影無茶のスポーツ24/7

スポーツ好き熟年おやじのブログ

井岡一翔VS田中恒成 WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチが実現

それは突然の発表だった。

WBO世界S・フライ級王者井岡一翔と前WBOフライ級王者田中恒成の対戦が実現するのだ。

井上尚弥が階級を上げた後のスーパーフライは先日投稿したが群雄割拠状態。

そこに殴り込みをかけたのが田中恒成

田中は実績が認められWBOスーパー王者に認定されている。

WBAのスーパー王者とは少々趣が異なるが、一番のメリットはスーパーに認定されると、階級を変えた時に即指名挑戦権を得ること。

今回それもあって対戦が決まった訳だが、それにしてもよく実現したものだ。

受けた井岡の心意気にあっぱれ!だ。

井岡は過去にマッチメイクの不調でバッシングを受けたためか、実力に見合う評価が成されているとは思えない。

特に復活後は卓越した才能を惜しみなく披露しており、パリクテ戦で見せた怒涛のラッシュによるKO勝ち、シントロン戦の高度な防御技術、文句のつけようのない、正にセンスの塊であることを証明する戦いを続けている。

これに対し田中恒成

実力と知名度が全く比例しておらず、ひとたび攻撃を始めた時のスピードは度肝を抜かれること間違いない。

原隆二OPBFミニマム王者に挑戦した試合を覚えているだろうか。

両者互いに一歩も譲らず激しい攻防。

僅か4戦目だった田中が原を倒して世界の扉を開けた試合。

パンチを繰り出すスピードは尋常ではなかった。

超高速参勤交代・・・いや超高速パンチはVの早回しかと思う程だった。

木村翔WBO世界フライ級王者に挑戦した試合を覚えているだろうか。

アウェイでゾウ・シミンからベルトを奪ったA級王者の木村。

この試合もまた激闘。

フルラウンド打ち合いの試合を制したのは田中恒成

3階級制覇が成った瞬間だった。

そこから3度防衛してベルトを返上。

スーパーフライ戦線に殴り込みをかけてきたのだ。

この試合の見どころは多い。

田中の攻撃を井岡がいかにして凌げるか。

井岡の防御は単なる防御ではなく攻める防御。

相手に打たせず相手を打つ。

田中のスピード対井岡の技術。

ここで両者が対戦してしまうのはもったいない気もするが、見られる嬉しさはその気持ちをはるかに上回る。

個人的には畑山VS坂本に匹敵する(超えるかも)日本選手同士のマッチメイクだと思っている。

井岡は早速負ける気がしないと煽っている。

どんどん盛り上げていってほしい。

試合はきっと期待に違わぬものになるだろう。

WBO世界S・フライ級王者 井岡一翔 27戦25勝(14KO)2敗

WBO世界S・フライ級1位 田中恒成 15戦15勝(9KO)

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com