影無茶のスポーツ24/7

スポーツ好き熟年おやじのブログ

クイーンを聞いていない私でも、ボヘミアンラプソディは素晴らしいと思った


映画『ボヘミアン・ラプソディ』最新予告編が世界同時解禁!

 仕事以全部趣味

 遅まきながら「ボヘミアンラプソディ」を見てきました。

予告編で何度も見ましたが、クイーンにあまり思い入れの無い私は当初見るつもりはありませんでした。

しかしご存知のように見る人、見る人大評判。

思っていた映画とは、どうも違うようだとわかり、映画好きの私は、逆に見ない訳にはいかないな・・・と単純に180度転換した訳です。

結論から言うと、素晴らしかった。

陳腐な言葉ですが一言で言い表すには最適なのであえて使いました。

人間ドラマとして誰が見ても受け入れられる作り。

これならクイーンを普段聞かない人でも良質な映画として鑑賞できます。

フレディや他のメンバーたちの苦悩と喜び。

最後、クライマックスのライブ・エイドに向かって、誰もが感動できるようにストーリーが組み立てられていきます。

もちろんそこまでの組み立てが秀逸でも、実際のライブの場面が稚拙なら興ざめですが、もうこれが驚くほどに完璧なライブ感。

実際に会場でクイーンの演奏を聴いているかのような高揚感を味わえます。

これはもう見ないといけません!ってもうほとんど終わりかけですけどね。

クイーンに興味が無かった私にとっては、どこまでがノンフィクションでどこからがフィクションかがわからなかったんですが、それでも人間ドラマとして、とても完成度の高い映画でした。

これは奇跡の映画だと思いました。

私の大好きなビートルズでこういった映画を作って欲しいですが・・・。