影無茶のスポーツ24/7

スポーツ好き熟年おやじのブログ

京成杯:ゆるいデータと経験で軸馬と穴馬をピックアップ

ここで言う軸馬はあくまで馬券圏内に入るだろうという馬を指します。

単勝よりも複勝、ワイドを。

2連系よりも3連系馬券の軸で買いたい馬です。

穴馬は文字通り穴馬です。

軸馬1頭、穴馬1~2頭をピックアップして、それ以外馬を絡めて馬券を購入というスタイルです。

今週は西で日経新春杯、東で京成杯が行われます。

厳寒のこの時期。

有力馬の本格始動はまだ先です。

その為か、このレースの勝ち馬からはエイシンフラッシュ位しか目立つ馬は出ていません。

今年はどんな馬が勝ちあがるのでしょうか。

昨年重賞に格上げされた同じ中山2000mで行われたホープフルステークス

オープン特別時代からホープフル5着以内の馬が京成杯でも馬券圏内によく来ています。

今年は5頭がホープフルSからここに参戦してきました。

3着ブラックバゴ、4着ソールインパクトはここでも有力である事は間違いないでしょう。

しかし二桁着順だった3頭も気になります。

中でも柴田が乗り続けるマイネルシュバリエは、父ミスプロ母系にサンデーが魅力ではずせません。

ここ数年活躍の未勝利勝ちあがり組。

今年も3頭出走しています。

中でも新馬戦3番人気、前走2番人気で未勝利戦を勝ちあがったバルビエールは面白い存在です。

ここ2年ほど関東馬の逆襲がいよいよ始まるかという流れの中、この時期の関東重賞はやはり関東馬を狙いたいです。

そういう意味ではコスモナインボールの不当ともいえる低評価は注意が必要です。

さらに言えばクラージュシチーよりブラックバゴ。

ザイディックメアよりバルビエール。

ベルーフよりもブライトバローズを狙いたいです。

軸馬はブラックバゴ。

ソールインパクトも安定していますがディープの中山はマイナスと考えました。

ブラックバゴは1番人気ですが、母の父ステイゴールドも魅力です。

穴馬は前述のバルビエールと人気落ちのコスモナインボールを指名します。

この3頭を組み込んでどう馬券を買うか。

それはこれからのお楽しみ。

皆様に幸運を!