影無茶のスポーツ24/7

スポーツ好き熟年おやじのブログ

先週の巨人(ジャイアンツ)4月2日~4月7日 吉川尚輝で待望のセカンド固定化実現

カープに2勝1敗と勝越し明るい雰囲気のまま東京ドームでタイガースを迎えて3連戦、金曜日から横浜に乗り込みベイスターズ3連戦。

タイガース戦では打棒爆発、投手陣も先発が3人ともクオリティスタートで3連勝。

続くベイスターズ初戦をエース菅野が完投勝利。

背番号18番での初勝利でチームは完全に波に乗った・・・かと思われました。

ところが・・・・・・・。

先週の結果

スコア

4月2日 対タイガース 9対3〇

4月3日 対タイガース 6対3〇

4月4日 対タイガース 10対1〇

4月5日 対ベイスターズ 3対2〇

4月6日 対ベイスターズ 2対9●

4月7日 対ベイスターズ 1対5●

主な打者の成績

吉川尚   21打数11安打 .523 

坂本    19打数10安打 .526

丸     23打数9安打  .391

岡本    22打数5安打  .227

陽      7打数2安打  .286

亀井    18打数4安打  .222

ゲレーロ  23打数6安打  .261

田中    10打数2安打  .200

小林    10打数3安打  .300

大城    11打数2安打  .182

ビヤヌエバ 16打数5安打  .313

週間チーム打率 202打数61安打 .302

投手成績

4月2日  山口    7回    自責点3 

4月3日  メルセデス 8回    自責点

4月4日  高橋優   6回    自責点

4月5日  菅野    9回    自責点

4月6日  澤村    3回    自責点

4月7日  畠     4回1/3 自責点

週間先発陣防御率   37回1/3 自責点16 防御率3.86

週間ブルペン防御率 14回2/3 自責点4  防御率2.45

感想

めでたさも中くらいなりおらが春・・・

何だかそんな印象の1週間でした。

カープに勝越した後タイガース戦では山口、メルセデス、ルーキー高橋が安定したピッチングを披露すると共に打線も活発で、3連戦を得点25、失点7の3連勝。

ニュースでも話題になっていますが、サードに田中を起用した場合、内野陣は坂本が最年長!

少し前なら考えられない布陣で、ようやくジャイアンツにも世代交代が訪れました。

特に吉川尚のセカンド固定はジャイアンツ長年の課題が解消される大きな出来事。

打てる、走れる、守れる。

三拍子そろった大型セカンドの登場です。

さらにベイスターズ初戦でエース菅野が完投で今季の初勝利。

背番号18番での1勝目となりました。

ブルペン陣を休ませることが出来たのもさすが!

スタートダッシュ成功!

順風満帆の船出と思われた物の、1600日ぶり先発の澤村が背信のピッチング。

続く畠も昨年の課題がまだクリアできていないと思われる投球で

せっかくのロケットスタートの興奮もしぼんでしまいました。

原監督は必ず再チャンスを澤村にも畠にも与えるでしょうが、特に澤村は結果を見せなければなりません。

打線は波があるし、今極端に言えば全員調子良いので全員悪くなることもありえます。

そういう時は投手が頑張る。

投手がばてる夏場は打線が助ける。

今のところ負けは明らかな負けなので、それほど後に残らないように思います。

シーズンは長いので連敗さえしなければ大丈夫です。

シーズン143試合をまずは80勝に到達すること。

それなら63敗出来ます。

じっくりいきましょう。

ではまた来週。