影無茶のスポーツ24/7

スポーツ好き熟年おやじのブログ

トロロッソ・ホンダを応援し続ける記事 土俵際から起死回生の4位入賞!

やってくれましたトロロッソ・ホンダ。

予選から速さを見せ、ガスリーが6位(繰上げ5位)ハートレーが11位。

迎えた本線ではガスリーが何と4位で入線。

熾烈を極めるミッドフィールドの争い。

開幕戦オーストラリアでは4位までがトップ3のメルセデスフェラーリレッドブルで占められて、5位にマクラーレンアロンソだったのでミッドフィールド勢では最初に4位に到達したことになります。

オーストラリアでは最悪な結果だったことを考えれば正にV字回復。

バルセロナテストで見せてくれた信頼性が幻でなかったことを証明してくれました。

レッドブル2台とフェラーリ1台がリタイアしたのは事実ですが、それも含めてレースです。

そんな中で最後まで走ったことで結果が付いてくる。

素晴らしいじゃありませんか!

ガスリーは2度タイヤ交換しましたが、ピットも最高の仕事をしました。

チームの雰囲気は一気にポジティブです。

ガスリーもプレッシャーは尋常ではなかったと思いますが、並みのドライバーでないことが証明出来ました。

スタートでのドライビングなど見てもそれは明らかで、将来性豊かだと思います。

ハートレーにも良い刺激を与えるし、トロロッソ・ホンダにとって頼もしい限りです。

 

ホンダもオーストラリアでのパワーユニット故障は大ショックだったでしょう。

テスト結果が良かっただけに、崖から突き落とされたような感覚だったと思います。

今期からエンジンの使用制限数の規制がより厳しくなり、信頼性向上が大命題の中でのエンジンブロー

リタイア原因がエンジンだったのはホンダのみという厳しい現実でした。

今回、ガスリーだけでなくハートレーのマシンにも新しいエンジンを投入。

背水の陣で臨んだバーレーンGPだった訳です。

本当に結果が付いてきてくれて良かったです。

2015年F1復帰以降最高順位。

各マシンによって得手不得手のコースがあるわけですが、トロロッソ・ホンダにとって今日の結果は、得意なコースで気象条件も良く、上位3強にトラブルが重なった場合は表彰台のチャンスがあることを証明するものとなりました。

昨年までは考えられなかった表彰台。

もちろんマクラーレンルノーも不出来とはいえ2台揃ってポイント確保。

このまま終わるはずはないでしょう。

これで今年のF1サーカスが格段に面白くなりました。

ピエール・ガスリー4位! 12点ゲット!

次回中国GPは早くも今週末開催です。

楽しみだなあ~。