影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

大晦日ボクシング世界戦 井岡一翔難敵破って次は統一戦?ロマゴン?エストラーダ?

何年も前から書いてますが、大晦日の世界戦は、ほんとやめて欲しいです。

私は古い人間で大晦日は絶対に紅白歌合戦派なんです。

将来、隠居したら大晦日に紅白見に行って、元旦は国立で天皇杯

これを実践したいと思ってるんです。

なので井岡戦と田中恒成戦は結果を知ってYouTubeで見ることになってしまいました。

結果を知ってから見ると気はひじょ~に楽ではあります。

なので序盤井岡がシントロンから被弾しているのを見ても安心です。

しかし井上尚弥とドネアの時も思いましたが、体格差は如何ともしがたいですね。

両者とも克服しましたが本来の階級から降りてくる選手との対戦は大変です。

シントロンはリーチが長くパンチも伸びてきます。

アッパーもあり井岡が語っていたようにパンチに重さもある。

確かに難敵でしたよ。

井岡の顔の腫れがそれを物語っています。

しかしそれでも井岡は勝った。

見たところ文句のない判定勝ちです。

あれだけパンチ力を持ったシントロン相手に勇敢に攻め、これでもかとボディ攻撃。

常に前に前に出る井岡。

シントロンがどれだけパンチを繰り出してきてもひるまず前に出続きます。

左右の腕を上下左右に動かし続けてリズムを取り、相手の真正面に入らず横から入り込んでワンツー、ワンツースリー、ガードが上がるとすかさずボディ、ボディ、ボディ。

シントロン明らかに嫌がってクリンチに逃れる場面が多かった。

相手を一発で倒すパンチ力は残念ながら持ち合わせてませんが、それを補って余りある高い技術。

特に復活後の4戦は益々技術が際立ってきたように思います。

前回の引退時、井岡は強豪から逃げているとバッシングを受け続けていましたが、井岡本人の思いとは別の、何かの力が働いていたんでしょうね。

しかし、今は違います。

井岡の先には誰を選んでもビッグマッチとなる相手が目白押し。

WBAには無敗の王者カリド・ヤファイ。

ヤファイに挑むと噂で井岡との対戦希望をぶち上げた復活ローマン・ゴンサレス

IBF王者ヘルウィン・アンカハス。

そして井岡が対戦を熱望するWBC王者ファン・フランシスコ・エストラーダ

30歳にして全盛期を思わせる上手さと強さをみせている井岡一翔

誰が対戦相手になっても、好勝負必至。

いよいよ遅れてきたビッグマッチが見られそうです。

 

WBOスーパーフライ級王者  井岡一翔  27戦25勝(14KO)2敗

      ジェイビエール・シントロン  13戦11勝(5KO)1敗1NC

WBA王者      カリド・ヤファイ  26戦26勝(15KO)

WBC王者 ファン・フランシスコ・エストラーダ 43戦40勝(27KO)3敗

IBF王者   ヘルウィン・アンカハス  35戦32勝(22KO)1敗2分

        ローマン・ゴンサレス   50戦48勝(40KO)2敗

 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com