影無茶のスポーツ24/7

スポーツ好き熟年おやじのブログ

「スターウォーズ・スカイウォーカーの夜明け」42年間生きてて良かった!

仕事以外全部趣味

ピポパポパ~♪

スピルバーグの壮大なスペースオペラ

幻想的で哲学的な、それでいて不思議な満足感を得ることが出来た「未知との遭遇」。

歴史的なスターウォーズ第1作(エピソード4)も同年公開でした。

先に見た未知との遭遇は、分かったような分からないような不思議な感覚でしたが、このスターウォーズは誰が見ても楽しめる痛快冒険活劇でした。

デススターに挑むルーク達勇敢なパイロットたち。

戦闘機群がデススターの急所に爆弾を叩き込むシーンは個人的に映画史上5本の指に入る名シーンです。

何とあれから42年経ったんですね。

この1作目を見た人で最終作を見ずに亡くなられた方も多くおられるでしょう。

9作全てをリアルタイムで見ることが出来ただけでも私は幸せです。

エピソード7,8,9の3本はレイの成長物語。

凛々しく美しくレイはこのスターウォーズ最終作を伝説に高めてくれました。

考えてみれば42年前は単純な冒険活劇だったこの映画。

それがどんどん話が膨らみ、人間ドラマの比重がかなり高くなってきた。

それが途中、何かまどろっこしさを覚えることもありましたが、この最終作はそのバランスが見事でした。

お約束の帝国軍と反乱軍の戦闘機群対戦艦の激突もしっかり見せてくれます。

懐かしい顔も出てきます。(皆年をとりましたねえ~何しろ42年だもんね)

エンドロールで流れるジョン・ウィリアムズのお馴染みのテーマ曲!

これほどエンドロールがいつまでも流れて欲しいと思ったのは初めてでした。

大団円!

42年間お疲れさまでした!そしてありがとう!


「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」特報