影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

トロロッソ・ホンダを応援し続ける記事 シンガポールGP 合点がいかない結果だなあ~

誰もがトロロッソ・ホンダのパフォーマンスを期待したシンガポールGP。

結果は、えっ、何で?というのが率直な気持ち。

フリー走行から下位だったので不安はありました。

まあ、しかしドライバー二人もコース経験ないし、予選、決勝と調子は上がってくると期待・・・いや願っていました。

結果はガスリー14位、ハートレー16位。

正直がっかりしました。

上位6位はさすがのトップ3が独占。

どんなコースでも、どんな展開でも確実に上位を争うこの3チームは凄いです。

ミッドフィールド勢のトップは何とフェルナンド・アロンソ

やはり彼は誰が何と言おうと第一人者です。

口は悪いが腕は確か。

願わくば、アロンソにホンダエンジンで表彰台に登って欲しかった・・・。

この気持ちは変わりません。

F1では、もうその機会は永遠に訪れることは有りません。

それにしても、あれですね。

今年のトロロッソ・ホンダはほんと走って見なければわかりません。

期待すれば裏切られる。

あまり期待しなければ、あっと驚く走りを見せる。

どちらの結果でも何故そうなったのかよくわからない。

その繰り返しです。

その中で間違いないのは、去年あれだけ壊れたエンジンが壊れなくなっていること。

元々昨年のスタートが遅れたトロロッソ・ホンダ。

少しずつ問題をクリアして来年に期待を持たせた状態でシーズンを終えると信じます。

今年の成績を見ると、連続開催の場合は不調なら不調が続き、好調なら好調が続く傾向が見られます。

次戦ロシアGPは中1週あるので、改善されると思っています。

報道によればここでスペック3エンジンを投入するとのこと。

ペナルティーを受けてグリッド降格になりますが、ドライバー二人も楽しみにしていることでしょう。

投入が成されれば、フリー走行でのドライバーの反応が楽しみです。

レッドブルのホンダに対する期待に応えるためにも、確実に戦闘力がアップされることを願います。

さて、来季トロロッソ・ホンダのドライバーはどうなるのか?

遅くとも日本GP直前までには発表があるでしょう。

ハートレーの運命や如何に。