影無茶のスポーツ24/7

スポーツ好き熟年おやじのブログ

映画館で「ターミネーター:ニュー・フェイト」鑑賞 アイデア不足 アマゾンプライムで「TIME」鑑賞 アイデアを活かしきれていない

仕事以外全部趣味

ターミネーター:ニュー・フェイト

正統なターミネーター2の続編。

このキャッチコピーにつられて行く人、行った人は多いでしょうね。

その昔、B級映画として低予算で作られた「1」というべき「ターミネーター」。

各段にスケールアップ成った「ターミネーター2」。

その後何作ですかね、作られたのは。

ターミネーター3」は初めて女性ターミネーターが登場し、それなりに良く出来た映画でした。

しっかりシュワちゃんも出てましたからね。

えっ?あれ続編でなかったの?

成長したジョン・コナーも出てたのに。(もちろん役者は別)

さて本題の「ターミネーター:ニュー・フェイト」

はっきりいってアイデア不足。

運命は変わったのかもしれませんが、内容は思いっきり既視感あふれるもの。

例えて言えば、偉大なるマンネリ作品「男はつらいよ」。

ベースとなる物語は常に同じで、マドンナとその背景を変えるだけで結論は皆わかっている訳ですが、ターミネーター:ニュー・フェイトも同じような物なんですね。

あまり書くとネタバレになるので控えますが、ターミネーター2でせっかくああなってこうなったのに、えっ!?そんな簡単に・・・ほんまそれでええの?とも思いました。

こちらを正統な続編にするために仕方なかったのかもしれませんが。

相当無理やり感があります。

そのシーンはCGで撮ったんでしょうか。

次はないかも・・・。

それにしてもサラ(リンダ・ハミルトン)もシュワちゃんも年取りましたねえ。


映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』TVCM15秒【なぜアイツがいるのか】編 11月8日(金)公開

TIME

 アマゾン・プライムビデオ。

これいいですねえ。

加入後ほとんどレンタルはしなくなりました。

テレビドラマ、映画、ドキュメント、十分すぎるほど充実していて月額500円でこれだけ楽しめれば何の文句もありません。

今後はプライムビデオで見た映画の感想も書かせていただこうかな・・・っと。

 

まずは「TIME」です。

実は公開当時も見に行きました。

命の時間が通貨の代りとなる世界。

労働対価も命の時間。

25歳以降は年を取らなくなるが、それ以降は自身で命の時間を管理しなければならず、腕に表示される「死」までの残り時間がゼロになるとその瞬間命を落とす。

物を買うにしても、移動するにしても、何にしても命が通貨替わりなので、富裕層とそうでない層とが明確に区別されてしまう。

そんな社会に生きる貧困層に住む主人公が、ひょんなことから100年を超える命をもらい、富裕層に向かう・・・。

命のPayPayって感じですね。

イデアは抜群です。

秀逸。

しかしねえ~アイデアは素晴らしいのに・・・。

あっ、これ以上は書かないでおきます。

私は当時、勝手に期待のハードルを上げすぎていただけなので・・・。

普通なら十分鑑賞に堪えうる映画ではあったと思います。

プライムでもう一度見る気になったほどですから。

ほぼほぼ細かいところは忘れていましたが、1回目よりは楽しめたかな。

やっぱりツッコミどころは満載ですけどね。

興味ある方はご自身で確認していただければと思います。

レンタルかプライムで・・・。

予告編貼っておきます。


【 TIME/タイム 】予告編