標として設けられたフェブラリーハンデ(当時はもちろんGⅠではありません)。

当時砂怪物と言われたアスコットエイトの為のレースと思われました。

しかし結果は2着。

競馬の難しさを強く思い、印象深いレースのひとつとなりました。

さて今年は圧倒的1番人気確実な馬が出走しています。

コパノリッキー

昨年あっと驚く最低人気の優勝で単勝27,210円をつけました。

それが今年は下手すると1点台の人気ではと思える大躍進。

前走も鞍上に武豊を迎え優勝して、そのまま今回も騎乗。

府中コース2,1,0,1

GⅠ馬が強いこのレース。

他を見渡せばコパノリッキー以外でJRAGⅠを勝っているのはグレープブランデーだけ。

充実の5歳。

根岸ステークス勝馬エアハリファ、GⅠ3連勝中(地方含む)ホッコータルマエが出てこない。

外せません。

軸はどう考えてもコパノリッキーですね。

次に穴馬です。

かつては堅いレースでしたが、最近は少々荒れ傾向です。

穴馬のパターンとしては、

実績ある古豪が人気を落としていた場合。

もしくはさほど実績がない上がり馬。

昨年のコパノリッキーはその代表みたいな馬で、その後の活躍を見ると馬券的には昨年が買い時だったということなのでしょう。

今年のメンバーを見てみましょう。

前者で言えば今年のメンバーからローマンレジェンドシルクフォーチュングレープブランデーワンダーアキュートってところでしょうか。

高齢馬、近走不振、なかなか判断が難しいですが、人気と相談して妙味があれば買い、なければ消しという所でしょう。

但し、ローマンレジェンドはこの冬順調にGⅠを使ってきてそれなりの成績を残していますので有力な連対候補でしょう。

後者からはカゼノコをピックアップします。

ハツラツの4歳。

前走川崎記念2着。

府中ダート初出走ですが、逆に言えば未知の魅力満載です。

アグネスデジタルも魅力です。

それ以外で穴馬としてピックアップしたいのはベストウォーリア

昨年も出走して3番人気でしたが13着大敗。

その後持ち直しましたがここ2走が案外で、今回人気になりそうもありません。

戸崎が乗り続けており、昨年の借りを返す可能性はあると思います。

まとめると

軸馬:コパノリッキー

対抗:ローマンレジェンド

穴馬:カゼノコベストウォーリア

とさせていただきます。

皆様に幸運を!