影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

世界陸上:ウサイン・ボルトは強かった

世界陸上男子100メートル決勝。

人類最速の男を決める戦いはボルト、ガトリン、ゲイ、パウエルが一堂に揃う超豪華な顔ぶれ。

予選、準決勝とスムーズな走りで9秒83、9秒77とタイムを縮めてきたガトリン。

これに対し、準決勝でスタート直後躓きゴール前横一線の大激戦をようやく勝ちぬいたボルト。

大阪での世界陸上100、200の金メダリストで今年の全米チャンピオン、ゲイ。

ボルトの影にかくれるが、ボルトの前の世界記録保持者で今もバリバリのパウエル。

アジア最速中国の蘇、ヤングジェネレーション20歳のブロメル、ドグラス。

まずは考えうる最高のメンバーが決勝まで勝ち進んでいました。

ボルトの圧倒的な強さは誰もが認める物の、予選、準決勝は彼本来の走りには程遠かった。

私はガトリンの柔らかい走りを目にして、ボルトを負かす千載一遇のチャンスと見てました。

しかし結果は。

ボルトの底知れぬ強さを見せつけられました。

ガトリンが70メートルあたりまではリードしていましたかね。

ただ準決勝までの柔らかい走りとはやはり違って少し硬かった。

最後は顎が上がっていっぱいになってしまいました。

ゴール前ボルトはガトリンを捉え、最後横一線ではありましたが、はっきりボルトが前に出ていました。

過去優勝したような圧倒的な強さ、速さとは違う、勝利への執念を見せつけた今回のボルト。

ただただ、強い!としか言葉が見つかりません。

来年はリオオリンピック。

ボルトの伝説はまだまだ続きます。