影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

フェラーリ ベッテルの後任にカルロス・サインツ リカルドはマクラーレンに移籍

先日セバスチャン・ベッテルフェラーリ離脱について投稿させていただいた。

ベッテルはどこに行くのか。

後任に誰がシートの座を射止めるのか。

上記2点が注目されたが、どうやら水面下で交渉が行われていたようで(当然か)カルロス・サインツマクラーレンからフェラーリに、ダニエル・リカルドルノーからサインツの抜けたマクラーレンへの移籍が続けて発表された。

アントニオ・ジョビナッツィでは物足りなかったということか。

注目のベッテルルノーマクラーレンのオファーを断わったとされる。(マクラーレンは元々ベッテルにはアプローチしていないとの報道もある)

結果、ベッテルの去就とリカルド移籍で空いたルノーのシートに誰が座るのかが課題として残った訳だ。

ルノーにはフェルナンド・アロンソが復帰するという話もある。

かつてルノーで成功したアロンソだがだ、来季も勝てる可能性がほとんどない今のルノーに本当に戻ってくるのか疑問だ。

同じ様な理由でベッテルルノーのシートに座る可能性もないだろう。

ベッテルメルセデスのシートを希望しているとされているが、実現すれば当然バルテリ・ボッタスとの交代となる。

そうなればハミルトンとベッテルの組合せは現王者とかつての王者。

チームとしてはナンバー2ドライバーの役割を最高の形で実現しているボッタスが居たからこそ、昨年までコンストラクターズでも3連覇していると言っても過言でなく、ベッテル獲得の必要性は感じられないが・・・。

 

これでフェラーリルクレールサインツという若きチームになった。

ルクレールがナンバー1ドライバーなのは明らかで、サインツはどこまで我を捨てることが出来るだろう。

個人的にはマクラーレンと契約を延長し腕を磨く方が良いと思ったが・・・。

契約は2年なのでフェラーリが望む結果にならない場合が心配だ。

リカルドだが、これまでの彼の言動を読んで、どうも好きになれないでいる。

ルノーに感謝しているようなコメントを発してるが、あくまで社交辞令。

レッドブルに残っていた方が良かったとは口が裂けても言えないだろう。

もちろん実力があるし、まだ老け込む年ではないけれど、ここに至るまでの筋が悪い気がしてならない。

それにしても、今季コロナ禍によりまだ1戦も開催されていないのに、早くも来季のシート変動が決まるというのは異常な状況だ。

今季再開後、ベッテルは、リカルドは、サインツは、ボッタスは果たしてどんな気持ちでレースに挑むんだろう。

特にルクレールベッテル

この2人、チームメイトという気持ちは既に無く、本気でバトルのは明らか。

これは大変だ。

それにしてもベッテル来年どうするねん。  

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com