影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

フィギュアスケート グランプリシリーズファイナルプレビュー 今シーズン第1章完結

明日から、フィギュアスケートグランプリシリーズファイナルが始まります。

例によってプレビュー記事を書かせていただきます。

男女シングル出場選手

男子

                   世界ランク  個人ベスト

  1. 宇野昌磨(日本)          1位   277.25      
  2. ネイサン・チェン(米国)      3位   280.57
  3. ミハル・ブレジナチェコ)    20位   257.98
  4. セルゲイ・ボロノフ(ロシア)   12位   254.28
  5. チャ・ジュンファン(韓国)    24位   259.78
  6. キーガン・メッシング(カナダ)  16位   265.17

※参考:羽生結弦個人ベスト 297.12

女子

                   世界ランク  個人ベスト

  1. アリーナ・ザギトワ(ロシア)    3位   238.43
  2. 紀平梨花(日本)         25位   224.31
  3. 宮原知子(日本)          6位   219.71
  4. トゥクタミシェワ(ロシア)    16位   219.02
  5. 坂本花織(日本)          9位   213.90
  6. ソフィア・サモドゥロワ(ロシア) 40位   198.70

男子では羽生選手が欠場。

それによりメッシングが繰り上げ出場となりました。

尚、個人ベストスコアは今季ルール改正により昨年迄の記録がリセットされています。

 女子は日本とロシア勢が3人ずつ。

対照的に男子は各国一人ずつの布陣です。

尚、世界ランクは12月3日現在。

ファイナルの見どころ

 男子は明確です。

ネイサン・チェンと宇野昌磨どちらが優勝するのか。

今季ここまでチェンはルッツ、フリップ、トゥーループ、宇野はフリップ、サルコー、トゥーループ、それぞれ3種の4回転を跳んでいます。

しかしチェンはフリップにエッジエラーの警告を、宇野はサルコーに回転不足をもらっており、どのように修正してくるかが注目で、これは勝敗に影響を及ぼします。

あくまで今年の最終目標は世界選手権なので、両選手、陣営がファイナルをどう捉えているかもポイントになるでしょう。

この二人が抜けており他の選手が二人に割って入るのは難しいでしょう。

フェルナンデスが引退し、男子は羽生を加えた3人が抜きんでています。

 

それに比べて女子は大混戦。

GPシリーズに重きを置かない北米勢も世界選手権にはしっかり仕上げてきます。

ファイナルは日露決戦となりましたが、予想は大変難しいですね。

現時点において演技構成点で紀平はザギトワに6~7点差を付けられています。

格付けではオリンピックチャンピオンまで昇りつめたザギトワが上です。

これは致し方ありません。

しかし今季のザギトワはここまで、ネーベルホルン➝ヘルシンキ➝ロステレコムとだんだん悪くなっています。

紀平がSPとフリーで試みる3度の3Aの内2度成功すれば優勝は紀平でしょう。

過去何度も書いて来ましたがトリプルアクセルは諸刃の刃。

失敗のリスクが常につきまといます。

でも紀平にはフランス杯で見せた素晴らしい対応力があります。

3Aは跳びたいけれど、かならずしも3Aに縛られている訳でもない。

リカバリーの力が素晴らしい。

他のジャンプに欠点がなく、スピン、ステップもレベルを取れる技術があるからこそ。

マスコミが紀平紀平と騒ぎすぎないように・・・というファンの声が聞こえてきますが、紀平に関してはさほど心配しなくて良いと私は考えています。

見た目よりはるかに頼もしいですよ彼女は。

ミスの少ない宮原は上記二人が失敗すれば十分に優勝圏内。

回転不足を取られず、ルッツでエッジ違反をもらわなければ優勝に届きます。

トリノ五輪の荒川さんのような立ち位置だと思います。

トゥクタミシェワの3Aは紀平より成功率は高いですが全員がミスなく滑れば4番手。

演技構成点でトゥクタミシェワは宮原に及びません。

数年かけて宮原は格付けでトゥクタミシェワを上回る存在になりました。

男子と違って女子はこのあと各国のナショナル選手権から4大陸、世界選手権へとまだまだ予断を許さない状況が続きます。

日本勢はGPシリーズのあと代表決定の大きな要素となる全日本が待っています。

ファイナル不出場の三原、山下、本田、白岩、本郷に負傷欠場中の樋口。

ファイナルに出ない分調整がしやすいメリットを活かし一発大逆転を狙って大会に臨むことでしょう。

史上最高の激戦が見られるのは確実で今からワクワクドキドキです。

 

kagemucya.hatenablog.com