影無茶のスポーツ24/7

スポーツ好き熟年おやじのブログ

復活!目黒高校のニュースを見たので全国高校ラグビー大会の事を少し

全国高校ラグビー東京第1代表に目黒学院が名乗りを上げた。

梅木監督が亡くなられたその年に22年ぶりに出場を決めた訳だが、監督の魂がフィフティーンを後押ししたに違いない。

あの強かった1970年代の栄光を再びと選手たちは燃えているだろう。

高校ラグビーは近年大阪と福岡の時代と言っても過言ではない。

そこに京都、神奈川、奈良が絡んでくるという感じだ。

高校ラグビーは大学、社会人よりも創造性豊かなラグビーをするとよく言われる。

継続を主とした展開ラグビーだ。

かつて4連覇を成し遂げた啓光学園などはその典型で、連続攻撃は見ている者をわくわくさせる魅力があった。

たちどころに攻守が入れ替わり、そこからゴールに向かって攻める。

ゴール前の攻防。

観客は腹の底からワー!っという声援を送り、選手の動きに同化する。

鳴り物もなく、選手たちの躍動と、それに合わせた肉声での大声援。

競技場に響き渡る歓声。

これこそがラグビーの醍醐味だ。

最近ジャパンの地力強化でラグビー人気が蘇りつつある。

先日もオールブラックスに挑み、初めて試合らしい試合が出来た。

高校ラガー達も目標が明確に見えてきているのではないだろうか。

今年の高校ラグビーは一層面白い!

強い大阪を含む近畿勢の予選の現状を以下に記する。

■大阪第1 東海大仰星常翔学園で決勝

■大阪第2 大阪桐蔭同志社香里で決勝

■大阪第3 大阪朝鮮対常翔啓光で決勝

■兵庫 科学技術、関西学院六甲アイランド報徳学園がベスト4

■奈良 天理対御所実業で決勝

■京都 桂対京都成章で決勝

■和歌山 和歌山工業対熊野で決勝

■滋賀 光泉対八幡工業で決勝

兵庫以外は17日に代表が決まる。