影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

スプリンターズステークス:ストーリーから組み立てる的中への道

待ちに待った秋のGⅠがいよいよ始まります。

まず最初はその名の通りスプリンターNO1決定戦スプリンターズステークスです。

年度代表馬にも輝いたロードカナロアが引退し、時代は再び群雄割拠に戻るのか、それとも絶対的後継馬が名乗り出るのか。

その結果がまもなく明らかになります。

ロードカナロアを継ぐ者(馬)

お題はやはりこうなるでしょう。

春短距離王はDrコパ旋風の勢いに乗ってコパノリチャードが制しましたが、今回京王杯以来となります。

順調ならすでにGⅠ実績もあり、久々であってもそれほどのハンデにはならないと思います。

鞍上はデムーロから浜中に代わりましたが、浜中も乗れますので心配はありません。

ロードカナロアを継ぐ者から見れば、考え方として二通りあります。

ひとつは当然馬からのアプローチで、その場合はハクサンムーンという事になります。

しかしながらこの春の状態が今イチだったのが気になります。

逃げにこだわらず、レースの幅をつけたのがプラスに作用するのかマイナスなのか。

鞍上を戸崎に強化してきたのもプラスに作用するのかマイナスに作用するのか。

何とも悩ましい状態です。

当然有力候補の一頭なんですが・・・。

人気なら危ない・・・というかうまみが無い。

人気を落としているなら狙い目。

そんなところでしょうか。

ただ3連系の軸としてなら人気でもはずす訳にはいきませんね。

もうひとつのアプローチは安田厩舎を継ぐ者という見方です。

ここまで3年連続スプリンターズS制覇。

今年JRA史上初の同一GⅠ4連覇を狙います。

短距離王国の名に恥じぬ2頭が出走してきます。

レッドオーヴァルダッシャーゴーゴー

ダッシャーゴーゴーがさすがに衰えたのかと思える近走ですが、ダメよダメよも好きの内。

完全に見限る訳には行きません。

混戦からひょこっと3着位に入線する芸当は持ち合わせていると思います。

その他にもスプリント路線に矛先を向けてから重賞連続連体のジュベナイルフィリーズGⅠ馬ローブティサージュ

そのローブティサージュから三浦が乗り替わったこれまたGⅠ馬グランプリボス

マイル路線の冬男から短距離路線のシーズン問わず男に変身したガルボ

前走だけで見限るのか、1200のスペシャリスト、ストレイトガール

サマースプリント王者に見向きもせずここに絞ったセイコーライコウ

ロードカナロアの後継はやはり群雄割拠の大混戦といった趣です。

では印を・・・

コパノリチャード

ハクサンムーン

グランプリボス

セイコーライコウ

レッドオーヴァル

ストレイトガール

ローブティサージュ

以上のように決定しました。

皆様に幸運を。

私にも・・・。